玉突き事故の過失割合や損害賠償責任を負う人は?パターン別に詳しく解説

更新日:

玉突き事故 過失割合 損害賠償

新たに改正民法が施行されました。交通事故の損害賠償請求権に関するルールに変更があります。

3台以上の車が絡む玉突き事故では、基本的に最初に追突した最後車に100%の過失割合と損害賠償責任があるとされます。

しかし、玉突き事故の類型・原因はさまざまあるため、複数人に過失割合や損害賠償責任が分散することも珍しくありません。

この記事では、玉突き事故の過失割合を「最後車が最初に追突した場合」「中間者が最初に追突した場合」「高速道路で起きた玉突き事故の場合」に分けて詳しく紹介していきます。

誰に損害賠償責任があるのか、自分にも過失割合が付いたらどうなるのかも解説していくので、ご確認ください。

この記事で紹介する過失割合は、「別冊判例タイムズ38」(東京地裁民事交通訴訟研究会編)に記載されている情報をベースにしています。

玉突き事故の過失割合

玉突き事故の過失割合を、以下の3ケースに分けて解説していきます。

  • 最後車が最初に追突した場合
  • 中間車が最初に追突した場合
  • 高速道路で玉突き事故が発生した場合

この記事の解説では、先頭車をA車、中間車をB車、最後車をC車として解説をすすめます。
なお、過失割合の決め方については、以下の関連記事をご覧ください。

最後車が最初に追突した場合の過失割合

最後車が最初に追突した玉突き事故では、過失割合は基本的に以下の通りです。

  • 基本的な過失割合
    • A車(先頭車):B車(中間車):C車(最後車)=0:0:100
玉突き事故の過失割合1
  • B車の急ブレーキでC車がB車に追突、その勢いでB車がA車に追突した場合
    • A車:B車:C車=0:30:70
  • B車の操作ミスでC車がB車に追突、その勢いでB車がA車に追突した場合
    • A車:B車:C車=0:20:80
玉突き事故の過失割合2
  • A車が急ブレーキを踏んだためB車も急ブレーキを踏んだ結果、C車がB車に追突して玉突き事故になった場合
    • A車:B車:C車=30:0:70
玉突き事故の過失割合3

玉突き事故では、基本的には一般的な追突事故と同様、最初に追突した車に100%の過失があるとされます。

しかし、前方車両が急ブレーキを踏むなど、事故の原因が追突された側にある場合は、追突された側の車にも過失が生じます。

後ろの車に煽られて急ブレーキを踏んだ場合の扱い

後方車両から煽られたことを理由に急ブレーキを踏んだとしても、「理由はあれど必要ない急ブレーキ」だと判断されると過失割合が増えてしまいます。

後方車両に煽られた場合、少しずつ減速して脇に逸れ、後方車両に道をゆずるなど、急ブレーキ以外の回避方法をとることも可能です。

このことから、急ブレーキを踏むしかなかったと判断されることは難しいでしょう。

中間車が最初に追突した場合の過失割合

B車(中間車)がA車(先頭車)に追突し、その後C車(最後車)がB車に追突した場合、基本的には1つの玉突き事故ではなく、2つの追突事故として扱われます。

過失割合は、以下の通りです。

  • A車:B車=0:100
  • B車:C車=0:100
玉突き事故の過失割合4

ただし、A車が急ブレーキを踏むなどA車に事故の原因がある場合には、A車側にも過失割合が付くでしょう。

一方で、C車がB車に追突した件については、基本的にC車に100%の過失が付きます。

道路交通法26条では、前方車両が急停止した場合でも衝突を避けられる程度に車間距離をあけることが義務付けられています。

しかし、C車はB車への追突を避けられなかったことから、この道路交通法を守っていなかったと判断されるのです。

高速道路上で起きた玉突き事故の過失割合

高速道路における玉突き事故の過失割合は、以下の通りです。

  • 全車走行中にC車(最後車)が最初に追突した場合
    • A車(先頭車):B車(中間車):C車(最後車)=0:0:100
玉突き事故の過失割合5
  • A車が急ブレーキを踏んで玉突き事故になった場合
    • A車:B車:C車=50:0:50
  • A車が正当な理由なく駐停車していて玉突き事故になった場合
    • A車に40%の過失がつき、残りの60%は車間距離などを考慮してB車・C車の間で分配される
玉突き事故の過失割合6
  • A車・B車が正当な理由により駐停車していて玉突き事故になった場合
    • A車:B車:C車=0:0:100
玉突き事故の過失割合7

高速道路では、一般道路とは違い原則として駐停車が禁止されています。
また、速く走行することが想定されているため、急ブレーキの危険性も一般道路より高いです。

よって、前方車両が正当な理由なく駐停車・急ブレーキをして、玉突き事故が起こった場合、前方車両には一般道路における玉突き事故よりも大きな過失割合がつくのです。

過失割合は細かい事故状況に応じて増減する

過失割合を決める際には、速度違反や道路の見通し、道路の状態など、その事故固有の事情も考慮しなければなりません。

こうしたその事故固有の事情を「修正要素」と呼び、実際の過失割合は修正要素によって増減されることが多いです。

よって、玉突き事故の過失割合は、必ずしもここまで解説してきたとおりになるとは限りません。

厳密な過失割合は実際の事故状況を詳しく把握したうえで、過去の判例や事例なども踏まえながら算定する必要があるので、一度弁護士に問い合わせることをおすすめします。

過失割合は、示談交渉の際に相手方保険会社が算定して提示してくれることも多いです。

しかし、相手方に有利な修正要素しか考慮していないなど、適切な過失割合になっていない可能性もあるので、鵜呑みにせず、弁護士に確認をとることが重要です。

▼電話・LINEによる無料相談で、詳しい事故状況をお伝えください。

玉突き事故の損害賠償の相手は?

基本的には過失のある人へ損害賠償請求する

玉突き事故で損害賠償の責任を負うのは、基本的に過失割合がついた人です。

たとえば玉突き事故の過失割合が「A車:B車:C車=0:0:100」だった場合、A車とB車は、C車に損害賠償請求できます。

一方C車の人は、過失のないA車やB車の人に損害賠償請求することはできません。

2人以上に過失がある場合の損害賠償請求

玉突き事故の過失割合が「A車:B車:C車=30:0:70」だとすると、損害賠償の責任はA車の人とC車の人にあります。

一方、B車には過失割合がついていないので、B車には損害賠償責任はありません。

よって、損害賠償請求できる相手は、それぞれ以下のようになります。

  • A車が損害賠償請求できる相手:C車
  • B車が損害賠償請求できる相手:A車とC車
  • C車が損害賠償請求できる相手:A車

なお、上記のケースでは、B車はA車とC車のドライバー2人に対して損害賠償請求が可能です。

この場合、B車の人は、A車かC車のドライバーどちらかに損害賠償金を全額請求する、もしくは双方に損害賠償金を何割かずつ請求することになります。

B車の人が受け取れる損害賠償金が500万円だった場合、以下のいずれかの方法で賠償請求できる。

  • A車のドライバーまたはC車のドライバーどちらかに、500万円を請求する
  • A車のドライバーに200万円、C車のドライバーに300万円請求する
    ※請求額の分配は、A車とC車それぞれの責任の程度に関係なく、B車の人が自由に決められる。

どちらにどれくらい請求するかは、それぞれの資力・保険加入状況などを踏まえて決定しましょう。
資力のある方、手厚い保険に加入している方に多く請求する方が、速やかに賠償金を受け取れる可能性が高いです。

なお、上記のどちらの方法で損害賠償請求したとしても、のちほどA車・C車のドライバー間で互いの負担額が話し合われ、清算がおこなわれます。

よって、たとえばC車に損害賠償金を全額請求したからと言って、A車が損害賠償金を全く負担しないということにはなりません。

自分にも過失割合が付いている場合はどうなる?

玉突き事故で自分にも過失割合が付いている場合、損害賠償金を支払う責任と、自身が受け取れる損害賠償金の減額(過失相殺)が生じます。

「A車:B車:C車=20:0:80」の玉突き事故で、自分がA車だった場合を例に挙げると、次の通りです。

  • 損害賠償金を支払う責任
    • B車とC車の人に対して損害賠償責任を負う
  • 自身の損害賠償金の減額
    • 自身が請求する損害賠償金のうち、自分の過失割合分が減額される
    • つまり、受け取れる損害賠償金が20%減額される

B車やC車の人に支払う損害賠償金は、自身が加入している自賠責保険や、任意保険の対物・対人賠償保険から支払います。

任意保険に入っていない場合は、自賠責保険金で支払い切れない分は自分で支払わなければなりません。

一方、自身が受け取れる損害賠償金のうち過失相殺で減額された分は、任意保険の人身傷害補償保険でカバーできます。

自身にも過失割合がついてしまった場合は、保険をうまく活用しましょう。

おすすめ記事

▼示談交渉で弁護士を立てれば、自身の過失割合を小さくできる可能性があります。弁護士費用特約を使えば、示談交渉を依頼しても費用は実質0円。特約がない場合は着手金が無料です。

おすすめ記事

玉突き事故で請求できる損害賠償金

玉突き事故で請求できる損害賠償金には、次のものがあります。

  • ケガをして入院や通院した場合に請求できる
    • 治療関係費
    • 入通院慰謝料
    • 休業損害
  • 後遺障害が残った場合に請求できる
    • 後遺障害慰謝料
    • 後遺障害逸失利益
  • 物損被害が生じた場合に請求できる
    • 修理費、弁償代
    • 車の代車費用や評価損など
  • 死亡事故の場合に請求する
    • 死亡慰謝料
    • 死亡逸失利益

各費目の概要や内訳については、『交通事故の示談金|内訳・金額から示談交渉まですべて解説』で詳しく解説しています。

なお、慰謝料と逸失利益は以下の計算機から相場を確認できます。
ただし、加害者側はもっと低い金額を提示してくる場合が多いこと、厳密な相場はさまざまな事情を考慮した結果増減する可能性があることには要注意です。

玉突き事故の過失割合、慰謝料は弁護士に相談

玉突き事故における厳密な慰謝料相場や損害賠償請求、過失割合に関する疑問がある場合は、お気軽にご相談ください。
アトム法律事務所では、電話やLINEによる無料相談を受け付けています。

日々さまざまなご相談を受けているので、「こんな小さなことでも相談していいのかな?」と思わず、お気軽にご連絡ください。お待ちしております。

岡野武志弁護士

監修者


アトム法律事務所

代表弁護士岡野武志

詳しくはこちら

高校卒業後、日米でのフリーター生活を経て、旧司法試験(旧61期)に合格し、アトム法律事務所を創業。弁護士法人を全国展開、法人グループとしてIT企業を創業・経営を行う。
現在は「刑事事件」「交通事故」「事故慰謝料」「ネット削除依頼」などの弁護活動を行う傍ら、社会派YouTuberとしてニュースやトピックを弁護士視点で配信している。

保有資格

士業:弁護士(第二東京弁護士会所属:登録番号37890)、税理士

学位:Master of Law(LL.M. Programs)修了

あわせて読みたい記事
追い越し事故の過失割合は?追い越しのルールや事故防止のポイントもわかる
追い越し事故の過失割合は?追い越しのルールや事故防止のポイントもわかる
車線変更事故の過失割合は?よくあるケースごとに解説します
車線変更事故の過失割合は?よくあるケースごとに解説します
過失割合は事故状況でどのくらい変わる?もめた時の対処法も解説!
過失割合は事故状況でどのくらい変わる?もめた時の対処法も解説!
対向車が突っ込んできた場合の過失割合・慰謝料請求|正面衝突の対処法も
対向車が突っ込んできた場合の過失割合・慰謝料請求|正面衝突の対処法も
自転車同士の事故の過失割合と損害賠償請求|事故後の対応も解説
自転車同士の事故の過失割合と損害賠償請求|事故後の対応も解説
雪道のスリップ事故の過失割合は?ノーマルタイヤや積雪状況は影響する?
雪道のスリップ事故の過失割合は?ノーマルタイヤや積雪状況は影響する?
後部座席のシートベルト着用義務|違反すると罰則、過失割合で損することも?
後部座席のシートベルト着用義務|違反すると罰則、過失割合で損することも?
車と自転車の事故|過失割合と慰謝料相場は?被害者が知るべき計算方法
車と自転車の事故|過失割合と慰謝料相場は?被害者が知るべき計算方法
全ての記事を見る

突然生じる事故や事件に、
地元の弁護士が即座に対応することで
ご相談者と社会に安心と希望を提供したい。