交通事故・刑事事件に加えて借金問題・労働問題の対応を本格化しています。

交通事故を起こしたら謝罪は必要?誠意を感じてもらえるポイントを解説

更新日:

交通事故謝罪する時の注意点

新たに改正民法が施行されました。交通事故の損害賠償請求権に関するルールに変更があります。

物損事故か人身事故かに関わらず、交通事故を起こしてしまった場合は被害者に謝罪することが重要です。

事故に対して誠意を持って謝罪することは、事故で負った被害者の負担を和らげる可能性があるだけでなく、示談交渉が円滑に進みやすくなる場合もあります。

そこで今回は、交通事故で謝罪するために押さえておくべきポイントを解説します。

保険会社の提示額は適正な金額より
はるかに低い可能性があります!

示談金2097件増額実績 無料相談21121件相談実績
2020年5月31日時点の累計

保険会社の提示額は適正な金額より
はるかに低い可能性があります!

相談料0円

着手金0円

完全成功報酬

謝罪する場合の注意点

交通事故の被害者に謝罪する際の注意点を解説します。

相手の連絡先を聞いておく

交通事故の相手に謝罪するには、まず相手の連絡先を聞いておく必要があります。

事故現場で謝罪すればよいと思われるかもしれませんが、事故の直後は興奮している場合も少なくないこともあって、当日に謝罪するだけでは「誠意がない」と判断されがちです。

後日にスムーズに謝罪を行うには、なるべく交通事故が発生した当日に相手の連絡先を把握しておくことが望ましいです。可能であれば、事故の相手から連絡先を聞いておきましょう。

交通事故について警察への通報や救急車の手配をした後に、現場に到着するまでにはしばらく時間がかかるため、その間に相手と話をして連絡先を聞ける場合があります。

ただし、相手方の連絡先を聞けるかどうかは、相手の感情や負傷の程度など、状況にもよります。

相手が感情的になっていて話をするのが難しい場合や、負傷の程度が重そうな場合には、無理に連絡先を聞き出そうとすると、かえってこじれてしまう可能性があるので、当日に無理はしないようにしましょう。

保険会社に任せきりにしない

自動車の任意保険に加入している場合、保険会社が加害者本人の代わりに被害者と示談交渉をしてくれる、示談交渉サービスが付帯している場合がほとんどです。

保険会社が示談を担当する場合、加害者は被害者と直接交渉する必要はありませんが、その場合でも謝罪は自分自身できちんと行っておくべきです。

保険会社に全て任せきりにしてしまうと、反省していないと相手に判断されてしまいがちだからです。

ただし、保険会社によっては相手に謝罪することを禁止している場合や、担当員が同行した場合のみ許可する場合もあるので、被害者に謝罪する前に必ず保険会社に連絡しておきましょう。

謝罪するタイミングに注意する

交通事故で謝罪する場合、なるべく早い段階で謝罪したい旨を伝えることが大切です。せっかく謝罪する気があったとしても、謝罪するタイミングが遅すぎる場合、誠意がないと思われがちだからです。

タイミングとしては、なるべく事故の翌日、遅くても3日以内には、被害者に一度電話をして、謝罪の気持ちを伝えるべきです。

連絡が遅くなって「電話の一本もよこさない」と判断されると、以降の交渉が非常に困難になる可能性があります。

また、電話はあくまで訪問して謝罪するための下準備です。相手がどうしても会いたくないと拒否する場合をのぞいて、謝罪は電話だけで済まさないようにしましょう。

電話で伝えるべきポイントは以下のとおりです。

  • 名乗ってから簡潔に謝罪する
  • 相手の体調や損壊した物について調子を伺う
  • 訪問して謝罪するためのアポイントメントを取る
  • 最後にもう一度簡潔に謝罪の言葉を述べる

注意点として、謝罪を相手に拒否されたとしても、謝罪することをすぐに諦めるべきではありません。相手によっては、何度か断ってから了承する場合があるからです。

相手がどうしても謝罪を拒否する場合は、謝罪文を作成して弁護士や保険会社に渡してもらう方法もあります。

訪問して謝罪するための準備

訪問して謝罪するための準備として、服装や菓子折りなどの注意点を解説します。

謝罪訪問する際の服装や移動手段

謝罪の訪問をする場合、相手に失礼を感じさせないように、服装や移動方法などにも気を配る必要があります。

謝罪をする服装は、黒無地のスーツと革靴の組み合わせなど、できるだけ地味な格好で訪問することをおすすめします。

派手な服装や装飾品は避けましょう。誠意が伝わるような、きちんとした装いが大切です。

また、相手を訪問するための移動方法としては、相手に不快感を与えないように、自動車を使用して訪問するのは避けましょう。

公共機関やタクシーを利用して訪問しますが、タクシーの場合、相手の自宅よりも手前で降車しておくのが無難です。

謝罪に持っていく菓子折りについて

謝罪の際に菓子折りを持っていくことは必須ではありませんが、何らかの形があることで一般に誠意が伝わりやすくなりますので、持っていくことをおすすめします。

筋の通った謝罪の気持ちを込めるという意味で、菓子折りは箱つきの整ったものを選択しましょう。

菓子の種類に決まりはありませんが、日持ちする物が無難です。

定番の菓子折りとしては、比較的重量感があり「事故のことを重く受け止めている」という意味で、ようかんが用いられることもあります。

菓子折りの価格ですが、これは本来は気持ちの問題であり、決まった価格があるわけではありません。

とは言え、価格が高すぎると「物でごまかそうとしている」と思われがちですし、逆に安すぎると「馬鹿にされている」と思われることがあります。

菓子折りの価格は5000〜1万円程度を目安にするとよいでしょう。

菓子折りを手配する際に、「のし紙」を付けるべきかが問題になります。のし紙とは、水引(みずひき)と呼ばれる帯紐を印刷した紙で、贈答品の包装に用いるものです。

のし紙は水引の形や色を使い分けることで、慶事用や弔事用など様々な用途に用いることができます。

ただし、のし紙は縁起物であり、主に祝い事に用いられるべきという考え方も根強いことに注意しましょう。

事故の相手によっては、のし紙がついていることで「非常識だ、失礼だ」と感じてしまう場合があるので、交通事故で謝罪する際の菓子折りには、のし紙はつけないほうが無難です。

交通事故で謝罪するメリット

交通事故を起こした場合に被害者に謝罪することは、被害者のためだけでなく、事故を起こした本人にとってもメリットになりうるものです。

交通事故の謝罪がうまくいけば、以下のようなメリットが期待できます。

  • 被害者との示談交渉がスムーズに進みやすくなる
  • 示談が成立することで、刑事責任や行政処分が軽減される

交通事故の加害者になった場合、被害者と示談交渉をして賠償金の金額などを決定する必要があります。

被害者の感情が悪化している場合は、感情的になったり意固地になったりして、交渉が難航する場合が少なくありません。

誠意を持ってきちんと謝罪をしていれば、被害者の感情が和らぎ、その後の示談交渉がスムーズに進みやすくなることが期待できます。

次に、被害者との示談交渉が成立すれば、それによって交通事故の刑事責任が軽減される可能性があります。

交通事故の被害者が負傷した場合、ケースによっては過失運転致死傷罪や、危険運転致死傷罪などの罪に問われることがあります。これらは懲役刑が科されることがある重い罪です。

しかし、被害者にきちんと謝罪していることや、示談が成立していることが考慮された結果、以下のように罪が免除されたり軽くなったりする可能性があります。

  • 起訴されずに裁判自体を回避できる
  • 刑が免除される
  • 有罪だが執行猶予がつく
  • 懲役の年数が減少する

ただし、下心のある謝罪は相手に見透かされやすいものです。自分のためではなく、あくまで相手のために謝罪するという前提を忘れないようにしましょう。

まとめ

交通事故の被害者に謝罪することで、相手の気持を和らげる可能性があるだけでなく、事故の示談交渉を円滑に進めやすくなる場合があります。

被害者に謝罪する場合は、事故の翌日などなるべく早めに連絡し、訪問して謝罪するアポイントメントを取ることが重要です。

訪問謝罪の当日は、地味な服装でのし紙のない菓子折りを持参し、誠意を持って謝罪しましょう。移動には車を使わず、公共機関やタクシーを利用するのがおすすめです。

代表弁護士岡野武志

監修者


アトム法律事務所

代表弁護士岡野武志

詳しくはこちら

高校卒業後、日米でのフリーター生活を経て、旧司法試験(旧61期)に合格し、アトム法律事務所を創業。弁護士法人を全国展開、法人グループとしてIT企業を創業・経営を行う。現在は「刑事事件」「交通事故」などの弁護活動を行う傍ら、社会派YouTuberとしてニュースやトピックを弁護士視点で配信している。

保有資格

士業:弁護士(第二東京弁護士会所属:登録番号37890)、税理士

学位:Master of Law(LL.M. Programs)修了

英語:TOEIC925点

あわせて読みたい記事

全ての記事を見る