交通事故・刑事事件に加えて借金問題・労働問題の対応を本格化しています。

実況見分の内容や流れ、かかる時間は?過失割合への影響もわかる

更新日:

実況見分

新たに改正民法が施行されました。交通事故の損害賠償請求権に関するルールに変更があります。

実況見分とは、事故現場に事故の当事者と警察官が立ち会い、事故発生時の状況を確認する捜査です。
決して難しいことを聞かれるわけではありませんが、示談交渉にも影響しうる重要なものなので、具体的に何を聞かれるのか、何に注意すべきなのかを説明していきます。

流れや所要時間も解説しているので、実況見分前で不安を感じている場合はぜひチェックしておいてください。

無料法律相談ご希望される方はこちら

無料法律相談はこちら

実況見分とは何?

まずは、実況見分とは何なのか確認していきましょう。
実況見分の流れや所要時間までわかるので、実況見分に協力する前に知っておくと安心です。

当事者立会いのもと行う現場検証のこと

実況見分とは、交通事故の被害者・加害者・目撃者といった関係者の立会いのもと、事故の状況を警察官が確認することです。実況見分は、任意捜査として行われます。

実況見分についてポイントをまとめると、以下の通りです。

実況見分のポイント

  • 実況見分は、人の死傷があった人身事故の場合のみ行われる
  • 実況見分は被害者・加害者・目撃者が立ち会うが、任意捜査である
  • 実況見分では、主に次の点を確認される
    • 事故現場の状況
    • 事故発生時の状況
    • 事故車両の状態
  • 実況見分で確認した内容は、警察官が「実況見分調書」にまとめる

実況見分には原則として加害者も立ち会いますが、被害者とは別々に離れた距離で行われることが多いので、相手方と直接顔を合わせたり会話したりすることはありません。

ちなみに、事件性のある場合は裁判所の令状が必要になる現場検証が行われます。裁判所の令状にもとづいて強制的な捜査が行われる現場検証に対して、実況見分は裁判所の令状がないので捜査が強制されることはありません。
通常、交通事故の場合は裁判所の令状なしの実況見分が行われることがほとんどです。

なお、実況見分については「犯罪捜査規範 第104条」でも定められています。

(実況見分)
第百四条 犯罪の現場その他の場所、身体又は物について事実発見のため必要があるときは、実況見分を行わなければならない。
2 実況見分は、居住者、管理者その他関係者の立会を得て行い、その結果を実況見分調書に正確に記載しておかなければならない。
3 実況見分調書には、できる限り、図面及び写真を添付しなければならない。
4 前三項の規定により、実況見分調書を作成するに当たつては、写真をはり付けた部分にその説明を付記するなど、分かりやすい実況見分調書となるよう工夫しなければならない。

犯罪捜査規範百四条 実況見分

実況見分で聞かれる内容や実況見分調書の詳細は、次の章「実況見分で聞かれる3つの内容」で紹介していきます。

ケガをしたのに物損事故として届け出ていたら

ケガをしたのに物損事故として警察に届け出ていた場合は、実況見分が行われません。実況見分調書がないと示談交渉の際に不利になる可能性があるので、人身事故への切り替え手続きを行い、実況見分をしてもらいましょう。

人身事故への切り替えは、診断書を警察に提出することで可能です。その他の持ち物やアポイントメントの要否は警察署によっても異なるので、詳細は交通事故を管轄する警察署のHPを確認してみてください。

実況見分はいつ行われる?

実況見分は、基本的に事故当日または事故から数日以内に行われます。事故から時間が経つほどに事故現場の状況が変わってしまうので、できる限り早く行われるのです。

ただし、被害者が大きなケガをしてすぐに現場に立ち会えない場合は、先に加害者のみが実況見分に立ち会い、被害者の実況見分は日を改めて行われることもあります。

実況見分の流れ|かかる時間は数十分~2時間程度

実況見分の流れは、以下の通りです。

実況見分の流れ

  1. 警察から、実況見分について案内の連絡が入る
  2. 事故現場に立ち会い、警察官からの質問に答える
  3. 実況見分調書が作成されるので、内容を確認してサインする

軽い人身事故なら、事故直後に警察が駆け付けてそのまま実況見分が行われることもあります。また、実況見分は基本的に一度で終わりますが、大きな事故であれば複数回行われることもあります。

実況見分の所要時間は、短ければ数十分程度、長くても1時間~2時間程度です。ただし、実況見分のあと、そのまま警察署にて聞き取り捜査が行われることが考えられます。

そのため、全てが終わるまでにはより長い時間がかかると考えておいた方が良いでしょう。

聞き取り捜査

警察署にて、警察官からの質問に答えること。
具体的には、加害者に対する処罰感情や事故状況の再確認などが行われ、供述調書が作成される。

実況見分で聞かれる3つの内容

実況見分では、主に事故現場の状況・事故発生時の状況・事故車両の状態を確認されます。具体的にどのようなことを聞かれるのか、確認していきましょう。

(1)事故現場の状況

事故現場の状況としては、主に以下の点を確認されます。

  • 事故が起きた日にち・時間
  • 事故当時の天気
  • 事故当時の路面状況
  • 照明の有無
  • 見通しの良さ
  • 信号の有無
  • 道路規制の有無
  • 事故現場の勾配

どのような場所で交通事故が起きたのか、実際に現場を見ながら確認していきます。

(2)事故発生時の状況

事故発生時の状況として確認される具体的な内容は、以下の通りです。

  • 事故時における車の速度
  • 事故発生時における現場の明るさ
  • 事故発生時の信号の色
  • ブレーキはかけたか
  • ブレーキ痕はあるか
  • 最初に相手を確認した位置
  • 危険を感じた位置
  • ブレーキをかけ始めた位置
  • 実際に相手と衝突した地点

警察官は、立会人から指示説明にて上記の内容を聞き、現場の測定や確認を行います。

(3)事故車両の状態

事故車両の状態について確認されるのは、タイヤの状態や車の傷、車の整備状況などです。

実況見分の内容は実況見分調書に記録

実況見分で確認された内容は、警察官が「実況見分調書」に記録します。
ここまで紹介してきたような内容とともに、事故現場見取り図と呼ばれる簡単な図も書き込まれ、写真が添付されることもあります。

実況見分は任意捜査だが協力すべき

実況見分は任意捜査なので、協力したくなければ拒否もできます
しかし、協力しなかった場合は示談交渉で不利になる可能性があります。その理由を、実況見分の重要性とともに確認していきましょう。

実況見分は正確な過失割合算定のため重要

実況見分は、示談交渉で過失割合について決めるときに重要な役割を果たします。

過失割合

交通事故が起きた責任が、加害者と被害者それぞれにどれくらいあるかを割合で示したもの。
被害者側にも過失割合が付くと、その割合分、慰謝料や損害賠償金が減額される。これを、「過失相殺」という。

過失割合は事故発生時の状況をもとに算定していくものですが、加害者側が証言を偽って被害者の過失割合を多くしようとしたり、単純に被害者と加害者とで事故発生時の記憶が食い違ったりして非常にもめやすいです。

そんな時は実況見分調書をみれば、正しい事故状況を確認できます
加害者が不当な過失割合を主張してきたときに備えて、示談交渉の際はあらかじめ実況見分調書を取り寄せておくと安心です。

実況見分の拒否は慰謝料額に関わる可能性がある

実況見分への協力を拒否すると、実況見分調書は加害者の言い分のみをもとに作成されます。その結果、実況見分調書が加害者に有利な内容になってしまい、示談交渉で適正な過失割合を算定できなくなることが考えられます。

過失相殺による慰謝料・損害賠償金の減額は決して侮れません。
大きなケガをした場合や精神的ショックが大きい場合は事故現場に立ち会うのが辛いと思われますが、今後のことを思うと可能な限り、実況見分に協力することが望ましいです。

実況見分調書の取り寄せ方

実況見分調書の取り寄せ方は、交通事故の刑事処分が不起訴処分、公判中、判決確定後のどの段階にあるかによって異なります。

なお、実況見分調書は捜査中の段階では取り寄せられません。

不起訴処分の場合

不起訴処分の場合は、以下のいずれかの方法で取り寄せます。

  • 弁護士法23条照会により開示請求
  • 被害者本人が検察庁に開示請求
  • 代理人弁護士または事務員が検察庁に開示請求

弁護士法23条照会とは、弁護士から申請を受けた弁護士会が弁護士法第23条の2に基づいて、実況見分調書の開示を求めることです。
被害者が自分で検察庁に開示請求する場合のより具体的な手順は以下の通りです。

検察庁に開示請求する手順

  1. 安全運転センターにて交通事故証明書を発行してもらい、発生日時・発生場所・加害者の氏名と生年月日を確認する。
  2. (1)で確認した内容を警察署に伝えると、いつ・どこの検察庁に・送検番号何番で書類が送致されたか教えてくれる。
  3. 教えてもらった検察庁に管轄の警察署・送検番号・加害者名を伝える。

交通事故証明書の入手方法については『交通事故証明書は何に使う?記載内容は?申請方法を知れば被害者でも入手可能』の記事で確認可能です。

公判中の場合

公判中の場合は、以下の方法で取り寄せます。

  • 被害者、遺族、代理人弁護士が裁判所に対し閲覧謄写申請

判決確定後の場合

判決確定後の場合は、以下の方法で取り寄せます。

  • 被害者本人が検察庁に開示請求
  • 代理人弁護士または事務員が検察庁に開示請求

実況見分に協力する際の注意点

実況見分では、それほど難しいことを聞かれるわけではありません。しかし、実況見分の内容をまとめた実況見分調書は、示談交渉のみならず刑事裁判や民事裁判でも証拠能力が認められる大切な書類です。
実況見分調書の証拠能力は、刑事訴訟法321条3項でも認められています。

③ 検察官、検察事務官又は司法警察職員の検証の結果を記載した書面は、その供述者が公判期日において証人として尋問を受け、その真正に作成されたものであることを供述したときは、第一項の規定にかかわらず、これを証拠とすることができる。

刑事訴訟法三百二十一条

では、そんな重要な書類のもととなる実況見分において、注意すべき点について紹介していきます。

冷静かつ正確に証言をする

実況見分は事故直後の、まだ気が動転しているうちに行われることもあります。
冷静さを失った状態で実況見分に参加すると、重大な勘違いをしたまま証言をしてしまったり、言っていることが二転三転してしまったりする可能性もあるので、可能な限り冷静に証言をするよう心がけましょう。

加害者に対する処罰感情は聞き取り捜査で聞かれるので、実況見分の際は事故発生時の状況・事故現場の様子について正確に話すことに集中してください。

できるだけ証拠保全をしておく

実況見分が始まるまで、事故現場はそのままにしておくことが望ましいです。
しかし、やむを得ず事故車両を動かさなければならない場合や実況見分が後日になってしまう場合は、以下のように証拠保全をしておきましょう。

  • 以下の写真を撮っておく
    • 事故車両の位置
    • 事故車両の損壊部分
    • 事故直後の天気
  • ドライブレコーダーがある場合は上書き録画がされないよう設定しておく
  • 事故時の状況について覚えていることを記録しておく

実況見分調書へのサインは慎重に

実況見分調書が作成されると、内容確認のあとサインを求められます。
サインは「この内容で間違いありません」という印になるので、必ずしっかり内容を確認し、間違っていれば訂正を求めましょう。

弁護士に相談すれば実況見分後も安心

実況見分のあとは、治療を含めさまざまな工程があります。ポイントをおさえていかなければ慰謝料・損害賠償額に響く可能性もありますが、弁護士に相談していれば安心です。
具体的に弁護士から受けられるサポートとメリット、自己負担金0円で弁護士を立てる方法を紹介していきます。

弁護士によるサポート・メリットは大きい!

実況見分後の流れにおいて、弁護士から受けられるサポートとメリットは以下の通りです。

示談金の受け取りまでの流れ
治療中慰謝料に響かない通院頻度・期間のアドバイス
加害者側から治療費を打ち切られた場合の対処
後遺障害認定審査機関に提出する書類集め・内容の精査
示談交渉交渉の代理

治療頻度や後遺障害認定・示談交渉は、いずれも専門知識や過去の事例を参考に適切に対処していかなければ、慰謝料・損害賠償金の減額につながる可能性があります。

特に後遺障害認定と示談交渉は慰謝料・損害賠償額に及ぼす影響が大きく、示談交渉に至っては弁護士を立てるか立てないかで慰謝料が2倍~3倍も変わってくることも珍しくありません。

弁護士を立てれば加害者側とやり取りする手間やストレスも省け、治療や社会復帰に専念できるので、一度相談してみることをおすすめします。
弁護士を立てるメリットについては、『交通事故を弁護士に依頼するメリット8つ|デメリット・費用・慰謝料増額も解説』でより詳しく解説しています。

アトムなら誰でも自己負担金0円

アトム法律事務所なら、誰でも自己負担金0円で相談・依頼が可能です。
無料相談は電話またはLINEにて行っており、相談のみのご利用も可能なので、まずはお気軽にご連絡ください。

アトム法律事務所とは?

  • 全国に拠点を持つ法律事務所
  • 料金体制
    弁護士費用特約がある場合:保険会社が弁護士費用を負担するので、実質0円。(詳細:交通事故の弁護士費用特約とは?
    弁護士費用特約がない場合:相談料・着手金無料。成功報酬(獲得示談金の11%+22万円(税込))は獲得した示談金から支払えるので、ご依頼者様が自費で用意する費用は0円。
  • 実績・ご依頼者様満足度
    「交通事故弁護団」が所属しており、交通事故事案の実績が豊富。
    ご依頼者様満足度は90%超え。
    アトムの実績・口コミはこちらの「交通事故の弁護士」をチェック。

代表弁護士岡野武志

監修者


アトム法律事務所

代表弁護士岡野武志

詳しくはこちら

高校卒業後、日米でのフリーター生活を経て、旧司法試験(旧61期)に合格し、アトム法律事務所を創業。弁護士法人を全国展開、法人グループとしてIT企業を創業・経営を行う。現在は「刑事事件」「交通事故」などの弁護活動を行う傍ら、社会派YouTuberとしてニュースやトピックを弁護士視点で配信している。

保有資格

士業:弁護士(第二東京弁護士会所属:登録番号37890)、税理士

学位:Master of Law(LL.M. Programs)修了

英語:TOEIC925点