交通事故・刑事事件に加えて借金問題・労働問題の対応を本格化しています。

物損事故ではどんな保険が使えるの?使える保険の種類や注意点を解説します

更新日:

物損事故使える保険

新たに改正民法が施行されました。交通事故の損害賠償請求権に関するルールに変更があります。

人が死傷せずに物だけが損壊する交通事故を、物損事故といいます。万が一の交通事故を補填するものとして強制加入の自賠責保険がありますが、物損事故にも適用されるのでしょうか?

自賠責保険が使えない場合は任意保険を検討することになりますが、任意保険には複数の補償がセットされているので、対物保険でどの補償が使えるのかは迷ってしまうかもしれません。

そこで今回は、物損事故で使える保険の種類や、保険を使う場合の注意点などを解説します。対物保険でどのように保険を使うべきかがわかるので、ぜひご覧ください。

物損事故の概要

物損事故とは、人が負傷したり亡くなったりせずに物だけが損壊した交通事故をいいます。

物損事故で物が損壊する例としては、運転していた車両、車両に搭載していた物、車両と接触した歩行者の荷物、車両が衝突した建物、電柱、ガードレールなどです。

物損事故の主な態様としては、自分が運転する車両を他人の車にぶつけて壊してしまうなど、他人の物を損壊するケースと、運転する車両が木にぶつかって破損するなど、他人の物を損壊しない単独事故のケースがあります。

人が負傷したり死亡したりした場合は、物損事故ではなく人身事故になります。事故によって物が壊れるだけでなく、人が死傷すれば物損事故ではなく人身事故に該当します。

人身事故と比較した場合の物損事故の主な特徴は、以下の3点です。

  • 当て逃げなどをしなければ基本的に刑事責任は問われず、損壊した物を賠償する民事責任のみが発生する
  • 物が損壊しただけの場合は、被害者に対する慰謝料は原則として発生しない
  • スピード違反などがなければ、物損事故だけでは道路交通法違反にならないため、免許の色や点数に影響がない

物損事故は自賠責保険が使えない

物損事故と保険の関係で注意すべきポイントは、物損事故では自賠責保険が使えないことです。

自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)とは、自動車の所有者が必ず加入しなければならない強制加入の保険で、自賠法(自動車損害賠償保障法)に制度が定められています。

自賠責保険は保険の加入を義務化することで、交通事故の被害者が最低限の補償を受けられるようにしています。

あくまで最低限の補償ということで、自賠責保険は人が死傷した人身事故にのみ適用され、物が損壊しただけの物損事故には適用されません。

たとえば、自動車を運転中に他人の家の壁に衝突して壁を壊してしまい、修理代として20万円を請求されたとします。

自賠責保険に加入していても、物損事故の場合は保険が適用されないので、壁の修理代は全額自己負担しなければなりません。

自腹を切って賄える金額ならよいのですが、高額な荷物を大量に搭載したトラックや電車に追突した場合などは、億単位の高額な損害賠償を請求される可能性があるのです。

そのため、万が一高額な物損事故を起こしてしまった場合に備えて、自賠責保険だけでなく任意保険にも必ず加入しておくことを強くおすすめします。

物損事故で使える保険の種類

物損事故では自賠責保険が使えないことから、民間の保険会社が提供する自動車の任意保険に加入しておく必要性は高いといえます。
それでは任意保険に加入すると、物損事故でどのような補償が使えるようになるのでしょうか?

自動車の任意保険に含まれている主な補償の種類には、対人賠償保険、対物賠償保険、人身傷害保険、車両保険などがあります。

このうち物損事故で使える主な補償は、対物賠償保険と車両保険の2種類です。
以下、それぞれの内容を詳しく解説します。

対物賠償保険とは

対物賠償保険とは、交通事故で他人の物を損壊してしまった場合に、物に対する損害賠償の費用を賄うための補償です。

対物賠償保険を使う主なケースは、他人の車両、車両の積載物、歩行者の所持品、家屋や店舗などの建造物、道路標識、ガードレールなどを損壊してしまった場合です。

対物賠償保険は限度額に注意しましょう。自動車の任意保険は、人が死傷した場合の対人賠償保険は支払われる保険金が無制限な場合が多いのに対し、対物賠償保険は限度額が設定されている場合も多いからです。

対物賠償保険の限度額は5000万円、9000万円、無制限などに分かれており、限度額が多いほど一般に保険料は高くなります。

とはいえ、限度額が一番低い場合と無制限の保険料を比較すると、差額は年間でも数千円程度、月額だと数百円程度の違いしかない場合が少なくありません。

一方、すでにお伝えしましたように、高額な積載物が大量に壊れてしまった場合などは、物損事故でも高額な賠償金を支払わなければならないことがあります。

万が一の場合の損害賠償に比べて、月々の保険料の差はわずかであることを考えると、対物賠償保険は無制限で加入するのがおすすめです。

車両保険とは

車両保険とは、自分の車が損壊した場合の修理費用や買い替え費用を補償するものです。

交通事故の相手が任意保険に加入している場合は、相手方の保険会社が自分の車の修理代や買い替え費用を負担してくれるので、車両保険をつける意味はないと思われるかもしれません。

車両保険が活躍するのは、事故の相手がいない単独事故で自分の車を壊してしまった、相手が任意保険に加入していない、自分の過失割合が大きいなどのケースです。

たとえば、道路を走行中に車がスリップして木に衝突して修理代に30万円かかる場合、加害者のいない単独事故なので、車両保険に加入していなければ30万円の全額を自己負担することになります。

車両保険を使えば、請求できる相手がいない場合でも自分の車の修理代や買い替え代を保険から出すことができます。

注意点として、車両保険は補償が厚い一般型と、補償が薄いぶん保険料が安くなるエコノミー型があります。

一般型は幅広いケースで車両保険が使えますが、エコノミー型は自損事故や当て逃げなどで車両保険が使えない場合が多いので注意しましょう。
エコノミー型の保険に加入する際には、対象の範囲について確認することをおすすめします。

物損事故の流れと保険を使う場合の注意点

物損事故を起こしても、任意保険に加入すればそれだけで大丈夫と思っていませんか?

物損事故で任意保険を使った場合、保険料が高くなるなどのデメリットもあるので、保険を使う場合の注意点をきちんと把握しておくことが大切です。

また、任意保険を利用するためにどのような行動が必要であるのかを知っておく必要があります。

そこで、物損事故発生後の流れと、保険を使う場合の注意点を解説します。

物損事故発生後の流れ

警察に連絡を行おう

物損事故が発生したのであれば、警察に事故が発生した旨の連絡を行いましょう。
事故の発生を警察に伝えることが道路交通法において義務付けられており、保険利用のためにも必要となってくるので、必ず行って下さい。

連絡を受けた警察が事故現場に到着した後は、事故の状況について説明を行いましょう。

保険会社にも連絡しよう

物損事故が起きたことについては、保険会社にも連絡を行って下さい。
連絡を怠ると、保険利用ができなくなるというトラブルが発生する恐れがあります。

また、保険会社の担当者からどのように対応すればよいのかについてアドバイスを受けることにより、適切な行動を行える可能性があります。

交通事故証明書を取得しよう

物損事故により生じた損害について保険を利用する場合は、基本的に保険会社へ交通事故証明書を提出する必要があります。
交通事故証明書とは、交通事故が発生したことを公的に証明する書類であり、書類作成のためには、交通事故が発生したことを警察に連絡する必要があるのです。

そのため、物損事故に関して保険を利用するためには警察への連絡を必ず行いましょう。

交通事故証明書を取得する方法については『交通事故証明書は何に使う?記載内容は?申請方法を知れば被害者でも入手可能』の記事をご覧ください。

物損事故で保険を使うと等級が下がる

物損事故を起こして対物賠償保険や車両保険を使った場合、次年度から任意保険の等級が下がってしまうデメリットがあります。

等級とは、保険の契約者の事故の内容や回数に応じて保険料の割引率を定める仕組みです。自動車保険の等級は一般に1級から20級まであり、等級が低いほど保険料は高くなります。

物損事故で他人の物を損壊させて対物賠償保険を使ったり、自分の自動車を修理するために車両保険を使ったりすると、通常は等級が3つ下がってしまいます。

等級が下がると、次年度から支払う保険料が高くなります。また、多くの保険会社では事故を起こして保険を使うと「事故あり」扱いになり、同じ等級でも無事故の場合より保険料が高くなるのが一般的です。

そのため、物損事故の損害が少額の場合、保険を使わずに自己負担するほうが出費が安くなることがあります。

たとえば、物損事故の損害額が10万円で、保険を使うと次年度の保険料が年間で12万円高くなる場合、保険を使わずに自腹を切った方が2万円安くなります。

保険会社に見積もりを依頼すれば、事故の損害額と保険を使った場合の保険料の増額を比較して、どちらが安くすむかを教えてくれるので、保険を使う前に相談してみましょう。

保険はまとめて使うべき

物損事故で保険を使う場合、可能であれば対物賠償保険と車両保険は両方まとめて使うとお得になります。
その理由は、1回の物損事故で複数の補償を使用しても、等級は最大で3等級までしか下がらないからです。

一方、対物賠償保険か車両保険の片方だけを使ったとしても、通常の物損事故の場合はそれだけで3等級下がってしまいます。

どうせ3等級下がってしまうのであれば、対物賠償保険と車両保険を両方使用して、できるだけ補償を手厚くするのがおすすめです。

まとめ

  • 物損事故の場合、自賠責保険を使うことができないので、任意保険に加入しておくべき。
  • 物損事故で使える保険は、他人の物の損壊を補填する対物賠償保険と、自分の車の損壊を補填する車両保険。
  • 万が一のリスクを考えると、対物賠償保険は無制限、車両保険は補償が手厚い一般型がおすすめ。
  • 物損事故が発生したのであれば、警察や保険会社に連絡しよう

代表弁護士岡野武志

監修者


アトム法律事務所

代表弁護士岡野武志

詳しくはこちら

高校卒業後、日米でのフリーター生活を経て、旧司法試験(旧61期)に合格し、アトム法律事務所を創業。弁護士法人を全国展開、法人グループとしてIT企業を創業・経営を行う。現在は「刑事事件」「交通事故」などの弁護活動を行う傍ら、社会派YouTuberとしてニュースやトピックを弁護士視点で配信している。

保有資格

士業:弁護士(第二東京弁護士会所属:登録番号37890)、税理士

学位:Master of Law(LL.M. Programs)修了

英語:TOEIC925点