交通事故・刑事事件に加えて借金問題・労働問題の対応を本格化しています。

交通事故の無料電話相談を24時間受け付けている窓口を紹介

更新日:

交通事故の相談窓口

新たに改正民法が施行されました。交通事故の損害賠償請求権に関するルールに変更があります。

交通事故の無料相談は、弁護士事務所・交通事故紛争処理センターなどのADR機関などで行うことが可能です。

弁護士事務所であれば、中には24時間相談を受け付けている事務所もあるため、「日中では電話しづらいので夜から深夜にかけて電話したい」という方でも対応できる場合もあります。

これから交通事故の無料電話相談先を解説していくので、相談先をどこにするのかお悩みの方はぜひご参考になさってください。

法律相談

ご希望される方は

こちら

法律相談

ご希望される方は

こちら

交通事故のご相談はアトム法律事務所お任せください

24時間全国対応!
今すぐアトムに無料相談
お気軽にお電話ください

交通事故の無料電話相談を24時間受け付けている弁護士事務所

弁護士事務所の「無料電話相談を24時間受付」の意味

交通事故の無料電話相談受付に24時間対応している事務所はいくつかありますが、電話相談が24時間常に可能なわけではなく、「電話相談の受付」が24時間対応であることが多いです。

「電話相談の受付=電話相談」ではない

主に、弁護士事務所の事務スタッフが被害者の事故状況を電話でヒアリングした後、実際に弁護士と電話相談する日時の予約を取り付けること。

日付や時間帯によっては初回の電話で弁護士と相談できる可能性もありますが、深夜帯や早朝では相談予約の受付のみに留まるケースも多いためご注意ください。

アトム法律事務所は無料電話相談の受付に24時間対応

アトム法律事務所は、交通事故の無料電話相談を24時間受け付けている事務所です。

お電話いただいた時間帯で相談可能な弁護士がいない場合は、別日の相談予約をお取りする形となっています。

ただ、中には以下のような要望もあるかと思います。

  • 電話ではなく文章のほうが要点を整理できて伝えやすい
  • 電話だと何を言ったか覚えきれないので、別の相談方法が良い
  • 他の事務所宛てに送ったメール相談の文面をそのまま使いたい

上記のような要望をお持ちの場合、LINE・メール相談の利用がおすすめです。

アトム法律事務所は電話だけではなく、LINE・メールでの相談にも対応しています。
LINE・メールでご相談いただければ、確認後、弁護士が返答いたしますので、電話以外の相談方法をご希望の方はぜひご活用ください。

法律相談

ご希望される方は

こちら

法律相談

ご希望される方は

こちら

交通事故のご相談はアトム法律事務所お任せください

24時間全国対応!
今すぐアトムに無料相談
お気軽にお電話ください

「弁護士費用がいくらかかるのか心配」という方は、弁護士費用について解説した記事をごらんください。弁護士費用の相場や、弁護士費用が実質無料となる方法がわかります。

もっと見る

交通事故の弁護士費用相場はいくら?弁護士費用特約を使って負担軽減

事故直後は弁護士より先に警察に連絡・相談

交通事故に遭った場合、弁護士に相談するよりも先に、まずは警察に連絡をしましょう。

通常は事故の加害者側が警察に通報しますが、加害者が重傷を負っていて連絡できない、なぜかなかなか連絡してくれないといった状況の場合は、被害者自身が警察に通報しても問題ありません。

道路交通法第七十二条に定められている通り、交通事故直後は警察に通報する義務があるため、必ず警察を呼ぶようにしましょう。

もしも警察を呼ばなかった場合、3ヶ月以下の懲役または5万円以下の罰金が科されます。

また、事故後の対応の流れがよくわからない場合には、警察から今後の流れについて説明してもらうことが可能です。

被害者自身の任意保険会社には、使える特約を相談

被害者自身が任意保険に加入しているなら、警察に通報した後に自分の任意保険会社に連絡を入れましょう。

任意保険会社の担当者に今後何をすればいいのか、自身が加入している任意保険のうちどのような特約を利用できるのかといったことが確認することができます。

加入している任意保険に弁護士費用特約、人身傷害補償特約、無保険車傷害特約が付いている場合、利用することで事故後のさまざまな金銭的負担・損失をカバーできる可能性が高いです。

中でも、弁護士費用特約は重要です。細かい規約は保険によって異なりますが、一般的には弁護士費用として300万円、法律相談料として10万円まで補償を受けられます。

実質無料で弁護士に相談・依頼できるチャンスなので、弁護士費用特約の有無は必ず確認しましょう。

任意保険の特約の一例

特約内容
弁護士費用特約法律相談料10万円・弁護士費用300万円を負担してくれる
人身傷害補償特約被害者の過失にかかわらず補償を受けられる
無保険車傷害特約被害者が死亡または後遺障害を負ったもの、加害者車両が不明、無保険の場合などのときにも補償を受けられる

なお、任意保険に含まれる特約には、補償内容が一部重複していたり、違いがわかりにくかったりするものもあります。
人身傷害補償特約の補償内容と必要性』では、人身傷害補償特約の補償内容を中心に、似ている特約との違いも解説しているので、参考にしてみてください。

任意保険会社から示談代行を申し出られたら

任意保険には、「示談代行サービス」が付いています。
これは、交通事故の示談交渉を任意保険会社の担当者に代理してもらえるサービスです。

交通事故被害者の場合、被害者側にも過失があるケースなら示談代行サービスが使えます。
しかし、たとえ示談代行サービスを使える状況であっても、一度、弁護士を立てるか示談公サービスを利用するか、しっかり検討することをおすすめします。

どちらにもそれぞれメリット・デメリットがあるからです。

示談代行サービスを利用する

  • メリット
    • 保険会社の担当者が示談を代行してくれるので、弁護士選びの手間がかからない
    • 弁護士費用がかからない
  • デメリット
    • 弁護士を立てた場合より、獲得示談金が低くなる傾向にある

弁護士を立てる

  • メリット
    • 示談代行サービスを使うより、獲得示談金が高くなる傾向にある
    • 示談交渉のみならず、依頼時~示談金獲得に至るまで包括的なサポートを受けられる
  • デメリット
    • 弁護士費用が掛かる
      ※相談料・着手金無料の法律事務所を選んだり、弁護士費用特約を利用したりすれば、費用負担は軽減できる

示談代行サービスが使えるから、弁護士は費用がかかるからといった理由で、安易に弁護士への依頼を断念するのはおすすめしません。
たとえ弁護士費用がかかったとしても、弁護士を立てた方が最終的なメリットが大きいこともあります。

具体的にどのようなサポートやメリットが見込めるのかは、弁護士相談でも確認できます。
アトム法律事務所では無料電話相談・無料LINE相談が可能なので、ぜひご利用ください。

法律相談

ご希望される方は

こちら

法律相談

ご希望される方は

こちら

交通事故のご相談はアトム法律事務所お任せください

24時間全国対応!
今すぐアトムに無料相談
お気軽にお電話ください

交通事故の無料相談に対応している窓口一覧

交通事故の無料相談に対応している機関はいくつか存在します。

電話相談に対応しているとは限りませんが、以下に無料で相談できる窓口の一例を挙げますので、ぜひご利用をご検討ください。

現在、新型コロナウィウルス感染拡大防止の観点から、一部業務を中止している窓口もございます。
ご相談前に各窓口の公式サイトを確認し、現在取り扱っている業務を確認することを推奨いたします

交通事故の相談窓口の一例

相談窓口相談できる内容
交通事故紛争処理センター法律相談
日弁連交通事故相談センター法律相談
法テラス法律相談
免許停止処分などの行政処分
適切な相談窓口の提案
など
NASVA交通事故被害者ホットライン適切な相談窓口の提案
各都道府県の交通事故相談所法律相談
そんぽADRセンター損害保険会社間とのトラブル

各相談窓口の詳細や利用方法は、一部関連記事でもご紹介しております。

交通事故のお困りごとについて、弁護士に電話・LINE・メール相談することをご希望の場合は、アトム法律事務所までご相談ください。

事案によっては一度も来所せずに示談締結へ至るケースもあるので、手間をあまりかけずに示談金を増額したい、納得のいく形で示談をしたいという方はぜひご連絡ください。

なお、交通事故で弁護士に相談・依頼するメリットについては、『交通事故を弁護士に依頼するメリット8つ』で詳しく解説しています。

法律相談

ご希望される方は

こちら

法律相談

ご希望される方は

こちら

交通事故のご相談はアトム法律事務所お任せください

24時間全国対応!
今すぐアトムに無料相談
お気軽にお電話ください

代表弁護士岡野武志

監修者


アトム法律事務所

代表弁護士岡野武志

詳しくはこちら

高校卒業後、日米でのフリーター生活を経て、旧司法試験(旧61期)に合格し、アトム法律事務所を創業。弁護士法人を全国展開、法人グループとしてIT企業を創業・経営を行う。現在は「刑事事件」「交通事故」などの弁護活動を行う傍ら、社会派YouTuberとしてニュースやトピックを弁護士視点で配信している。

保有資格

士業:弁護士(第二東京弁護士会所属:登録番号37890)、税理士

学位:Master of Law(LL.M. Programs)修了

英語:TOEIC925点

あわせて読みたい記事

全ての記事を見る