交通事故・刑事事件に加えて借金問題・労働問題の対応を本格化しています。

交通事故慰謝料|子供が被害にあった時の相場は?正しい金額で請求する方法

更新日:

子供の事故|慰謝料の金額は?

新たに改正民法が施行されました。交通事故の損害賠償請求権に関するルールに変更があります。

子供が交通事故の被害者になってしまった場合、その損害賠償をきちんと受け取れるかどうかは、大人の行動にかかってきます。

  • この金額で示談をしていいか分からない
  • 後遺症が残ってしまうかもしれない
  • 子供の無念を晴らしたい

子供という社会的弱者が交通事故の被害にあい、さらには低い金額で示談をしてしまい損をすることは、絶対にあってはいけません。

この記事を読めば、正しい損害賠償額と、その獲得方法が分かります。
また、不当な金額で終わることのないよう、弁護士への法律相談窓口もご紹介いたします。年中無休・無料でご利用いただけます。

目次

法律相談

ご希望される方は

こちら

法律相談

ご希望される方は

こちら

交通事故の慰謝料を適正な金額にする3つの方法

(1)保険会社に慰謝料計算を任せない

交通事故の慰謝料は、被害者が受けた精神的苦痛に対して支払われる金銭のことです。

精神的苦痛といった目に見えないものに値段をつけるうえで、個人差・不公平感をなくすために、共通の計算方法が設けられています。

計算方法は3つあり、誰が慰謝料を算定するかで分かれます。

  1. 自賠責基準
  2. 任意保険の基準
  3. 弁護士基準

自賠責基準や任意保険の基準は、加害者が加入する保険会社が慰謝料を算定する時の基準です。

加害者が加入している保険は2種類あります。
ひとつは加入が義務づけられている自賠責保険、もうひとつは加入が自由な任意保険です。

自賠責保険(強制保険)

自動車の運転手は必ず加入している保険。支払基準は法令に基づく最低限の金額となる。

任意保険

自動車の運転手が任意で加入している保険。自賠責保険の支払基準を超えた分を補う。支払基準は保険内容による。

保険会社の提示額は、自賠責基準または任意保険基準(保険会社独自の基準)に基づいて計算されたものです。

一方で、弁護士基準という慰謝料計算方法があります。

弁護士基準で計算する時、慰謝料は最も高額になります。

弁護士基準

依頼を受けた弁護士が示談交渉したり、民事裁判を起こすときに使う基準。裁判所でも使われている公正な基準で、算定結果は自賠責基準や任意保険の基準よりも高額になる。

保険会社は弁護士基準の存在を知りながら、弁護士基準で計算した提示額を示してくれることはありません。

適正な慰謝料額を獲得するには、保険会社の基準で計算された金額を否定して、弁護士基準への増額交渉が必要不可欠です。

(2)ケガ・後遺症・死亡|3つの慰謝料の種類を知る

交通事故の被害者が請求できる慰謝料は3つあります。

  1. 入通院慰謝料
  2. 後遺障害慰謝料
  3. 死亡慰謝料

全ての慰謝料について、自賠責基準・任意保険の基準・弁護士基準の計算結果は異なります。いずれの慰謝料も弁護士基準で計算すると最も高額になります。

入通院慰謝料は、交通事故でケガをした被害者に対して支払われます。
ケガの痛みや、入院・通院をせざるを得なくなったという精神的苦痛に対する金銭です。

後遺障害慰謝料は、交通事故によって後遺障害が残った場合に請求可能です。
後遺障害等級は後遺症の残った部位や程度によって1~14段階に分かれています。後遺障害慰謝料は、後遺障害等級ごとに目安となる金額があります。

死亡慰謝料は、交通事故によって被害者が命を落としたことに対する慰謝料です。

(3)弁護士基準で慰謝料を算定する

交通事故の慰謝料は、弁護士基準で計算しないと低額なものになります。
一度示談を交わした内容を覆すことは難しく、示談後に「本当はもっともらえたはず」となっても遅いのです。

そこで、示談前に「慰謝料計算機」を使ってみてください。

  • 保険会社の提示額は妥当?
  • 逸失利益を簡単に見積もりたい

慰謝料計算機を使えば、弁護士基準での慰謝料金額が分かります。
保険会社の提示額に増額の余地があることが確認できますので、示談を早まらずに済みます。

慰謝料算定の関連記事

子供の慰謝料は大人の慰謝料より高い?低い?

ケガの慰謝料は大人と同じ

入通院慰謝料の金額は、被害者の年齢に関係ありません。
被害者が子供であっても、慰謝料算定方法は大人の場合と同じです。

また、軽傷であっても、ケガをしている場合は入通院慰謝料の対象です。
慰謝料は1日単位で支払われます。軽い事故だからと遠慮する必要はありません。

具体的な金額や相場は後述の「子供がケガをした時の慰謝料はいくらになるのか」をお読みください。

後遺症の慰謝料は大人と同じ

後遺障害慰謝料(後遺症の慰謝料)の金額も、大人の場合と算定方法は同じです。

後遺障害慰謝料は、「後遺障害等級」に応じて金額の目安が決まっています。目安額を元に、一人ひとりの事情を反映して増減して金額決定となります。

被害者が若いことを理由に後遺障害慰謝料が減額されることはありません。

具体的な金額や相場は後述の「子供に後遺症が残った時の慰謝料はいくらになるのか」をお読みください。

死亡慰謝料は大人の金額より低くなる傾向あり

弁護士基準の場合

子供の死亡慰謝料は、弁護士基準で2,000万円~2,500万円前後が相場とされています。この金額は独身の男女にも適用されますので、独身の大人と子供の死亡慰謝料の相場は同じです。

「大人の金額より低くなる傾向がある」というのは、被害者の役割に応じて死亡慰謝料の金額が変わるためです。

交通事故で命を落とした人が一家の大黒柱として家庭を経済的に支えていた場合や、結婚していた場合、死亡慰謝料の相場は2,500万円~2,800万円とされています。この金額と比べると、子供の死亡慰謝料の相場は低くなります。

具体的な金額や相場は後述の「子供の死亡慰謝料はいくらになるのか」をお読みください。

自賠責基準の場合

自賠責基準では、被害者の家庭での役割や年齢に関係なく、一律で金額を定めています。さらに、被害者の近親者に対して、別途慰謝料を認めています。これを近親者固有の慰謝料とよんでいます。

自賠責保険の支払基準では、弁護士基準の死亡慰謝料金額に到底及びません。

遺族への慰謝料も認められる

幼い子供の成長を楽しむ機会が奪われた親御さんには、慰謝料の請求権が法的に認められています。(被害者の配偶者、子、父母に認められた権利です)
一方で、被害者の兄弟・姉妹については、法的な慰謝料請求権は補償されていません。事故内容や被害の程度など、個別の事情を考慮して、慰謝料の請求が認められる可能性があります。

もっとも、子供の死亡慰謝料相場(2,000万円~2,500万円)の中で調整されるケースが多く、具体的な相場は決まってはいません。

自賠責基準で認められている近親者固有の慰謝料は、遺族の人数や扶養者の有無で決まります。この要件に当てはまっていれば、遺族への慰謝料が認められます。

胎児への慰謝料は原則妊婦への慰謝料に反映

妊婦がケガをした場合、入通院慰謝料の請求が可能です。
交通事故に起因して胎児に何らかの影響が見られた場合には、妊婦への慰謝料が増額されることになります。
残念なことに、胎児本人への慰謝料は認められないのが現状です。

交通事故にあった妊婦は、まず病院で妊娠していることを伝えてください。
そして、かかりつけの婦人科の受診も行っておきましょう。

交通事故直後には、胎児への影響を確定させることができません。
また、妊娠中に余計なストレスを抱えることも、母体には悪影響です。慰謝料の交渉・損害賠償請求は、赤ちゃんが生まれてから行いましょう。

胎児を流産・死産してしまった場合の慰謝料

胎児の流産・死産は、母親への慰謝料額に上乗せされます。

胎児を流産・死産してしまった場合の慰謝料について、これまでの判例をまとめました。

胎児流産・死産に関する慰謝料の判例

概要認定慰謝料
妊娠2ヵ月の胎児死亡
(大阪地判平8.5.31)
150万円
出産予定日4日前に死産
(高松高判平4.9.17)
800万円
妊娠12週未満で早期流産
(大阪地判平18.2.23)
200万円

父親に慰謝料が認められるのかは、解釈が分かれており判決もさまざまです。

胎児が死亡した場合に認められる慰謝料は、胎児本人への慰謝料ではなく、母体が傷つけられたことへの慰謝料と認定されるのが原則だからです。

判例も、胎児の父親の慰謝料請求が認められたケース・認められなかったケースに分かれています。いずれにしても、加害者側から積極的に父親への慰謝料を提案されることはないでしょう。あくまで被害者側が主張をして交渉していくことになります。

妊婦が交通事故の被害者になった場合に注意するべき点を詳しく解説した関連記事もお役立てください。

子供がケガを負ったときの慰謝料はいくら?

自賠責保険の基準は治療期間と実治療日数で決まる

計算式

4,300円 × 対象日数
(2020年3月31日までに発生した事故の場合は4,200円)

自賠責保険会社は法令に基づいた慰謝料の算定を行います。
1日あたりの慰謝料の金額(日額)は決まっており、慰謝料額を決定づけるのは、慰謝料の支払い対象日数です。

対象日数については、次のうち短い方を採用します。

  • 治療期間
  • 実際の治療日数の2倍

治療期間とは、最初に病院を受診した日から治療を終了した日までの期間です。
実際の治療日数とは、治療期間中に実際に通院した日をさします。

自賠責基準では、原則として、ケガの程度だけを理由に日額増額は認められません。打撲・擦り傷のような軽傷も、骨折のような重傷を負っても同じ日額なのです。

自賠責保険の基準で支払われる入通院慰謝料は、治療期間と実際の治療日数が分かれば算出できます。

弁護士基準は入院・通院期間の長さで決まる

弁護士基準では、入院・通院期間の長さを使って金額を計算します。具体的には、入通院慰謝料の算定表を使います。

入通院慰謝料の算定表(軽傷)

軽症・むちうちの慰謝料算定表
軽症・むちうちの慰謝料算定表

入通院慰謝料の算定表(重傷)

重傷の慰謝料算定表
重傷の慰謝料算定表
  • 入院なし・通院3ヵ月・むちうち:軽傷の算定表により53万円
  • 入院1ヵ月・通院6ヵ月・骨折:重傷の算定表により149万円

算定表を使うと、入院・通院期間ごとの慰謝料額がすぐに分かります。

慰謝料算定表は次の点に注意して使ってください。

ポイント

  • 横軸は入院期間、縦軸は通院期間のこと
  • 「月」は1ヵ月ではなく「30日」のことなので暦は考慮しない
  • むちうち、打撲、すり傷などのケガでは軽傷の表を利用
  • 入院待機期間は入院期間とみなす場合がある
  • ギプス固定中など安静を要する自宅療養期間は入院期間とみなす場合がある

入通院慰謝料の相場|通院1ヵ月、通院3ヵ月のケース

治療期間ごとの入通院慰謝料は次の通りです。

入通院慰謝料(通院期間1ヵ月)

実治療
日数
自賠責弁護士
7日6万,200円
(5万8,800円)
重傷:28万円
軽傷:19万円
10日8万6,000円
(8万4,000円)
重傷:28万円
軽傷:19万円
15日12万9,000円
(12万6,000円)
重傷:28万円
軽傷:19万円
20日12万9,000円
(12万6,000円)
重傷:28万円
軽傷:19万円

※交通事故の発生日が2020年3月31日以前の場合は()の金額

入通院慰謝料(通院期間3ヵ月)

実治療
日数
自賠責弁護士
20日17万2,000円
(16万8,000円)
重傷:73万円
軽傷:53万円
30日25万8,000円
(25万2,000円)
重傷:73万円
軽傷:53万円
50日38万7,000円
(37万8,000円)
重傷:73万円
軽傷:53万円
60日38万7,000円
(37万8,000円)
重傷:73万円
軽傷:53万円

※交通事故の発生日が2020年3月31日以前の場合は()の金額

自賠責基準は、通院すればするほど入通院慰謝料の金額が高くなるわけではありません。慰謝料の支払い対象日数は、通院期間の日数と、実治療日数の2倍を比較して少ない方を採用します。

つまり、2日に1回を超える頻度で通院しても、慰謝料の金額が比例して増えていくわけではないのです。

また、慰謝料に関しては、お電話・メール・LINEで慰謝料の見積もりを受け付けています。

法律相談

ご希望される方は

こちら

法律相談

ご希望される方は

こちら

入通院慰謝料は減額される場合がある

一方で、次のようなケースでは、子供の入通院慰謝料が低くなる恐れがあります。

入通院慰謝料が減額される可能性

  • 通院期間が相当に長期にわたる
  • むちうちによる長期通院

治療期間を重視する弁護士基準ではありますが、症状・治療内容・通院頻度しだいでは、算定表の金額から減額される可能性があります。

子供が後遺症を負ったときの慰謝料はいくら?

後遺障害等級ごとの金額一覧

後遺障害慰謝料は、後遺障害等級ごとの目安金額があります。

等級 自賠責*弁護士
1級・要介護1,650
(1,600)
2,800
2級・要介護1,203
(1,163)
2,370
1級1,150
(1,100)
2,800
2級998 (958)2,370
3級861 (829)1,990
4級737 (712)1,670
5級618 (599)1,400
6級512 (498)1,180
7級419 (409)1,000
8級331 (324)830
9級249 (245)690
10級190 (187)550
11級136 (135)420
12級94 (93)290
13級57 (57)180
14級32 (32)110

※慰謝料の単位:万円
※()内の金額は2020年3月31日までに発生した交通事故に適用

同じ後遺障害等級でも、弁護士基準だと2~3倍高額な慰謝料が認められます。
保険会社が提示するままの金額を受け入れてはいけません。

逸失利益|後遺障害慰謝料とセットで請求

逸失利益とは、後遺障害が残ったことによる生涯年収減収への補償です。

子供の場合、事故発生時に収入がなくても認められます。
働ける年齢になった時に労働能力が低下していることで、収入が減ってしまうと考えます。

医師により後遺症が残ったと判断された時、被害者が18歳未満の子供であれば、次の計算式となります。

逸失利益

基礎収入額 × 労働能力喪失率 × (67歳までのライプニッツ係数-18歳に達するまでのライプニッツ係数)

基礎収入額は、賃金センサスの数値を使います。

賃金センサス

厚生労働省が実施する賃金構造基本統計調査のこと
国内の賃金構造の実態を詳細に把握する目的がある

賃金センサスでは、様々な切り口から賃金の統計が取られています。

18歳未満の子供については、原則、産業計・企業規模計・学歴計・男女別全年齢平均の賃金額を基礎収入額とします。具体的には、子供の就学状況・将来の展望などを考慮して、基礎収入が定められます。

もっとも、女子年少者については男女計の全年齢平均賃金を基礎収入とするのが一般的です。

労働能力喪失率は、後遺障害等級ごとに目安が定められています。
たとえば、後遺障害5級であれば、79%の労働能力が失われたと考えられます。

後遺障害等級ごとの労働能力喪失率

等級労働能力喪失率
1100%
2100%
3100%
492%
579%
667%
756%
845%
935%
1027%
1120%
1214%
139%
145%

ライプニッツ係数は、中間利息控除ともいわれ、逸失利益の計算に用います。

ライプニッツ係数とは

逸失利益を一括受領することで発生しうる利息分を調整するために使う係数

交通事故の損害賠償金は一括受領が一般的です。
しかし、生涯をかけて獲得するはずだった金額を一度に受けとることで、本来は発生しえない利息もうまれます。
一括受領による利息分を調整するために、ライプニッツ係数が使われます。

労働能力喪失期間ごとのライプニッツ係数

労働能力喪失期間ライプニッツ係数
1年0.97
5年4.58
10年8.53
20年14.88
30年19.60

※2020年4月1日以降に発生した事故に適用される係数

この記事では、就労していない子供を想定して解説しました。
お子さんが仕事をして収入を得ている場合、逸失利益の計算式は異なります。
逸失利益について、詳しくは関連記事をお役立てください。

判例|事故当時幼稚園児だった子供の逸失利益

認定内容(東京地判平26.11.27)

  • 後遺障害:併合7級
  • 労働能力喪失率:56%
  • 症状固定:22歳
  • 労働能力喪失期間
    事故当時(6歳から67歳まで)-(6歳から25歳の就職まで)
  • 後遺障害慰謝料:1,100万円
  • 基礎収入額:500万円
  • 逸失利益:1,930万6,000円

幼稚園の送迎バスを待っていた被害者は事故に巻き込まれ、左腓骨偽関節、左脚関節機能障害などの後遺障害を負いました。症状固定時、被害者は22歳になっていました。

大学薬学部6年生で、製薬会社への就業を予定していることから、賃金センサス女性薬剤師全年齢平均508万9,400円に近い500万円が基礎収入として認められました。

労働能力喪失期間は、就労可能年齢(67歳)までの年数から、就職開始までの年数を引いた期間で認定されました。

判例|事故当時小学生だった子供の逸失利益

認定内容(名古屋地判平29.4.21)

  • 後遺障害:併合11級
  • 労働能力喪失率:20%
  • 症状固定時:17歳
  • 労働能力喪失期間
    (67歳-17歳)-(22歳-17歳)
  • 後遺障害慰謝料:620万円
  • 基礎収入額:462万400円
  • 逸失利益:900万8,763円

被害者は看護士となるべく、大学の看護学科に通学しています。学部の国家試験合格率は100%であること、大学病院の看護士としての就職が想定されることから、賃金センサス看護士給与平均462万400円を基礎収入としました。

交通事故で負った傷は被害者を相当に苦しめ、プールに入れない、おしゃれができないなどの点で、被害者に様々な制限をかけたと考えられます。

被害者一人ひとりの苦しみ、将来の姿や可能性を考えて、後遺障害慰謝料・逸失利益の請求を行うべきです。

後遺障害等級認定を受ける方法

後遺障害慰謝料や逸失利益を請求するには、後遺障害等級認定を受けなくてはいけません。

後遺障害等級認定を受けるための申請には「事前認定」と「被害者請求」の2つの方法があります。特におすすめの方法は、被害者請求です。

後遺障害等級認定の申請|被害者請求

後遺障害等級認定は、まず医師から、症状固定の診断を受けることから始まります。

症状固定

医学上一般的に承認された治療方法で効果が期待できない状態
これ以上治療しても改善が見込めない状態に達したこと

症状固定の診断は、通常、治療開始から6ヵ月以上経過した後とされています。

症状固定となったら、後遺障害診断書を医師に作成してもらいます。
被害者請求のために必要な書類を例示します。

  • 保険金・損害賠償額支払請求書
  • 委任状・印鑑証明書(代理人が行う場合)
  • 請求者の印鑑証明書
  • 交通事故証明書
  • 事故発生状況報告書
  • 医師の診断書
  • 診療報酬明細書
  • レントゲンなど治療経過が分かる資料・検査結果

書類をそろえたら、加害者の自賠責保険会社に提出します。

被害者請求の流れ
被害者請求の流れ

被害者から申請書類一式を受けとった自賠責保険会社は、損害保険料率算出機構に申請書類を提出します。
損害保険料率算出機構の自賠責損害調査事務所にて、後遺障害等級認定の審査が行われます。

後遺障害等級認定の審査結果は、加害者の自賠責保険会社を通して被害者に通知されます。通知内容をみれば、認定等級と支払金額が分かります。

顔面醜状など特定の後遺障害等級認定の審査を除き、審査は書面のみで行われます。つまり、被害者が用意した申請書類が、後遺障害等級認定の結果を左右します。

一方、「事前認定」という申請方法では、加害者側の任意保険会社に書類の準備などを一任します。どこまで書類を集めてくれるのか分かりませんし、もし認定等級が想定より低い場合、不満が残りやすい方法です。

被害者請求の方法をおすすめする理由は、後遺障害等級認定率を上げるために、被害者自身で出来ることが多いからです。

子供が死亡したときの慰謝料はいくら?

死亡慰謝料相場は2,000万円~2,500万円

交通事故の死亡慰謝料の相場は次の通りです。
子供の死亡慰謝料は、2,000万円~2,500万円が相場とされています。

被害者自賠責弁護士
一家の支柱400万円
(350万円)
2,800万円
母親・配偶者400万円
(350万円)
2,500万円
独身の男女400万円
(350万円)
2,000万円~2,500万円
子ども400万円
(350万円)
2,000万円~2,500万円
幼児400万円
(350万円)
2,000万円~2,500万円
以下は該当する場合のみ
+ 遺族1名550万円
+ 遺族2名650万円
+ 遺族3名以上750万円
+ 被扶養者あり200万円

※遺族:被害者の配偶者、子、両親(認知した子、義父母などを含む)
※( )内の金額は2020年3月31日以前に発生した交通事故に適用

もし自賠責基準で算定したなら、5分の1程度の金額になる可能性があります。
遺族の人数に応じて金額は増額されますが、それでも弁護士基準の死亡慰謝料額には届きません。

死亡したことで失われた将来の利益も請求する

子供が死亡したことで、生きていれば得られたはずの利益も失われてしまいました。これは死亡逸失利益といわれ、加害者に損害賠償請求するべき金銭です。

18歳未満の子供の死亡逸失利益は、次の計算式で求めることができます。

死亡逸失利益

基礎収入額×(1 – 生活費控除率)× 67歳までのライプニッツ係数 – 18歳に達するまでのライプニッツ係数

基礎収入額は、賃金センサスを用いて算出します。
18歳未満の子供については、原則、産業計・企業規模計・学歴計・男女別全年齢平均の賃金額を基礎収入額とみなします。具体的には、子供の就学状況・将来の展望などを考慮して、基礎収入が定められます。

生活費控除率とは、死亡したことで不要となった生活費を、基礎収入から除くために使う数値のことです。
子供の生活費控除率は、男性50%女性30%です。

もっとも、女子年少者については男女計の全年齢平均賃金を基礎収入とするのが一般的です。その際には、生活費控除率は40%~45%として計算されます。

葬儀費用は最大150万円まで

子供のお葬式費用も、加害者に請求すべき金銭です。

弁護士基準では最大150万円まで請求可能です。
自賠責基準で支払われる葬儀費用は、100万円です。

請求できる具体的な費目としては、通夜、祭壇、火葬、墓石などの費用とされています。香典返しにかかる費用の請求は認められていません。

子供の慰謝料を妥協しない!大人がしてはいけないこと

子供への慰謝料を低く済ませてはいけない

子供は歩行中や、自転車等の無防備な状態で事故にあうことが多いです。
あるいは、大人の運転する自動車に同乗していて、事故に巻き込まれてしまいます。

社会的に弱い立場にある子供が負った辛い体験を、低額な慰謝料で終わらせてはいけません。

また、慰謝料はもちろん、受けとる示談金全体を適正な金額にすることが大事です。

子供の将来のためにも必ず弁護士基準で損害を算定し、損のない金額を受領するべきです。

相場より高くなるケースを見落としてはいけない

次のケースに該当する場合、子供の入通院慰謝料は、相場より高くなる可能性があります。弁護士基準からさらに増額を目指すべき事例です。

入通院慰謝料が増額される可能性

  • 傷害の部位、程度がとくに重篤
  • 生死が危ぶまれる状態が続いた
  • 麻酔なしでの手術など極度の苦痛を受けた
  • 繰り返して手術を受けた

算定表を基準として、入通院慰謝料が増額されるケースがあります。

  • 実際の治療期間よりも長くみなして増額させる
  • ケガの重篤さを理由に算定表の金額から増額させる

弁護士は、これまでのノウハウを生かして、被害者の利益の最大化を図ります。被害者の事情を十分検討して、適正な慰謝料を請求していきましょう。

また、次のような場合には、入通院慰謝料・後遺障害慰謝料・死亡慰謝料すべてが増額される可能性があります。

慰謝料の増額事由

  • 加害者の態度が悪い
    事故後に救護手当をしない、被害者に過失があるように嘘を繰返す、被害者や家族に罵詈雑言を浴びせる
  • 正常に運転できる状態ではない
    飲酒運転、薬物使用中の運転、無免許
  • 事故が悪質である
    ひき逃げ、大幅なスピード違反、ひどい信号無視

慰謝料の増額事由に当てはまるのではないかという疑問をお持ちの方は、示談成立前に弁護士に相談してください。

適切なタイミング以外で示談してはいけない

示談交渉は、すべての損害額が確定してから開始します。
損害額の確定時期は、事故で生じた結果によって違います。

標準的な示談開始時期は以下の通りです。

事故態様示談開始時期
傷害事故完治して通院が終わった後
傷害事故(後遺障害あり)後遺障害等級認定の結果通知後
死亡事故四十九日などの法要後

示談では、交通事故で生じたすべての損害を明らかにし、賠償金額を決めていきます。事故現場やお見舞い時などに加害者から示談を持ち掛けられても、応じてはいけません。

なお、事故の中でも「物損部分」については先行して示談交渉を進めることがあります。物損部分とは、修理費、買い替え費用、休車損害などをさし、比較的早期に損害が確定します。

不当な過失割合で納得してはいけない

交通事故が起きた原因に注目し、交通事故への責任の割合を示したものを過失割合といいます。

子供が事故の被害者になった場合、過失割合は低くなりやすいです。

  • 子供は社会的弱者であり過失割合は低くなりやすい
  • 一般的に歩行者の過失割合は低い

過失割合は、損害賠償金額に直結します。
その分、加害者との意見が対立しやすい部分です。

子供は、自分の思っていることを上手に言い表せない可能性があります。
事故で起こったことを聞くときは、大人が順序だてて、丁寧に尋ねなくてはいけません。

加害者との折り合いがつかない場合は、次のような手段で事故現場の様子を客観的に確認すべきです。

  • 事故の目撃者証言
  • 事故現場付近の防犯カメラ
  • 事故車両や現場付近のドライブレコーダー
  • 信号サイクル表

子供の証言を確かなものにするのは大人の役割です。
客観的なデータ収集が必要不可欠です。

交通事故の類型ごとに「基本の過失割合」が存在します。関連記事『交通事故の過失割合|事故タイプ別事例集と保険会社との示談交渉で失敗しないコツ』では、事故のタイプ別に過失割合を解説中です。イラスト付きでわかりやすいので、過失割合の基本を押さえたい方は一読してください。

子供の飛び出しについて

子供が関係する交通事故のひとつに、飛び出しによる交通事故があります。子供による道路への飛び出しが事故が起きた場合、原則として、子供にも一定の非が認められる傾向です。

事故の状況別に子供の飛び出し事故の過失割合を知りたい方は、関連記事『子供の飛び出し事故』を参考にしてください。

過失割合ゼロの落とし穴

後方から追突されるもらい事故などでは、被害者に過失がないと判断された場合でも、示談交渉が難航する場合があります。

加害者に対する損害賠償支払い義務が発生しないため、被害者加入の保険会社は示談代行を行えないという落とし穴があるのです。

追突事故の慰謝料相場は事例から検討をつけることもできます。もらい事故における弁護士特約の重要性と共に、関連記事にてご確認ください。

子供が交通事故の被害者になったときのQ&A

親の運転する車で事故にあった!子供の慰謝料は誰が払う?

親は自分のケガとあわせて、法定代理人として、子供が被った損害についても加害者相手に損害賠償請求を行います。

被害者請求相手
加害者
子供(法定代理人:親)加害者

同乗中に事故にあってしまった場合の慰謝料の金額や請求方法については、関連記事『交通事故の同乗者は誰に慰謝料請求する?使える保険や慰謝料相場も解説』を参考にしてください。

兄弟や姉妹が事故を目撃してトラウマに…慰謝料請求できる?

兄弟・姉妹に対する慰謝料が認められる可能性があります。

交通事故の目撃者になってしまうことで、PTSDやうつなど、精神的に追い詰められた状態になってしまうことがあります。

標準的に、次のような場合には、兄弟・姉妹に慰謝料が認められる可能性があります。

  • 交通事故の規模が大きい
  • 被害者に重篤な後遺障害が残った
  • 被害者が死亡してしまった

交通事故のトラウマ、フラッシュバックは、年齢を問わずにつらいものです。
子供であっても認められる損害です。

その一方で、精神的な症状は交通事故との因果関係が問われやすく、損害賠償の交渉がスムーズにいかない可能性もあります。お早めに弁護士に相談して、適切な損害賠償請求に向けた準備を開始することをおすすめします。

子供の通院に付き添ったけど損害賠償請求できる?

慰謝料と通院付き添い費用は別に請求できます。
子供の年齢が12歳以下ならば、特に条件なく通院付き添い費が認められます。

子供の年齢が13歳以上の時は、医師の指示、ケガの程度次第で、通院付き添い費が認められます。

具体的には、次のような状況の時、子供の年齢にかかわらず通院付き添いが認められる傾向があります。

  • 子供への監督・見守りが必要である(例:高次脳機能障害など)
  • 子供の通院に介助が必要である(例:骨折など)

通院付き添い費と入院付き添い費は別物で、相場は異なります。

付き添い費の相場

自賠責基準弁護士基準
入院4,200円6,500円
通院2,100円3,300円

※2020年4月1日以降に発生した事故に適用

また、社会復帰を果たしても、子供一人では通学ができない場合もあります。
家族による通学の同行や送迎について、日額3,000円程度が認められた判例もあります。(神戸地判平22.7.13、横浜地判平11.2.24)

近親者が付き添いできない場合に、看護師や介護福祉士といったプロに付き添いを依頼することもあるでしょう。プロによる付き添いが必要だと判断された場合には、原則、依頼費用の全額を損害賠償請求可能です。付き添い費については、関連記事『交通事故の付添費について解説|付添費の金額相場や種類…慰謝料とは何が違う?』でも詳しく解説しています。

子供の学習機会が奪われた…学費・教育費は請求できる?

交通事故のために進級が遅れてしまった場合の授業料・補習費が請求できます。
また、既に入学費用や授業料などの学費を学校に納めているにもかかわらず、事故のために通学できなくなった場合、学費も損害賠償請求の対象です。

決まった相場はなく、ケガの程度、内容、子供の年齢、家庭の状況などを考慮して総合的に判断されます。

学習費などの補てん

被害者認定内容
6歳男児・死亡
(東京地判平6.10.6)
100万円(小学校の入学金、制服その他備品)
13歳女児・後遺障害併合3級272万円(家庭教師代、教科書などの書籍代)

交渉は弁護士に任せて子供のケアに専念

弁護士に依頼するメリット

交通事故の示談交渉を弁護士に任せたときのメリットを一部紹介します。

  • 子供と過ごすことに専念できる
  • 示談金の増額が期待できる
  • 書類などの煩雑な処理を任せられる

相手方の任意保険会社との交渉・連絡は想像以上に時間と気力を使います。お子さんの看病・リハビリ・ケアに集中しきれない…このようなストレスがかかります。

弁護士に示談交渉を任せると、加害者や加害者の保険会社との連絡窓口を弁護士に一本化します。交渉事の矢面に立つ必要がないので、子供との時間に集中でき、心身のケアに時間を使えます。

また、保険会社の基準から弁護士基準への増額もお任せください。
裁判をしなくても、弁護士基準まで示談金を引き上げられるように交渉いたします。

被害者が作成する書類・事務作業も軽減可能です。
弁護士に任せられることは任せてしまって、お子さんとの時間を大切にしてください。

なお、ここで紹介した弁護士に依頼することで得られるメリットは一部です。詳しくは関連記事『交通事故を弁護士に依頼するメリット8つ|デメリット・費用・慰謝料増額も解説』を読んでいただき、弁護士に依頼するかを検討してください。

年中無休のフリーダイヤルでお待ちしています

24時間対応

アトム法律事務所へのご相談予約は、24時間・365日受け付けています。

法律相談のご連絡は、3つの窓口で受け付けています。

  1. 電話
  2. LINE
  3. メール

お電話の場合、まずは専任のオペレーターが、お話をお伺いします。
ご連絡にあたって特別な準備物は不要ですので、まずはご連絡ください。
オペレーターがご相談内容に応じた適切なご案内をいたします。

子供さんの看病、仕事、家庭…と時間に追われ、お忙しい中に相談先を探されていることかと思います。そんな方には、すきま時間を使って相談を始められる「LINE相談」がおすすめです。

LINE相談のトーク相手は弁護士です。
文字による相談なので、落ち着いて話ができると好評です。
あとで相談内容を読み返すことができる点も便利です。

アトム法律事務所は、これまで多くの方に温かなお声をいただいてまいりました。

LINEでの相談に対するお返事がとてもわかりやすくまたやり取りもスムーズだったので安心でした!

骨折・後遺障害12級のお客さまより

無料のLINE相談でも親切な対応で、短期間で慰謝料も2倍になり、本当にお願いしてよかったです!

骨折・後遺障害14級のお客さまより

LINE相談をきっかけに、不安の解消、慰謝料の増額が実現されています。

相談と契約は別物です。まずは相談から始めてみませんか。

法律相談

ご希望される方は

こちら

法律相談

ご希望される方は

こちら

まとめ

  • 入通院慰謝料、後遺障害慰謝料の算定において、子供と大人の違いはない
  • 死亡慰謝料は大人よりも低い相場となる
  • 死亡逸失利益・後遺障害逸失利益は、18歳未満で収入を得ていない子供も請求できる
  • 慰謝料の増額には弁護士基準の算定が欠かせない

代表弁護士岡野武志

監修者


アトム法律事務所

代表弁護士岡野武志

詳しくはこちら

高校卒業後、日米でのフリーター生活を経て、旧司法試験(旧61期)に合格し、アトム法律事務所を創業。弁護士法人を全国展開、法人グループとしてIT企業を創業・経営を行う。現在は「刑事事件」「交通事故」などの弁護活動を行う傍ら、社会派YouTuberとしてニュースやトピックを弁護士視点で配信している。

保有資格

士業:弁護士(第二東京弁護士会所属:登録番号37890)、税理士

学位:Master of Law(LL.M. Programs)修了

英語:TOEIC925点

あわせて読みたい記事

全ての記事を見る