交通事故・刑事事件に加えて借金問題・労働問題の対応を本格化しています。

交通事故で3ヶ月通院したら慰謝料はいくら?計算方法やむちうちの相場

更新日:

通院3ヶ月|むちうち慰謝料の相場

新たに改正民法が施行されました。交通事故の損害賠償請求権に関するルールに変更があります。

「3ヶ月通院したけど、慰謝料ってどれくらいが妥当なんだろう?」

慰謝料の金額は、治療費や交通費とは違って「実際の出費」ではないので、いくらが妥当なのか分かりづらいですよね。

実は慰謝料には複数の計算方法があり、しかも保険会社が使っているのは計算結果が低額になる方法なのです。

この記事を読めば、慰謝料を少しでも多くもらうためのポイントがつかめます。治療費の打ち切り、後遺障害等級認定のお話もご紹介しますので、あわせてお読みください。

法律相談

ご希望される方は

こちら

法律相談

ご希望される方は

こちら

交通事故のご相談はアトム法律事務所お任せください

24時間全国対応!
今すぐアトムに無料相談
お気軽にお電話ください

3ヶ月通院|交通事故慰謝料の相場はいくら?

慰謝料早見表|3ヶ月通院の入通院慰謝料

3ヶ月通院した場合に請求できる慰謝料は、「入通院慰謝料」です。
加害者側の保険会社から提案される入通院慰謝料額は、実際の通院日数が45日程度の場合、38万7,000円程度と予想されます。
保険会社からの提示額は、実際の通院日数に応じて変わります。

一方、本来の通院3ヶ月の慰謝料相場は、重傷時で73万円軽傷時で53万円くらいです。
本来の相場というのは、弁護士に示談交渉を任せた時や加害者に対して民事裁判を起こした時に認められうる金額のことで、弁護士基準または裁判基準と呼ばれます。

交通事故で3ヶ月通院した時の慰謝料を表にまとめました。

3ヶ月通院した時の慰謝料相場

通院日数保険会社本来相場
(弁護士基準)
10日8万6,000円重傷 73万円*
軽傷 53万円*
30日25万8,000円重傷 73万円
軽傷 53万円
45日38万7,000円重傷 73万円
軽傷 53万円
50日38万7,000円重傷 73万円
軽傷 53万円
70日38万7,000円重傷 73万円
軽傷 53万円

*低額になる可能性あり

慰謝料額は、加害者側の保険会社から示談案と共に提示を受けることが多いです。提案される金額は本来相場と比べて低額にとどまっている可能性が極めて高いです。

弁護士基準では、被害者に生じた怪我が軽傷なのか重傷なのかによって金額が変わります。軽傷とは、むちうち、挫創、打撲など、比較的軽度の傷病をさし、重傷時と比べると低額です。

なお、むちうちは交通事故で多い怪我なので、別途解説記事を用意しています。
交通事故で多いむちうちの症状と慰謝料計算方法|治療や後遺症認定を解説』もご覧ください。

慰謝料の金額を決める3基準

慰謝料には自賠責基準・任意保険基準・弁護士基準の3つの算定基準があります。上の表で紹介したのは、そのうち自賠責基準と弁護士基準による入通院慰謝料額です。

3つの算定基準のうち弁護士基準(裁判基準)が、最も慰謝料額が高い基準です

慰謝料算定の3基準

  1. 自賠責基準:加害者側の自賠責保険会社の基準
  2. 任意保険基準:加害者側の任意保険会社独自の基準
  3. 弁護士基準:弁護士が目指す本来相場

    くわしくは後述しますが、交通事故の慰謝料は3種類あります。3種類の慰謝料すべて、弁護士基準で算定する時に最も高額になります。

自賠責基準は最低限の金額

加害者が加入する自動車保険には、自賠責保険と任意保険の2種類があります。

自賠責保険は交通事故の被害者救済を目的として、車両1台ごとに加入が義務付けられる強制保険です。
この加害者側の自賠責保険から支払われる慰謝料額を計算するのが、自賠責基準です。

ただし、自賠責基準による補償内容や支払い上限額は自動車損害賠償保障法によって定められているので、被害者に生じた損害の程度によっては、自賠責保険からの補償だけでは足りないこともあります。

なお、交通事故の慰謝料は基本的に示談成立後に受け取るものですが、自賠責保険の支払い分のみ先行して受け取ることも可能です。
詳しくは『自賠責保険の慰謝料の支払い限度額はいくら?補償を早くもらう方法』で解説しています。

任意保険基準は示談交渉で提示される慰謝料額

任意保険基準は、示談交渉の際に加害者側の任意保険会社が提示してくる慰謝料の算定方法です。
被害者が実際に受け取れる慰謝料額は、この提示額をベースに示談交渉にて決められます。

任意保険会社は、示談交渉で決まった慰謝料・損害賠償金のうち、加害者側の自賠責保険会社では支払い切れない部分の金額を支払います。
任意保険基準は各任意保険会社が独自に設定したもので、一般には公開されていません。そのため詳細な金額はわかりませんが、ほとんど自賠責基準と変わらないと言われています。

任意保険基準については、『交通事故慰謝料の「任意保険基準」とは?慰謝料3つの基準と計算方法を解説』でも詳しく解説しています。

弁護士基準はもっとも正当性の高い慰謝料額

慰謝料が最も高額になる算定基準は、弁護士基準です。
弁護士基準で算定される慰謝料額は過去の判例に基づいたものなので、3つの算定基準の中でもっとも正当性の高い金額だと言えます。

弁護士基準

交通事故慰謝料の算定基準のひとつ。示談交渉で弁護士が増額を目指すときの目安となる。民事裁判でも使われる基準なので、裁判基準ともいわれる。「交通事故 損害賠償額算定基準」(通称:赤い本)に掲載・公開されている。

冒頭の慰謝料早見表からも分かる通り、保険会社から提示される慰謝料の金額は、弁護士基準の慰謝料相場よりも低額です。

加害者側の保険会社が提示する金額は、法令通りの最低水準だったり、あくまで保険会社の計算ルールに則って算定されたものなので、正当な金額とは限りません。

加害者側の保険会社から提案を受けた金額をそのまま受け入れるのではなく、弁護士基準で増額交渉をして、適正な金額へ近づける必要があります。

慰謝料相場の3基準

弁護士基準による慰謝料額の獲得には、示談交渉で弁護士を立てることが必要です。
詳しくは『交通事故の慰謝料は弁護士基準で計算!慰謝料相場と増額成功のカギ』をご覧ください。

補足

すべてのドライバーが任意保険に加入しているわけではありません。事故相手が無保険(任意保険に未加入)の場合は、適正な金額を受け取れない可能性が高まります。早めの弁護士相談がおすすめです。
事故相手が無保険の場合における具体的な対処法は、『交通事故の相手が無保険ならどうする?慰謝料請求6つの対応』で解説しています。

慰謝料の計算方法を分かりやすくご紹介

自賠責保険会社、任意保険会社、弁護士は、それぞれ異なる計算方法で慰謝料を算定します。それぞれがどのように慰謝料額を決めているのか計算方法をみていきましょう。

自賠責基準の計算方法

自賠責基準では、慰謝料日額4,300円が対象日数分に応じて支払われます。(2020年3月31日以前の事故については日額4,200円)

対象日数は、次の2パターンのうち少ない方を採用します。

  1. 通院期間
  2. 実治療日数の2倍

  • 通院期間3ヶ月
  • 実治療日数40日

    実治療日数40日を2倍すると80日です。
    通院期間3ヶ月(90日)と比較すると90日>80日なので、慰謝料の対象日数は少ない方の80日を採用します。
  • 慰謝料額は4,300円×80=344,000円

任意保険基準の計算方法

任意保険基準は、各任意保険会社の自社基準となっており、一般公開されていません。

かつては任意保険会社の支払基準は統一されていましたが、今は会社ごとの自由設定となっているのです。
とは言え、今でも旧統一基準を自社基準(任意保険基準)としている保険会社もあります。旧統一基準を掲載しますので、参考程度にご活用ください。

旧任意保険支払基準による入通院慰謝料
旧任意保険支払基準による入通院慰謝料

弁護士基準の計算方法

弁護士基準は、弁護士が加害者側と交渉する際に用いる算定方法です。

弁護士基準では、計算式ではなく、算定表を使って慰謝料の金額を算定します。算定表は重傷用と軽傷用があり、原則重傷用の算定表を使います。
軽傷用の算定表は、むちうち・挫創・打撲など、ケガの程度が軽度の場合にのみ使ってください。

慰謝料算定表: 軽傷(弁護士基準)

軽症・むちうちの慰謝料算定表
軽症・むちうちの慰謝料算定表

慰謝料算定表: 重傷(弁護士基準)

重傷の慰謝料算定表
重傷の慰謝料算定表

算定表は、30日を1月として入院月と通院月を用います。

  • むちうちで入院なし・通院4ヶ月
    軽傷の算定表より入通院慰謝料は67万円
  • 骨折で入院1ヶ月・通院3ヶ月
    重傷の算定表より入通院慰謝料は115万円
    ※入院待機期間があれば別途入院期間に追加可能

むちうちで3ヶ月通院した時の慰謝料はいくら?

弁護士に依頼したら慰謝料相場は53万円

むちうちにおける入通院慰謝料の示談交渉を弁護士に任せた時、入通院慰謝料の相場は53万円となります。

なお、交通事故で請求すべき賠償金は慰謝料だけではありません。
慰謝料のほかにも、働けないことへの補償(休業損害)、治療費、通院交通費も請求すべきです。

慰謝料は請求すべきお金のほんの一部なのです。
交通事故で加害者に請求すべき慰謝料や損害賠償金をすべてまとめて「示談金」と言います。示談金全体について詳しくは、『交通事故の示談金相場は?計算方法や増額のコツ、示談交渉の注意点を解説』で解説しています。

慰謝料はいつもらえるの?

慰謝料がもらえるのは、原則示談後です。
示談が成立したら約2週間を目安に、被害者の口座に振り込まれます。

しかし、なかには「一刻も早く補償を受け取りたい」という方もいるでしょう。そんな時、加害者側の自賠責保険会社に対して、仮渡金請求や被害者請求を行うことで、一部の補償を示談前に受けとれます。

自賠責保険会社への対応

  • 仮渡金請求:傷害の部位・程度に応じて一定額を先行請求
  • 被害者請求:自賠責保険会社の支払基準内の金額を請求

慰謝料がいつもらえるのか、もっと詳しく知りたい方は関連記事をお役立てください。

関連記事

後遺障害が残れば後遺障害慰謝料も請求できる

交通事故の慰謝料は、損害に応じて入通院慰謝料、後遺障害慰謝料、死亡慰謝料の3種類があります。
むちうちでは入通院慰謝料の他、後遺障害が残れば後遺障害慰謝料も請求できます。

慰謝料

被害者の精神的苦痛を和らげたり、取り除くために支払われる金銭

入通院慰謝料は、入院・通院したことで被害者が負った精神的苦痛に対して支払われます。

一方、後遺障害慰謝料は後遺障害が残ったという精神的苦痛に対して支払われるものです。
むちうちが完治せずに後遺症が残り、後遺障害等級が認定されれば請求できます。

後遺障害が残った場合は、入通院慰謝料とは別に後遺障害慰謝料が加算されますので、被害者が受けとるトータルの金額も増えます。

むちうちでもらえる慰謝料

慰謝料後遺障害なし後遺障害あり
入通院慰謝料もらえるもらえる
後遺障害慰謝料もらえないもらえる

むちうちで残る後遺症に対しては、後遺障害12級または14級が認定される可能性があります。弁護士基準における後遺障害慰謝料の相場は、後遺障害12級で290万円後遺障害14級で110万円です。

もっと詳しくむちうちの慰謝料計算を知りたい方、慰謝料の増額方法を知りたい方は、以下の関連記事をお役立てください。

もっと詳しい解説記事

慰謝料計算機ならカンタンお見積り

交通事故の慰謝料計算機を使えば、入通院慰謝料、後遺障害慰謝料、逸失利益が一度に算定できます。逸失利益とは、後遺障害により労働能力が低下することで得られなくなる、将来の収入に対する補償のことです。

計算結果は弁護士基準で表示されますので、弁護士依頼を検討中の方にはぜひ使っていただきたい便利ツールです。

なお、「重傷」と「むちうち・軽傷」でタブの切り替えができます。
該当する傷病の慰謝料計算機をご利用ください。

むちうちの通院・後遺症に関する疑問4選

(1)通院日数が少ないと慰謝料は減る?

自賠責基準で計算するなら慰謝料は減りますが、弁護士基準で請求するならば通院日数による慰謝料の変動はありません。ただし、通院頻度が低すぎると判断された時には減額されます。

自賠責基準の入通院慰謝料は、固定の慰謝料額を対象日数分だけ受けとります。
通院日数が少ないと、慰謝料も少なくなる仕組みになっています。

一方で、弁護士基準は通院日数にほとんど左右されません。
通院3ヶ月のうち40日通院しようと70日通院しようと、金額が変わらないのが原則です。
しかし、1ヶ月(30日)あたりの実通院日数が10日を下回る時には、通院頻度が低すぎるとして減額される可能性がありますので弁護士基準の算定であっても注意が必要です。

通院日数と慰謝料の関係についてもっと詳しく知りたい方は関連記事をお役立てください。

関連するお役立ち記事

(2)後遺障害等級認定は難しい?

むちうちの症状は目に見えない自覚症状のため、後遺障害等級認定を受けることは簡単ではありません。しかし、後遺障害12級13号または後遺障害14級9号認定の実例は多数あります。

交通事故で後遺症が残っても、後遺障害等級が認定されなければ後遺障害慰謝料は請求できません。医師から症状固定の診断を受けたら、後遺障害認定の申請を行いましょう。

むちうちの後遺症は、後遺障害12級13号または後遺障害14級9号に認定される可能性があります。後遺障害12級13号、後遺障害14級9号は、次のように定義されています。

後遺障害12級13号

局部に頑固な神経症状を残すもの
関連記事:後遺障害12級の認定をとる方法と認定基準

後遺障害14級9号

局部に神経症状を残すもの
関連記事:後遺障害14級の主な症状と等級認定のポイント

後遺障害等級認定を受けることで、等級に応じた後遺障害慰謝料や逸失利益を受けとることができます。示談金の増額が期待できますので、後遺症が残ってしまった以上は、後遺障害等級認定を受けたいところです。

しかし、むちうちで後遺障害等級認定を受けることは難しいとされています。
後遺障害等級認定を受けられる人は、後遺障害等級認定を受けられなかった人と、何が違うのでしょうか。

このあと「むちうちで後遺障害認定される人には4つの特徴あり」をご紹介します。後遺障害等級認定の申請を検討している方は必見です。

(3)治療費の打ち切りは断れない?

まずは主治医に治療の進捗を確認してください。まだ治療が必要であると判断された場合には、医師の判断を加害者側の任意保険会社に伝えてください。

加害者側の任意保険会社は被害者の治療費を直接病院に支払っている手前、被害者が受けている治療の内容や進捗をおおよそ把握しています。
むちうちであれば3ヶ月程度で治るだろうという一定の予測や実際の治療の様子に基づいて、被害者に治療の終了を打診しているのです。

しかし、受傷程度や部位によって、むちうちといっても治療に要する時間は異なります。加害者側の任意保険会社から「治療費打ち切り」とされても、すぐに受け入れる必要はありません。

もし主治医の見解も「治療はもう終了」ということであれば、次の選択肢を検討してなくてはなりません。

治療費打ち切り後の3つの選択肢

  1. 自己負担で通院を続ける
  2. 後遺障害等級認定の申請を行う
  3. 示談交渉に応じる

自己負担で通院を続ける場合には、健康保険を利用するなどして、少しでも被害者の負担を減らしてください。また、被害者請求で示談前の補償を受けることも有効です。(関連記事:『交通事故の被害者請求とは?自賠責保険に自分で請求をする方法』)

後遺障害等級認定の申請を行う場合は、医師に「後遺障害診断書」の作成を依頼してください。そして、事前認定か被害者請求かのいずれかの方法で後遺障害等級認定の申請を始めましょう。弁護士視点では、被害者請求がおすすめです。(関連記事:『後遺障害申請は被害者請求と弁護士依頼が正解|必要書類も紹介』)

示談交渉に応じる際には、まず示談を結んだ後には内容の変更が原則できないことを覚えておいてください。そして、通院慰謝料だけでなく、休業損害、通院交通費など請求し忘れることのないようにしましょう。

関連記事『交通事故の示談前に読もう!知られざる示談成功のヒミツ』では、交通事故の示談とは何か、示談の注意すべきポイントなど、示談前に知っておきたい内容をそろえました。スムーズに示談を進めるためにも、示談の基本事項をおさえておきましょう。

(4)整骨院・接骨院は行っていい?

整形外科の医師に指示(許可)を得ること、加害者側の任意保険会社に事前連絡を入れることの2点を行ってから利用しましょう。

整骨院・接骨院に通うことは不可ではありません。
しかし、整骨院・接骨院でかかった費用をきちんと加害者側に支払ってもらうには、整骨院・接骨院での施術が症状の緩和に有効であると病院の医師からお墨付きをもらい、事前に相手方に伝えておくと安心です。

整形外科で行われるのは医療行為ですが、整骨院・接骨院で行われるのは施術行為、つまり医療行為ではありません。こうした違いから、整形外科の費用は治療費としてすんなり認められても、整骨院・接骨院の費用については認められづらい側面があります。

むちうちで後遺障害認定される人には4つの特徴あり

(1)治療期間が6ヶ月以上であること

むちうちで後遺障害等級認定を受けるには、6ヶ月以上の治療期間が必要です。

後遺障害等級認定を受けるには、まず「症状固定」を迎えることがポイントですが、症状固定までに最低でも6ヶ月の治療期間がないと、後遺障害等級の認定は難しいと言わざるをえません。

症状固定

これ以上治療をしても症状の改善が見込めない状態に達したこと

医学上一般的な方法をもってしても治らないという判断を受ける時期になったら、後遺障害等級認定の申請をするか検討します。
ただし、通院3ヶ月の段階で症状固定という判断をするのは、少し早いと思われます。

もっと治療を続ければ治るのではないか、3ヶ月程度の治療で終われるような後遺症は等級に認定されるほどのものではないのではないか、と審査機関に思われてしまうからです。

もし3ヶ月経ってしびれ・痛みなどむちうちの症状が残っている場合には、6ヶ月までは治療を継続してみてください。6ヶ月経っても治らない時に、後遺障害等級認定の申請を検討しましょう。

症状固定の判断は主治医の意見が尊重されます。また後遺障害等級認定の申請に必要な「後遺障害診断書」の作成をはじめ、医師の協力なしには後遺障害等級認定を受けることは極めて困難です。日ごろから主治医とコミュニケーションをしっかりとっておきましょう。

(2)症状が他覚的に表れていること

むちうちの症状は自覚症状のため、周囲からは後遺症の有無や程度に関する理解を得づらい側面があります。
後遺障害等級認定の審査でも、それは同じです。

後遺障害等級認定の審査は、損害保険料率算出機構(自賠責損害調査事務所)が行います。外貌醜状などの特定の後遺症を除き、原則は書面審査です。

ただ自覚症状を伝えるだけでは不十分で、書類や検査結果によってむちうちの症状を「分かる」ように示す必要があるのです。

後遺障害等級認定のポイント

後遺障害認定ポイント
12級13号症状の存在が医学的に証明できる
14級9号症状の存在が合理的に説明できる
非該当あくまで自覚症状にすぎない

具体的には、画像検査と神経学的検査の結果がポイントです。

後遺障害等級認定のポイント

後遺障害画像検査*神経学的検査
12級13号
14級9号×
非該当××

*CTやMRIなど

CTやMRIなどの画像検査で症状の存在が明らかな場合、後遺障害12級13号の認定を受けられる可能性があります。

また、画像検査では症状の存在が確認できなくても、神経学的検査の結果次第で後遺障害14級9号の認定を受けられる可能性があります。

神経学的検査

代表的な検査方法として、スパーリングテスト・ラセーグテスト・深部腱反射テスト・筋萎縮検査知覚検査・があります。

スパーリングテスト・ラセーグテストは、神経根の障害有無を確認するテストです。
深部腱反射テストは脊髄や神経に異常がないかを確かめるためのテストです。
筋委縮検査は両腕・両足の集計を測り、脊髄・神経根の圧迫による痩せが起こっていないかを確かめます。
知覚検査は、皮膚の感覚に異常がないかを確認します。確認には専門の器具を用います。

いずれも医師の監督・指示のもとで適切に行い、検査結果を残すことが大切です。

(3)事故直後から継続して症状があること

むちうちは症状の出方にも個人差があり、全身に症状が出ることもあります。
しかし、事故後しばらく経ってから生じた症状であったり、事故後に症状が変化していたりすると、被害者を苦しめる症状と交通事故に因果関係がないと誤解され、後遺障害等級が認定されない恐れがあります。

むちうち症状の例

  • 頭痛
  • めまい
  • 吐き気
  • 肩こり
  • しびれ
  • 痛み
  • 視力低下

大切なことは、事故直後から症状が一貫して継続していることが診断書などの書面で分かることです。

病院を受診する度に症状がころころ変わったり、症状が天候に左右されて消失したりする、ということであれば後遺障害等級認定を受けることは難しいです。

書類審査において後遺障害診断書は、特に重要な書類と言えます。
ポイントをおさえた内容でないと、きちんと審査機関に情報が伝わらない可能性もあるので注意しましょう。

あわせて読みたい

後遺障害診断書の書き方は?等級認定される記入例と医師に作成を頼む時

(4)労働能力に影響を与えていること

後遺障害とは、その症状によって働く能力が下がっているものをさします。
つまり、労働に何らかの影響が出ていることを書面でも主張するべきです。

そして、後遺障害によって労働能力が下がると将来もらえるはずの収入が減ると考えられるので、逸失利益として損害賠償請求をするべきです。

逸失利益

後遺障害による労働能力の低下に伴って減収したことへの補てん。

具体的な状況としては、収入が下がった、昇格・昇給の機会を奪われた、就ける職種の制限を受けている、転職を余儀なくされた、などがあげられます。

また、実際には収入が下がっていないくても認められる可能性があります。それは、被害者自身の努力で減収を免れた場合や、職場の支援により減収が生じていない場合です。こういった場合、今は減収していなくても、将来には減収が生じつ可能性があるため、逸失利益が認められるとされています。

後遺障害によってどれくらい労働能力が低下したのかは、後遺障害等級ごとにおおよその目安が設定されています。

後遺障害12級13号については10年間にわたって14%、後遺障害14級9号については5年間にわたって5%の労働能力低下が目安です。

逸失利益の計算は、保険会社の示談交渉で揉めることの多い部分です。
特にむちうちの場合は、労働能力の低下を否定されるケースも多く、逸失利益を不当に低くされたり、逸失利益そのもののを否定される可能性があります。

加害者側の任意保険会社と逸失利益の交渉でお困りの場合は、お早めに弁護士にご相談下さい。お話をお伺いして、より正当な逸失利益をお見積りいたします。

法律相談

ご希望される方は

こちら

法律相談

ご希望される方は

こちら

交通事故のご相談はアトム法律事務所お任せください

24時間全国対応!
今すぐアトムに無料相談
お気軽にお電話ください

過失割合の決まり方と賠償金への影響

過失割合は警察が決めるものではない

過失割合とは、交通事故で発生した損害に対して当事者が持つ責任のことを言います。10:0(100:0)や7:3(70:30)などの割合で表現されます。
被害者側にも過失割合が付くとその割合分、慰謝料や損害賠償金が減らされてしまうので、非常に重要です。これを、過失相殺といいます。

過失割合は、事故発生時の状況に基づいて決めていくものですが、事故発生時の状況を証拠づける資料として「実況見分調書」が大切な役割を果たします。
実況見分調書は警察が現場検証を行い、当事者から事故の原因・経緯などを聴き取って作成するものですが、警察には過失割合の決定権はありません。あくまで当事者同士で決めていくのです。

過失割合決定フロー

  • 加害者側の保険会社から過失割合を提案される
  • 被害者が提案内容を検討する
  • 問題なければ過失割合は決定、異論があれば交渉をする

ほとんどの場合、まずは加害者側の保険会社から過失割合を提示されます。
過失割合は、「判例タイムズ|38 民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準」という書籍を根拠にしているケースが多いです。

判例タイムズには、事故態様別の基本の過失割合が掲載されています。これまでの判例を元にした過失割合集と考えてください。

被害者は、加害者側の保険会社が提案する過失割合について内容を検討します。疑問点があれば質問し、最終的な過失割合を決めていきましょう。なお、判例タイムズには修正要素(基本の過失割合を変更しうる要素・条件)も掲載されていますので、過失割合最終決定前の確認がおすすめです。

被害者・加害者双方で納得がいくまで話し合われますが、主張が食い違う場合には、自身の主張が正しいことを証明する必要があります。
目撃者の証言、ドライブレコーダーの記録、現場付近の防犯カメラの記録などの客観的な材料をそろえることがポイントです。

過失割合100:0の賠償金計算例

すでに解説したように、過失割合が決まると「過失相殺」というものが適用されます。
被害者に過失割合が付いた場合、その割合分、受け取れる示談金額が減らされてしまうのです。

具体的にどのように過失相殺が適用されるのか、例を紹介します。

追突事故|過失割合100:0

追突事故状況図

適切に駐停車している自動車Bに対して、後方から直進する自動車Aが追突した事故の場合、基本の過失割合は100:0となり、自動車Bは一切の過失がありません。

では、走行車Aと停止車Bに生じた損害額がそれぞれ以下のような場合、過失相殺はどのようになるのでしょうか。

  • 走行車A:人身部分・物損部分ともに100万円の損害
  • 停止車B:人身部分・物損部分ともに250万円の損害

まず、走行車Aには100万円の損害が生じていますが、過失割合が100%なので、相手に請求できる金額は100万円の100%減、つまり0円です。
よって、停止車Bは走行車Aに対して損害賠償義務はありません。

一方、停止車Bに生じた損害額は250万円であり、過失割合は0%です。よって、停止車Bが相手に請求できる金額は250万円の0%減、つまり250万円となります。
これにより走行車Aは、停止車Bに250万円の損害の全額を支払わなくてはいけません。

過失割合0%の場合の注意点

もらい事故の場合は被害者に過失がないケースが多いという特徴があります。しかし、被害者に全く過失のない事故(相手に対して損害賠償支払い義務がない事故)の時には、被害者は自身の加入する任意保険会社による示談代行サービスを利用できません。

つまり、被害者は何も悪くないのに自分自身で示談交渉をしなければならないのです。加害者側の任意保険会社を相手に交渉をする必要があり、事故の治療と並行して進めることは大きなストレスとなります。

追突事故をはじめとするもらい事故には、こういった被害者にとっての落とし穴が存在します。
追突事故の過失割合・示談金の注意点をもっと知りたい方は、以下の関連記事をお役立てください。

関連記事

過失割合20:80の賠償金計算例

過失割合20:80の事例

追突事故状況図

交差点に進入した直進車Aと、右折車Bの衝突事故です。信号や一時停止線もない交差点においては直進が優先されますので、基本の過失割合はA:B=20:80となり、直進車Aの方が過失割合が低いと判断されます。

では、A車とB車の損害額が以下の場合、過失割合20:80の過失相殺はどのようになるのでしょうか。

  • 直進車A:人身部分・物損部分ともに300万円の損害
  • 右折車B:人身部分・物損部分ともに100万円の損害

まず、直進車Aには300万円の損害が生じていますが、2割の過失が付いているので相手に請求できる金額は300万円の2割減、240万円です。
別の言い方をすると、右折車Bには8割の責任があるので、直進車Aに発生した300万円の損害の8割、240万円の賠償金支払い義務があるということになります。

一方、右折車Bには100万円の損害が生じていますが、8割の過失が付いているので相手に請求できる金額は100万円の8割減、20万円となります。
別の言い方をすると、直進車Aには2割の責任があるので、右折車Bの損害100万円の2割を支払わなくてはならないということです。

過失割合は交通事故の損害賠償金額に直結します。
納得のいかない過失割合で妥協すると、慰謝料額は低くなりますし、示談後になんとなく不満が残ってしまい、もやもやとしたままその後の人生を送ることになりかねません。

過失割合の提示を受けている方は、一度弁護士に妥当な過失割合かどうかを確認してみませんか。

法律相談

ご希望される方は

こちら

法律相談

ご希望される方は

こちら

交通事故のご相談はアトム法律事務所お任せください

24時間全国対応!
今すぐアトムに無料相談
お気軽にお電話ください

弁護士は被害者の味方です

慰謝料増額の切り札は弁護士

交通事故の慰謝料を弁護士基準で計算してほしいと加害者側の保険会社に伝えても、なかなか良い返事はもらえません。保険会社は被害者への賠償金を低額でおさえることが、企業活動で支出を減らすことでもあるからです。また、自社基準に従って計算しているにすぎず、示談の一担当者ではどうにもならない事情もあります。

しかし、被害者側に弁護士が付いたならば話は別です。加害者側の保険会社は、「このままだと裁判になって結局弁護士基準を受け入れることになる」と考えて、裁判せずとも弁護士基準での算定を受け入れてくれる可能性が高まります。

弁護士による増額交渉

慰謝料以外も増額できる!主婦や自営業者の休業損害

交通事故の慰謝料は、損害賠償請求項目のひとつです。
その他にも請求するべき費目は多数あり、弁護士に依頼することで、増額を目指すことができます。

その具体例として、主婦の休業損害があります。

休業損害

交通事故の怪我のために働けなくなったことへの補償。事故当時に働いていれば年齢を問わず請求できる。また、金銭的収入は無くても家事労働の担い手である主婦に対しても休業損害は認められる。

自賠責基準での休業損害は原則6,100円(2020年3月31日までの事故なら日額5,700円)と定められており、実際にはそれ以上の収入があることを書面で証明できれば、最大19,000円まで認められます。

しかし、主婦の場合は収入額を証明する書面がありません。そのため法令最低限の金額しか認められないのです。

弁護士に依頼すれば、全国の統計結果(賃金センサス)をもとに休業損害を請求します。2020年現在であれば、主婦の休業損害として約10,000円の日額が請求できます。むちうちにより長期間家事労働ができなかった場合は、休業損害をきちんともらわないと損をしてしまいます。

この記事もおすすめ

自営業の休業損害

自営業の方は、給与所得者よりも休業損害認定のハードルが高めです。
アトム法律事務所の増額実績をご紹介します。

被害者は、自営業を営んでいる方でした。
加害者側の保険会社からは、次のような内容で示談を提示されていました。

  • むちうち(後遺障害無等級)
  • 治療費:733,025円
  • 通院交通費:8,340円
  • 通院慰謝料:458,635円
  • 治療期間は179日間、実通院日数は77日

休業損害が認定されないことでアトム法律事務所にご相談下さいました。
弁護士が交渉することで、後遺障害無等級ながら785,645円の増額に成功しました。

最終的には1,252,620円を獲得できたのです。

あわせて読みたい

交通事故の慰謝料・個人事業主編|休業損害の計算方法は?


このように、慰謝料以外にも増額交渉すべき金銭が存在します。
示談金全体をトータルに調べ、請求できるはずの金銭を見落としていないか、弁護士と共にチェックしてみませんか。

あなたの保険会社が弁護士費用を支払ってくれるかも

「慰謝料を増額できても、弁護士費用が高くついたら意味がない…」
このように思っている方もいらっしゃいますが、それは誤解です。

弁護士といえど、報酬を貰う見込みがない場合にはお引き受けができません。つまり、被害者の方にプラスが生じて初めて、弁護士にもメリットが生まれるのです

万が一費用倒れになる可能性がある場合は、事前にきちんとご説明をいたします。被害者が絶対に損をしない仕組みを整えておりますので、安心してアトム法律事務所にお任せください。

また、弁護士費用特約があれば、被害者は弁護士費用を自己負担することなく、弁護士を雇うことができます。
弁護士費用特約の詳しい内容は約款によりますが、被害者の加入する自動車保険等に付帯されている特約のことで、300万円程度までの弁護士費用を支払ってくれるものが多いです。

いま繋がる!ご相談の予約はこちらから

アトム法律事務所のご相談予約窓口は24時間・365日つながります。
示談前が弁護士依頼の最後のタイミングです。示談をする前に少し立ち止まってみませんか。

  • 交通事故の解決実績が豊富
    増額事例多数スピード解決を目指します
  • 加害者との書類等のやり取りが煩雑だ
    弁護士がそのご負担を軽減します
  • 電話は少し緊張する
    LINEやメール相談もご好評です
  • 通院3ヶ月の軽傷でも相談していいの?
    軽傷~死亡事故まで幅広く対応しています

法律相談

ご希望される方は

こちら

法律相談

ご希望される方は

こちら

交通事故のご相談はアトム法律事務所お任せください

24時間全国対応!
今すぐアトムに無料相談
お気軽にお電話ください

まとめ

  • 通院3ヶ月の慰謝料相場は、重傷時で73万円軽傷時で53万円
  • 通院3ヶ月では後遺障害等級認定を受けることが難しい
  • 弁護士に依頼して慰謝料、休業損害など示談金のトータルを増額

代表弁護士岡野武志

監修者


アトム法律事務所

代表弁護士岡野武志

詳しくはこちら

高校卒業後、日米でのフリーター生活を経て、旧司法試験(旧61期)に合格し、アトム法律事務所を創業。弁護士法人を全国展開、法人グループとしてIT企業を創業・経営を行う。現在は「刑事事件」「交通事故」などの弁護活動を行う傍ら、社会派YouTuberとしてニュースやトピックを弁護士視点で配信している。

保有資格

士業:弁護士(第二東京弁護士会所属:登録番号37890)、税理士

学位:Master of Law(LL.M. Programs)修了

英語:TOEIC925点

あわせて読みたい記事

全ての記事を見る