交通事故・刑事事件に加えて借金問題・労働問題の対応を本格化しています。

交通事故で脳挫傷と診断された後の対応は?脳挫傷の症状と慰謝料の相場

更新日:

脳挫傷|慰謝料はいくら?

新たに改正民法が施行されました。交通事故の損害賠償請求権に関するルールに変更があります。

交通事故で脳挫傷と診断された方ご本人や、被害者のご家族へ向けた情報をこれから解説していきます。

主に上記について解説していくので、脳挫傷と診断された方やご家族の方はぜひご参考になさってください。

法律相談

ご希望される方は

こちら

法律相談

ご希望される方は

こちら

脳挫傷とは

脳挫傷は脳の打撲

脳挫傷とは、頭部に強い衝撃を受けた際、脳が打撲状態になることをいいます。

交通事故においては、頭部に自動車がぶつかってきたり、走行中に急停車してハンドルなどに頭部をぶつけた際、脳挫傷が生じることがあります。

場合によっては、衝撃を受けた後の反動で脳が反対側の頭蓋内面にぶつかり、そちらも損傷を受けるケースがあります。

脳挫傷は脳の出血や腫れを引き起こすことが多く、また、頭痛・嘔吐・意識障害といった症状が現れることもあります。

衝撃を受けた部分の脳だけではなく、反対側も受傷する図

脳挫傷の画像

出典:https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Contrecoup.svg
Patrick J. Lynch, medical illustrator / CC BY (https://creativecommons.org/licenses/by/2.5)

また、脳挫傷による出血が脳内に溜まると、脳内血腫ができます。

くも膜の下にできる血腫をくも膜下血種、硬膜の下にできる血腫を硬膜下血腫、硬膜の外にできる血腫を硬膜外血腫といいます。
これらの血腫が生じた場合、強い頭痛や吐き気を感じたり、意識を失うことがあります。

脳挫傷の症状|頭痛や嘔吐、意識障害など

脳挫傷を負った場合、主に以下の症状が現れる可能性があります。

脳挫傷の主な症状

  • 頭痛
  • 嘔吐
  • 意識障害
  • 半身の麻痺
  • 半身の感覚障害
  • 言語障害
  • けいれん発作

もしも脳挫傷で多量の血腫(脳の中に血液が溜まること)ができた場合、生命の危険があるため、手術によって減圧することがあります。

また、交通事故後、頭部に目立った外傷が無いような場合でも脳挫傷を負っていることがあります。
しばらく経ってから身体に不調が現れることもあるため、事故直後は必ず病院に行って診断を受けるようにしましょう。後から痛みが出てきた場合の対応と慰謝料の話は、関連記事で解説しています。

脳挫傷の診断方法|MRI・CT・レントゲンの違い

脳挫傷の一般的な診断方法はMRI・CT・レントゲンなどの画像診断です。
これらの検査方法の主な違いは以下の通りです。

診断方法診断内容
MRI筋肉などの軟部組織を把握する
CT主に骨の異常を把握する
レントゲン主に骨の異常を把握する

頭蓋骨の骨折状況を把握する上では、CTやレントゲンが有効です。

脳内出血が起こっているかどうかを把握する上では、MRIが有効です。

どのような受傷をしたのか正確に把握するため、脳挫傷を受傷した際はMRI・CT・レントゲンのすべてで検査を受けるのが好ましいです。
何も言わずとも医師が検査をしてくれる場合もありますが、軽傷と思われるような場合でも、念のため適切な検査をしてもらえないか医師と相談するようにしましょう。

適切な検査を受けていれば、後遺障害等級認定の際に妥当な等級が認定されやすくなる可能性があります。

なぜかというと、後遺障害等級認定の申請をする際、添付資料としてMRIなどの画像も送付するためです。
画像はどういった症状を負っているのかはっきりとわかるようなものであることが望ましいので、MRIなどの検査結果も欲しい場合は、医師にその旨を伝えてみるようにしましょう。

脳挫傷の治療・リハビリ方法

脳挫傷の治療方法は軽症か重症かによって異なります。

脳内の出血や腫れがわずかなど軽症の場合は入院による経過観察が行われ、長くても1週間程度で退院できます。

出血がひどいなど重傷の場合、事故直後であれば通常は集中治療室へ収容され、血圧や血液中の酸素、二酸化炭素の濃度を適正なレベルに維持されます。
また、出血によって脳ヘルニアが生じていた場合、血液を除去する外科手術が行われることがあります。

脳ヘルニア

頭蓋内に血腫や脳浮腫が生じ、頭蓋内の圧が高まり脳が押し出された状態のこと。
脳幹が押し出された脳に圧迫され、呼吸機能・心臓機能を損なうことがある。

脳挫傷を受傷した場合、症状の度合いによっては日常生活への復帰を促すためにリハビリも行います。

昏睡や半昏睡状態であることが多い事故直後の急性期では、感覚刺激を入れてもらいつつ、関節が硬くならないように身体のストレッチなどをしてもらいます。

急性期を乗り越えて回復期に入ると、身体のリハビリだけではなく、言語機能や記憶力、注意力などを取り戻すためのリハビリにも力を入れていくことになります。リハビリに関しても慰謝料の対象となる場合がありますので、関連記事『交通事故慰謝料はリハビリでももらえる?計算方法と通院の注意点5つ』もあわせてお読みください。

脳挫傷の後遺障害

ここからは、脳挫傷で残りやすい後遺障害である高次脳機能障害外傷性てんかん遷延性意識障害(植物状態)の具体的な症状について解説していきます。

高次脳機能障害の症状

高次脳機能障害とは、脳挫傷などで脳が損傷した際、言語・思考・記憶・行為・注意などの知的な機能に障害が起こった状態を指します。

高次脳機能障害が生じた場合、具体的には以下のような症状が現れます。

失語症

  • なめらかにしゃべれない
  • 相手の話を理解できない
  • 字の読み書きができない

注意障害

  • 作業にミスが多い
  • 気が散りやすい

記憶障害

  • 物の置き場所を忘れる
  • 何度も同じことを話したり、質問したりする

行動と感情の障害

  • 気持ちが沈みがちだ
  • 突然興奮したり、怒りだしたりする
  • 気持ちが動揺する

半側空間無視

  • 片側を見落としやすい
  • 片側にあるものにぶつかりやすい

遂行機能障害

  • 行きあたりばったりの行動をする
  • 一つひとつ指示されないと行動できない

失行症

  • 道具がうまく使えない
  • 動作がぎこちなく、うまくできない

半側身体失認

  • 麻痺した手足がないようにふるまう
  • 麻痺がないようにふるまう
  • 麻痺がなくても片側の身体を使わない

地誌的障害

  • 自宅でトイレに迷う
  • 近所で道に迷う

失認症

  • 物の形(色)がわからない
  • 人の顔がわからない、見わけられない

出典: 「高次脳機能障害について」公益社団法人東京都医師会 366頁 2020/04/24閲覧

高次脳機能障害の症状はご家族の方でもわかりづらいときがあります。

そのため、脳挫傷を受傷した後、会話がうまく成立しないときがある物忘れが多くなった、などの異変を感じた場合は、すぐに医師と相談するようにしましょう。

早期にリハビリテーションを行えば、被害者の方の心理的・社会的な回復を見込めます。
スムーズに日常生活に戻れるようにするためにも、被害者が抱えている症状や悩み、不安などは正直に医師に話すようにしましょう。

高次脳機能障害の症状や後遺障害で受けられる補償については、関連記事『交通事故|高次脳機能障害の症状・後遺障害等級・慰謝料額』もあわせてお読みください。

外傷性てんかんの症状

外傷性てんかんとは、脳挫傷などで脳の中枢神経が損傷した際に引き起こされるてんかんです。

てんかんには事故後24時間以内に起こる「超早期てんかん」、事故後一週間以内に起こる「早発てんかん」、事故後一週間が経過してから起こる「晩発てんかん」の3種類があります。

晩発てんかんの発作が残ってしまったとき、後遺障害等級の認定対象となります。

てんかんを診断するには、てんかん患者特有の脳波が生じていないか脳波測定を受けることが有効です。
脳波測定後、CTやMRIなどの画像診断で脳の物理的な異常を確認することができれば、交通事故が原因の外傷性てんかんと認められるでしょう。

なお、外傷性てんかんが生じた場合、脳細胞のネットワークで異常な神経活動が起こり、以下のような症状が現れることがあります。

外傷性てんかんの主な症状

  • けいれん発作
  • 突然の意識喪失
  • 記憶が飛ぶ

外傷性てんかんを発症した場合、通常は抗てんかん薬の服用で治療を試みます。

しかし抗てんかん薬での完治は難しく、主に症状の進行を遅らせることに留まります。

遷延性意識障害(植物状態)の症状

遷延性意識障害(植物状態)とは、意識が無く寝たきりの状態のことを指します。

脳挫傷などで脳に致命的なダメージが与えられた際、遷延性意識障害に陥ってしまうことがあります。

「日本脳神経外科学会による定義(1976年)」では、治療を受けたにもかかわらず以下の6つの項目すべてが6ヶ月以上続いた場合、遷延性意識障害とみなされます。

遷延性意識障害の定義

  1. 自力移動ができない
  2. 自力摂食ができない
  3. 糞・尿失禁がある
  4. 声を出しても意味のある発語が全くできない
  5. 簡単な命令には辛うじて応じることもできるが、ほとんど意思疎通はできない
  6. 眼球は動いていても認識することはできない

遷延性意識障害から回復することは稀で、被害者の方は日常生活において介護支援が必要となります。

そのため、被害者側は相手方に対して生涯にわたる介護費用を請求することが可能です。

施設介護・自宅介護どちらの場合でも介護費用を請求できますが、自宅介護にする場合は、自宅の改装費用も相手方に請求できます。

脳挫傷の慰謝料額

交通事故で脳挫傷などを負った場合、相手方の保険会社に対して慰謝料を請求することが可能です。

交通事故の慰謝料には自賠責基準・旧任意保険基準・弁護士基準の3つの計算基準があるのですが、この中で最も高額なのは弁護士基準です。

弁護士基準の慰謝料を支払ってもらうには弁護士に示談交渉を依頼する必要があります。

任意保険会社の担当者は交渉相手が弁護士資格を所持しているかどうかによって態度を変えてくるため、一般の方が弁護士基準の慰謝料を請求しても、素直に応じてくれないことが多いです。

しかし、法律の専門家である弁護士が交渉すれば、任意保険会社も弁護士基準に準じた慰謝料の支払いに応じてくれる可能性が高まります。

被害者側の任意保険に弁護士費用特約が付いていれば弁護士費用の負担なしで依頼することが可能です。
被保険者以外のご家族も使える場合があるので、事故後は任意保険に弁護士費用特約が付いているかどうかご確認することをおすすめします。

脳挫傷でもらえる慰謝料等、お金の種類

脳挫傷で高次脳機能障害、外傷性てんかん、遷延性意識障害などの後遺障害が残った場合、治療費はもちろん、入通院慰謝料に加えて休業損害後遺障害慰謝料逸失利益なども請求することが可能です。

交通事故損害賠償の内訳

後遺障害等級が認定されなかった場合、後遺障害慰謝料と逸失利益が支払われることは通常ありません。

入通院慰謝料

交通事故が原因で生じた精神的な苦痛を金銭的価値に置き換えたもの

休業損害

交通事故が原因で働くことができずに減少した収入の補償

後遺障害慰謝料

後遺障害等級が認定された場合に請求することができる損害項目

逸失利益

後遺障害で労働能力が低下しなければ得られたはずの利益

入通院慰謝料と休業損害は、怪我が完治または症状固定した日まで請求することができます。言い換えると、完治または症状固定した日以降は入通院慰謝料と休業損害を請求することができないので、いつ完治や症状固定とするのか慎重に医師と相談して決めることが大切です。

また、後遺障害慰謝料と逸失利益は、症状固定した日以降に受けた損害として扱われるので、症状固定日以前に請求することはできません。

入通院慰謝料
休業損害
事故日~完治日または症状固定日
後遺障害慰謝料
逸失利益
症状固定日以降

脳挫傷の入通院慰謝料の相場

脳挫傷のような重傷を負った場合、入通院慰謝料は弁護士基準だと以下の表を目安に計算されます。

0136
0053145244
12877162252
25298177260
373115188267
6116149211282
9139170226292
12154183236298

※縦は通院月数、横は入院月数、慰謝料の単位は万円

たとえば脳挫傷でくも膜下出血が生じ、1ヶ月入院した後、6ヶ月通院した場合であれば、149万円程度の入通院慰謝料を相手方に請求することが可能です。

入通院慰謝料の詳しい計算方法については、関連記事『交通事故の慰謝料を正しく計算する方法』にてわかりやすく解説しています。

あるいは『交通事故の慰謝料計算シート』もおすすめです。慰謝料計算の仕組みを理解しながら計算できるので、ご自身の慰謝料の目安がわかります。

脳挫傷の休業損害の相場

事故後、入通院のために仕事を休むことがあります。

入通院のために仕事を休んだ場合、事故前の収入と休業した日数に応じて算出される休業損害を相手方の任意保険会社に請求することが可能です。

休業損害はサラリーマンだけではなく、専業・兼業主婦(主夫)、アルバイト、自営業の方であっても支払ってもらうことができます。

学生・無職の方であっても、就労の蓋然性が認められれば休業損害を支払ってもらえるケースがあります(事故直前か直後に内定通知を受けていた等)。

弁護士に交渉を依頼した場合、休業損害は以下のような相場で支払われます。

休業損害の計算方法(弁護士基準)

  1. 給与所得者(サラリーマン)
    現実の収入額から算出された基礎収入額×休業日数
  2. 自営業者
    事故前年の確定申告書に記載の所得金額÷365(日)×休業日数
  3. 専業主婦(主夫)
    女性労働者の全年齢平均給与額から算出された基礎収入額×休業日数
  4. 兼業主婦(主夫)
    現実の収入額から算出された基礎収入額×休業日数
     または
    女性労働者の全年齢平均給与額から算出された基礎収入額×休業日数
    上記の金額の高いほうで計算する

なお、2020年4月1日以降に発生した事故の場合は自賠責基準なら日額6,100円×休業日数という計算方法で休業損害額が算出されます(1日あたりの収入が6,100円を超えることを証明できれば日額19,000円を上限に請求することが可能)。

ただし、自賠責保険に請求する場合、休業損害を含めた傷害分の賠償金額は120万円が限度額である点にご注意ください。

休業損害がいつもらえるのかや相場について、さらに詳しく知りたい方は、『交通事故の休業損害はいつもらえる?相場はいくら?職業別の計算方法を解説』をあわせてご覧ください。

脳挫傷の後遺障害慰謝料の相場

脳挫傷の治療が終わった後、後遺障害等級が認定されれば相手方に後遺障害慰謝料を請求することが可能です。

脳挫傷による主な後遺障害等級

高次脳機能障害:1級、2級、3級、5級、7級、9級、12級、14級
外傷性てんかん:(1級、2級、3級)5級、7級、9級、12級
遷延性意識障害:1級、2級

※( )内は、高次脳機能障害を残す状態でてんかん発作を伴っている場合に認定される可能性があるもの

弁護士基準における後遺障害慰謝料の目安は以下の表の通りです。

後遺障害等級と後遺障害慰謝料金額(弁護士基準)

等級金額
12,800万円
22,370万円
31,990万円
41,670万円
51,400万円
61,180万円
71,000万円
8830万円
9690万円
10550万円
11420万円
12290万円
13180万円
14110万円

なお上述した通り、脳挫傷を負った場合は高次脳機能障害、外傷性てんかん、遷延性意識障害といった脳機能に関する後遺障害が残ることがあります。

上記3つの後遺障害が残った場合、認定される可能性が高い後遺障害等級は以下の通りです。

後遺障害慰謝料の適正な相場についてさらに詳しく知りたい方は、『通事故の後遺症で後遺障害慰謝料を請求!慰謝料の相場と等級認定』をあわせてご覧ください。

高次脳機能障害で認定されうる等級と後遺障害慰謝料

等級後遺障害金額
1級1号(要介護)神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、常に介護を要するもの2,800万円
2級1号(要介護)神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、随時介護を要するもの2,370万円
3級3号神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、終身労務に服することができないもの1,990万円
5級2号神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、特に軽易な労務以外の労務に服することができないもの1,400万円
7級4号神経系統の機能又は精神に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することができないもの1,000万円
9級10号神経系統の機能又は精神に障害を残し、服することができる労務が相当な程度に制限されるもの690万円
12級13号局部に頑固な神経症状を残すもの290万円
14級9号局部に神経症状を残すもの110万円

* 金額は弁護士基準の後遺障害慰謝料

外傷性てんかんで認定されうる等級と後遺障害慰謝料

等級後遺障害金額
1級1号(要介護)神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、常に介護を要するもの2,800万円
2級1号(要介護)神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、随時介護を要するもの2,370万円
3級3号神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、終身労務に服することができないもの1,990万円
5級2号神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、特に軽易な労務以外の労務に服することができないもの1,400万円
7級4号神経系統の機能又は精神に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することができないもの1,000万円
9級10号神経系統の機能又は精神に障害を残し、服することができる労務が相当な程度に制限されるもの690万円
12級13号局部に頑固な神経症状を残すもの290万円

* 金額は弁護士基準の後遺障害慰謝料
* 3級以上は高次脳機能障害を残す状態でてんかん発作を伴っていなければ認定されづらい

遷延性意識障害で認定されうる等級と後遺障害慰謝料

等級後遺障害金額
1級1号(要介護)神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、常に介護を要するもの2,800万円
2級1号(要介護)神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、随時介護を要するもの2,370万円

* 金額は弁護士基準の後遺障害慰謝料

後遺障害認定の基本的なことから、手続きの流れを詳しく知りたい方は『交通事故の後遺障害等級認定|申請方法と認定される症状』をあわせてご覧ください。

脳挫傷の逸失利益の相場

上述した通り、後遺障害等級が認定されると逸失利益も請求することが可能です。

後遺障害の逸失利益は以下の計算式で計算されます。

逸失利益の計算式

有職者または就労可能者

  • 基礎収入 × 労働能力喪失率 × 労働能力喪失期間に対するライプニッツ係数

症状固定時に18歳未満の未就労者

  • 基礎収入 × 労働能力喪失率 × 67歳までのライプニッツ係数 – 18歳に達するまでのライプニッツ係数

計算式内で使われている各用語の意味は以下の通りです。

基礎収入

交通事故に遭う前の給与のこと

労働能力喪失率

後遺障害によって労働能力が失われた割合のこと

ライプニッツ係数

中間利息を控除するために用いる数値のこと

それぞれの数値の具体的な求め方を知りたい方は『逸失利益の計算|後遺障害14級や12級の逸失利益はいくら?』をあわせてご覧ください。

慰謝料計算機を使えば、後遺障害の逸失利益も自動計算可能です。入通院慰謝料や後遺障害慰謝料も同時にわかる便利な慰謝料計算機を活用してみませんか。

交通事故で弁護士がサポートできること

交通事故で弁護士ができることは多くあります。

もし、交通事故で弁護士がついていないと、被害者ご自身でさまざまな対応をとっていかねばなりません。特に、交通事故で脳挫傷を負うと被害者本人では対応できないので、被害者のご家族が代わりに対応を行う必要があるでしょう。

事故後の対応

対応相手対応内容
捜査機関警察署:人身事故の届出
検察庁:実況見分調書の請求
加害者※示談交渉
加害者側の任意保険会社示談交渉
被害者の勤務先事故で休業する連絡
後遺症が残った場合、復帰後の仕事内容の調整

※保険会社が代行しない場合

弁護士がついていれば、慰謝料増額のための交渉だけではなく、事故後の煩雑な手続きを被害者やご家族の代わりに遂行することも可能です。

そのため、「仕事で忙しいので代わりに手続きをやってもらいたい」「任意保険会社の担当者と馬が合わず話しづらいので代わりに交渉してほしい」、こういったご要望をお持ちの場合、弁護士に依頼することをおすすめします。

また、相手方の任意保険会社から治療費支払いの打ち切りを打診された場合でも、打ち切りを回避するための方法をサポートできるケースがあります。

加えて、相手方の任意保険会社から提示された過失割合が不適切であれば、適切な過失割合に訂正するよう働きかけることもできます。

弁護士のサポートまとめ

  • 示談交渉の代理
    治療や看護に集中できる。弁護士基準で計算しなおした金額で慰謝料を請求できる。示談書作成の代理をお願いできる。
  • 治療費打ち切りの対策
    治療費が打ち切られた時に交渉してもらえる。そもそも治療費が打ち切られないような通院の仕方や治療に関すること全般を相談できる。
  • 過失割合の訂正
    事故状況を適切に反映した過失割合に訂正してもらえる。過失割合を主張するにあたって必要になる実況見分調書といった刑事記録の取り寄せや防犯カメラの映像などの収集も任せられる。

交通事故に関係する多くの手続き・作業を被害者の代わりに行うことができるので、事故後の対応でお悩みの方はぜひ弁護士までご相談ください。

交通事故の脳挫傷まとめ

脳挫傷に関する情報をまとめたものが以下です。

交通事故の脳挫傷まとめ

  • 脳挫傷とは
    脳が打撲状態になること。
  • 脳挫傷の主な症状
    頭痛、嘔吐、意識障害など。
  • 脳挫傷の治療方法
    重傷の場合、脳内に溜まった血液を除去するための外科手術などが行われる。
    その後、社会生活への復帰を目指して運動機能・言語機能・思考能力などのリハビリが行われる。
  • 脳挫傷で残る後遺障害
    高次脳機能障害、外傷性てんかん、遷延性意識障害など。
  • 脳挫傷で請求できる慰謝料
    入通院慰謝料と、後遺障害等級が認定されれば後遺障害慰謝料・逸失利益が請求可能。

脳挫傷の後遺障害である高次脳機能障害外傷性てんかんは認定されうる等級に大きな幅があります。

そのため、等級認定の申請をしても妥当ではない等級が認定される可能性があります。

しかし弁護士に相談すれば、適切な等級を認定されるためにはどうすればいいのかアドバイスをもらえる場合があります。

多くの交通事故案件を経験したことがある弁護士なら、どのような証拠を集めてから認定申請をするべきか、という判断もつくので、ご家族が交通事故に遭われた方などはぜひ弁護士にご相談ください。

法律相談

ご希望される方は

こちら

法律相談

ご希望される方は

こちら

代表弁護士岡野武志

監修者


アトム法律事務所

代表弁護士岡野武志

詳しくはこちら

高校卒業後、日米でのフリーター生活を経て、旧司法試験(旧61期)に合格し、アトム法律事務所を創業。弁護士法人を全国展開、法人グループとしてIT企業を創業・経営を行う。現在は「刑事事件」「交通事故」などの弁護活動を行う傍ら、社会派YouTuberとしてニュースやトピックを弁護士視点で配信している。

保有資格

士業:弁護士(第二東京弁護士会所属:登録番号37890)、税理士

学位:Master of Law(LL.M. Programs)修了

英語:TOEIC925点

あわせて読みたい記事

全ての記事を見る