交通事故・刑事事件に加えて借金問題・労働問題の対応を本格化しています。

交通事故の慰謝料相場|事故別にわかるリアルな金額

更新日:

事故別 交通事故の慰謝料相場

新たに改正民法が施行されました。交通事故の損害賠償請求権に関するルールに変更があります。

交通事故により被害者が入通院する・後遺症が残る・死亡に至ったとき、その精神的苦痛への補償として支払われる金額を慰謝料と呼びます。

その慰謝料金額の相場は、いったいいくらになるのでしょうか。

慰謝料の金額は怪我の症状の重さなどによって異なりますが、そのおおよその相場がわかるページをまとめました。

ご自身の症状や事故にあったページをご覧になって、ご自身が受け取れる慰謝料の相場を確認してみてください。

無料法律相談ご希望される方はこちら

無料法律相談はこちら

怪我の内容別の慰謝料相場

軽傷のときの慰謝料相場

交通事故にはあったものの、打撲、擦り傷、軽い捻挫、むちうち症など軽傷で済んだときも、慰謝料は支払われます。

軽傷だからと思って通院や保険会社への対応をおろそかにすると、実は10万円以上の慰謝料を取り逃してしまうかもしれません。

慰謝料は怪我の症状のみではなく、怪我による通院日数に応じて支払われるため、軽傷であっても必要な通院をしっかりとしていれば慰謝料を受け取ることができます。

軽傷の交通事故慰謝料|金額相場・計算方法は?症状別に解説!

通院なしのときの慰謝料相場

交通事故の慰謝料と通院の有無・日数には非常に密接な関係があります。
具体的には、通院日数が多く、通院期間が長いほど慰謝料は高額になる傾向があるのです。

事故にあって怪我をしたけれども、病院に行くほどの怪我じゃないと思って通院しなかったり、仕事が忙しくやむを得ず通院を我慢していた方の慰謝料は、不相当に低額になってしまうことがあります。

ですが、通院をするにあたっても、通院頻度、病院以外への通院、通院をやめるタイミングなどにより、慰謝料が低くなってしまうこともあるので注意しましょう。

交通事故にあったが通院をするほどじゃないと思っている、または通院するかどうか悩んでいる方には、どうかまずは病院に行き、必要に応じて通院を続けることをおすすめします。

交通事故の慰謝料は通院なしでももらえる?通院を始めるなら何日以内?

むちうちになったときの慰謝料相場

むちうち症は、交通事故により受傷することが非常に多い症状です。

むちうちは数カ月の通院で完治する軽傷であることがほとんどですが、場合によっては実際に受け取れる慰謝料の合計が100万円以上になる事例も存在します。

それは、むちうちであっても重い症状であれば、入通院慰謝料以外に後遺障害慰謝料も支払われる可能性があるためです。

一方で、漫然と通院をしていたり、保険会社の提示してきた示談書にすぐサインしてしまうと、数万円程度しか受け取れないこともあります。

慰謝料の計算方法は、計算する立場により異なることを知ったうえで、ご自身の受傷具合に対して適切な慰謝料を受け取ることを目指しましょう。

交通事故の慰謝料相場|むちうちの金額が倍増する計算方法をご紹介

後遺症なしのときの慰謝料相場

重い怪我をして、後遺障害に該当する後遺症が残ると後遺障害慰謝料の請求が可能ですが、交通事故の慰謝料は後遺障害がなくても請求できます。

後遺障害が無いということは怪我が完治した、または後遺障害といえるほどの症状は残らなかったということになりますが、それでも入通院日数に応じて慰謝料が支払われるのです。

また、実は後遺障害等級が認定されなくても後遺障害慰謝料を受け取れる可能性もあります。

後遺障害が認められなくとも、慰謝料の増額交渉はしっかりと行うべきです。

後遺障害なしでも交通事故の慰謝料はもらえる?相場&計算方法

骨折したときの慰謝料相場

交通事故により骨折し、入院や通院が必要となったのであれば、慰謝料の請求が可能となります。
また、骨折が完治せず、後遺症が残ったのであれば、慰謝料の相場額が高額になる可能性もあるでしょう。

どのような後遺症が残ったのかにより請求できる慰謝料の金額が大きく変わってくるので、骨折により生じた後遺症の内容を適切に説明できるよう準備を整える必要があります。

交通事故で骨折したときの慰謝料はいくらもらえる?認定される後遺障害も解説

交通事故のシチュエーション別の慰謝料相場

学生が被害者のときの慰謝料相場

被害者が大学生、大学院生、高校生など、学生である場合であっても、慰謝料の金額はその他職業のときと変わりません。

ですが、慰謝料以外の損害賠償金について、保険会社と争いが生じやすくなります。

例えば、アルバイトをしている学生が交通事故により欠勤してしまった場合は、給料の補償である休業損害も支払われる可能性がありますが、保険会社からは支払われれないと主張されることがあるのです。

また、未来ある学生が後遺障害を負ってしまった場合、将来仕事により得られた収入が得られないという損害が、後遺障害逸失利益として請求可能となり、1000万円を超える非常に高額な損害賠償が認められることもあります。

学生の交通事故慰謝料金額を計算|相場の金額や計算方法がわかる

子供が被害者のときの慰謝料相場

子供が交通事故の被害者となった場合、基本的には支払われる入通院慰謝料・後遺障害慰謝料は大人と変わりません。

一方で、死亡した際の死亡慰謝料は大人よりも数百万円程度低額になる可能性もあります。

逆に、その他の損害賠償として、1000万円を超える逸失利益が認められることがあるのです。

加えて、保護者が入通院に付き添うための付添費や交通費なども認められやすく、過失割合の面で有利に扱われやすいので、最終的な慰謝料額が増額したりと、大人に比べて有利にはたらく面もあります。

子供が被害者となる交通事故では、慰謝料以外の費目については増額が認められやすいといえるでしょう。

交通事故慰謝料|子供が被害にあった時の相場は?正しい金額で請求する方法

主婦が被害者のときの慰謝料相場

主婦などの家事労働者が被害者であっても、慰謝料はその他の職業と変わりなく支払われます。

そのかわり、問題となりやすいのが仕事を休んだことへの補償となる休業損害・その後の労働への影響を示す逸失利益の2つの項目です。

家事労働者が被害者であると、当初はこれら2つの支払いが非常に低くなるか、またはまったく支払われないこともあります。

ですが実際は、ちゃんと通院日数や症状を明らかにしたうえで弁護士が交渉することで、適正な休業損害・逸失利益を受け取れるようになるのです。

主婦(主夫)が正当な慰謝料相場を受け取る方法|交通事故の慰謝料計算

バイク事故の慰謝料相場

バイク事故は、必然的に身体が露出した状態での接触事故となることもあり、重傷・死亡に至ることが多い交通事故です。

重傷・死亡に至ると慰謝料は高額になると共に、その他の損害賠償金として請求できる費目も増え、それにより争われるポイントも多くなってきます。

バイク事故で争いになりやすい費目としては、慰謝料や後遺障害逸失利益などになるでしょう。

加えて、通常の車同士の事故とも異なる過失割合の計算式があり、慰謝料の計算はやや特殊なものになるため、専門家に任せることもご一考ください。

バイク事故の慰謝料相場と計算方法!いくらもらったか請求事例も解説

自転車を運転していた際に生じた交通事故の慰謝料相場

自転車の運転中は体が露出しており、バイクと異なりヘルメットもしていないことが多いため、交通事故により重大な怪我が生じる可能性が高くなります。

そのため、請求できる慰謝料の金額が高額になりやすいのですが、請求できる金額が高額になるほど、加害者側の抵抗も強くなる可能性があるのです。
特に、自転車事故は自動車同士やバイク事故に比べると事例が少ないことから、事故の内容によっては相場の金額を判断することが難しく、慰謝料額の交渉が長引く恐れがあります。

慰謝料の金額についてもめているのであれば、専門家である弁護士に依頼することも必要となるでしょう。

交通事故|自転車と車の事故の慰謝料相場!被害者が知るべき計算方法

交通事故で入院したときの慰謝料相場

だいたいの慰謝料相場がすぐわかる慰謝料計算機

交通事故の怪我により入院・通院を行ったのであれば、多くの場合は治療が終了した時点でおおまかな慰謝料相場額が計算可能となります。

そのとき、入院開始日・治療終了日・おおまかな通院頻度・年齢・年収を入力するだけで支払われる慰謝料の相場が一目でわかるのが、こちらで紹介している慰謝料計算機です。

相手方から示談金を提示された時の見積り、目指すべき獲得金額の算定に活用することができます。

交通事故の慰謝料計算機|示談前に確認できる簡単計算ツールをご紹介

交通事故で入院したときの慰謝料相場

交通事故の怪我で入院すると、同じ期間通院するよりも高額な慰謝料が支払われます。

その計算方法は入院日数で決定されますが、保険会社の計算基準と実際に裁判で請求可能な計算基準のどちらを使うかで、実際に受け取れる慰謝料は大きく異なるでしょう。

入院が必要な大きな怪我をしてしまったときは、裁判において利用される計算基準である弁護士基準により計算を行い、より適正な入通院慰謝料を受け取ることが重要です。

また、入院することにより1日あたりおよそ1500円の入院雑費も損害として認められます。

交通事故で入院した場合の慰謝料|被害者が請求できる費用を解説

交通事故で通院したときの慰謝料相場

通院1日あたりの慰謝料相場

交通事故での入通院慰謝料は、基本的には通院日数に基づいて支払われます。

入通院慰謝料とは

被害者が交通事故により怪我を負い入院・通院した精神的苦痛に対する補償

よく1日あたりの通院慰謝料は4300円といわれますが、この金額は最低限度の補償を目的とする自賠責基準で計算したものになります。

実際には弁護士基準での請求を行うことで、自賠責基準と比較すると1日あたり1.5倍近くの入通院慰謝料を獲得することが可能です。

交通事故の慰謝料は通院1日いくら?8600円の真実と通院6ヶ月の相場

通院〇カ月ごとの慰謝料相場

一般的には、入通院期間が長くなるほど、入通院慰謝料も高額になってきます。

また、通院6ヶ月を超えたあたりから後遺障害慰謝料が請求できる可能性が高くなってくるでしょう。
後遺障害が認められた場合には、慰謝料の大幅な増額が期待できます。

一方で通院が1ヶ月に満たないような場合であっても、入通院慰謝料が受け取れないというわけではありません。

必要のない無駄な通院を行うのはよくありませんが、自身の症状を鑑みて主治医としっかり相談したうえで通院を行うことが、適切な慰謝料の獲得に繋がります。

交通事故で後遺症が残ったときの慰謝料相場

後遺障害慰謝料の基本がわかる

交通事故により、これ以上治療を行っても症状が改善されない状態である症状固定の段階に至ってもまだ残っている症状のことを、後遺障害と呼びます。

後遺障害が残ると、その症状の重さなどに基づき後遺障害慰謝料を受けとることが可能です。

後遺障害慰謝料とは

被害者が交通事故により後遺障害を負うことになった精神的苦痛に対する補償

しかし、後遺障害慰謝料を獲得するのは決して簡単ではなく、手続きのミスによりまったく慰謝料が受け取れないということもあり得ます。

どのような症状が後遺障害にあたるのか、等級決定の仕組み、申請の方法など、後遺障害について知ったうえで等級認定を行うようにしましょう。

後遺障害慰謝料の適正相場は?逸失利益の計算、示談交渉の流れを解説

後遺障害の症状別の慰謝料相場

後遺障害はどのようなものかというと、手足の痺れや首の痛み、関節の機能障害、顔の傷などがあり、怪我の内容によっては性格の変化が生じることもあるのです。

後遺障害慰謝料は、これらの症状の部位や重さを表す後遺障害等級によって決定されます。

実際に後遺障害慰謝料の見積もりを計算するときは、自身の後遺障害が後遺障害等級が何級にあたるのかを知ったうえで計算を行いましょう。

交通事故の慰謝料相場|症状別の相場金額を網羅!慰謝料増額事例3選

交通事故で死亡したときの慰謝料相場

死亡慰謝料の相場額がわかる

交通事故で被害者が死亡すると、死亡慰謝料が支払われます。

死亡慰謝料とは

被害者が交通事故により死亡したことへの被害者本人・遺族の精神的苦痛に対する補償

この死亡慰謝料は被害者本人の死亡したことへの慰謝料と、被害者遺族の近親者が死亡したことへの慰謝料の2種類に分けられます。

どの計算基準を用いるかによって相場は異なりますが、弁護士基準を用いた場合には本人分の死亡慰謝料は2000万~2800万円、遺族の死亡慰謝料は50万円~300万円ほどとなることがおおいです。

もっとも、被害者本人は死亡しており既に請求することが出来ないため、被害者本人の慰謝料は相続人が代わりに請求していくことになります。

死亡事故で慰謝料はいくらもらえる?慰謝料相場と遺族がもらえる損害賠償金を解説

被害者が子供・老人の場合は?

交通死亡事故の被害者が子供・老人である場合には、成人男性などに比べ本人の死亡慰謝料はやや低額になる傾向があります。

一方で、子供であれば両親に高額な慰謝料請求権が認められやすかったり、事情によっては老人であっても成人男性と変わらないような慰謝料が支払われることもあるのです。

実際に保険会社と交渉していくときは、そのような子供・老人の特殊な事情についても主張していかなければなりません。

交通事故の死亡慰謝料の相場はいくら?子供や老人の場合も比較

実際の慰謝料の事例がわかる記事

弁護士介入により慰謝料が増額した事例

よく弁護士事務所のホームページでは、弁護士に依頼すると慰謝料の金額が増額すると宣伝していますが、それは弁護士が介入することで、保険会社の態度も軟化し、増額交渉が叶いやすくなるためです。

実際に弁護士に依頼すると慰謝料が増額する可能性が高く、事例によっては提示額の2,3倍以上となることもあります。

自身に提示されている示談金の額はきちんと相場にのっとっているものであるのか、どの程度増額のが可能であるのかを確認し、確実に増額を行いたいのであれば弁護士への依頼を行いましょう。

交通事故の示談金相場は?計算方法や増額のコツ、示談交渉の注意点を解説

怪我の症状別の慰謝料相場を知ることができる

交通事故の慰謝料は、どこをどの程度怪我をしたかによって大きく慰謝料が変わってきます。

それは、怪我の種類によってどのくらいの期間通院が必要か、どのような後遺障害が残りやすいかが異なってくるためです。

例えば、むちうちでは首の痛みや手足の痺れなど神経系統の後遺障害が残りやすく、足の骨折ではそれに加えて関節が曲がりにくくなる機能障害などが残る可能性があります。

入通院期間が長く、後遺障害が重くなるような怪我であるほど、支払われる慰謝料は高額になるでしょう。

交通事故の慰謝料事例|適正な相場と増額した解決事例がわかる

慰謝料相場以上の慰謝料が欲しいなら?

慰謝料増額のポイントを網羅

実は、交通事故の慰謝料は様々な要因で増額しえます。

例えば、交通事故後の相手の対応が不誠実であったり、被害者が特殊な職業についていたり、交通事故により家族が精神的な苦痛を受けたなどの事情が考慮されると、慰謝料増額に繋がることがあるのです。

しかし、被害者の行動や通院状況によって、慰謝料が減額されてしまうこともあります。

どのような要素が慰謝料の増額に繋がり、またどのような行動で慰謝料が減額となってしまうのか、あらかじめ知っておくことが大切です。

交通事故の慰謝料を多くもらうためにNGな行動22選

慰謝料が大幅増額した事例がわかる

いくつかの条件が揃うことで、慰謝料の大幅な増額が叶うことがあります。

具体的には、認定されていなかった後遺障害が見つかったり、高額な損害が出ている事案で過失割合が大きく変更された時、相手方の態度によって被害者が強く傷ついたときなど、実際に1000万円近くの慰謝料増額が認められた例があるのです。

なお、すべての交通事故で慰謝料が増額するとは限らず、弁護士に依頼する前の状況により増額が叶わないこともあります。

慰謝料増額の機会を逃さないためにも、早めに弁護士に相談しておくことが重要です。

人身事故の慰謝料を多くもらうための計算方法と示談金相場の見積もり

代表弁護士岡野武志

監修者


アトム法律事務所

代表弁護士岡野武志

詳しくはこちら

高校卒業後、日米でのフリーター生活を経て、旧司法試験(旧61期)に合格し、アトム法律事務所を創業。弁護士法人を全国展開、法人グループとしてIT企業を創業・経営を行う。現在は「刑事事件」「交通事故」などの弁護活動を行う傍ら、社会派YouTuberとしてニュースやトピックを弁護士視点で配信している。

保有資格

士業:弁護士(第二東京弁護士会所属:登録番号37890)、税理士

学位:Master of Law(LL.M. Programs)修了

英語:TOEIC925点