交通事故・刑事事件に加えて借金問題・労働問題の対応を本格化しています。

交通事故にあったら毎日通院した方がいい?慰謝料の観点から弁護士がお答え

更新日:

毎日通院した方がいい?

2020年4月1日改正民法が施行されました。交通事故の損害賠償請求権に関するルールに変更があります。

毎日通院したほうが良いんでしょうか。
もし、慰謝料を少しでも多くもらうためなら、結論は「ノー」です。

慰謝料の観点から言えば、むしろ、毎日通院するデメリットもあります。

毎日通院しなくても、適切な通院頻度を守ることで、正当な額の慰謝料はちゃんともらえます。通院のポイントを押さえることが一番大切です。
この記事を読めば、正当な慰謝料獲得の方法が見えてきます。

慰謝料は毎日通院しても増えるとは限らない

毎日通院が慰謝料増額につながらないワケ

病院への入院や通院をしなくてはならない、辛い痛みを味わっている、などの精神的苦痛に対して支払われる慰謝料のことを、入通院慰謝料(傷害慰謝料)といいます。

苦痛の感じ方には個人差があります。入通院慰謝料は、不公平感を避けるために、入院・通院をした時間の長さによって決められます。

しかし、入通院慰謝料の金額は、入院・通院の時間の長さに比例して増え続けるわけではありません。

慰謝料を多くもらうために毎日通院することには、まったく意味がありません。

慰謝料を算定する3つの基準

交通事故の慰謝料計算には、3つの方法があります。

  1. 自賠責基準
  2. 任意保険基準
  3. 弁護士基準

この3つの慰謝料基準は、加害者側保険会社が使う基準と、被害者側の弁護士が交渉する時に使う基準に分けることができます。

まず、加害者側保険会社が使う基準です。
自賠責基準と任意保険基準で計算された金額には、いずれも増額の余地があります。

自賠責基準

加害者側自賠責保険会社が慰謝料を算定する時に使う基準。支払基準は法令で定められている最低限のもの。

任意保険基準

加害者側任意保険会社が慰謝料を算定する時に使う基準。支払基準は各任意保険会社により異なる。詳しくは非公開とされているが、自賠責基準とほぼ同一水準となる。弁護士から見ると増額の余地がある。

自賠責基準や任意保険基準で提示される慰謝料額は十分ではありません。
もし裁判を起こしたら、もっと増額される可能性があります。

しかし、裁判を起こすことは被害者にとってもハードルが高いものです。
交通事故の損害賠償問題は、まず示談交渉で解決を試みることが多いです。

弁護士に依頼をすれば、裁判を起こさず示談の段階で、裁判で認められうる金額に近づけることができます。この金額算定方法を、弁護士基準といいます。

弁護士基準(裁判基準)

被害者側の弁護士が、加害者側保険会社の提示額に対して増額交渉する際に用いる算定方法。保険会社が使う基準よりも慰謝料額は高額になり、被害者にとってはメリットが大きい。

自賠責基準|慰謝料は2日に1回の通院頻度でピーク

自賠責基準では、通院期間を通して2日に1回の頻度で通院した時に慰謝料額がピークを迎えます

自賠責基準では、次の計算式で慰謝料を計算します。

  1. [入院日数 + (実通院日数 × 2)]× 4,300円(※4,200円)と
  2. [通院期間]× 4,300円(※4,200円)
    ※2020年3月までに起きた交通事故については4,200円で計算

計算式は2つありますが、計算結果が少ない方を入通院慰謝料とします。
なお計算式内の実通院日数、通院期間とは、次の日数をさします。

  • 実通院日数は、通院期間中に実際に通院した日数
  • 通院期間は、最初に病院を受診した日から治療終了日までの期間

自賠責基準による慰謝料計算例

通院日数20日・通院期間2ヵ月

入院なし、実通院日数20日、通院期間2ヵ月の場合は次のような計算式となります。なお、2020年5月に起こった交通事故と想定して、日額は4,300円を採用します。

  1. [ 0 + (20 × 2)]× 4,300円=17万2,000円
  2. [ 60 ]× 4,300円 =25万8,000円

2つの式を比べると、計算結果は1式の方が少なくなります。
少ない方が入通院慰謝料として採用されるので、17万2,000円となります。

通院日数2ヵ月・通院期間2ヵ月

毎日通院した場合に、慰謝料がもっと増えるのかを検証してみます。
2ヵ月毎日通院するということは、実通院日数が60日となりますので、1式の数字が変わります。

  1. [ 0 + (60× 2)]× 4,300円=51万6,000円
  2. [ 60 ]× 4,300円 =25万8,000円

1式の計算結果は51万6,000円となり、実通院日数が20日の場合の17万2,000円より高い結果となります。しかし、1式と2式を比べて少ない方を採用しますので、慰謝料額として採用されるのは2式となり、慰謝料額は25万8,000円です。

通院期間2ヵ月のときは、その半分に当たる「1ヵ月(30日)」で通院した時に、もっとも高額な慰謝料(25万8,000円)がもらえる計算になります。
そして、通院日数が30日を超えても、慰謝料は増額されません。

自賠責基準は、通院すればするほど慰謝料額が上がる仕組みではないのです。

関連記事

任意保険基準|慰謝料は任意保険会社の社内ルール

任意保険基準は、現在は任意保険会社ごとの独自設定となっています。
社外秘のルールのため、詳細は明らかになっていません。

もっとも、実務上では、自賠責基準とほとんど変わらない水準となっています。

以前は、すべての任意保険会社で統一基準を持っており、内容も公開されていました。各任意保険会社で独自ルールを持つ今でも、旧統一基準を踏襲した保険会社もあるようです。

以下は任意保険会社の旧統一基準の慰謝料算定表です。
現在はすべての任意保険会社に適用されるわけではありませんので、参考程度にご覧ください。

旧任意保険支払基準による入通院慰謝料
旧任意保険支払基準による入通院慰謝料

表の見方

  • 「1月」は30日単位
  • 表の縦軸は通院月数、横軸は入院月数

自賠責基準との明確な違いは、実通院日数が指標とされないことです。

入院なし・通院3ヵ月の場合、旧統一基準では37万8,000円となります。
通院期間が3ヵ月であれば、毎日通院しようと、45日通院しようと、原則として同じ入通院慰謝料が認められてきました。

現在、各任意保険会社による基準があるため、金額はこの通りとは言えません。
しかし、旧統一基準と同様の考え方に則るならば、通院回数を増やせば慰謝料額も増え続ける、とは期待しない方が良いでしょう。

関連記事

弁護士基準|慰謝料は入院・通院期間で決定

弁護士基準では、入院・通院期間の長さで慰謝料額を決定します。日額という考え方はなく、原則として、慰謝料は通院日数によって左右されません。(関連記事『交通事故の慰謝料は通院日数よりも通院期間に注目!慰謝料相場と注意点』)

弁護士基準では、慰謝料の算定表を用います。
原則として「重傷」の表で計算しますが、被害者のケガが軽度(むちうち・挫創・打撲など)の時には「軽傷」の表を使います。

重傷の慰謝料算定表(弁護士基準)

重傷の慰謝料算定表
重傷の慰謝料算定表

※極めて重篤な負傷については表の金額から20%~30%増額

軽傷の慰謝料算定表(弁護士基準)

軽症・むちうちの慰謝料算定表
軽症・むちうちの慰謝料算定表

表の見方

両表とも、縦軸が通院月、横軸が入院月を示しています。
1月は「30日」単位になります。

自賠責基準とは違い、原則、慰謝料は通院日数の影響を受けません。
重傷につき入院1ヵ月・通院4ヵ月の場合、慰謝料の目安は130万円です。
通院4ヵ月(120日)のうち、50日通院しようと、80日通院しようと、原則慰謝料額には差が出ません。

ただし、弁護士基準であっても、あまりにも通院回数が少ないと算定表通りの慰謝料獲得は難しくなります。

くわしくは「通院頻度が低いと慰謝料は大幅減額のリスクあり」にて解説しています。

慰謝料の増額|毎日通院するより大事なこと

慰謝料は弁護士基準で計算をする

慰謝料には、自賠責基準・任意保険基準・弁護士基準の3つの算定方法があります。加害者側保険会社は、自賠責基準または任意保険基準で算定して、慰謝料額を提示してきます。保険会社の言いなりにはならず、弁護士基準で再計算して増額交渉するべきです。

任意保険基準については非公開とされていますので、自賠責基準と弁護士基準の慰謝料額を比較してみましょう。

自賠責基準は2日に1回の通院をして最も慰謝料を多くもらった場合、事故発生日は2020年5月として日額を4,300円として計算した結果を掲載しています。

通院慰謝料の比較(自賠責基準と弁護士基準)

通院期間
通院日数
自賠責基準弁護士基準※
1ヵ月
15日~
12万9,000円(重)28万円
(軽)19万円
2ヵ月
30日~
25万8,000円(重)52万円
(軽)36万円
3ヵ月
45日~
38万7,000円(重)73万円
(軽)53万円
4ヶ月
60日~
51万6,000円(重)90万円
(軽)67万円
5ヶ月
75日~
64万5,000円(重)105万円
(軽)79万円
6ヵ月
90日~
77万4,000円(重)116万円
(軽)89万円

※(重)は重傷の慰謝料算定表、(軽)は軽傷の慰謝料算定表に基づく

自賠責基準と弁護士基準を比較してみると、慰謝料の金額差は歴然で、弁護士基準での算定結果が高額であると分かります。

慰謝料を多くもらうには、自賠責基準や任意保険基準といった保険会社主体の基準に任せることなく、弁護士基準で算定すべきです。

3日に1回を目安に通院を継続する

弁護士基準の算定表通りの金額をもらうには、少なくとも3日に1回の通院頻度が望ましいです。

弁護士基準では、「入院期間」や「通院期間」といった期間の長さで慰謝料を算定します。
しかし、3ヶ月間の間に40日通院した人と、3日しか通院しなかった人の慰謝料額は当然異なります。

補足

通院の頻度は被害者のケガの治療状況によるものです。
ここでお伝えする通院頻度は、あくまで慰謝料を「弁護士基準の算定表通り」にもらうために必要な通院頻度と考えてください。

通院頻度が低いと慰謝料は大幅減額のリスクあり

弁護士基準の入通院慰謝料は、むち打ち症で他覚所見がない場合において次のように明記されています。

通院が長期にわたる場合は,症状,治療内容,通院頻度をふまえ実通院日数の3倍程度を慰謝料算定のための通院期間の目安とすることもある。

民事交通事故訴訟 損害賠償額算定基準(通称 赤い本)

通院期間が長期にわたる時には、その通院の実情を踏まえて通院期間を短縮する可能性を示しているのです。

8ヵ月の通院期間中に10日しか通院しておらず、通院頻度の低さが原因となって通院期間が短縮されたケースを考えてみましょう。

8ヵ月の通院期間中に10日しか通院していなければ、通院期間は10日の3倍の30日と見なす、ということです。金額は103万円(通院8ヵ月)から19万円(通院1ヵ月)への84万円ダウンです。

弁護士基準は高額な慰謝料獲得に欠かせない算定方法ですが、通院頻度次第では大幅に減額されてしまうのです。

補足

むち打ちで他覚所見がない場合は、通院期間を実通院日数の3倍と見なします。
それ以外の傷病であっても、通院期間を実通院日数の3.5倍に見なすケースがあります。症状、治療内容、通院頻度などを踏まえて判断されるのです。

毎日通院は絶対に許されないの?

医師の指示なら通院するべき

医師は、被害者のケガの状況・治療の進捗などから判断して、次の受診日目安を提案してくれます。
もし医師から「明日も通院してください」と言われた場合には、従うべきです。

一般的に、受傷直後の急性期は激しい痛み、強い症状が出る傾向があります。急性期には急性期の症状に合わせた処置が必要です。

慢性期を迎えると、痛みや症状は軽減される傾向にあり、急性期とは違う治療が必要になります。

つまり、最初のうちは毎日通院が必要であっても、同じ状況がずっと続くとは限りません。医師の指示を聞いて、まずはしっかり治すことに専念しましょう。

痛みや辛さは我慢してはいけない

被害者の方にしか分からない痛みや辛さがあります。ご自身が辛いと感じれば、医師の診察を受けましょう。

慰謝料を多くもらうためだけに毎日通院する意味はありませんが、ケガを治療するための通院は必要なものです。

しかし、毎日通院することで慰謝料の面ではデメリットも起こりえます。
毎日通院することのデメリットは、続いて詳しく解説します。

毎日通院するとデメリットもある

保険会社の態度が変わる120万円のボーダー

交通事故の治療費は、加害者側任意保険会社が病院に直接支払ってくれるケースが多いです。そのため、被害者は病院で治療費などを支払う必要はありません。(任意保険会社によって対応が異なったり、加害者が無保険の場合は除きます)

しかし、加害者側任意保険会社もひとつの営利企業です。
いくらでも際限なく治療費を支払ってくれるわけではありません。

加害者側任意保険会社は、被害者に対して支払う金額を120万円までに抑えたいと考えています。なぜなら、120万円とは、加害者側自賠責保険会社の支払い上限だからです。
治療費、慰謝料、通院交通費など治療中にかかる費用の全てを含んで120万円となります。

任意の自動車保険と自賠責保険の関係

まず、加害者側自賠責保険会社が被害者に賠償金を支払います。そして、法令で定められた支払い上限を超えたとき、加害者側任意保険会社が支払う仕組みになっています。

つまり、加害者側任意保険会社から支払われているようにみえる賠償金も、120万円までは自賠責保険から支払われているのです。
本来は自賠責保険会社から支払われる賠償金を、任意保険会社がいったん肩代わりしているのです。

120万円を超えるまでは自賠責保険会社の支出ですので、任意保険会社としてはそこまでこだわりはありません。しかし、120万円を超えた分は自社(任意保険会社)が負担するため、交渉が活発になるのです。

毎日通院していると、あっという間に120万円に近づくことになります。
加害者側任意保険会社はなんとか支出を抑えるために、治療費の打ち切りなど色んな提案をしてきます。

漫然とした通院で治療費打ち切り・慰謝料ダウン

加害者側任意保険会社は、被害者が受けている治療内容、治療経過を知ることができます。

たとえば、むちうちの治療で毎日通院しているけれど湿布を貰うだけ、といった場合には、「漫然とした通院」や「過剰診療」などと見なされる可能性があります。治療の必要性がないと判断されてしまったら、治療費が打ち切られてしまうかもしれません。

  • もう完治しているのではないか
  • 治療の必要性を感じられない
  • 痛いと嘘をついているのではないか

保険会社が治療費を打ち切る背景には、このような考えがあります。

治療費が打ち切られるということは、治療期間の終了を意味します。治療期間が終了すると、慰謝料もその日までとなります。

あるいは、本来はもっと早くに治療が終わっていたはずと言われ、通院期間が少なく見積もられてしまうことも考えられ、慰謝料が大幅にダウンしてしまうのです。

毎日通院することは、被害者にとってデメリットもあります。
毎日通院が必要なほどつらい場合は、医師としっかり話をして、治療方針の検討も視野に入れましょう。

毎日通院しなくてもむちうち慰謝料を最大限にする方法

適正な慰謝料獲得のポイントを押さえる

むちうちの慰謝料をきちんと受けとるためには、次の2点に注意が必要です。

  • 3日に1回の通院を目指す
  • 整形外科への通院を欠かさない

3日に1回の通院というのは、最も慰謝料額が高くなる弁護士基準での金額を受けとるために必要です。

そして、むちうちの治療は、どこで治療を受けたかもポイントです。
交通事故によるむちうちについては、整骨院や接骨院の施術費が認められなかったり、慰謝料の対象とされないといったトラブルが付き物です。

整形外科への通院を欠かさない

治療の主体は整形外科であり、整骨院・接骨院は併用先と考えてください。

その理由は3つあります。

  1. 整形外科で受ける検査が重要
  2. 整骨院の費用は病院の治療費よりも認められにくい
  3. 医師の見解は後遺障害等級認定で極めて重要

整形外科で受ける検査が重要

整形外科では、レントゲン、CT、MRIなどの身体の内部をみる検査を受けられます。しかし、整骨院・接骨院では検査を受けられません。むちうちの症状は外見上分からないので、まずは身体の内部を確認して、骨折が起こっていないかなどを調べる必要があります。

また、治療の経過を診るにもレントゲン、CT、MRIなどの検査は重要です。

整骨院・接骨院の費用は認められにくい

治療行為を行えるのは整形外科(病院)であり、整骨院・接骨院は施術行為として区別されます。

そのため、整形外科の治療費は認められても、整骨院・接骨院の費用については、加害者側任意保険会社によって慎重に判断される場合があります。

さらに、マッサージ、あんま、カイロプラクティックなどの費用を支払ってもらうことはハードルが高くなります。

医師の見解は後遺障害等級認定で極めて重要

後遺障害等級認定をするのは医師ではありません。しかし主治医の見解をもとに作成される「後遺障害診断書」は、後遺障害等級認定を受けるために重要な書類です。

後遺障害診断書

被害者の身体に残った症状について、部位、程度、どんな支障があるかを記載した診断書。医師のみが作成できるもので、後遺障害等級認定の申請に必要な書類。

交通事故の損害賠償では、後遺症を「後遺障害」として認定してもらうことで、賠償金は増額されます。認定を受けるときの申請資料のひとつに「後遺障害診断書」があります。

6ヵ月以上通院を続けても症状が治らない場合には、後遺症として認定を受けるかを検討する時期になります。

後遺障害診断書は、事故直後からの治療経過を診て作成されます。
ずっと整骨院・接骨院にだけ通っており、いざ後遺障害診断書の作成のためだけに整形外科を訪れても、医師はきちんとした後遺障害診断書を作成できるはずがありません。

整形外科への通院頻度は、少なくとも1ヵ月以上空かないようにしましょう。

整骨院利用のために

むちうちの治療のために、整骨院・接骨院を利用する場合には、整形外科の医師に許可(指示)をもらう、加害者側任意保険会社に事前に通知することがポイントです。

たとえば、整骨院・接骨院であれば仕事後に通うことができる、生活圏内にあって利用しやすいなど、整骨院・接骨院に通いたい事情を添えることが大切です。

主治医に許可(指示)をもらえば、接骨院・接骨院の利用が治療に必要な行為であると認められやすくなります。

加害者側任意保険会社に事前に連絡を入れておけば、後から「整骨院・接骨院の費用は支払いません」と言われるリスクを減らせるでしょう。

後遺障害慰謝料を請求する

後遺障害等級認定を受けることで、後遺障害慰謝料を請求できます。
弁護士基準による後遺障害慰謝料相場は、後遺障害12級で290万円後遺障害14級で110万円です。

むちうちでは、後遺障害12級13号または後遺障害14級9号認定の可能性があります。

後遺障害12級13号・後遺障害14級9号とは

等級内容
12級13号局部に頑固な神経症状を残すもの
14級9号局部に神経症状を残すもの

後遺障害等級認定を受けるには、まず後遺障害等級認定の申請が必要です。

申請方法は「事前認定」と「被害者請求」の2つから選ぶことができます。
両者の違いは、被害者が書類を提出する先と申請主体です。

事前認定と被害者請求の違い

事前認定被害者請求
書類提出先加害者任意保険会社加害者自賠責保険会社
申請主体加害者任意保険会社被害者自身

被害者が申請書類を提出する際、事前認定では、加害者側任意保険会社に提出をします。提出書類は「後遺障害診断書」のみでよく、被害者は手間をかけずに後遺障害等級認定の申請ができます。

被害者請求では、被害者は加害者側自賠責保険会社に書類を提出します。「後遺障害診断書」のほか、治療の経過が分かる書類・検査結果、仕事に支障をきたしている事実が分かる書類などを提出します。

被害者請求では身体に残った症状を証明するために必要な書類や検査結果を自分で検討して提出できる強みがあります。この強みを生かせば、後遺障害等級認定率を高めることができるでしょう。

後遺障害等級認定をご検討中の方は、お気軽に弁護士にご相談ください。
事前認定と比べて資料収集などの手間がかかるようにみえる「被害者請求」ですが、弁護士が丁寧にサポートしますのでご安心ください。

関連記事

収入が減ったら加害者に請求する

交通事故によって収入減が生じた場合、加害者に損害賠償請求が可能です。
収入減への補償は2つあり、それぞれ休業損害、後遺障害逸失利益とよばれています。

治療中に請求できる補償を休業損害、後遺障害等級認定後に請求できる補償を後遺障害逸失利益と区別してください。

休業損害とは

ケガの痛み、症状、通院のために仕事を休まざるを得ない場合があります。
被害者は、仕事を休んだ日数分の休業損害を請求できます。

誤解されやすいのですが、休業損害の対象は給与所得を得ているサラリーマンだけではありません。主婦(専業主婦・兼業主婦問わず)、自営業者、アルバイトをしている学生も請求できます。

1日あたりの休業損害額の求め方は、職業や立場によって異なります。
休業損害の詳しい計算方法については、『交通事故の休業損害はいつもらえる?計算方法を職業別に解説』をご覧ください。

後遺障害逸失利益とは

後遺障害逸失利益とは、後遺障害が残ったことで発生した生涯収入の減額を補償するものです。もっとも、実際に収入減が起こっていなくても認められた事例もあります。

後遺障害逸失利益の金額は、67歳(通常働けると想定される年齢)までの減収になります。被害者の年齢、事故前の年収、そして後遺障害等級に応じて金額が算定されます。

  1. 重篤な後遺障害が残った
  2. 被害者が若い
  3. 事故前収入が高い

この3条件に該当する場合、後遺障害逸失利益は高額化します。
その分、保険会社との交渉が激化する可能性がありますので、お早めに弁護士にお問い合わせください。

もっとも、むちうちについては67歳までずっと減収が続くとは認められません。ほとんどの場合、後遺障害12級で10年間、後遺障害14級で5年間、減収が起こると想定され、損害賠償請求が可能です。

詳しい逸失利益の計算は、以下の関連記事にて解説をしています。

関連記事

逸失利益の計算|後遺障害14級や12級の逸失利益はいくら?

交通事故慰謝料の増額ならアトム法律事務所へ

増額実績①依頼から3週間で約2倍の示談金

LINE相談がきっかけ

関節捻挫、左腓骨神経麻痺により後遺障害14級9号に認定された会社員。
左足の知覚鈍麻やしびれが残っていました。
既払い金を除いた123万7,565円の示談金提示を受けた状態で、金額の妥当性をLINEでご相談いただきました。
弁護士が詳しくお伺いしたところ、増額の余地があることが確認できました。
依頼からわずか3週間で約2倍の251万5,876円までの大幅な増額が実現できました。ご依頼者様の手元には弁護士費用を除いても約200万円以上が残ったのです。

  • 入通院慰謝料、後遺障害慰謝料、逸失利益が低く見積もられている
  • 裁判でも認められる基準を元にした正当な逸失利益の請求

増額実績②3ヵ月後に2,400万円を獲得

損害項目の大部分を占める費目について、正当な金額を請求したことが、増額とスピード解決につながりました。

無料相談で予想以上の示談金見積もり

バイク乗車中の事故で左足裂傷・左脛骨開放骨折・左腓骨骨折・左踵陥没という大怪我を負った会社員。左脚関節や左足親指の機能障害、しびれという後遺障害が残り、後遺障害は併合9号に認定されました。
保険会社から約2年間も示談金の提示がなされず、不安な思いでアトムのLINE無料相談でご相談いただきました。
弁護士が示談交渉に入り、依頼から約3ヶ月で2,400万円の示談金を獲得しました。

  • 保険会社の逸失利益計算は不当なものであると弁護士が主張
  • 依頼者様のご希望にそったスピード解決を実現

相談予約はこちら「いま繋がります!」

アトム法律事務所の法律相談予約窓口は、年中無休でつながる体制を整えています。いま相談したいと思った時にご連絡ください。

ご相談予約の窓口は3つあります。

  • 電話
  • LINE
  • メール

被害者の方は、どの方法も無料でご利用いただけますのでご安心ください。
無料の法律相談がきっかけとなり、不安が解消できたというご相談者の方が多数いらっしゃいます。契約する・契約しないは、法律相談をしてからご検討いただければ十分です。

保険会社の提示額は適正な金額より
はるかに低い可能性があります!

示談金2097件増額実績 無料相談21121件相談実績
2020年5月31日時点の累計

保険会社の提示額は適正な金額より
はるかに低い可能性があります!

相談料0円

着手金0円

完全成功報酬

まとめ

  • 毎日通院しても慰謝料増額にはつながらない
  • 慰謝料を適正にもらうには3日に1回程度の通院が望ましい
  • 毎日通院することは被害者にとってデメリットもある

代表弁護士岡野武志

監修者


アトム法律事務所

代表弁護士岡野武志

詳しくはこちら

第二東京弁護士会所属。アトム法律事務所は、誰もが突然巻き込まれる可能性がある『交通事故』と『刑事事件』に即座に対応することを使命とする弁護士事務所です。国内主要都市に支部を構える全国体制の弁護士法人、年中無休24時間体制での運営、電話・LINEに対応した無料相談窓口の広さで、迅速な対応を可能としています。

あわせて読みたい記事

全ての記事を見る