後部座席のシートベルト着用義務|違反すると罰則、過失割合で損することも?

更新日:

新たに改正民法が施行されました。交通事故の損害賠償請求権に関するルールに変更があります。

後部座席のシートベルト着用は、法律で定められた義務です。

しかしながら、後部座席のシートベルト着用率は、非常に低い値で推移しています。
警察庁とJAFが合同で実施した「シートベルト着用状況調査結果」によると、2021年の一般道路における後部座席のシートベルト着用率は42.9%であり、半分にも満たないのです。

後部座席でシートベルトを着用していないと、罰則が科される事故が起こったときの致死率が約20倍に跳ね上がるだけではなく、事故にあったとき被害者の過失割合が増え、損害賠償金が減額されるといったデメリットが生じます。

この記事では、後部座席のシートベルト着用義務や罰則、過失割合などを解説します。搭乗者全員の命を守るためにも、ぜひご一読ください。

後部座席のシートベルト着用は義務

後部座席のシートベルト着用は2008年に義務化

自動車の運転者は、すべての搭乗者にシートベルトを着用させる義務があります。

以前は、後部座席についてはシートベルト着用は努力義務となっていました。
ですが、2008年6月の道路交通法の改正によって、やむを得ない場合を除き、全席のシートベルト着用が義務化されたのです。

第七十一条の三 自動車(大型自動二輪車及び普通自動二輪車を除く。以下この条において同じ。)の運転者は、道路運送車両法第三章及びこれに基づく命令の規定により当該自動車に備えなければならないこととされている座席ベルト(以下「座席ベルト」という。)を装着しないで自動車を運転してはならない。(後略)

2 自動車の運転者は、座席ベルトを装着しない者を運転者席以外の乗車装置(当該乗車装置につき座席ベルトを備えなければならないこととされているものに限る。以下この項において同じ。)に乗車させて自動車を運転してはならない。(後略)

道路交通法

「後部座席のシートベルト着用が義務化されているのは高速道路だけ」といった誤解も散見されますが、高速道路か一般道路かに関わらず、シートベルトの着用は必須です。

また、2017年6月には道路運送車両の保安基準が改正され、2020年9月1日以降に発売された新型車に対し、後部座席にもシートベルトリマインダーを供えることが義務付けられました。対象となる車両は、乗車定員10人未満の乗用車や車両総重量3.5トン以下の貨物車です。

シートベルト着用はなぜ義務化されたのか?非着用時の危険性

後部座席でシートベルトを着用していない場合、交通事故の被害が大きくなってしまうといった危険性が生じます。

交通事故が起こったとき、後部座席の搭乗者がシートベルトを着用していないと、高速道路なら着用時の約19.4倍の致死率、一般道路なら着用時の約3.5倍の致死率となります(参考:警察庁「全ての座席でシートベルトを着用しましょう」)。

後部座席の搭乗者がシートベルト非着用だと、すさまじい力で車内にたたきつけられたり、車外に放り出されて道路や後続車に激突したりすることがあるでしょう。

また、後部座席の搭乗者が運転席や助手席にぶつかり、前に座っていた人を死傷させるケースもあります。前の席に座っていた人は、エアバッグと座席に挟まれた結果、頭などに大きなケガを負うことになるのです。

後部座席の搭乗者だけではなく、すべての搭乗者を守るためにも、必ずシートベルトを着用するようにしましょう。

シートベルト着用義務が免除されるケースもある

やむを得ない状況においては、シートベルト着用義務が免除されます。

道路交通法施行令第26条の3の2第2項において、以下のケースで後部座席のシートベルトの着用義務が免除されることが定められています。

シートベルト着用が免除される状況

  • 座席数を超えて子供を搭乗させるためシートベルトが不足している
  • ケガ、障害、妊娠など健康上の理由でシートベルトを着用できない
  • 座高の高さ、極度の肥満など身体的な理由でシートベルトを着用できない
  • 救急隊員や消防隊員が緊急車両に搭乗している
  • 警察官などの公務員が職務のため搭乗している
  • 郵便物の集配業務やゴミ収集業務などで頻繁に乗降する必要がある
  • 要人警護の警護車、パレードの誘導車に搭乗している
  • 選挙の候補者や関係者が選挙活動のため選挙カーに搭乗している

後部座席のシートベルト着用義務違反の罰則

高速道路のシートベルト着用義務違反の罰則

高速道路で後部座席の搭乗者がシートベルトを着用していなかった場合、運転手には以下の罰則が科せられます。

高速道路のシートベルト着用義務違反の罰則(後部座席)

違反点数1点

シートベルト着用義務違反による罰金・反則金はありません。

また、運転席・助手席の搭乗者がシートベルトを着用していなかった場合は、違反点数1点が加算されます。

なお、過去2年以上にわたって無事故・無違反・無処分だった場合、着用義務違反のあと3か月間にわたって交通違反をしなければ、違反点数がリセットされます。

ただし、その場合も違反した前歴は残るので、ゴールド免許をはく奪されることには注意が必要です。

一般道路のシートベルト着用義務違反の罰則

一般道路で後部座席の搭乗者がシートベルトを着用していなかった場合、罰則はとくにありません。基本的には口頭注意のみになります。

なお、運転席・助手席の搭乗者がシートベルトを着用していなかった場合は、違反点数1点が加算されます。

ただし、罰則がないからと言ってシートベルトを着用しなくてもよいと考えるのは禁物です。

先述のとおり、後部座席でシートベルト非着用だと、一般道路において事故が起きた場合、致死率が約3.5倍になり非常に危険です。

また、詳しくは後述しますが、事故の被害にあったときにシートベルト非着用だと加害者側から支払われる損害賠償金が減額される可能性が高くなります。

よって、一般道路でもしっかりとシートベルトを着用するようにしましょう。

シートベルト非着用だと交通事故の被害にあったとき損をする

シートベルト非着用は過失割合に影響する

交通事故の被害にあったとき、搭乗者がシートベルトを着用していないと、加害者側から支払われる損害賠償金が減額される可能性が高いです。

交通事故が起きたら、被害者側と加害者側にそれぞれどのくらいの責任(過失)があったのかを表す「過失割合」が決められます。

被害者側にも過失割合が認められると、その分だけ、受け取れる損害賠償金が減額されます。これを「過失相殺」と言います。

シートベルトを着用していないと、着用していた場合よりも被害が大きくなると想定されます。よって、シートベルト非着用は被害者側の過失として認められることが多いのです。

これまでの判例の傾向から、後部座席でシートベルト非着用の場合、被害者側の過失割合が5%~10%程度増えると想定されます。

被害者側の過失割合が5%~10%程度増えるということは、過失相殺により、受け取れる損害賠償金が5%~10%程度減ってしまうということです。

シートベルト非着用の場合、死亡事故や後遺障害が残る事故になりやすいです。損害賠償金が高額になることも多く、過失割合が少し変わるだけで受け取れる金額に大きな影響が出ることになるでしょう。

シートベルト非着用で被害者の過失割合が増えた判例

被害者側のシートベルト非着用により、過失割合が認められた判例を紹介します。

判例

加害者側の車が赤信号を無視して交差点に進入し、被害者側の車に衝突した事故。被害者側の車に乗っていた子供2人はチャイルドシートやシートベルトを着用しておらず、事故の衝撃で車外に放り出され、1人は重傷を負い、1人は亡くなった。

運転手である母親はシートベルトを着用していて軽傷だったこと、子供2人もシートベルトを着用していれば車外に放り出された可能性は低かったことから、シートベルトの非着用により損害が拡大したことが認められた。

そのため、加害者側の一方的な信号無視に基づく事故ではあるものの、被害者側に5%の過失割合が認められた。

(名古屋地方裁判所 平成23年(ワ)第3753号 損害賠償請求事件 平成24年11月27日)

上記の事例は、後部座席のシートベルト着用が義務化された2008年6月1日以降に発生した事故です。裁判官は、シートベルトの着用が義務付けられたにも関わらず母親が子供にシートベルトをさせていなかったことからも、被害者に過失相殺を適用せざるを得ないと判断しました。

自身の適切な過失割合が知りたい場合は弁護士に相談がおすすめ

交通事故の被害にあったときにシートベルトをしていなかったため、加害者側の任意保険会社から、被害者側の過失割合を高く見積もられている方もいらっしゃると思います。

シートベルト非着用により過失割合が増えることは免れませんが、被害者側の過失割合が不当に高い場合は、修正を求めてもよいでしょう。

もし、提示された過失割合が適切かお悩みなら、弁護士に相談することをおすすめします。

加害者側の任意保険会社は、支払う損害賠償金を抑えるため、加害者側にとって有利な過失割合を提示していることがあるからです。

先ほど紹介した判例でも、最終的に被害者側の過失割合は5%と認められましたが、加害者側は被害者側の過失割合は40%であると主張していました。

交通事故に精通した弁護士であれば、過去の判例にのっとった適切な過失割合を算定し、加害者側に主張することが可能です。ご自身の適切な過失割合を知りたい場合は、気軽に無料相談をご利用ください。

シートベルト着用に関するよくある質問

Q1.子供もシートベルトを着用しなければいけない?

子供が6歳未満の幼児の場合、シートベルトではなくチャイルドシート・ジュニアシートの装着が法律上の義務となります。

もし搭乗している6歳未満の幼児がチャイルドシート・ジュニアシートを装着していなかった場合、運転手の違反点数が1点加算されます。

「大人が子供を抱っこして乗ればチャイルドシートは必要ない」といった誤解も見受けられますが、病気などやむを得ない事情がある場合以外は、必ずチャイルドシート・ジュニアシートを装着するようにしましょう。

なお、6歳以上の子供であっても、体格によっては、シートベルトではなくジュニアシートの装着が望ましい場合もあります。

体格が十分大きくなかった場合、首や腹部にベルトがかかることになり、事故の衝撃で受傷してしまうことにつながります。

目安として、子供の身長が140cmに達するまでは、シートベルトではなくジュニアシートを使用するとよいでしょう。

Q2.元からシートベルトがついていない車の場合は?

一部の貨物用車両や、道路運送車両の保安基準においてシートベルトの設置が義務付けられていなかった時代に生産された車両には、元からシートベルトが設置されていないことがあります。

上記のような車の場合は、シートベルトを着用せずに搭乗しても違反にはなりません。

ただし、シートベルトを着用していないと、事故が起こったときに被害が拡大する傾向にあります。運転者は、より一層の安全運転を心がけることが必要になります。

また、後付けでシートベルトを設置できる場合もあるので、設置を検討してみることをおすすめします。

Q3.シートベルトの効果を高める正しい着用方法は?

シートベルトを正しい方法で着用していないと、十分な効果は得られません。

シートベルトの着用方法は以下のとおりです。正しい着用方法を徹底し、万が一事故が起きたときの被害を抑えるようにしましょう。

シートベルトの着用方法

  1. 上体を起こし、シートに深く腰掛ける。
  2. ねじれがないか確認しながらベルトを装着する。
    バックルの金具は音が鳴るまで確実に差し込む。
  3. 肩ベルトと腰ベルトの位置を調整する。
    肩ベルトは首ではなく、鎖骨の中心付近を通るように締める。
    腰ベルトは腹部ではなく、骨盤を巻くように締める。
  4. ベルトにたるみがないか確認する。
    たるみがあれば、肩ベルトを上に引いて調整する。

ただし、妊娠中の方は腹部に負担がかからないような着用方法が必要になります。どのような着用方法が望ましいかについては、医師に確認するとよいでしょう。

まとめ

  • 後部座席のシートベルト着用は2008年に義務化された
  • 後部座席でシートベルト非着用だと事故にあったときの致死率が大幅に上がる
  • 後部座席でシートベルト非着用だと運転手に罰則がある
  • 後部座席でシートベルト非着用だと事故にあったときの損害賠償で不利益が生じる

後部座席でシートベルトを着用しなかったことによる悲惨な死亡事故は多数発生しています。

「面倒だからいいや」「一般道路なら取り締まりを受けても罰則がないからいいや」と思わず、シートベルトの着用を徹底しましょう。また、運転手がシートベルトを着用するよう声掛けを行うことも大切です。

すべての搭乗者がシートベルトを着用することが、搭乗者全員の命を守ることにつながります。

あわせて読みたい記事
脇見運転による事故|前方不注意との違いは?過失割合や違反点数も解説
脇見運転による事故|前方不注意との違いは?過失割合や違反点数も解説
運転中にイヤホンを使うと違反?片耳イヤホンや自転車の運転中は?
運転中にイヤホンを使うと違反?片耳イヤホンや自転車の運転中は?
車検証不携帯の罰則は?コピーの可否や携帯すべきその他の物も解説
車検証不携帯の罰則は?コピーの可否や携帯すべきその他の物も解説
交通事故後はまず警察に連絡が義務|伝える内容や連絡後の捜査・流れも解説
交通事故後はまず警察に連絡が義務|伝える内容や連絡後の捜査・流れも解説
過失相殺とは?計算方法と適用範囲を解説!減額のおさえ方も紹介
過失相殺とは?計算方法と適用範囲を解説!減額のおさえ方も紹介
ネットの誹謗中傷|信用毀損罪・業務妨害罪の被害者になった方へ
ネットの誹謗中傷|信用毀損罪・業務妨害罪の被害者になった方へ
駐車場での当て逃げ事故の対処法と過失割合5選|警察への報告義務にも要注意
駐車場での当て逃げ事故の対処法と過失割合5選|警察への報告義務にも要注意
交通事故の過失割合9対0とは?過失相殺の計算例やメリット・デメリットもご紹介
交通事故の過失割合9対0とは?過失相殺の計算例やメリット・デメリットもご紹介
全ての記事を見る

突然生じる事故や事件に、
地元の弁護士が即座に対応することで
ご相談者と社会に安心と希望を提供したい。