交通事故・刑事事件に加えて借金問題・労働問題の対応を本格化しています。

自損事故で使える保険は?保険の種類と等級ダウンの解説

更新日:

自損事故保険の種類と使い方

新たに改正民法が施行されました。交通事故の損害賠償請求権に関するルールに変更があります。

自損事故を起こしてしまったら、ドライバーや同乗者がけがをしてしまう可能性があります。車が壊れてしまうケースもあるでしょう。そんなときに使える「自動車保険」があれば、補償を受けられます。

ただし自損事故の場合、保険を適用できない場合や、保険を利用するとかえって損になるケースもあるので注意しましょう。

今回は、自損事故でどのような保険を適用できるのか、保険を使った方が得になるケースと損になるケースについて解説します。

法律相談

ご希望される方は

こちら

法律相談

ご希望される方は

こちら

交通事故のご相談はアトム法律事務所お任せください

24時間全国対応!
今すぐアトムに無料相談
お気軽にお電話ください

自損事故とは

自損事故とは、運転ミスなどの過失によってドライバーが単独で起こした交通事故です。通常の事故と違い、「相手方」が存在しません。

自損事故の具体例

自損事故とは、例えば次のような交通事故のことです。

  • ガードレールや街路樹に衝突した
  • 車庫入れのミスで車を壁や柱にぶつけた
  • 運転ミスで道路脇の溝や崖に転落した

自損事故の損害賠償

自損事故の場合、相手方がいないので相手に損害賠償請求できません。発生した損害はすべて自分でかぶる必要があります。

ただし自動車保険に加入していれば、自損事故であっても保険から補償を受けられる可能性があるのです。

自損事故の人身損害に使える保険

自損事故の損害には「人身損害」と「物損」があります。人身損害とは、けがや死亡による損害です。自損事故を起こしたドライバー自身や同乗者がけがをしたり、死亡したら、人身損害が発生します。

自損事故の人身損害に適用される可能性のある保険は、自損事故保険、人身傷害補償保険搭乗者傷害保険の3種類です。

  1. 自損事故保険
  2. 人身傷害補償保険
  3. 搭乗者傷害保険

自損事故保険

自損事故保険は、自損事故を起こしたドライバーや同乗者が死傷したときに補償を受けられる保険です。自動車保険に加入すると自損事故保険は「自動的に付帯」してくるので、特別に自損事故保険に加入する必要はありません。

保険金の支払基準は保険会社によって異なりますが、標準的に以下のようになっています。

  • 死亡した場合…1,500万円
  • 後遺障害が残った場合…50~2,000万円(認定等級によって異なる)
  • 介護が必要になった場合…200万円
  • 入通院した場合…日数によって保険金が支給される(上限100万円程度)

死亡しても1,500万円程度が限度、重大な後遺障害が残っても2,000万円程度が上限となるため、自損事故保険に加入していても補償は十分ではありません。

人身傷害補償保険

人身傷害補償保険は、被保険者や家族、契約自動車に乗車していた人に発生した人身損害に適用される保険です。自損事故でドライバーや同乗者が死傷すると、人身傷害補償保険の適用対象になります。

人身傷害補償保険では、「実際に発生した損害」を基準に保険金が支払われ、限度額は自損事故保険よりかなり高くなるのが通常です。次のようなものが補償の対象となります。

  • 治療費
  • 付添看護費用
  • 交通費
  • 休業損害
  • 精神的損害
  • 逸失利益
  • 葬儀費用

限度額は設定により異なりますが、3,000万円程度としている方が多数です。たとえば1億円に設定していれば1億円までの損害が補償されます。

自損事故保険と人身傷害補償保険の関係

人身傷害補償保険は自損事故保険より補償の範囲が広くなるので、人身傷害補償保険が適用されると自損事故保険は適用されません。人身傷害補償保険の限度額の範囲で補償を受けられます。

搭乗者傷害保険

搭乗者傷害保険は、被保険者や家族、契約自動車に乗車していた人の人身損害に適用される保険です。自損事故でドライバーや同乗者が死傷すると、人身傷害補償保険だけではなく搭乗者傷害保険も適用されます。

搭乗者傷害保険では、実際に発生した損害ではなく「定額計算」で保険金が支払われる仕組みです。たとえば「入院1日〇〇円」「頸部の骨折や脱臼の場合は〇〇円」などとされます。

人身傷害補償保険と搭乗者傷害保険にの両方に加入していれば、両方から補償を受けられるでしょう。

ただし、レンタカーを運転中に自損事故となった場合は、利用できる保険の内容が異なってくる場合があります。
詳しく知りたい方は『レンタカーで事故にあったら保険や賠償はどうなる? 自己負担などの注意点も解説』の記事をご覧ください。

自損事故の物損に使える保険

物損は「物が壊れた損害」です。自損事故の場合、主に事故を起こしたドライバーの車が破損した損害が物損となるでしょう。

事故を起こしたドライバーの車の物損を補償できる自動車保険は「車両保険」です。

物損に適用できる車両保険

自損事故で自分の車が壊れた場合には「車両保険」を適用して車を修理できる可能性があります。車両保険とは、契約自動車に損害が発生したときに修理費用などの補償を受けられる保険です。適用対象になるのは、以下のような損害です。

  • 自損事故で車を傷つけた(ガードレールなどに衝突、転落事故など)
  • 盗難に遭った
  • 火災や爆発
  • 台風、洪水、高潮、竜巻
  • 落書きやいたずらの被害
  • 物の飛来や落下事故
  • 当て逃げ被害に遭った

自損事故で車を傷つけた場合だけではなく、盗難や火災、飛来物や台風などの天変地異の場合にも適用されるので、補償範囲は一般に思われているより広いといえるでしょう。

2種類の車両保険

ほとんどの自動車保険会社において、車両保険には2種類のコースが用意されています。

1つは標準的なコース、もう1つは保険料の安いエコノミーコースです。

エコノミーコースの場合、適用される事故の範囲が狭くなり、自損事故の場合には適用されない可能性が高くなります。

一般コースとエコノミーコースで適用される損害について

一般コースエコノミーコース
車やバイクとの接触事故
自転車との接触事故×
電柱や建物との接触事故(自損事故)×
当て逃げ×
転覆や墜落事故×
火災、爆発、台風、洪水、高潮
窓ガラスの損害や飛び石による損害
盗難、いたずら、落書き

エコノミーコースの場合、自損事故には適用できない保険会社が多いので、自車の修理費を出してもらうことはできません。一般コースに加入していれば、車両保険を適用して修理費用を出してもらえます。

車両保険の免責額と等級ダウンに注意

自損事故で車両保険を適用できるとしても、車両保険を使うと「かえって損をしてしまう」可能性があるので注意が必要です。

車両保険には「免責額」がある

車両保険の適用対象となる事故が発生しても、車両保険から「全額の賠償を受けられる」とは限りません。通常、車両保険には「免責額」がもうけられているからです。

免責額とは「その金額までは保険会社が負担しない」金額のことで、たとえば免責額が5万円の場合、5万円まではドライバーが自己負担しなければならず、5万円を超える損害だけが保険から支払われます。
車両保険の免責額は保険会社やコースによっても異なりますが、5万~20万円程度です。損害額が小さく免責額の範囲内であれば、車両保険から支払を受けられません。

車両保険を使うと「等級」が下がる

車両保険を適用すると、保険の等級が下がるのも大きな問題です。
自動車保険には1~22までの「等級」があり、等級が上がるほど保険料が安くなる仕組みになっています。1年間保険を使わないと1段階等級が上がり、年々保険料が安くなる仕組みです。

車両保険を利用すると、通常3段階保険等級が下がるので、次年度から3年間自動車保険の金額が上がります。人にもよりますが、加算額は5万円~10万円程度となるケースが多いでしょう。
車両保険から5万円の支払いを受けても、その分保険料が5万円以上増額されると、損失が発生してしまいます。

車両保険の適用はシミュレーションをしてから判断

車両保険を適用すべきかどうかについては、「免責額」と「等級ダウンによる保険料の増額分」を計算して、シミュレーションを行ってから決めましょう。

たとえば「免責額が0円」で「次年度からの自動車保険増額分が5万円」であれば、5万円以上の修理費用が発生したときに車両保険を利用するのが得になります。

「免責額が10万円」で「次年度からの自動車保険増額分が8万円」であれば、18万円以上の修理費用が発生したときに車両保険を適用すると得ということです。

次年度からの自動車保険増額分については、保険会社の担当者に尋ねると概算を出してくれます。やみくもに車両保険を適用して損をしてしまわないようにしてください。

他人の物を壊した場合の対物賠償責任保険

自損事故でも、他人の物を破損してしまうケースがあります。たとえばガードレールや柱を壊したり建物や壁、扉などを傷つけたりしたら、弁償しなければなりません。

他人の物の損害に対しては「対物賠償責任保険」が適用されます。対物賠償責任保険は、事故の相手方に発生した損害を補償するための保険です。

一般的には「相手の車を修理するための保険」と思われていますが、車以外の家や施設、街路樹や各種設備などの「物損」には何でも適用できます。修理費用を限度額まで出してもらえ、免責額は設定されていません。

ただし対物賠償責任保険を適用した場合でも、保険等級は3等級ダウンするので次年度からの保険料は増額されます。

対物賠償責任保険を利用するかどうかについても、次年度から3年間における保険料増額分がいくらになるかシミュレーションしてから判断するのがよいでしょう。

自損事故に適用できない保険

自賠責保険と対人賠償責任保険は、自損事故に適用されません。

自賠責保険

自賠責保険は「事故の相手方に発生した人身損害」に対する補償を行う保険です。自損事故では相手方が存在しないので自賠責保険を使えません。

対人賠償責任保険

対人賠償責任保険は、「事故の相手方の人身損害」に対して自賠責で不足する上乗せ補償を行う保険です。自損事故では事故の相手方が存在しないので使えません。

自損事故に遭ったら賢く保険を利用しよう

自損事故では、発生した損害によって適用できる自動車保険が異なります。また保険を適用した方が得になるケースと、保険を使うことでかえって損をしてしまうケースがあるのです。まずは免責額や等級ダウンによる保険料アップも頭に入れてシミュレーションを行い、損をしないように上手に保険を利用しましょう。事故対応で困ったときには弁護士に相談してみてください。

代表弁護士岡野武志

監修者


アトム法律事務所

代表弁護士岡野武志

詳しくはこちら

高校卒業後、日米でのフリーター生活を経て、旧司法試験(旧61期)に合格し、アトム法律事務所を創業。弁護士法人を全国展開、法人グループとしてIT企業を創業・経営を行う。現在は「刑事事件」「交通事故」などの弁護活動を行う傍ら、社会派YouTuberとしてニュースやトピックを弁護士視点で配信している。

保有資格

士業:弁護士(第二東京弁護士会所属:登録番号37890)、税理士

学位:Master of Law(LL.M. Programs)修了

英語:TOEIC925点

あわせて読みたい記事

全ての記事を見る