巻き込み事故とは?過失割合やもらえる賠償金、事故を防ぐコツを解説

更新日:

巻き込み事故

新たに改正民法が施行されました。交通事故の損害賠償請求権に関するルールに変更があります。

巻き込み事故とは、車が右左折する際にバイクや自転車を巻き込むようにして接触する事故のことです。

巻き込み事故では、基本的に巻き込んだ側の方が直進していた側よりも過失割合が高くなります。巻き込み事故の主な原因は、巻き込んだ側が交通ルールを守らず、周囲の確認も不十分だったためと想定されるからです。

この記事では、巻き込み事故の詳しい過失割合や、巻き込み事故の被害者が請求できる損害賠償金、巻き込み事故の防止法などを解説しています。巻き込み事故に関する知識を網羅的に得られるので、ぜひ最後までご確認ください。

巻き込み事故とは?

まずは、巻き込み事故の定義や原因を確認していきましょう。

巻き込み事故とは右左折時に車が二輪車と接触する事故

巻き込み事故とは、主に車が交差点を右左折しようとした際、後方から直進してきたバイクや自転車に接触してしまう事故のことです。

車がバイクや自転車を巻き込むような形になることから、巻き込み事故と呼ばれます。

多くの場合、巻き込み事故は車が左折する際に発生します。この記事では、基本的に左折巻き込み事故について解説していきます。

巻き込み事故の具体的な例は、以下のとおりです。

巻き込み事故の具体例

  • 車が左折する際、後続のバイクや自転車に気づかず接触した
  • 車が左折する際、先行するバイクを追い越そうとして巻き込んだ

なお、バイクがあらかじめ道路の左側によらずに左折する「大回り左折」を行い、直進する車を巻き込むようなケースもあります。

巻き込み事故によってバイクが被害にあった場合、死亡や後遺障害といった重篤な被害につながりやすいです。バイク事故の死亡率や被害を拡大させない方法については、『バイク事故は死亡率が高い!原因と対策は?』の記事をご覧ください。

巻き込み事故の主な原因5つ

巻き込み事故が発生する主な原因は、以下のとおりです。

  • 後方の確認が不足している
  • ウインカーを出すタイミングが遅い
  • 左寄せが不十分である
  • 内輪差が事故の原因である
  • 二輪車による強引なすり抜けがあった

それぞれの原因について、具体的に見ていきましょう。

後方の確認が不足している

後方確認が不足していると、後続車に気づかず巻き込み事故を発生させてしまいます。

ミラーのみで後方を確認していたため、死角に入っていた後続車に気づかなかったケースもあるでしょう。

安全不確認は安全運転義務違反にあたります。合図運転義務違反の罰則は、基礎点数2点、罰金9,000円(普通車の場合)です。

ウインカーを出すタイミングが遅い

ウインカー(方向指示器)を出すタイミングが遅いと、後続車は十分に速度を落としたり回避行動をとったりすることができないため、巻き込み事故につながってしまいます。

なお、ウインカーを出すタイミングによっては、合図不履行違反となる場合があります。合図不履行違反の罰則は、基礎点数1点、罰金6,000円(普通車の場合)です。

左寄せが不十分である

左折する際は、あらかじめ道路の左側に寄っておかなければなりません。左寄せが不十分であると、空いたスペースに二輪車が進入してきてしまい、巻き込み事故につながってしまうおそれがあるでしょう。

交差点で右左折する際のルールを守らなかった場合は、交差点右左折方法違反になります。交差点右左折方法違反の罰則は、基礎点数1点、罰金4,000円(普通車の場合)です。

内輪差が事故の原因である

内輪差とは、四輪車が右左折する際に、前輪と後輪が描くアーチの半径に差が生じる現象のことです。

内輪差は事故の原因になることがあります。車が右左折する際に内輪差が生じると、歩行者やバイクなどが後輪に接触する可能性があるからです。大型のトラックやバスなどは内輪差が大きいため、事故がより発生しやすいです。

内輪差による事故を防止するには、後輪をサイドミラーで確認する、後輪の動きをイメージしながらハンドルを切る、ウインカーなどで周囲に進行方向を知らせるといった対策が有効です。

二輪車による強引なすり抜けがあった

車が左折しようとしたとき、バイクや自転車が強引にすり抜けようとした場合も、巻き込み事故が発生するおそれがあります。

この場合、車側にも後方の確認不足や左寄せが不十分といった事故原因があることも多いです。しかしながら、すでに車が左折を開始しているのにバイクが後方から無理に進入してきた場合など、事故の回避が難しいケースもあるでしょう。

なお、バイクによるすり抜けは、ケースにより道路交通違反になるものとならないものがあります。バイクのすり抜け事故については、『バイクのすり抜け事故|過失割合や違反になるケースは?逃げた場合の対処法も』の記事をご確認ください。

巻き込み事故の過失割合

巻き込み事故の被害者になったときに重要なのは、事故が発生した責任が加害者と被害者にそれぞれどのくらいあるのかを示す「過失割合」です。

被害者にも過失割合がついた場合、受け取れる損害賠償金が減額されてしまいます。

過失割合を決める際は、事故の類型ごとに決まっている「基本の過失割合」に、個々の事故状況を反映する「修正要素」を加算します。

ここでは、『別冊判例タイムズ38』(東京地裁民事交通訴訟研究会編)に記載されている情報をベースにして、ケースごとの巻き込み事故の過失割合を確認していきます。

過失割合についてより基本的なことから知りたい方は、『交通事故の過失割合とは?決め方と示談のコツ!事故パターン別の過失割合』の記事をご参考ください。

(1)直進するバイクと左折する車の事故

直進するバイクと左折する車の事故としては、主に以下の2パターンが考えられます。

  • 自動車が先行しており、後ろから直進してきたバイクを巻き込んだ
  • バイクが先行しており、自動車が追い抜きながら左折しようとして巻き込んだ

それぞれのケースの過失割合を見ていきましょう。

自動車が先行していたケース

自動車が先行しており、左折中に後ろから直進してきたバイクを巻き込んだ場合、基本の過失割合は自動車:バイク=80:20です。

道路交通法では左折車よりも直進車が優先されるため、左折しようとして直進車の走行を妨げた自動車側に多くの過失が認められます。

一方、バイクが自動車の合図や動きを適切に注意していれば事故を回避できた可能性があるので、バイクにもある程度の過失が認められるのです。

自動車が先行していたケースの過失割合

自動車バイク
基本の過失割合8020
(以下、修正要素)
バイクの著しい前方不注視※-10+10
バイクの15km以上の速度違反-10+10
バイクの30km以上の速度違反-20+20
バイクのその他の著しい過失-10+10
バイクのその他の重過失-20+20
自動車の大回り左折・進入路鋭角※※+10-10
自動車の合図遅れ+5-5
自動車の合図なし+10-10
自動車の直近左折※※※+10-10
自動車の徐行なし+10-10
自動車のその他の著しい過失+10-10
自動車のその他の重過失+20-20

※バイクの運転者が前を全く見ていなかった場合や、横向きになって後ろの同乗者と話していた場合など
※※進入路鋭角とは、時計の8時の方向に左折するような交差点での左折のこと
※※※バイクが直後に迫っているにも関わらず左折を強行した場合など

バイクが先行していたケース

直進するバイクが先行しており、自動車がバイクを追い越して左折しようとして巻き込んだ場合、基本の過失割合は自動車:バイク=90:10です。

道路交通法では交差点手前30メートル以内は追い越しが禁止されているにもかかわらず、自動車がバイクを追い越しているため、自動車側に大きな過失が認められるのです。

バイクが先行していたケースの過失割合

自動車バイク
基本の過失割合9010
(以下、修正要素)
バイクの著しい前方不注視※-10+10
バイクの15km以上の速度違反-10+10
バイクの30km以上の速度違反-20+20
バイクのその他の著しい過失-10+10
バイクのその他の重過失-20+20
自動車の大回り左折・進入路鋭角※※+10-10
自動車の合図遅れ+5-5
自動車の合図なし+10-10
自動車のその他の著しい過失+10-10
自動車のその他の重過失+20-20

※バイクの運転者が前を全く見ていなかった場合や、横向きになって後ろの同乗者と話していた場合など
※※進入路鋭角とは、時計の8時の方向に左折するような交差点での左折のこと

(2)直進する自転車と左折する車の事故

直進する自転車と左折する車の事故も、以下の2パターンが考えられます。

  • 自動車が先行しており、後ろから直進してきた自転車を巻き込んだ
  • 自転車が先行しており、自動車が追い抜きながら左折しようとして巻き込んだ

それぞれのケースの過失割合を確認していきます。

自動車が先行していたケース

自動車が先行しており、左折中に後ろから直進してきた自転車を巻き込んだケースでは、基本の過失割合は自動車:自転車=90:10になります。

自転車は、バイクよりも交通弱者であるとみなされ、強く保護されています。よって、過失割合が同じ状況におけるバイクよりも小さくなるのです。

自動車が先行していたケースの過失割合

自動車自転車
基本の過失割合9010
(以下、修正要素)
自転車の著しい過失・重過失-5~10+5~10
自転車の運転者が児童等・高齢者+5-5
自動車の大回り左折・進入路鋭角※+10-10
自動車の合図遅れ+5-5
自動車の合図なし+10-10
自動車の自転車横断帯通行※※+5-5
自動車のその他の著しい過失・重過失※※※+5~10-5~10

※進入路鋭角とは、時計の8時の方向に左折するような交差点での左折のこと
※※自転車に加算修正がされる場合のみ適用
※※※自転車が直後に迫っているにも関わらず左折を強行した場合も含む

自転車が先行していたケース

直進する自転車が先行しており、自動車が自転車を追い越して左折しようとして巻き込んだ場合、基本の過失割合は自動車:自転車=100:0です。

バイクのケースと同様に、交差点手前30メートル以内は追い越しが禁止されているのもかかわらず、自動車が自転車を追い越しているため、自動車の過失割合が高くなっています。

自転車が先行していたケースの過失割合

自動車自転車
基本の過失割合1000
(以下、修正要素)
自転車の著しい過失・重過失-5~10+5~10
自転車の運転者が児童等・高齢者+5-5
自動車の大回り左折・進入路鋭角※+10-10
自動車の合図遅れ+5-5
自動車の合図なし+10-10
自動車の自転車横断帯通行※※+5-5
自動車のその他の著しい過失・重過失※※※+5~10-5~10

※進入路鋭角とは、時計の8時の方向に左折するような交差点での左折のこと
※※自転車に加算修正がされる場合のみ適用
※※※自転車が直後に迫っているにも関わらず左折を強行した場合も含む

(3)直進する車と左折するバイクの事故

巻き込み事故には、バイクが道路の左側によらずに左折する「大回り左折」を行い、直進する車を巻き込むものもあります。具体的には、以下の2パターンが想定されます。

  • バイクが先行しており、後ろから直進してきた自動車を巻き込んだ
  • 自転車が先行しており、バイクが追い抜きながら左折しようとして巻き込んだ

それぞれの過失割合を確認していきましょう。

バイクが先行していたケース

バイクが先行しており、左折中に後ろから直進してきた自動車を巻き込んだ場合、基本の過失割合はバイク:自動車=60:40です。

このような事故が起きるのは、バイクが大回り左折といった左折方法違反をしたことが原因であると推定されるため、バイクの過失割合が大きくなるのです。

バイクが先行していたケースの過失割合

バイク自動車
基本の過失割合6040
(以下、修正要素)
バイクの合図遅れ+5-5
バイクの合図なし+10-10
バイクのその他の著しい過失+5-5
バイクの重過失+10-10
自動車の著しい前方不注視※-10+10
自動車の15km以上の速度違反-10+10
自動車の30km以上の速度違反-20+20
自動車のその他の著しい過失-10+10
自動車の重過失-20+20

※完全な脇見運転など、前方不注視の程度が著しい場合のこと

自動車が先行していたケース

直進する自動車が先行しており、バイクが自動車を追い越して左折しようとして巻き込んだ場合、基本の過失割合はバイク:自動車=80:20です。

左折しようとしたバイクは、道路交通法で禁止されている交差点の手前30メートル以内での追い越しと大回り左折を行っているため、バイクの過失割合が大きくなるのです。

自動車が先行していたケースの過失割合

バイク自動車
基本の過失割合8020
(以下、修正要素)
バイクの合図遅れ+5-5
バイクの合図なし+10-10
バイクのその他の著しい過失+5-5
バイクの重過失+10-10
自動車の著しい前方不注視※-10+10
自動車の15km以上の速度違反-10+10
自動車の30km以上の速度違反-20+20
自動車のその他の著しい過失-10+10
自動車の重過失-20+20

※完全な脇見運転など、前方不注視の程度が著しい場合のこと

【ポイント】適切な過失割合を得るためには?

交通事故の過失割合は、加害者側から受け取れる金額を左右する重要な要素です。

適切な過失割合を得るためには、以下のような証拠を提示するとよいでしょう。

  • ドライブレコーダーの映像
  • 事故現場の写真
  • 事故車両の写真

巻き込み事故の過失割合を争うときは、車両の位置関係が重要になることが多いです。ドライブレコーダーの映像や事故現場の写真は、位置関係を示す証拠となります。また、事故車両のどこに傷がついていたかを写真で示すことでも、位置関係を推定できるでしょう。

また、加害者側の保険会社は、支払う金額を減らすためにわざと被害者が不利な過失割合を提示してくることも多いです。

加害者側の保険会社が事故の実態にそぐわない過失割合を主張し続ける場合は、弁護士に相談することをおすすめします。交通事故に精通した弁護士であれば、適切な過失割合を算定し、明確な根拠をもって加害者側に主張してくれるでしょう。

過失割合に不満があるときの対処法は、『交通事故の過失割合に納得いかない!変更させるにはコツ・対策が必要』の記事で詳しく解説しています。あわせてご一読ください。

巻き込み事故の被害者がすべき対応

次に、巻き込み事故にあった場合、被害者はどのような対応をすればよいのか、どのようなお金を受け取れるのかを見ていきましょう。

なお、事故の加害者がすべき対法や負うべき責任については、『交通事故加害者が行うべきことや負うべき3つの責任を紹介』の記事で確認できます。

巻き込み事故の発生から解決までの流れ

巻き込み事故の発生から解決までの流れは、以下のとおりです。

巻き込み事故の流れ
  1. 巻き込み事故が発生する
  2. 負傷者の救護、警察への通報といった事故直後の対応を行う
  3. 病院でケガを治療する
  4. ケガが完治したら示談交渉へ進む
    ケガが症状固定となれば後遺障害認定の申請をし、結果が出れば示談交渉へ進む
  5. 加害者側との示談交渉で損害賠償金や過失割合を決める
  6. 示談成立となれば、損害賠償金が支払われて解決
  7. 示談不成立であれば、裁判やADRで解決を目指す

交通事故の被害者がすべき対応については、『交通事故の被害者がすべき事故対応|示談交渉で損をしない行動を解説』の記事で掘り下げて紹介しています。ぜひあわせてご一読ください。

巻き込み事故で請求できる損害賠償金

巻き込み事故の被害者は、主に以下のような費目を損害賠償金として請求できます。

  • 入通院慰謝料
    事故によるケガの治療のため入通院した精神的苦痛の補償
  • 後遺障害慰謝料
    事故により後遺障害を負った精神的苦痛の補償
  • 死亡慰謝料
    事故により亡くなった精神的苦痛の補償
  • 治療費
    治療をするために必要となった費用
  • 休業損害
    治療で休業したため得られなくなった収入の補償
  • 逸失利益
    後遺障害や死亡により得られなくなった将来的な収入の補償
    被害者が死亡した場合も、将来得られたはずの収入が得られなくなるため請求可能
  • 物的損害
    バイクや自転車の修理費用など

各費目の相場や計算方法を知りたい場合は、『交通事故の損害賠償請求とは?賠償金の費目・相場・計算方法を解説』の記事をお役立てください。

【ポイント】損害賠償金で損しないためには?

巻き込み事故の被害者の多くは、バイクや自転車を運転しています。体がむき出しであることから、大きなケガを負うことも珍しくありません。

ケガが大きいほど、加害者側に請求できる金額も高額になります。この場合、加害者側は少しでも請求金額を抑えるため、頑なな態度で交渉に臨んでくるでしょう。

加害者側に対して適切に対応するためには、被害者自身がどの程度の金額を請求できるのかをしっかりと理解しておく必要があります。

損害賠償金のうち、慰謝料と逸失利益については、以下の自動計算機で簡単に確認できます。加害者側から提示された金額が妥当か判断するためにも、ぜひご利用ください。

加害者側が相場より低い金額を提示し、増額に応じない場合は、弁護士に示談交渉を代理してもらうこともご検討ください。

被害者自身による交渉では増額を受け入れてもらえなくても、法律の専門家である弁護士が交渉すれば適切な金額まで増額してもらえた例は非常に多いです。

また、以下の関連記事も、慰謝料などの相場を知るためにお役立ていただけます。

巻き込み事故を防ぐ方法

最後に、巻き込み事故を防ぐためにどのような工夫ができるかを紹介していきます。

(1)目視やミラーを組み合わせて死角を減らす

車には、左右の斜め後方、窓柱に隠れる部分など、いくつも死角が存在します。また、大型車両や電柱といった周囲の物体も死角を作り出します。

死角にバイクや自転車がいることに気づかず、巻き込み事故を起こしてしまうケースは少なくありません。

死角を原因とする巻き込み事故を防ぐには、死角の存在を意識し、目視やミラーを組み合わせて周囲を確認することが大切です。

交差点で右左折をする際は、徐行しながらしっかりと周囲を確認するようにしましょう。

車の死角については、『死角が交通安全のポイント!車の死角や交通事故の防止策を一挙紹介』の記事で網羅的に紹介しています。死角による事故を防ぐ方法もわかるので、ぜひご一読ください。

(2)左折することをウインカーで周囲に知らせる

車が曲がろうとしていることを後方のバイクや自転車が認識できていないため、巻き込み事故が発生することもあります。

道路交通法及び道路交通法施行令では、交差点において右左折する場合、交差点の手前の側端から30メートル手前に達したときに合図を行わなければならないと定められています。

交通ルールを守り、適切なタイミングでウインカーを出すことで、周囲に右左折することを示しましょう。

また、曲がる際には後方をよく確認したうえで徐々に路肩に幅寄せすると、車が曲がることを周囲に認識してもらいやすくなります。

(3)左折する際は車をしっかりと左側に寄せる

車が交差点を左折する際に、後方のバイクや自転車が車の左側に進入したため、巻き込み事故につながってしまうこともあります。

道路交通法では、左折するときはあらかじめ車を道路の左側端に寄せておくことと定められています。

車を十分に左側に寄せておけば、左側へのバイクや自転車の進入を避けることもできるでしょう。あわせて、左折する際に車の左側を確認することも重要です。

また、車の左側をすり抜けようとするバイクを発見した場合は、無理に左折するのではなく、バイクを先に行かせてから左折すると、事故の発生を防ぐことができます。

(4)二輪車側は無理なすり抜けをしない

巻き込み事故を防ぐための二輪車側の注意点としては、無理なすり抜けをしないことが挙げられるでしょう。

道路交通法では、車が正しい方法で右左折しようとし、合図を出した場合には、後方の車両は合図をした車両の進路の変更を妨げてはならないことが定められています。なお、速度や方向を急に変えなければならない場合を除きます。

また、交差点と交差点の手前から30メートル以内の場所では、追い越し・追い抜きが禁止されていることも覚えておきましょう。

すり抜けは事故につながりやすい危険な行為です。事故で死亡や後遺障害といった重篤な被害を負うことを避けるためにも、時間と心に余裕をもった安全運転を心がけましょう。

巻き込み事故のまとめ

この記事のポイント

  • 巻き込み事故とは、車が右左折する際に二輪車を巻き込む形で接触する事故
  • 巻き込み事故の原因は後方の確認不足やウインカーの出し遅れなど
  • 巻き込み事故の過失割合は、基本的に巻き込んだ側の方が高くなる
  • 巻き込み事故を防ぐには、複数の方法を組み合わせた安全確認などが有効

巻き込み事故の被害にあったときは、弁護士への相談をご検討ください。

巻き込み事故では過失割合が争点になることも多いです。弁護士は適切な過失割合を得たい被害者の強力な味方となります

加害者側の保険会社は、相場より低い損害賠償金を提示してくることが多いです。この金額は、弁護士が示談交渉すれば2倍~3倍に増額されることも珍しくありません

アトム法律事務所では、交通事故の被害者の方に向け、電話・LINEによる無料法律相談サービスを実施しています。

スキマ時間で弁護士からアドバイスを受けられるので、過失割合や損害賠償金などに不安がある方は、まずは気軽にお問い合わせください。

相談予約は24時間365日受け付けています。

岡野武志弁護士

監修者


アトム法律事務所

代表弁護士岡野武志

詳しくはこちら

高校卒業後、日米でのフリーター生活を経て、旧司法試験(旧61期)に合格し、アトム法律事務所を創業。弁護士法人を全国展開、法人グループとしてIT企業を創業・経営を行う。
現在は「刑事事件」「交通事故」「事故慰謝料」「ネット削除依頼」などの弁護活動を行う傍ら、社会派YouTuberとしてニュースやトピックを弁護士視点で配信している。

保有資格

士業:弁護士(第二東京弁護士会所属:登録番号37890)、税理士

学位:Master of Law(LL.M. Programs)修了

あわせて読みたい記事
一時停止無視で事故なのに過失割合は被害者にもつく?ケース別に過失割合を紹介
一時停止無視で事故なのに過失割合は被害者にもつく?ケース別に過失割合を紹介
交差点では事故が多発!過失割合と事故を防ぐ安全運転のポイント
交差点では事故が多発!過失割合と事故を防ぐ安全運転のポイント
対向車が突っ込んできた場合の過失割合・慰謝料請求|正面衝突の対処法も
対向車が突っ込んできた場合の過失割合・慰謝料請求|正面衝突の対処法も
交通事故の過失割合とは?決め方と示談のコツ!事故パターン別の過失割合
交通事故の過失割合とは?決め方と示談のコツ!事故パターン別の過失割合
信号無視の事故は過失割合いくら?被害者側に過失が付くケースも解説
信号無視の事故は過失割合いくら?被害者側に過失が付くケースも解説
接触事故に遭ったらどうすればいい?事故現場ですべき対応や過失割合を解説
接触事故に遭ったらどうすればいい?事故現場ですべき対応や過失割合を解説
玉突き事故の過失割合や損害賠償責任を負う人は?パターン別に詳しく解説
玉突き事故の過失割合や損害賠償責任を負う人は?パターン別に詳しく解説
車と自転車の事故|過失割合と慰謝料相場は?被害者が知るべき計算方法
車と自転車の事故|過失割合と慰謝料相場は?被害者が知るべき計算方法
全ての記事を見る

突然生じる事故や事件に、
地元の弁護士が即座に対応することで
ご相談者と社会に安心と希望を提供したい。