交通事故・刑事事件に加えてネット削除依頼等の対応を本格化しています。

交通事故による手指の障害について解説|欠損障害、機能障害の後遺障害認定基準とは?

更新日:

交通事故による手指の障害|欠損障害・機能障害

新たに改正民法が施行されました。交通事故の損害賠償請求権に関するルールに変更があります。

交通事故でケガを負った際、欠損や関節の可動域制限など、手指に後遺症が残ってしまうことがあります。

手指の後遺症は症状の程度によっては後遺障害等級に認定され、特別な賠償の対象となる可能性があります。

ここでは手指の障害について欠損障害(切断等で手指の一部や全部を失ったもの)、機能障害(関節の可動域の制限など)に分けてそれぞれ等級の認定基準を具体的に解説していきます。

なお、手指ではなく腕の切断についてお悩みの方は『腕の欠損障害、変形障害(偽関節・癒合不全)について解説|後遺障害の認定基準、慰謝料相場とは?』の記事をご覧ください。また手首、肘、肩の可動域の制限などについてお悩みの方は『上肢(肩・肘・手首)の後遺障害を解説|可動域制限、機能障害の認定基準とは?』の記事もご覧ください。

手指の欠損障害の後遺障害認定基準

等級認定の基準
3級5号両手の手指の全部を失ったもの
6級8号1手の5の手指または親指を含み4の手指を失ったもの
7級6号1手の親指を含み3の手指を失ったものまたは親指以外の4の手指を失ったもの
8級3号1手の親指を含み2の手指を失ったもの又は親指以外の3の手指を失ったもの
9級12号1手の親指又は親指以外の2の手指を失ったもの
11級8号1手の人差し指、中指又は薬指を失ったもの
12級9号1手の小指を失ったもの
13級7号1手の親指の指骨の一部を失ったもの
14級6号1手の親指以外の手指の指骨の一部を失ったもの
手指の欠損障害の後遺障害認定基準

手指の欠損障害の認定基準は、失った手指の本数に加え、その後遺症の程度が「手指を失ったもの」「手指の指骨の一部を失ったもの」のどちらに該当するかによって等級が判断されることになります。

「手指を失ったもの」というのは、以下のいずれかに該当するものを指します。

  • 人差し指から小指について、いわゆる第二関節より根本側で切断したもの。ちょうど第二関節部分で離断したものについても、「手指を失ったもの」に含む。
  • 親指に関しては、第一関節での離断も含めて、それより根本側での切断について「手指を失ったもの」として扱われる。

「指骨の一部を失ったもの」は、指骨のいずれかについて遊離骨片の状態も含め一部が失われていることがX線写真などで確認できるものを指します。

手指の機能障害の後遺障害認定基準

等級認定の基準
4級6号両手の手指の全部の用を廃したもの
7級7号1手の5の手指又は親指を含み4の手指の用を廃したもの
8級4号1手の親指を含み3の手指の用を廃したもの又は親指以外の4の手指の用を廃したもの
9級13号1手の親指を含み2の手指の用を廃したもの又は親指以外の3の手指の用を廃したもの
10級7号1手の親指又は親指以外の2の手指の用を廃したもの
12級10号1手の人差し指、中指又は薬指の用を廃したもの
13級6号1手の小指の用を廃したもの
14級7号1手の親指以外の手指の遠位指節間関節を屈伸することができなくなったもの
手指の機能障害の後遺障害認定基準

「手指の用を廃したもの」というのは、具体的には以下のいずれかに該当するものを指します。

  • 手指の末節骨(第一関節より先の、一番指先にある骨)の長さの1/2以上を失ったもの
  • 人差し指から小指について、指の根元の関節または第二関節の可動域が、健康な方の指のそれと比較して1/2以下に制限されているもの
  • 親指について、第一関節の可動域が健康な方の指のそれと比較して1/2以下に制限されているもの
  • 親指について、根元の関節の橈側外転(ピストルのジェスチャーのように親指を開く動き)または掌側外転(掌を横から見たとき、親指から人差し指までが90度になるように開く動き)について、その可動域が健康な方の指と比較して1/2以下に制限されているもの
  • 手指の第一関節より先の指先について、その指腹部および側部の深部感覚および表在感覚が完全に脱失したもの。ただし、感覚神経が断裂したと判断され得る外傷を負い、かつ筋電計を用いた感覚神経伝導速度検査を行い感覚神経活動電位が検出されない場合に限る

「遠位指節間関節を屈伸することができなくなったもの」は、具体的には以下に該当するものを指します。

  • 指の第一関節が強直(完全に固まって動かないか、これに近い状態)したもの
  • 屈伸筋の損傷など原因が明らかなかものであって、自動で屈伸ができないもの、またはこれに近い状態にあるもの

後遺障害等級ごとの慰謝料相場とは?

手指の欠損障害、機能障害について後遺障害等級に認定されたときには、後遺障害慰謝料や逸失利益といった賠償金が獲得できます。

後遺障害慰謝料の等級ごとの慰謝料相場は下記の通りです。

等級 相場(万円)
1級・要介護2,800
2級・要介護2,370
1級2,800
2級2,370
3級1,990
4級1,670
5級1,400
6級1,180
7級1,000
8級830
9級690
10級550
11級420
12級290
13級180
14級110
後遺障害慰謝料の相場(弁護士基準)

手指の障害は仕事を辞めざるを得なくなったり配置転換が行われたり、仕事への影響が生じ得ます。
このように後遺障害によって減額されてしまった給料への賠償が逸失利益であり、

一般に手指の障害は上肢に他の障害を負っている場合も多いため、適切な賠償金の算定のためには事故によって負ったケガを総合的に検討する必要があります。
後遺障害に認定されるのかどうか、仮に認定されるとしてどのような検査をしておくべきかなどを受傷した部位ごとに適切に判断していく必要があります。
この点、交通事故賠償の実務に精通した弁護士にも一度相談するべきといえるでしょう。

手指の後遺障害についてお悩みの方はなるべく早く弁護士にご相談ください。

代表弁護士岡野武志

監修者


アトム法律事務所

代表弁護士岡野武志

詳しくはこちら

高校卒業後、日米でのフリーター生活を経て、旧司法試験(旧61期)に合格し、アトム法律事務所を創業。弁護士法人を全国展開、法人グループとしてIT企業を創業・経営を行う。
現在は「刑事事件」「交通事故」「事故慰謝料」「ネット削除依頼」などの弁護活動を行う傍ら、社会派YouTuberとしてニュースやトピックを弁護士視点で配信している。

保有資格

士業:弁護士(第二東京弁護士会所属:登録番号37890)、税理士

学位:Master of Law(LL.M. Programs)修了

英語:TOEIC925点

あわせて読みたい記事

全ての記事を見る