交通事故による足指の障害について解説|欠損障害、機能障害の後遺障害認定基準とは?

更新日:

交通事故による足指の障害|欠損障害・機能障害

新たに改正民法が施行されました。交通事故の損害賠償請求権に関するルールに変更があります。

交通事故の被害に遭った際、足指を欠損してしまったり、足指の関節が動かなくなったりなど重大なケガを負ってしまうことがあります。

こうしたケガによる後遺症は、一定の要件を満たした場合に後遺障害として認定され特別な賠償の対象となります。

この記事では足指の欠損障害、機能障害について具体的な症状別に等級の認定基準を解説していきます。

足指の欠損障害の後遺障害等級認定基準

等級認定の基準
5級8号両足の足指の全部を失ったもの
4級7号両足をリスフラン関節以上で失ったもの
7級8号1足をリスフラン関節以上で失ったもの
8級10号1足の足指の全部を失ったもの
9級14号1足の第1の足指を含み2以上の足指を失ったもの
10級9号1足の第1の足指又は他の4の足指を失ったもの
12級11号1足の第2の足指を失ったもの、第2の足指を含み2の足指を失ったもの又は第3の足指以下の第3の足指を失ったもの
13級9号1足の第3の足指以下の1又は2の足指を失ったもの
足指の欠損障害の後遺障害認定基準

等級表の認定における「足指を失ったもの」というのは、中足指関節から失ったものを指します。中足指関節というのはいわゆる指の付け根の関節です。

また等級表の上では、親指から小指にかけてを順番に第1の足指、第2の足指、第3の足指と呼称しています。

根本から欠損してしまった足の指の本数や部位によってそれぞれ等級が決められているわけです。

「リスフラン関節で失ったもの」というのは、具体的には以下のいずれかに該当するものを指します。

  • 足根骨(踵骨、距骨、舟状骨、立方骨、3個の楔状骨)において切断したもの
  • リスフラン関節において中足骨と足根骨とを離断したもの

リスフラン関節というのは土踏まずのところにある関節です。
自分の意思で動かせる場所ではないのでここに関節があることには気づきにくいですが、例えば足を地面に付けた際などにこの関節がわずかに可動して着地の衝撃を和らげたりしています。

このリスフラン関節から足首未満のいずれかの部分において足を切断・離断した場合には、「リスフラン関節で失ったもの」として認定されます。

指の途中で切断したものについては、「足指の機能障害」として評価されるので、下記『足指の機能障害の後遺障害等級認定基準』の章をご覧ください。

なお、足首以上の部分の欠損についてもお悩みの方は『足の欠損障害の後遺障害を解説|等級ごとの認定基準とは?』の記事もご覧ください。

足指の機能障害の後遺障害認定基準

等級認定の基準
7級11号両足の足指の全部の用を廃したもの
9級15号1足の足指の全部の用を廃したもの
11級9号1足の第1の足指を含み2以上の足指の用を廃したもの
12級12号1足の第1の足指又は他の4の足指の用を廃したもの
13級10号1足の第2の足指の用を廃したもの、第2の足指を含み2の足指の用を廃したもの又は第3の足指以下の3の足指の用を廃したもの
14級8号1足の第3の足指以下の1又は2の足指の用を廃したもの
足指の機能障害の後遺障害認定基準

「足指の用を廃したもの」というのは、具体的には以下のいずれかに該当するものを指します。

  • 第1の足指の末節骨の長さの1/2以上を失ったもの
  • 第1の足指以外の足指を中節骨で切断したもの
  • 第1の足指以外の足指を基節骨で切断したもの
  • 第1の足指以外の足指を遠位指節間関節(いわゆる第1関節)で離断したもの
  • 第1の足指以外の足指を近位指節間関節(いわゆる第2関節)で離断したもの
  • 第1の足指について、指節間関節の可動域が健康な方と比較して1/2以下に制限されるもの
  • 第1の足指以外の足指の中足指節間関節(指の根元の関節)または近位指節間関節の可動域が健康な方と比較して1/2以下に制限されるもの

つまり足指において欠損障害として認められないレベルの欠損や関節の可動域の制限について、該当する指の部位や本数に応じて等級が認定されているわけです。

なお足指ではなく股関節、膝関節、足首などの関節の可動域制限、機能障害について知りたい方は『下肢(股関節、膝、足首)の可動域制限の後遺障害を解説|等級の認定基準や慰謝料相場』の記事をご覧ください。

後遺障害等級ごとの慰謝料相場とは?

足指の障害について後遺障害等級に認定されると後遺障害慰謝料や逸失利益といった特別な賠償金を獲得することができます。

後遺障害慰謝料は後遺障害が残ったということに対する精神的な苦痛への賠償金であり、等級ごとに相場が定められています。

等級 相場(万円)
1級・要介護2,800
2級・要介護2,370
1級2,800
2級2,370
3級1,990
4級1,670
5級1,400
6級1,180
7級1,000
8級830
9級690
10級550
11級420
12級290
13級180
14級110
後遺障害慰謝料の相場(弁護士基準)

また逸失利益は後遺障害が残ったことによって将来にわたって減額されてしまった給料等への賠償金です。
足指の欠損や機能障害によって歩行に影響が及ぶなどすれば、今の仕事を辞めざるを得なくなったり配置転換が行われたりして、労働条件が不利になります。
後遺障害等級に認定されればそういった損失も賠償の対象となるのです。

足指の欠損障害・機能障害は部位が小さいこともあり後遺障害等級の認定について争いになりやすいと言えます。
後遺障害等級の審査を見越して、後遺症の程度、治療の経過などを適切に行っていく必要があります。

弁護士に相談すれば、足指のケガにおける交通事故賠償の実務面についての適切なアドバイスが受けられます。足指の後遺症が残ってしまったり残ることが見込まれている人は、まずはなるべく早く弁護士に相談したほうが良いと言えます。

あわせて読みたい記事
足の欠損障害、変形障害(癒合不全・偽関節)、短縮障害の後遺障害を解説|等級ごとの認定基準とは?
足の欠損障害、変形障害(癒合不全・偽関節)、短縮障害の後遺障害を解説|等級ごとの認定基準とは?
腕の欠損障害、変形障害(偽関節・癒合不全)について解説|後遺障害の認定基準、慰謝料相場とは?
腕の欠損障害、変形障害(偽関節・癒合不全)について解説|後遺障害の認定基準、慰謝料相場とは?
交通事故による手指の障害について解説|欠損障害、機能障害の後遺障害認定基準とは?
交通事故による手指の障害について解説|欠損障害、機能障害の後遺障害認定基準とは?
交通事故における目の後遺障害について解説|等級の認定基準、慰謝料相場とは?
交通事故における目の後遺障害について解説|等級の認定基準、慰謝料相場とは?
交通事故における顔の傷(外貌醜状)を解説|後遺障害等級の基準とは?
交通事故における顔の傷(外貌醜状)を解説|後遺障害等級の基準とは?
後遺障害等級の一覧表|症状別の等級と認定基準をわかりやすく解説
後遺障害等級の一覧表|症状別の等級と認定基準をわかりやすく解説
上肢(肩・肘・手首)の後遺障害を解説|可動域制限、機能障害の認定基準とは?
上肢(肩・肘・手首)の後遺障害を解説|可動域制限、機能障害の認定基準とは?
後遺障害14級の主な症状と等級認定のポイント|慰謝料の相場を解説
後遺障害14級の主な症状と等級認定のポイント|慰謝料の相場を解説
全ての記事を見る

突然生じる事故や事件に、
地元の弁護士が即座に対応することで
ご相談者と社会に安心と希望を提供したい。