交通事故・刑事事件に加えて借金問題・労働問題の対応を本格化しています。

バイクのすり抜け事故|過失割合や違反になるケースは?逃げた場合の対処法も

更新日:

バイクのすり抜け事故|過失割合や違反ケース

新たに改正民法が施行されました。交通事故の損害賠償請求権に関するルールに変更があります。

自動車を運転していると、赤信号や渋滞時にバイクや原付が横をすり抜けていくことがよくあります。バイクのすり抜け行為に対して怖い思いや腹立たしい思いをしたことのある人は多いですが、実はすり抜け行為はすべてが違反になるとは限りません。

また、バイクのすり抜け行為によって事故が起こった場合、車側の方が過失が大きいとされてしまうケースもあるのです。

この記事では、バイクのすり抜けが違反となるケースやすり抜け事故の過失割合について解説しています。自分の車にぶつかったバイクが逃げた場合の対処法も解説しているので、チェックしてみましょう。

法律相談

ご希望される方は

こちら

法律相談

ご希望される方は

こちら

バイクのすり抜け|違反になるパターンを解説

安全運転とは言い難いバイクのすり抜け行為ですが、実は道路交通法違反となるものとならないものがあります。道路交通法違反となるケースについて、わかりやすくすっきりと解説していきます。

すり抜けとは追い越しまたは追い抜きのこと

実は、道路交通法(道交法)には「すり抜け」に関して言及した部分はありません。
すり抜けは一般的に使われる言葉ではありますが、道交法においては「追い越し」または「追い抜き」として扱われています。

つまり、バイクのすり抜けが違反になるかどうかは、追い越しや追い抜きと同じように判断されるのです。
追い越しと追い抜きの違いは以下の通りです。

  • 追い越し
    進路を変えて前方車を追い抜き、そのまま直進あるいは再び進路を変えて追い抜いた車両の前方に出ること
  • 追い抜き
    進路を変えずに前方車を追い抜き、そのまま直進あるいは再び進路を変えて追い抜いた車両の前方に出ること

ただし、バイクの場合、たとえ進路変更をして前方車を追い越したとしても、車線をはみ出していなければ追い抜きとされます。
つまり、バイクの場合、追い越しは車線変更をして前方車を抜くこと、追い抜きは車線変更をせずに前方車を抜くこととなります。

バイクのすり抜け|違反パターン一覧

バイクのすり抜けが道路交通法の違反対象となるのは、以下の場合です。

  • 白い実線、黄色い実線をはみ出しての追い越し
  • 以下の場所における追い越し
    • 曲がり角付近
    • 上り坂の頂上付近
    • 急こう配の下り坂
    • トンネルの中
  • 以下の場所とその手前30m内における追い越し・追い抜き
    • 交差点
    • 踏切
    • 横断歩道
    • 自転車横断帯
  • 割り込み(信号無視にも要注意)

それぞれのケースについて、詳しく解説していきます。

白い実線、黄色い実線をはみ出しての追い越し

道路の車線には、白い破線・白い実線・黄色い実線があり、以下のような意味を持ちます。

白い破線はみ出し、追い越し可
白い実線はみ出し禁止
黄色い実線追い越しのためのはみ出しは禁止

上記の表からもわかる通り、白い実線や黄色い実線が引かれた道路では、線をはみ出しての追い越しは違反となるのです。

白い破線であれば車線を越えた追い越しも追い抜きも可能であり、白い実線や黄色い実線でも車線をはみ出さない追い抜き・追い越しは可能です。

特定の場所における追い越し

車線の種類にかかわらず、以下の場所では、車線を越えての追い越しが禁止されています。

  • 曲がり角付近
  • 上り坂の頂上付近
  • 急こう配の下り坂
  • トンネルの中
  • 以下の場所とその手前30m内
    • 交差点
    • 踏切
    • 横断歩道
    • 自転車横断帯

このことは、道路交通法第30条で定められています。

なお、交差点・踏切・横断歩道・自転車横断帯とその手前30mについては、道路交通法第38条3項にて、追い抜きも禁止されています。

車両等は、横断歩道等及びその手前の側端から前に三十メートル以内の道路の部分においては、第三十条第三号の規定に該当する場合のほか、その前方を進行している他の車両等(軽車両を除く。)の側方を通過してその前方に出てはならない。

道路交通法第三十八条三項

割り込み|信号無視にも要注意

赤信号で停車中の車列や渋滞中の車の間をすり抜けて前に出ることは、道路交通法第32条で禁止されています。

(割込み等の禁止)
第三十二条 車両は、法令の規定若しくは警察官の命令により、又は危険を防止するため、停止し、若しくは停止しようとして徐行している車両等又はこれらに続いて停止し、若しくは徐行している車両等に追いついたときは、その前方にある車両等の側方を通過して当該車両等の前方に割り込み、又はその前方を横切つてはならない。

道路交通法第三十二条

なお、信号待ちをしてる先頭車の前に割り込んで停止線を超えた場合、信号無視となってしまうので注意しましょう。

左側のすり抜けは状況次第で違反

車線をまたいでの追い越しは、原則として前方車の右側を走行するよう定められています。

(追越しの方法)
第二十八条 車両は、他の車両を追い越そうとするときは、その追い越されようとする車両(以下この節において「前車」という。)の右側を通行しなければならない。

道路交通法第二十八条

ただし、車線変更を伴わない追い抜きについては、前方車の左側から可能です。
また、前方車が右折のため道路の中央または右端によっている場合は、左側から追い越しをするよう定められています。(道路交通法第28条2項

路肩はすり抜け可、路側帯は不可

道路の両端には、車道外側線と呼ばれる白線で区切られた細い通路があります。
この細い通路が「路肩」であれば、バイクの走行は違反ではありません。そのため、路肩を通って、車道の自動車を抜いていくことは可能です。

一方、車道外側線の外側が路側帯であれば、バイクの走行は禁止されているので、路側帯を通っての追い抜きはできません。

  • 路肩(すり抜け可)
    外側に歩道があるもの
    人の乗り降りや荷物の積み下ろしのために駐車ができる
  • 路側帯(すり抜け不可)
    外側に歩道がないもの
    歩行者のためのスペースであり、車両の立ち入りはできない

バイクのすり抜け事故|過失割合4つ

続いて、バイクによるすり抜け事故の過失割合を紹介していきます。

バイクによるすり抜けで車が傷ついたりドアミラーが折れたりした場合は、修理費や代車費用をバイク側に請求できます。
しかし、次の点には注意しておかなければなりません。

  • 自動車側にも過失割合が付くと、その割合分、相手方に請求できる金額が減る(過失相殺)
  • 自動車側の方が過失割合が大きくなるケースもある
  • バイクのドライバー側から治療費や慰謝料などの損害賠償請求を受ける可能性もある

上記の注意点を踏まえたうえで、バイクによるすり抜け事故の過失割合を確認していきましょう。

(1)バイクによるすり抜け時の接触事故

交通事故の過失割合は通常、事故類型ごとに基本的なものが定められてます。しかし、バイクが自動車の横をすり抜けた際に接触した事故については、基本の過失割合がありません。

そのため、ここでは参考として、バイクのすり抜け時に起きた接触事故の判例をひとつ、紹介しておきます。

すり抜け事故の判例

  • 東京地方裁判所平成29年(ワ)第7064号
  • 事故状況
    片側2車線の道路において、青信号になったタイミングで第1車線の被害者(自動車)が発進したところ、第1車線の被害車両と第2車線の別自動車との間を後方から加害者(大型二輪自動車)がすり抜けようとした。
    この際、加害車両の左側と被害車両の右側が接触し、加害者は右に転倒した。
  • 過失割合
    加害者(大型二輪自動車):被害者(自動車)=100:0
  • 過失割合の理由
    加害者は被害者の横をすり抜ける際、被害者の動向に注意してハンドル操作をする義務があったが、それを怠っていたと言える。
    一方被害者は道路を直進していただけであり、後方からすり抜けてくる車両の有無・動きに対する注意義務はなかった。
    よって、過失割合は加害者側が100%となる。

ただし、上記はあくまで判例のひとつであり、一見同じような事故であっても異なる過失割合となる可能性は十分にあります。
正確な過失割合については、専門家である弁護士に相談することが大切です。

(2)左折車とバイクのすり抜け事故

左折しようとしたときに後ろからすり抜けてきたバイクを巻き込んでしまった場合、過失割合は以下の通りです。

基本の過失割合

左折車:バイク=80:20

ただし、事故状況によってそれぞれの過失割合が増えることもあります。

左折車側の過失割合が増える場合

左折車過失割合
大型車両+5
左折の合図が遅れた+5
徐行せず左折しようとした+10
大回り左折
進入路鋭角
+10
左折の合図なし+10
直近左折+10

たとえば、左折車が大型車両だった場合、左折車側の過失割合は5%増えて「左折車:バイク=85:15」となるのです。

バイクの過失割合が増える場合

バイク過失割合
著しい前方不注意+10
15㎞以上の速度違反+10
30㎞以上の速度違反+20

巻き込み事故の場合は、基本的に車側の方が過失割合が大きくなってしまいます。
また、バイクが転倒してライダーが怪我をするケースも多いので、相手方から損害賠償請求されてしまう可能性も高いです。

(3)右折車と対向車線からすり抜けてきたバイクの事故

車で右折しようとしたところ、対向車のかげからすり抜けて直進してきたバイクと衝突してしまった場合、過失割合は以下の通りです。

基本の過失割合

右折車:バイク=70:30

ただし、バイク側に著しい前方不注意があればバイク側の過失割合が10~20%、交差点以外での事故なら右折車側の過失割合が5~10%増えます。

この場合も、基本的には車側の過失割合の方が大きくなってしまう上、バイク側が怪我をするケースが多いので、損害賠償請求されてしまう可能性が高いです。

(4)開いた車のドアとバイクのすり抜け事故

路上でドアを開けていたところにバイクがすり抜けようとして来て事故になった場合、過失割合は以下の通りです。

基本の過失割合

車:バイク=90:10

なお、実際には事故状況を考慮して、以下のように過失割合が調整されます。

車側の過失割合が増える場合

過失割合
夜間+5
合図(ハザードランプなど)なし+5
直前のドア開放+10

バイク側の過失割合が増える場合

バイク過失割合
ドア開放を予測できた+10
15㎞以上の速度違反+10
30㎞以上の速度違反+20

相手方が主張する過失割合は正しいとは限らない

ここまで見てきたように、バイクによるすり抜け事故にはさまざまなパターンがあり、車側の方が過失割合が大きくなることも多いです。

ただし、相手方が提示してくる過失割合は正しいとは限りません。
不当な過失割合で合意してしまうと、本来受け取れるはずの賠償金額が、過失相殺により必要以上に減らされてしまいます。また、相手方に支払う損害賠償金が多くなるケースもあります。

以下の点からも、相手方から提示された過失割合を鵜呑みにするのではなく、まずは弁護士に相談してみることが大切です。

  • 過失割合は事故発生時の細かい状況まで考慮しなければならないため、算定が難しい
  • 示談交渉相手となる加害者側の任意保険会社は交渉のプロなので、相手の主張を覆すことは非常に難しい

法律相談

ご希望される方は

こちら

法律相談

ご希望される方は

こちら

※アトム法律事務所では、人身事故被害者の方からのご相談を受け付けています。物損事故については受け付けておりませんのでご注意ください。

よくあるトラブル|バイクが接触後逃げたら

バイクによるすり抜け事故で多いトラブルのひとつに、接触したバイクが逃げてしまうというものがあります。
接触に気づかないまま行ってしまうケースもあれば、気づいたうえで逃げてしまうケースもありますが、いずれにしてもこれは当て逃げとなります。

必ず警察に届け出をして、犯人が特定されたら自動車の修理費や代車費用などを請求しましょう。
犯人特定のためには、以下の3つのことが有効です。 

  • 警察へ事故を届け出る
    犯人が後から出頭してくる可能性がある。
    また、人的被害が大きい場合や、犯人特定のための有力な手掛かりがある場合は、警察が動いてくれる可能性が高い。
  • 犯人のバイクの種類やナンバーなどの情報を警察に伝える
    とくにナンバーを覚えていれば、犯人特定の有力な手掛かりとなる
  • ドライブレコーダーの映像を警察に提出する
    映像としてさまざまな情報が記録されているので、犯人特定の有力な手掛かりとなる

また、当て逃げによって怪我を負った場合、犯人に請求できるのは修理費など物損に関するものだけではありません。他にも慰謝料や治療費など、怪我に関する費目も請求できます。
当て逃げ事故の慰謝料については以下の関連記事で詳しく解説しています。合わせてご覧ください。

代表弁護士岡野武志

監修者


アトム法律事務所

代表弁護士岡野武志

詳しくはこちら

高校卒業後、日米でのフリーター生活を経て、旧司法試験(旧61期)に合格し、アトム法律事務所を創業。弁護士法人を全国展開、法人グループとしてIT企業を創業・経営を行う。現在は「刑事事件」「交通事故」などの弁護活動を行う傍ら、社会派YouTuberとしてニュースやトピックを弁護士視点で配信している。

保有資格

士業:弁護士(第二東京弁護士会所属:登録番号37890)、税理士

学位:Master of Law(LL.M. Programs)修了

英語:TOEIC925点

あわせて読みたい記事

全ての記事を見る