交通事故・刑事事件に加えて借金問題・労働問題の対応を本格化しています。

交通事故は弁護士に依頼|納得の解決を実現する3つのメリット

更新日:

2020年4月1日改正民法が施行されました。交通事故の損害賠償請求権に関するルールに変更があります。

「交通事故について、弁護士に依頼したほうがいいのかな…」
交通事故の解決に向けて、弁護士依頼をご検討中のことと思います。
ひょっとして、次のようなお悩みをお持ちではありませんか?

  • 保険会社提示の金額が正しいか分からない
  • スピード解決を目指したい
  • とにかく慰謝料で損をしたくない
  • 保険会社提示の金額に不満がある
  • 後遺障害等級認定を受けたいがよくわからない
  • 示談交渉がスムーズにいかずに困っている

どれかひとつでも当てはまるなら、あなたの弁護士必要度はとても高い可能性があります。弁護士がお力になれることがきっとありますので、この記事を読んで弁護士への依頼をご検討ください。

この記事では、交通事故の解決を弁護士に依頼した場合のメリットをまとめています。
また、デメリットとして考えられがちな弁護士費用についてもしっかりご説明します。弁護士に依頼したからと言って、必ずしも高額になるわけではありません。実は、弁護士費用が実質無料になる可能性があるのですが、意外と知られていません。

弁護士依頼のメリット・デメリットをおさえたうえで、あなただけの相談相手=弁護士を見つけていきましょう。交通事故の被害者と弁護士による二人三脚で、交通事故の問題を解決する一歩を踏み出し、より良い未来を目指しましょう。

弁護士依頼の3つのメリット

交通事故の弁護士に依頼する3つのメリットは、次の通りです。

メリット①慰謝料で損をしない
メリット②もう相手方と連絡を取らなくていい
メリット③共通の目標を目指す味方となる

金銭面でのサポートはもちろん、精神面でもご負担を軽くすることにつながります。
3つのメリットを順番にみていきましょう。

メリット①慰謝料で損をしない

慰謝料の金額は、誰が金額を算定するかで変わります。
次の3つの基準をおさえておきましょう。

  1. 自賠責保険の基準
  2. 任意保険の基準
  3. 弁護士基準

慰謝料とは、交通事故で負った精神的苦痛に対して支払われます。そして、慰謝料の相場は、(3)弁護士基準で算定すると最も高くなります。
しかし、相手方の保険会社は、(1)自賠責保険の基準または(2)任意保険の基準に基づいた慰謝料を提案してきます。その金額は、(3)弁護士基準で算定した時の適正相場と比べると、はるかに低いものになっています。

3基準の概要を説明します。

(1)自賠責保険の基準

自賠責保険とは、自動車の運転者に加入が義務付けられている保険です。そのため「強制保険」とも呼ばれます。
保険の目的は、自動車事故の被害者救済となっています。しかし、その補償額には上限があり、金額も十分とは言えません。
自賠責保険の補償内容は、 自動車損害賠償保障法で定められています。相手が加入している保険会社による補償内容の差はありません。
自動車損害賠償保障法の全文は以下からご確認いただけます。

(2)任意保険の基準

任意保険とは、自動車の運転手自身の意思で加入している保険です。
保険の目的は、自賠責保険で支払いきれない損害賠償の補てんとなります。そのため「上乗せ保険」と呼ばれることもあります。補償内容は各保険会社で異なりますが、自賠責保険の基準と同じか、やや上回る程度の補償となります。

任意保険に加入していない場合、自賠責保険の補償で不足した分は、加害者本人に対して損害賠償請求しなくてはいけません。 任意保険の加入率は100%ではありませんので、交通事故が起こったら、まず任意保険会社加入の有無を確認してください。

(3)弁護士基準

弁護士基準は、裁判でも認められている公正な基準です。
一般にも広く公開されていますが、相手方の保険会社は、弁護士基準を用いて計算しません。
保険会社は営利企業です。収益を上げるためには、収入を増やして支出を減らす必要があります。保険会社にとっての支出には、事故相手への慰謝料も含まれます。慰謝料の金額を低くして支出を抑えることが、企業活動でもあるのです。

そこで有効なのは、弁護士による交渉です。
なぜなら、相手方の保険会社は「弁護士が出てきたということは、裁判も考えているのだろうか」と焦りを抱くからです。そして、このように考えるのです。

「裁判になったらどのみち弁護士基準での慰謝料を支払うことになる」

裁判を起こされた保険会社は、代理人弁護士をたてます。長期化は必至ですし、裁判になると「遅延損害金」という損害賠償も追加される恐れがあります。
このようなことから、保険会社としても裁判はできるだけ避けようとするのです。「分が悪い」と感じた保険会社は、裁判の手前の段階で、弁護士基準を受け入れる可能性が高くなります。

メリット②もう相手方と連絡を取らなくていい

交通事故の発生から通院治療中、そして示談交渉まで相手方の保険会社とのやり取りが絶えることはありません。弁護士に依頼すれば、被害者の代わりに相手方との連絡窓口となります。

  • 心無い言葉をかけられた
  • 「嘘をついているのでは?」と疑われた
  • 専門用語を使われて意味が分からない

加害者側の保険会社の態度が悪いと感じる被害者の方は少なくありません。
交通事故にあい、その痛みや不自由さに加えて、相手方とのやり取りでストレスを感じ、疲弊してしまう…。

  • もっと治療に専念したいのに…
  • 何回も電話がかかってきてわずらわしい…
  • 仕事をしているから電話に出られないのに…

このような辛さをお持ちではありませんか。
被害者から依頼を受けた弁護士は、相手方の保険会社との連絡窓口となります。 被害者の方は、怪我の治療、仕事への復帰、家族との時間を大事にすることで、事故前の暮らしを取り戻す第一歩を踏み出すことができるのです。

メリット③共通の目標を目指す味方となる

被害者一人ひとり、希望のゴールは違います。
具体的な金額のお悩みはもちろん、保険会社とのやり取りに関する困りごともあるでしょう。また、事故直後・治療中・示談前・示談中と、置かれている状況によっても悩みは変わってきます。

  • 慰謝料で損をしたくない
  • 休業損害が認められずに困っている
  • 後遺障害の認定申請で悩んでいる
  • 示談交渉の進め方が分からない
  • 相手方とのやり取りに疲れた

まずは、被害者のお話をしっかりお伺いします。
そしてどんなゴールを目指したいのか、一緒に考えましょう。
弁護士が二人三脚でサポートをします。

ここまで弁護士へ依頼するメリットを確認していただきました。
記事をお読みになっている方の中には、弁護士に相談するべきタイミングについて疑問をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。
交通事故の弁護士相談のタイミングについてくわしく知りたい方は「交通事故の悩みを弁護士に相談するベストなタイミングとは?慰謝料増額事例を紹介」の記事をご覧ください。

なお、もしも裁判を提起して争うことになった場合、弁護士に依頼すれば煩雑な手続きを代わりにやってくれる・口頭弁論の場で論理的な主張をしてくれるといったメリットがあります。
裁判の手続きに弁護士に依頼するメリットが気になる方は「交通事故後、弁護士に依頼するメリット5つを解説」をご参考になさってください。

弁護士依頼のデメリット

弁護士依頼のデメリットは、弁護士費用がかかることです。
弁護士費用は、各法律事務所によって設定されていますので、契約前に必ず確認しておきましょう。
たとえば、「着手金」や「成功報酬」などの費目を耳にしたことはありませんか。弁護士費用には、聞きなれない名前のお金が含まれることが多いです。
「どのお金で、どこまで依頼できるのか」を明確にしておかないと、「費用倒れ」になるケースも有り得ます。

費用倒れのリスク

費用倒れとは、弁護士費用が、相手方からの損害賠償額を上回ってしまうことをさします。
弁護士に依頼して損害賠償金が増額されても、結局は被害者の手元にお金が残らない…。これでは弁護士に依頼をした意味がありません。
そこで、費用倒れを避けるためにも、弁護士費用をかけない方法をお伝えします。その方法とは、「弁護士費用特約」を活用することです。

弁護士費用特約なら300万円分が無料

弁護士費用特約を使うことをおすすめします。
この特約は、被害者自身の自動車保険に付帯されている可能性があります。
保険会社による違いはありますが、およそ300万円までの弁護士費用、10万円までの法律相談料を、保険会社が負担してくれます。 被害者は手持ちのお金を使うことなく、弁護士に依頼することが可能です。

あるいは、被害者自身が保険加入者でなくても、弁護士費用特約を使えるケースがあります。 被害者と次のような関係にある人の加入保険に着目してください。
加入保険に「弁護士費用特約」が付いていれば、被害者も利用可能です。

同居 別居
配偶者使える使える
未婚の子使える 使える
その他の親族使える 使えない

▼表に関する注意
未婚の子には、離婚経験者は含まれません。
その他の親族については、6親等内の血族及び3親等内の姻族が含まれます。

  • まずご自身の自動車保険を確認
  • つぎに配偶者、未婚の子、同居しているその他の親族の保険を確認

この順番で、弁護士費用特約の有無を確認してください。
弁護士費用特約を使っても、保険等級には影響しません。つまり、保険料が上がることもありませんので、弁護士費用特約が使わないと損することになります。

そして弁護士を契約する前に、弁護士費用の金額と、相手に請求できそうな金額の見通しをたずねておきましょう。 契約前に 費用倒れにならないどうかをきちんと話してくれる弁護士を見つけるべきです。

弁護士との対面相談

弁護士選びで後悔しないための4つの着眼点

日本弁護士連合会(日弁連)の発表によると、2019年時点で弁護士は41,118人います。また、2010年の弁護士人数は28,789人です。ここ10年で、弁護士の人数は約13,000人増えています。

「弁護士といってもたくさんいるから、どうやって決めればいいか分からない…」

こういったお悩みを持つのは、当然のことです。
つづいて、交通事故の被害者が弁護士選びで後悔しないためのポイントをお話します。

①交通事故の解決実績はある?

交通事故を取り扱い、解決してきた実績に注目してください。

  • 後遺障害等級認定のサポートをしてほしい
  • 休業損害が認められずに困っている
  • 逸失利益で争いがある
  • 重い後遺障害が残ってしまったのに慰謝料が低い気がする

あなたの相談ごとが解決できそうかも確かめておきましょう。
交通事故案件に適切に対応するには、法律の知識だけでなく、高度な医学的知識も必要です。たとえば、重い障害が残った場合には、介護費用の請求も必要になります。重い後遺障害が残ってしまった場合には、解決実績の多さだけではなく、重傷事案の取り扱いも確認しておきましょう。

実績は、法律事務所のHPで確認できることが多いです。
アトム法律事務所の解決実績ページも、ぜひチェックしてみてください。
この記事の後半では、慰謝料の増額事例を具体的にご紹介しています。

②弁護士費用はわかりやすい?

どんなお金がかかるのかは、契約前にはっきりさせておくべきです。
「着手金」や「成功報酬」という表記を見たことはありませんか?
何を依頼したら「着手金」なのか、「成功」とは何を指すのか…。
不明なことは、とことん弁護士に確認してから契約してください。

アトム法律事務所は、基本的に着手金は頂きません。
成功報酬も、相手方の保険会社から受けとる金額を前提とします。弁護士費用特約があれば、被害者の方のお財布から出ていくお金は原則ゼロになります。
アトム法律事務所の弁護士費用については、もっとくわしくご案内しておりますので、このままお読みください。

③契約前の見極めは十分できる?

弁護士と依頼者は信頼関係で成り立っています。 人と人のおつきあいになりますので、話をしてみたり、メールをしてみたり、実際に対面してみることが大切です。

  • 問い合わせ窓口が多数あること
  • 相談の受付時間が長いこと
  • 全国に複数の支部があること

このような特徴の法律事務所を探すと便利です。

  • 話を聞いてもらいたいと思った時
  • 仕事の合間で手が空いた時
  • まとまった時間が取れる休日

被害者の「相談したい時」に連絡ができる点も、弁護士選びでは重要です。
アトム法律事務所は、24時間・365日つながる相談窓口を設けています。

④「任せてもいいかな」と思える?

弁護士は、交通事故の詳しいお話をお伺いすることになります。交通事故被害者の方にとっては非常につらい体験をお話しいただくことになりますし、ご家族の構成など、プライベートなことも聞かせていただくことになるでしょう。そういった相手としてふさわしいか、「任せてみようかな」と思えるかは大事なことです。
弁護士を選ぶ時には、利用者の声や口コミにも着目してください。実際のリアルな声を踏まえておけば、契約する前に、気になる部分を確認できます。

ここからは、アトム法律事務所のご案内となります。
「アトム法律事務所の弁護士に話してみてもいいかな…」
このように感じて頂けましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

アトム法律事務所の実績・費用・利用者の声

アトム法律事務所は、交通事故の被害者の方の納得のいく解決を目指しています。アトム法律事務所の4つの強みをご説明します。

①交通事故の解決実績が多数

アトム法律事務所は、交通事故被害者の方からのあらゆるニーズにお応えしてまいりました。
これまでの実績の一部をご紹介します。


3週間で1,185万円を獲得

弁護士依頼前の示談金:257万円
→弁護士依頼で1,185万円を獲得しました。
最初の提示額から4.6倍に増額されたのです。

被害者は29歳の会社員の方でした。 左足首の骨折後、左足首の可動域制限で後遺障害等級12級7号の認定を受けました。 アトム法律事務所には、まずメール相談をいただきました。 保険会社から慰謝料43万円、後遺障害の損害224万円などから既払い金を差し引き257万円の示談金提示を受けておられました。

「金額はそもそも妥当なのか?」

最初に抱いた疑問は、保険会社からの金額をどのように判断すればいいのかということだったのです。
弁護士はご相談を受けて、増額の見込みをご説明しました。 事務所にご来所いただき、正式に契約となり、依頼から3週間の示談交渉にて1,185万円まで増額を実現したのです。
弁護士費用を差し引いても、被害者の手元には1,000万円以上が残ることになり、被害者の方にはご満足いただける結果を迎えることができました。


依頼から2ヶ月で2.4倍の示談金を獲得

弁護士依頼前の示談金:150万円
→弁護士依頼で364万円を獲得しました。
最初の提示額から2.4倍に示談金が増額されたのです。

被害者は41歳の主婦の方でした。 足の小指を一部欠損してしまい、後遺障害等級14級8号の認定を受けました。

「保険会社からの金額に納得がいかない」

アトム法律事務所のLINE無料相談をご利用いただいたことがきっかけでした。まず、弁護士はお困りごとをじっくり伺いました。 そのお話を踏まえて、示談金の大幅増額が見込まれることをお伝えしました。事務所にお越しいただき正式な契約となってから、弁護士は示談交渉をスタートしたのです。

保険会社は、足の指が一部欠損したことについて適正な金額提示をおこなっていませんでした。 弁護士はその点を徹底交渉し、2ヶ月間の弁護活動にて、364万4,284円を獲得しました。
弁護士費用を差し引いても、被害者の手元には300万円以上が残りました。が残りました。 被害者の方も、ご納得の結果を迎えることができたのです。


パート主婦の示談金2100万円獲得

弁護士依頼前の示談金:351万円
→弁護士依頼で2,100万円を獲得しました。
最初の提示額から6倍に示談金が増額されたのです。

被害者は46歳の主婦の方でした。 右大腿骨頸部骨折により、右股関節に機能障害が残っている状態でした。 後遺障害等級10級の認定を受けておられました。

「 示談金ってどれくらいになるんだろう?」

この疑問をきっかけに、アトム法律事務所とのご縁は、LINE無料相談サービスでご連絡をいただきました。弁護士は無料出張相談にてご依頼者様のもとに伺い、大幅増額が見込めることをお伝えしました。

そうして保険会社との示談交渉をスタートさせたところ、ご依頼から2ヶ月ほどで保険会社提示額の6倍の示談金、2,100万円までの増額を実現しました。
主婦の方の年収や休業日数について、法的な根拠・過去の裁判例をもとに、保険会社からの提案内容に対して徹底交渉をおこないました。
主婦の年収・休業などは見えにくい部分で、相手方の保険会社の提案も低額なものにとどまっていたのです。


200万円以上の手取りを獲得&後遺障害認定サポート

弁護士依頼前の示談金:96万円
→弁護士依頼で288万円を獲得しました。
最初の提示額から約3倍に示談金が増額されたのです。

被害者は50歳の会社員の方でした。交通事故により足の小指を骨折し、神経症状が残った状態でした。

「後遺障害認定はどうなる?」「示談金はちゃんともらえる?」

後遺障害の認定がきちんと受けられるのか、訂正な示談金を得られるかといったご不安から、アトム法律事務所にお見えになりました。
弁護士がお話をじっくりお伺いしたところ、後遺障害診断書の作成の真っ最中でした。弁護士はその内容を確認し、必要に応じて医師に訂正・加筆を依頼させていただきました。より充実した内容の後遺障害診断書が作成され、後遺障害14級の認定を受けることが出来ました。そして、弁護士基準での示談交渉により、弁護士費用などを差し引いても200万円以上の示談金を受けとることにつながりました。

②保険会社の思考もお見通しです

アトム法律事務所の弁護士の中には、交渉相手である保険会社の弁護士として活動していた者も在籍しています。

  • 保険会社の目的
  • 保険会社の考え方

保険会社 の思考は、手に取るように分かります。

また、弁護士同士のネットワークの強さも特徴です。
支部内外問わず、「アトム法律事務所の交通事故弁護団」として、ノウハウをしっかり共有しています。

ノウハウの共有

全国にあるアトム法律事務所

アトム法律事務所は、全国主要都市に支部があります。
いずれの支部も主要駅からアクセスが良く、ご来所相談を希望される方も安心して利用いただけます。

また、出張相談にも対応しやすい体制づくりにも力を入れています。重篤な怪我で外出が難しい方は、一度ご相談下さい。

③相談料ゼロ・着手金ゼロ、つまり初期費用ゼロ

アトム法律事務所は、 初期費用ゼロで弁護士に依頼ができます。
詳細な料金体系は、弁護士費用特約の有無で異なります。

弁護士費用特約がない場合

アトム法律事務所は、 電話、LINE、メールでの相談料が無料0円です。

お問い合わせを多数いただいております。
電話相談につきましては、事故後に入院をされた方に限っております。

来所相談料金、着手金、成功報酬については次の通りです。
なお、ご契約にあたって来所相談は必須ではございません。

内容費用
来所相談 (対面相談) 無料0円(初回30分)
着手金 無料0円
成功報酬制 相手方からの回収額のうち10%+20万円
相手提示額からの増額分の20%+20万円

成功報酬については、いずれかの方法にて算定させていただいております。くわしくは弁護士におたずねください。
いずれにせよ、相手方とのやり取りが終わって示談が完了してから、弁護士費用をお支払いいただくことになります。
ご依頼時に、被害者の手元からお金が出ていくことがありません。

弁護士費用特約がある場合

弁護士費用特約がある場合は、費用体系が異なります。
しかし被害者の方が費用を気にする必要はありません。なぜなら、相談料・弁護士費用ともに、ご加入の保険会社に請求するからです。
つまり、ご依頼時に、被害者の手元からお金が出ていくことがありません。
弁護士費用特約の条件を確認しながら、実際にどういった料金体系になるのかをお話させていただきますので、ご安心ください。

料金・費用体系をきちんと説明して、ご依頼者様にご納得をいただいてから進めます。

④ アトム法律事務所は顧客満足度90%

アトムが選ばれる理由2
いいね!の数4573人・SNSレビュー4.2点

アトム法律事務所は、顧客満足度90%のうれしいお声を多数頂戴しております。また、インターネット上でも5点満点中4.5点以上という高評価をいただきました。

アトム法律事務所に依頼してみた人の声

具体的に、アトム法律事務所に寄せられた口コミ・お客様の声の一部をご紹介します。どのような点をご評価いただいているのか、確認してみてください。


ご依頼者の声①

  • スピード対応
  • 状況報告が丁寧
  • 専門性の高い情報をわかりやすく提供
  • 保険会社提示額からの増額

スピーディーに対応していただきとても満足しています。随時ご報告を丁寧にいただけた点も安心できました。初めにLINEでの相談に対するお返事がとても分かりやすくまたやり取りもスムーズだったので安心してお願いしようと思っておりましたが保険会社の提示された金額より大幅に増額していただき感謝しております。事故のけがは治らないのでこのような形でも結果を出していただき本当にありがとうございました。


ご依頼者の声②

  • 期待を超えるスピード感
  • 説明が分かりやすくて安心
  • 保険会社提示額からの増額

こんなに早く解決=示談になるとは夢にも思っていませんでした。保険会社からの最終金額が妥当かどうかの確認をしたかだっただけなんですが、わかりやすく説明して下さったので、安心してまかせることが出来ました。短期間で、金額を増やして下さったこと、とても感謝しております。


ご依頼者の声③

交通事故の被害とは大きな怪我を負うだけでなく示談における交渉に精神的な負担が大きいという二重の苦しみがあることを思い知らされました。そのような状態で私の力不足を補って下さることで精神的負担が大きく軽減され、無事に示談を迎えることができました。

  • 精神的な負担の大幅な軽減
  • 被害者を精神的に支える

無料相談予約を24時間・365日受け付けています

「弁護士に相談するのはちょっと緊張する…」
おそらく、多くの方がこのように感じていらっしゃるでしょう。
だからこそ、「相談したい」と思った時には、いつでもつながる窓口を設けています。

3つの相談予約の窓口は、24時間・365日・年中無休でご利用いただけます。

保険会社の提示額は適正な金額より
はるかに低い可能性があります!

示談金2097件増額実績 無料相談21121件相談実績
2020年5月31日時点の累計

保険会社の提示額は適正な金額より
はるかに低い可能性があります!

相談料0円

着手金0円

完全成功報酬

まずは専任オペレーターがお話をお伺いします。
特別な準備物も不要ですので、お気軽にお問い合わせください。
もっとも、弁護士の相談枠には限りがございます。
土日祝はサービスが集中しやすいため、できるだけお早めにお声がけください。

「こんなこと、弁護士に相談していいのかな…」

どんな些細なことでも構いません。
ご連絡いただいても、すぐに契約を迫ったりすることも一切ありません。
「あのとき聞いておけばよかった」と後悔をしないように、まずは連絡してみることから始めてみませんか。

代表弁護士岡野武志

監修者


アトム法律事務所

代表弁護士岡野武志

詳しくはこちら

第二東京弁護士会所属。アトム法律事務所は、誰もが突然巻き込まれる可能性がある『交通事故』と『刑事事件』に即座に対応することを使命とする弁護士事務所です。国内主要都市に支部を構える全国体制の弁護士法人、年中無休24時間体制での運営、電話・LINEに対応した無料相談窓口の広さで、迅速な対応を可能としています。

あわせて読みたい記事

全ての記事を見る