過失割合は事故状況でどのくらい変わる?もめた時の対処法も解説!

更新日:

過失割合|もめた時の対処法

新たに改正民法が施行されました。交通事故の損害賠償請求権に関するルールに変更があります。

自分の事故ではどのくらいの過失割合になって、最終的に得られる示談金にどのように影響するのか分からず不安だという方は多いです。

本記事では、事故パターン別の基本の過失割合から、過失割合はどうやって決められるのか、過失割合についてもめている時の対処法等について解説していきます。

なお、本記事で紹介している過失割合は、「別冊判例タイムズ38」(東京地裁民事交通訴訟研究会編)に記載されている情報をベースにしています。

過失割合はどのくらい?事故形態からチェック

まずは交通事故の過失割合がどのくらいになるのか、事故形態ごとに紹介していきます。

ただし、過失割合は事故の細かい状況を反映させて柔軟に調整されます。
ここで紹介する過失割合はあくまでも基本的なものであり、実際には事情に応じて増減することも多い点には注意してください。

追突事故・玉突き事故の過失割合

追突事故でも3台以上の自動車による玉突き事故でも、基本的に追突された側に過失割合は付きません。

よって、追突事故・玉突き事故の過失割合は以下の通りです。

  • 追突事故・玉突き事故の過失割合
    • 追突車:被追突車=100:0
  • 事例
    • 前から順にA車、B車、C車が走っており、最後方のC車がB車に追突、その勢いでB車がA車に追突した場合
    • 過失割合はA車:B車:C車=0:0:100

ただし、追突された側の急停止によって追突事故が起きた場合など、追突された側にも過失割合が付くケースもあります。

合わせて読みたい

車線変更で起きた交通事故の過失割合

前方車が車線変更をして、後方から直進してきた車と衝突した場合、基本の過失割合は「前方車:後方車=70:30」となります。

ただし、たとえば以下の場合は過失割合が変動します。

  • 前方車がウィンカーを出さずに車線変更した場合
  • どちらかがゼブラゾーンを走行した場合
  • 車線変更が禁止されている場所で車線変更した場合
  • どちらかが速度違反をしていた場合
  • 後方車に初心者マークがついていた場合

車線変更事故の過失割合については、『車線変更事故の過失割合は?』でより詳しく解説しています。

事故状況が上記のいずれかに該当する場合は読んでみてください。

子供の飛び出し事故の過失割合

子供の飛び出し事故の過失割合は、信号の色や子供の年齢などによって変わってきます。

たとえば信号のある横断歩道で発生した子供と直進車との衝突事故の場合、基本の過失割合は以下の通りです。

過失割合(子供:車)

信号
歩行者/車
子供
6歳未満
子供
6歳~13歳未満
青/赤0:1000:100
青点滅/赤5:955:95
赤/赤10:9015:85
赤/黄30:7040:60
赤/青50:5060:40

なお、子供が交通事故にあった場合には、以下のような注意点があります。

  • 加害者である大人の証言の方が説得力があるとして、示談交渉で不利になる可能性がある
  • 交通事故によって留年・長期休学した場合は、それに関する賠償請求ができる

上記のような子供の交通事故特有の注意点や、ここで紹介した以外の事故形態における過失割合については、『子供の飛び出し事故|状況別の過失割合や慰謝料、今後の流れ』で詳しく解説しています。

巻き込み事故の過失割合

巻き込み事故とは、車両が交差点などで右左折する際、その脇や後方から走ってきた自転車やバイクを巻き込んでしまう事故を言います。

巻き込み事故の基本の過失割合は以下の通りです。

巻き込んだ側:巻き込まれた側

  • 自動車がバイクを巻き込んだ事故
    • 左折する自動車が後方から来たバイクを巻き込んだ=80:20
    • バイクを追い越し左折しようとした自動車がバイクを巻き込んだ=90:10
  • 自動車が自転車を巻き込んだ事故
    • 左折する自動車が後方から来た自転車を巻き込んだ=90:10
    • 自転車を追い越し左折しようとした自動車が自転車を巻き込んだ=100:0

ただし、上記の過失割合は、さまざまな要素(修正要素)によって変動します。

修正要素については『巻き込み事故ってどんな交通事故?過失割合や事故を防ぐコツ』で詳しく解説しているので、より厳密な過失割合を知りたい場合は参考にしてみてください。

対向車が突っ込んできた事故の過失割合

対向車が突っ込んできて正面衝突した場合の過失割合は、センターラインの有無によって異なります。

過失割合(対向車:被害者)

  • センターラインがある場合=100:0
  • センターラインがない場合=80:20

※センターラインがあっても被害者側に過失割合が付くことがあります。▶対向車が突っ込んできた場合の過失割合

なお、突っ込んできた対向車を避けようとした結果、相手車両とはぶつからなかったが他の車や人、ガードレールなどに衝突したという事故を「非接触事故」と言います。

非接触事故でも対向車に事故の原因があると認められれば損害賠償請求は可能ですが、以下の注意点があります。

  • 非接触事故の過失割合算定は難しい
  • 対向車がそのまま去ってしまった場合や対向車と事故の関連性を証明できなかった場合、単なる自損事故として処理されてしまう可能性がある

正しい過失割合が算定されなかったり、非接触事故が自損事故として処理されてしまったりすると、被害者側は大きな損害を被ってしまいます。

非接触事故でお困りの場合は速やかに弁護士に相談してみてください。

弁護士費用は実質無料にできる▶交通事故の弁護士費用特約とは?

その他のケースの過失割合はどのくらい?

ここまで紹介した以外の事故形態における過失割合は、以下の記事で紹介しています。

ただし、いずれも基本的な過失割合ばかりなので、該当する事故形態がない場合やより厳密な過失割合が知りたい場合は弁護士にご相談ください。

過失割合はどのくらい示談金に影響する?

過失割合がどのくらいかわかったところで、次は過失割合がどのくらい示談金に影響するのかを解説していきます。

過失割合分、示談金の総額が減らされる

交通事故において過失割合が付くと、その割合分、受け取れる示談金額が減ってしまいます。これを過失相殺といいます。

過失相殺後の示談金額は、基本的には「もともとの慰謝料・損害賠償額×(100%-自身の過失割合)」で計算されます。

ただし、過失相殺については以下の点もおさえておきましょう。

  • 健康保険や労災保険から保険金を受け取った場合、過失相殺の計算は上記と異なる
  • 過失相殺による減額分は、自身の人身傷害保険でカバーできる
  • 相手方自賠責保険会社に損害賠償請求(被害者請求)した場合、過失相殺による減額幅は小さくなる

上記について詳しくは、以下の関連記事で解説しています。
過失相殺による影響をより詳しく把握するのに役立ててください。

過失相殺をもっと理解する

過失割合が付けば、治療費は一部自己負担に

過失相殺が適用されて示談金が減額されてしまうと、当然示談金に含まれる治療費も減額されてしまいます。

すると、治療費の一部は被害者自身で負担することになってしまうので注意しましょう。

被害者側の過失割合が大きくなりそうな場合は、健康保険を使って治療を受けることがおすすめです。

そうすれば治療費のうち7割は健康保険から支払ってもらえるので、たとえ過失相殺が適用されても、自費となる治療費は少なく済みます。

たとえば

被害者側の過失割合が2割で治療費が70万円の場合

  • 健康保険を使わなかった場合
    • 相手方に請求したい治療費は70万円
    • 過失相殺の結果、治療費として支払われるのは70万円から2割を引いた56万円
    • 残りの14万円は被害者側の自己負担となる
  • 健康保険を使った場合
    • 治療費のうち49万円は健康保険で賄われるので、相手方に請求したい治療費は21万円
    • 過失相殺の結果、治療費として支払われるのは21万円から2割を引いた16万8千円
    • 被害者の自己負担となるのは、残りの4万2千円で済む

交通事故で健康保険を使う方法

交通事故の治療費は誰が支払う?被害者の場合は健康保険を使うべき!

過失割合が減れば示談は増える

被害者側の過失割合が大きくなればなるほど、示談金額は大幅に減ってしまいます。
しかし、反対に言うと、相手方から提示された過失割合を減らせれば、その分獲得示談金は増えるということです。

相手方から提示される過失割合は必ずしも正しいとは限りません。
以下のような理由から、被害者側に不利な過失割合になっていることも多々あるのです。

  • 過失相殺によって示談金を減らすため、加害者側があえて被害者側の過失割合を多めに見積もっている
  • 加害者側の証言・言い分のみを参考にして過失割合を算定しているため、加害者側に不利な事情が考慮されていない

よって、少しでも過失割合について疑問や不満がある場合は、被害者側で正しい過失割合を確認してみましょう。

ただし、過失割合は過去の判例や実際の事故状況などを考慮しながら算定されるものです。
被害者自身で厳密な過失割合を確認することは難しいので、一度弁護士に相談してみることがおすすめです。

過失割合はどうやって決まる?

つづいて、過失割合はどうやって決まるのか、過失割合を決めるときにどのような点でもめやすいのかを解説していきます。

スムーズに過失割合を決めるためにも、ぜひ確認しておきましょう。

過失割合は話し合いで決まる

交通事故の過失割合がどのくらいになるかは、相手方との示談交渉の中で決められます。

基本的には相手方任意保険会社が過失割合を提示してくるので、それについて納得いかない点があれば交渉をして、最終的な過失割合を決めるといった形をとります。

なお、過失割合の算定方法は次の通りです。

  1. 「別冊判例タイムズ38」(東京地裁民事交通訴訟研究会編)などの書籍を参考にして、似ている事故形態の基本の過失割合を確認する
  2. 実際の事故状況に応じた「修正要素」を確認し、過失割合に反映させる

修正要素とは、たとえば「速度違反」「酒酔い運転」「事故発生時の道路状況」「直前直後横断(飛び出し)」など、基本の過失割合には反映されていない要素のことです。

修正要素にはそれぞれ「過失割合+〇%」「過失割合-〇%」といった目安が決まっています。

この修正要素を基本の過失割合に反映させていくことで、より実際の事故状況に即した過失割合を算定していくのです。

修正要素は過失割合を左右するものなので、取りこぼしのないように反映させていくことが重要です。

詳しくはこちら

過失割合を誰がどのように決めるかについて詳しく解説しています。▶交通事故の過失割合は誰が決める?過失割合が決定するまでの流れは?

過失割合がどのくらいかは、相手方ともめやすい

すでに解説した通り、過失割合は示談金額を左右する重要なポイントです。

また、誰が見ても正解だと言えるような明確な答えがないため、過失割合がどのくらいになるかは算定者の裁量によって変わってしまうという面もあります。

こうしたことから過失割合は、示談交渉の中でももめやすい項目だと言えます。

示談交渉というと慰謝料やその他の示談金額に関する交渉を思い浮かべられがちですが、過失割合についてもぬかりなく交渉対策しておくことが重要です。

合わせて確認

示談交渉ではトラブルが起きがちです。過失割合をはじめ、どんな点でトラブルになりやすいのか事前に確認し、対策をしておきましょう。▶交通事故の示談交渉トラブル8つと解決方法|もう保険会社も怖くない!

過失割合についてもめやすい3ケース

過失割合について被害者側と加害者側とで主張が食い違うことは珍しくありませんが、特に以下のケースではもめやすいです。

  • 事故状況を示す証拠がない
    • 過失割合は事故状況から算定するので、正しい事故状況を示す証拠がなければもめてしまいやすい
  • 損害額が大きい
    • 同じ過失割合でも損害額が大きい方が減額される示談金額が大きくなるので、過失割合に関する交渉がシビアになりやすい
  • 駐車場内などでの事故
    • 過失割合の算定時に参考にする過去の判例などが少ないためもめやすい

それぞれで対処法が異なるので、事前にどのような理由でもめやすいかを予測して対策を立てておくことが重要です。

上記に当てはまるなら必見

交通事故の過失割合でもめる3パターン&対処法を紹介

過失割合がどのくらいかでもめてしまったら

対策をしていても、過失割合がどのくらいかをめぐって相手方ともめてしまうことはあります。

実際に過失割合についてもめてしまった場合にどうすればいいのか、解説していきます。

被害者側の主張の正当性を示す証拠を提示する

過失割合でもめてしまった場合は、被害者側の主張の正当性を示す証拠を提示しましょう。

証拠が少なければいくら正しい主張をしていても、相手方に聞き入れてもらえないからです。

被害者側の主張の正当性を示す証拠として効果的なものは、以下の通りです。

  • 事故状況に関する証拠
    • ドライブレコーダーや監視カメラの映像
    • 事故現場や事故車両の写真
    • 実況見分調書
    • 信号機のサイクルの記録
  • 事故状況に対する過失割合を示す証拠
    • 過去の裁判例
    • 過失割合に関する専門書の引用

上記の証拠の中には、被害者自身で集めることが難しいものもあります。
しかし、示談交渉でもめたときに証拠を提示することは非常に大切なので、弁護士の力を借りることもぜひ検討してみてください。

弁護士費用は実質無料にできる▶交通事故の弁護士費用特約とは?

9対0など片側賠償にして早期解決を図る

被害者が過失割合10対0、相手方が過失割合9対1を主張して示談が長引いているような場合、過失割合を9対0にして早期に解決を図る片側賠償という方法があります。

片側賠償には被害者側にも加害者側にも一定のメリットがあるので、過失割合に関する話し合いが進まなくなってしまった時に効果的です。

例)過失割合9対0の場合

  • 被害者側のメリット
    • 受け取れる賠償金は9割だけになってしまうが、相手方から請求された賠償金の支払いは0割、つまり0円で済む
  • 加害者側のメリット
    • 被害者に対して請求した賠償金は0割、つまり受け取れないが、被害者に対して支払う賠償金は9割だけで済む

なお、片側賠償では9対0以外にも、8対0などがあります。

もっと詳しく

片側賠償の仕組みや、片側賠償のその他のメリットについて解説しています。▶交通事故の過失割合9対0とは?過失相殺の計算例やメリット・デメリットもご紹介

弁護士に交渉を任せる|弁護士ならではの交渉術がある

被害者側の主張を裏付ける証拠を提示しても、片側賠償を提案しても、相手方が聞き入れてくれない可能性は十分にあります。

そのため、過失割合についてもめた時には交渉で弁護士を立てることが一番です。

弁護士なら、以下のような交渉術を使えるので、被害者側の主張が通りやすくなるのです。

  • 専門知識と国家資格に基づく説得力のある主張をする
  • 相手方任意保険会社に裁判への発展を意識させ、態度を軟化させる
  • 相手方の心理・戦略を踏まえたかけひきをする

被害者自身ではどうにもできなかった交渉が、弁護士の介入によってスムーズに動き出すことは十分に考えられます。

まずは弁護士相談にて、弁護士に今の状況やお困りごとを伝えてみてください。

合わせて読みたい

弁護士に相談するときに知っておきたいこと

最後に、弁護士に相談したいと思った時に知っておくべきことを解説していきます。
弁護士に相談する際には、どんな弁護士を選ぶべきか?費用はどれくらいになるのか?といった不安があるでしょう。

そんな不安を解消するためにも、しっかり確認していきましょう。

弁護士を選ぶ時のポイントと無料相談窓口

弁護士に相談するときの弁護士選びのポイントは、以下の通りです。

  • 交通事故案件の実績を確認する
    • 交通事故案件を受け付けている事務所でも、実際には刑事事件など別のジャンルをメインに扱っている場合がある
  • 弁護士費用の説明の明瞭さを確認する
    • 弁護士費用は事務所のホームページでも確認できるが、実際に見積もりを取って確認する方が安心
  • 複数の事務所に相談してみる
    • 無料で相談を受け付けている事務所もあるので、複数の弁護士に相談してみてアドバイスを聞いたり、依頼先を選定したりすることもできる

なお、弁護士への相談は、以下のような窓口で無料で受け付けています。

  • 無料相談を受け付けている法律事務所
  • 日弁連交通事故相談センター
  • 各自治体の相談窓口

弁護士費用を気にして弁護士相談をしなかった場合、被害者側の過失割合が必要以上に大きくなってしまい、弁護士費用を払うよりも大きな損失が出てしまう可能性もあります。

まずは無料で相談できる窓口にて、弁護士に話を聞いてみてください。

無料相談窓口の紹介はこちら

無料電話・LINE相談はこちらから

アトム法律事務所では、人身事故に関して無料電話・LINE相談を受け付けています。

相談のみのご利用も可能ですし、弁護士費用特約を使えばご依頼まで進んだ場合の弁護士費用も実質無料となるので、まずはお気軽にご相談ください。

交通事故被害者の方に選ばれ続けた実績
アトムを選んだお客様の声
交通事故被害者の方に選ばれ続けた実績
アトムを選んだお客様の声
あわせて読みたい記事
追い越し事故の過失割合は?追い越しのルールや事故防止のポイントもわかる
追い越し事故の過失割合は?追い越しのルールや事故防止のポイントもわかる
玉突き事故の過失割合や損害賠償責任を負う人は?パターン別に詳しく解説
玉突き事故の過失割合や損害賠償責任を負う人は?パターン別に詳しく解説
一時停止無視で事故なのに過失割合は被害者にもつく?ケース別に過失割合を紹介
一時停止無視で事故なのに過失割合は被害者にもつく?ケース別に過失割合を紹介
車線変更事故の過失割合は?よくあるケースごとに解説します
車線変更事故の過失割合は?よくあるケースごとに解説します
優先道路での事故|優先なのに過失割合がつく?優先道路の定義と見分け方
優先道路での事故|優先なのに過失割合がつく?優先道路の定義と見分け方
もらい事故では保険会社が示談交渉してくれない!損しないための対処方法とは
もらい事故では保険会社が示談交渉してくれない!損しないための対処方法とは
追突事故の示談金相場|慰謝料・後遺障害・過失割合などの疑問を弁護士が解説
追突事故の示談金相場|慰謝料・後遺障害・過失割合などの疑問を弁護士が解説
雪道のスリップ事故の過失割合は?ノーマルタイヤや積雪状況は影響する?
雪道のスリップ事故の過失割合は?ノーマルタイヤや積雪状況は影響する?
全ての記事を見る

突然生じる事故や事件に、
地元の弁護士が即座に対応することで
ご相談者と社会に安心と希望を提供したい。