交通事故・刑事事件に加えて借金問題・労働問題の対応を本格化しています。

交通事故で多いむちうちの症状と慰謝料計算方法|治療や後遺症認定を解説

更新日:

脊椎骨折

新たに改正民法が施行されました。交通事故の損害賠償請求権に関するルールに変更があります。

追突事故などの被害にあった際、首が強くしなったせいでむちうち(頸椎捻挫)を負うことがあります。

むちうちの治療費や整骨院での施術料は相手方の保険会社に請求することができます。

また、手足にしびれなどが残り、後遺障害等級が認定された場合は、後遺障害慰謝料や逸失利益も請求することが可能です。

このページでは、そもそもむちうちの症状とは具体的にどのようなものなのか、むちうちで請求できる慰謝料額の計算方法、後遺障害等級認定の申請をする手順などを解説していきます。

保険会社の提示額は適正な金額より
はるかに低い可能性があります!

示談金2097件増額実績 無料相談21121件相談実績
2020年5月31日時点の累計

保険会社の提示額は適正な金額より
はるかに低い可能性があります!

相談料0円

着手金0円

完全成功報酬

むちうちとは

むちうちとは

むちうち症は「交通外傷などの際に、頚部に加速減速のメカニズムによって過大な負荷がかかった状態」と定義されています(『むち打ち症(外傷性頚部症候群)』国際疼痛学会(IASP) 2020年4月9日閲覧)。

「加速減速のメカニズムによって過大な負荷」とは、首に生じる過伸展、過屈曲のことを指します。

首の過伸展…事故の衝撃で頭が後方に大きくのけぞること
首の過屈曲…過伸展の反動で頭が前方に大きく屈曲すること

このとき、頸部の組織は通常よりも大きく引き伸ばされます。
その結果、頸部の組織の一部に損傷が生じたり、頸椎が強く圧迫されて椎間板ヘルニアが生じることがあります。

出展:https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/5/57/Whiplash_Injury.jpg

むちうちの症状を解説

むちうちの主な症状は以下の通りです。

  • 頚部の違和感
  • 上肢にしびれ
  • 頭痛
  • 背部痛
  • 腰痛
  • 吐き気
  • めまい など

なお、むちうちを負った後に生じる吐き気やめまい、耳鳴りといった自律神経の症状のことをバレリュー症候群と言います。

むちうちの痛みは事故直後から数日経った後に感じることがありますが、バレリュー症候群はそれよりもさらに遅れて発症することがある点にご注意ください。

場合によっては、事故後2~3週間ほど経ってからバレリュー症候群の症状が生じることもあります。

バレリュー症候群の対応は整形外科ではなく麻酔科やペインクリニック、神経内科などになるので、もしも整形外科の医師から神経内科などでの受診を勧められた場合は素直に行くようにしましょう。

医師から特に何も言われない場合でも、倦怠感や吐き気などの不調を感じ続ける場合は自主的に神経内科などで診療してもらうことをおすすめします。

むちうちは整形外科・整骨院などで治療を受けよう

むちうちを負った場合、まずは整形外科に行って診断してもらうことになります。

診断の結果、鎮痛剤や湿布を処方され、それと併用して理学療法も受けることが一般的です。

むちうちの理学療法には以下のようなものがあります。

療法内容
牽引療法器械または徒手で頸部を引っ張る。頚部の神経の圧迫が緩和され、血行がよくなり、症状の緩和が期待できる。
電気療法身体に電気による刺激を与える。筋肉がほぐれて血行がよくなり、症状の緩和が期待できる。
運動療法関節が拘縮しないように可動域訓練を行ったり、筋肉が弱く細くならないように筋肉強化のための運動を行う。
温熱療法ホットパックなどで筋肉を温める。血行がよくなり、症状の緩和が期待できる。

むちうちの炎症がまだ治まっていないような状態だと、理学療法を行うべきではない場合があります。

そのため、自分の判断で勝手に運動するようなことはせず、医師と相談した上で理学療法を実施してもらうようにしましょう。

なお、あまりにも痛みやしびれが酷い場合には、神経ブロック注射を打ってもらうこともあります。

神経ブロック注射

局所麻酔薬を神経や神経の周辺に注射して痛みをなくす方法のこと。
神経に麻酔薬が作用すると、痛覚を伝達する経路がブロックされ、痛みが取り除かれる。
痛みが緩和されることで血流がよくなり、自然治ゆ力が高められる。

また、整骨院で施術を受ける許可を主治医からもらえば、むちうち治療のために整骨院に通っても問題ありません。

その場合でも、整骨院の施術料を相手方の保険会社に請求することが可能です。

ただし、整骨院へ継続的に通うことになったとしても、1ヶ月に1回以上は病院で診断してもらい、治療継続の必要性を判断してもらわなければならない点にご注意ください。

むちうちの治療期間を解説

むちうちは一般的に1~3ヶ月程度の治療期間を要します。

ご参考までに、一般社団法人JA共済総合研究所が公開している研究報告を見てみると、交通事故で生じたむちうちの治療期間について以下のデータがまとめられています。

むちうちの平均治療期間

データ元:各損害保険会社が受付けた事例
調査時期:1991年6月1日~8月2日
平均治療期間:入通院者全体で73.5日(中央値49日)

治療期間累積治癒率
1か月以内39.8%
2か月以内57.1%
3か月以内71.1%
4か月以内80.0%
5か月以内85.7%
6か月以内90.3%

参考: https://www.jkri.or.jp/PDF/2017/sogo_75kagawa.pdf 『交通事故によるいわゆる“むち打ち損傷”の治療期間は長いのか―損害賠償を含む心理社会的側面からの文献考証―』 P103 一般社団法人 JA共済総合研究所

被害者の年齢や受傷状況などによって治療期間も変動しうるので、具体的な治療期間が気になる方は主治医に質問してみると良いでしょう。

むちうちの治療打ち切り対処法

むちうちの通院を続けていると、3ヶ月目あたりで相手方の保険会社から治療費支払いの打ち切りを打診されることがあります。

「むちうちなら3ヶ月もあれば治療も終わるでしょうし、もうこれ以上通院しなくても良いですよね?」

このようなことを言われると、「ああ、そういうものなのかな」と納得して素直に応じてしまうかもしれません。

しかし、まだ症状緩和の見込みがあるかもしれないのに途中で治療で打ち切ってしまうと、本来は治まるはずだった痛みやしびれが中途半端に残ってしまう可能性があります。

ではどうすれば打ち切りされずに治療を続けることができるのかと言うと、まだ治療を継続する必要性があることを主治医から確認できれば、打ち切りに応じずに治療を続けることが可能です。

もしそれでも打ち切りを取り下げてくれそうにない場合は、打ち切り宣告後も自費で治療を受け、後から相手方の保険会社に治療費の請求をする、という選択肢もあります。

弁護士にご相談いただければ治療打ち切りに対処できるかどうか判断できるケースもあるため、相手方の保険会社に打ち切りを打診されてお困りの方はぜひアトム法律事務所までご相談ください。

治療打ち切りの主な対処法

  • 主治医に症状固定(治療を続けてもこれ以上の改善や回復は見込めないであろう状態)がいつになるのかを確認し、まだ治療を受ける必要があることを相手方の保険会社に伝える
  • 打ち切りされた後も自費で治療を受け、後から相手方の保険会社に治療費の請求をする
    など

むちうちの慰謝料|請求できる項目を解説

むちうちの治療を受けた場合、主に以下の項目を相手方の保険会社に請求することができます。

  • 治療関係費(入通院費、診断書の費用など)
  • 入通院慰謝料
  • 休業損害
  • 後遺障害慰謝料
  • 逸失利益

治療関係費|通院費・交通費などを請求可能

治療関係費には、主に以下の項目が該当します。

  • 応急手当費
  • 診察料
  • 入院料
  • 投薬料、手術料、処置料等
  • 交通費(通院費、転院費、入院費または退院費)
  • 看護料
  • 諸雑費
  • 柔道整復等の費用
  • 診断書等の費用

このように、治療関係費として計上される項目は多く存在します。

そのため、「これは治療関係費として請求できるのだろうか」と不安に思った場合は、相手方の保険会社の担当者か弁護士に相談して確認を取ってみると良いでしょう。

入通院慰謝料|むちうちの慰謝料計算機も紹介

入通院慰謝料とは、交通事故でケガを負ってしまったせいで生じた精神的な苦痛を金銭的価値に置き換えたものです。

本来、交通事故に遭わなければ痛みで苦しむこともなかったので、不必要な苦痛にさらされたことに対する補償を入通院慰謝料として相手方の保険会社に請求することができます。

なお、慰謝料の相場には自賠責基準・任意保険基準・弁護士基準の3つがあり、金額の多寡は弁護士基準 > 任意保険基準 > 自賠責基準となっています。

自賠責基準のむちうち慰謝料額

自賠責基準では、令和2年4月1日以降に発生した交通事故の場合だとむちうちの入通院慰謝料は以下の計算で求められます。

4,300円×治療日数*

* 治療期間と実治療日数×2のいずれか少ない方が治療日数となる

なお、自賠責保険の総支払額は治療関係費・入通院慰謝料等・休業損害をすべて含めて120万円が上限額である点にご注意ください。

旧任意保険基準のむちうち慰謝料額

平成11年7月1日に撤廃されていますが、当時まで使用されていた旧任意保険基準では、むちうちの入通院慰謝料は以下の基準で計算されます。

0123
0025.250.475.6
112.637.86385.7
225.250.473.194.5
337.860.581.9102.1

縦は通院月数、横は入院月数、慰謝料の単位は万円

弁護士基準のむちうち慰謝料額

弁護士基準では、むちうちの入通院慰謝料は以下の基準で計算されます。

0123
00356692
1195283106
2366997118
35383109128

縦は通院月数、横は入院月数、慰謝料の単位は万円

むちうちの慰謝料計算機

以下のバナーをタップするとむちうちの慰謝料計算機へ遷移します。

慰謝料計算機の使い方

  1. 慰謝料計算機の上部にある「打撲、むちうち等」タブを選択する
  2. 入通院日数や休業日数、年齢や年収などを入力する
  3. 「慰謝料を計算する」ボタンをタップする
  4. 弁護士基準の慰謝料金額が算出される

なお、令和2年4月1日よりも前に発生した交通事故の場合、慰謝料計算機とは計算方法が異なる点にご注意ください。

休業損害|主婦や自営業者も請求可能

休業損害とはケガのせいで休業せざるをえなくなり、減少してしまった収入のことです。

休業損害も相手方の保険会社に対して請求することができます。

サラリーマンだけではなく、専業主婦や自営業者でも休業損害を請求することが可能なので、損をしないようにしましょう。

後遺障害慰謝料|等級認定されると請求可能

後遺障害慰謝料とは後遺障害等級が認定された場合に請求することができる損害項目です。

これ以上治療を続けても緩和しない症状(手足のしびれ・痛み等)が残った後、後遺障害等級が認定されると、等級に応じた後遺障害慰謝料を相手方の保険会社に請求することができます。

後遺障害慰謝料の具体的な計算方法については後述します。

逸失利益|本来得たはずの利益を請求可能

逸失利益は後遺傷害で労働能力が低下しなければ得られたはずの利益のことです。

逸失利益の具体的な計算方法についても後述します。

むちうちの後遺障害慰謝料・逸失利益

むちうちの治療が終わったにも関わらず、手足のしびれ・痛みなどが残存して後遺障害等級が認定されたなら、後遺障害慰謝料を請求することができます。

後遺障害等級の認定審査は損害保険料率算出機構内の「自賠責損害調査事務所」で行われます。

審査を通して、申請者の症状が後遺障害等級の何級に該当するのか、または非該当なのかが決められます。

後遺障害等級認定の流れは以下の通りです。

後遺障害等級認定の流れ

  1. 治療が終わり、症状固定を迎える
  2. 主治医に後遺障害診断書を作成してもらう
  3. 後遺障害診断書などの必要書類を被害者自身で用意し、加害者側の自賠責保険会社に提出する(被害者請求
    または、加害者側の任意保険会社に手続きを任せ、必要書類を加害者側の自賠責保険会社に提出してもらう(事前認定
  4. 後遺障害等級認定の審査結果が返ってくる
  5. 納得がいく結果なら、示談交渉をする
    納得がいかない結果なら、異議申立て・紛争処理申請*・裁判の提起などを行う

* 紛争処理の申請先は「自賠責保険・共済紛争処理機構」になる。1度しか申請できない点に注意。

被害者請求だと手間はかかりますが、後遺障害等級認定のための証拠を納得がいくまで集めることができるというメリットがあります。

むちうちの後遺障害等級認定基準

なお、むちうちで認定される後遺障害等級は14級9号または12級13号が大半です。

14級9号…局部に神経症状を残すもの
12級13号…局部に頑固な神経症状を残すもの

以下の認定基準を満たしていれば、14級9号または12級13号が認定される可能性があります。

14級9号の認定基準

  • 事故直後から入通院を継続している(目安として半年以上)
  • しびれ・痛みなどの症状が一貫して継続している
  • 神経学的所見がある*

*ジャクソンテスト、スパーリングテストなどで陽性判定が出れば神経学的所見があるとみなされうる

12級13号の認定基準

  • 14級9号の認定基準に加えて、CTやMRIで神経根の圧迫所見などが認められる

むちうちの症状は他覚所見(他人から見た症状の裏付け)が乏しくなってしまうことが多いです。

そのため、等級認定の申請をしても非該当になってしまうことが珍しくありません。

しかし、ずっと痛みが続いていて半年以上も治療を受けている、通院初期から現在まで同じ症状を一貫して訴えている、症状に常時性がある(雨の日だけ痛むのではなく、常に痛みがある等)ことなどを後遺障害診断書に記載してもらえれば、等級の認定がされやすくなる可能性があります。

後遺障害診断書は主治医に作成してもらうことになるため、上述したような「等級認定されやすくするためのポイント」を押さえて書いてもらうよう主治医に伝えてみることをおすすめします。

被害者本人から伝えづらい場合は、主治医への連絡を弁護士に依頼することができる場合もあります。

交通事故案件の経験豊富な弁護士なら等級認定に向けて動いてくれる可能性があるので、お悩みの方はぜひアトム法律事務所にご相談ください。

むちうちの後遺障害慰謝料はいくら

そして後遺障害等級14級9号または12級13号が認定されると、以下の基準で後遺障害慰謝料が支払われます。

14級9号と12級13号の後遺障害慰謝料

級号自賠責基準弁護士基準
14級9号32万円110万円
12級13号94万円*290万円

* 令和2年4月1日よりも前に発生した事故の場合は93万円

むちうちの逸失利益はいくら|14級9号・12級13号の場合

後遺障害等級が認定されると、後遺障害慰謝料だけではなく、逸失利益も支払ってもらうことができます。

逸失利益

後遺傷害で労働能力が低下しなければ得られたはずの利益のこと。
基礎収入×労働能力喪失率×労働能力喪失期間に対応するライプニッツ係数 で求められる。

14級9号の労働能力喪失率は5%、12級13号の労働能力喪失率は14%です。

ライプニッツ係数とは、労働能力喪失期間中の「中間利息の控除」をするために使われている係数のことです。

就労可能年数とライプニッツ係数(年率3% 2020年4月改正)

就労可能年数ライプニッツ係数
10.97
54.58
108.53
2014.88
3019.60

もしも年収300万円の方がむちうちで14級9号が認定された場合は、以下の計算式より、687,000円が逸失利益として認められます。

3,000,000×5%×8.53=687,000

なお、むちうちの場合は労働能力喪失期間を14級9号の場合は5年程度、12級13号の場合は10年程度で計算することが一般的である点にご注意ください。

むちうちで慰謝料が増額した判例・事例

後遺障害等級が非該当でも増額した判例

むちうちを負い、後遺障害等級が非該当だった場合でも、後遺障害慰謝料と逸失利益の支払いが認められた以下の判例があります。

(略)その等級は自賠法施行令二条別表後遺障害別等級表所定の後遺障害等級一二級一二号に該当し、労働能力の一四パーセントを喪失したものと認めるのが相当である。(略)原告の後遺障害による逸失利益を現価計算すると、次の計算式により、三五四万四七六〇円と認められる。
(略)本件事故についての慰謝料(いわゆる後遺障害慰謝料を含む。)は、四〇〇万円が相当である。

東京地判平成10年2月26日

裁判の結果、被害者の症状は12級12号に相当するとみなされました。

結果、354万4,760円の逸失利益と、増額されて400万円になった慰謝料の支払いが認められています。

このように、後遺障害等級が非該当になっていても、裁判で主張すれば賠償金を増額できるケースがあります。

また、14級が認定されていても、裁判の結果、慰謝料がより高額になる12級などを基準にした賠償金の支払いが認められるケースもあります。

裁判で増額できる見込みがあるかどうかについてアドバイスできる場合もあるので、慰謝料の増額などを検討している方はぜひアトム法律事務所までご相談ください。

アトムにご依頼いただいて増額した事例

アトム法律事務所にご依頼いただいた結果、最終的な回収額を増額できた事例をご紹介いたします。

傷病名:むちうち
後遺障害等級:14級9号
最終回収金額:309万円*(当初の提示額:171万円)

* 過失相殺・既往症による減額後の金額であり、アトム相談前に回収済の金額は含まれていません。

上記のケースでは相談段階で14級9号が認定済みでしたが、慰謝料などの金額に増額の余地がありました。

そこで弁護士が交渉した結果、当初の提示額171万円から最終的な受取金額309万円へと増額することができました。

また、以下のように後遺障害等級が非該当のケースでも増額できた事例があります。

傷病名:むちうち
後遺障害等級:非該当
最終回収金額:113万円*(当初の提示額:0万円)

* 過失相殺・既往症による減額後の金額であり、アトム相談前に回収済の金額は含まれていません。

こちらの方は相談時にはまだ金額を提示されていませんでしたが、弁護士費用特約を利用して、ご自身が相談費用・弁護士費用を負担せずに弁護士のサポートを受けることが可能でした。

受任後の弁護活動の結果、最終的に113万円を相手方から受け取ることができました。

むちうちの相談はアトムへ|弁護士費用特約があれば費用負担なし

最後に、このページの特に重要な点のまとめです。

まとめ

  • むちうちを負ったらまずは整形外科で受診する
  • 慰謝料などの賠償金は弁護士が交渉すれば増額の可能性あり
  • 後遺障害診断書の内容次第では等級認定されやすくなる

また、交通事故でむちうちを負っても、相手に対して強く出づらい心理になることもあるかと思います。

「むちうち程度で相手に高額な請求をしてもいいのだろうか」
「保険の担当者から『むちうちなら大したことないですよ』と言われたので、あまり大事にすると恥ずかしいかも」

しかし、事故で負った肉体的・精神的な苦痛に対して適切な補償を求めるのは立派な権利です。

納得のいく補償を受け取っておけば後悔しなくて済むので、慰謝料の増額を目指す方はぜひアトム法律事務所にご相談ください。

アトム法律事務所では電話・LINE・メールでの無料相談を受け付けています。
そのため、外出せずに相談をすることが可能な上に、ケースによっては事務所への訪問無しで交渉の依頼から示談金振込まで完了する場合もあります。

相談だけなら費用もかからないので、事故後の治療を終えた方はぜひアトム法律事務所へお気軽にご相談ください。

保険会社の提示額は適正な金額より
はるかに低い可能性があります!

示談金2097件増額実績 無料相談21121件相談実績
2020年5月31日時点の累計

保険会社の提示額は適正な金額より
はるかに低い可能性があります!

相談料0円

着手金0円

完全成功報酬

代表弁護士岡野武志

監修者


アトム法律事務所

代表弁護士岡野武志

詳しくはこちら

第二東京弁護士会所属。アトム法律事務所は、誰もが突然巻き込まれる可能性がある『交通事故』と『刑事事件』に即座に対応することを使命とする弁護士事務所です。国内主要都市に支部を構える全国体制の弁護士法人、年中無休24時間体制での運営、電話・LINEに対応した無料相談窓口の広さで、迅速な対応を可能としています。

あわせて読みたい記事

全ての記事を見る