交通事故の原因が病気でも自動車保険から補償はもらえる?事故予防策も解説

更新日:

病気が原因の交通事故|自動車保険から補償はもらえる?

新たに改正民法が施行されました。交通事故の損害賠償請求権に関するルールに変更があります。

人間なら誰でも突然、病気を発症する可能性があります。もし、運転中に病気の発作などが起こり、事故が発生してしまったらどうなってしまうのでしょうか。

事故原因が病気だったとしても、自動車保険があれば基本的には保険から補償がもらえます。ただし、状況によっては補償の対象外となる場合もあるので注意が必要です。

車を運転する場合は、定期的な健康診断を受けるなど健康管理も十分に行いましょう。自分自身の身体を見つめなおすことは、交通安全にもつながります。

病気が原因の交通事故でも補償は受けられる?

事故相手の病気が事故原因なら補償される

事故相手の病気が原因で交通事故が発生して損害を被った場合、基本的に事故相手が加入する自賠責保険や任意保険といった自動車保険から補償を受けられます

自賠責保険に関しては、被害者保護の観点から事故相手が病気を原因として事故を起こしたとしても保険の補償対象となります。任意保険に関しては、保険会社ごとに判断が分かれるところですが、こちらも被害者保護の観点から基本的に補償は受けられるでしょう。

自分の病気が事故原因ならケースバイケース

自分の病気が原因で自損事故などを起こした場合、基本的に自分が加入する任意の自動車保険(車両保険・人身傷害補償保険・搭乗者傷害保険)から補償が受けられます

ただし、自動車保険の種類によっては、事故状況や運転までの経緯に応じて保険金の支払い対象外になってしまうケースもあります。保険の契約約款をよく確認しておくようにしましょう。

事故相手に損害を与えてしまった場合は、任意の対人賠償保険や対物賠償保険で補償されることになります。

病気と自動車保険・運転免許との関係は?

自動車保険加入時に病気の告知義務はない

生命保険や医療保険は病気があると加入しにくい側面があるでしょう。一方、自動車保険は病気告知の義務がないので、病気があっても加入できます

ただし、一定の病気等があると運転免許を取得または更新できず、車を運転できないので、そもそも保険に加入する必要がなくなってしまいます。一定の病気等については後述します。

また、自賠責保険は人にかける保険ではなく、車両そのものに加入が義務付けられた強制保険のことなので、病気の有無は関係ありません。

病気の種類によっては運転免許が取れない

運転をつづければ重大事故を起こしかねない「一定の病気等」を患っている場合は、運転免許の取消や停止処分になることがあります。

一定の病気等の具体例

  • 認知症
  • 統合失調症
  • てんかん
  • 再発性の失神
  • 無自覚性の低血糖症
  • そううつ病
  • 重度の眠気の症状を呈する睡眠障害
  • アルコール中毒・薬物中毒
  • その他、安全な運転に支障のあるもの

※ 道路交通法等で定められているもの

認知症と診断されると一律で運転免許取消または更新ができませんが、認知症以外の病気は個別に判断されます。

認知症の場合、知らず知らずのうちに発症したり悪化したりしてしまっている可能性もあるでしょう。認知症の家族が事故を起こしてしまった場合の対処法については、『認知症の家族が事故を起こしたらどうなる?責任の所在や補償を解説』の記事で詳しく解説しています。

一定の病気等を隠すと罰則あり

運転免許を取得したり更新したりする際、一定の病気等は申告しなければなりません。

もし、一定の病気等を患っているのに虚偽申告した場合は、「1年以下の懲役または30万円以下の罰金」が科される可能性があります。

運転中に体調不良を感じたら?病気起因の事故防止対策

運転をすぐに中止して事故を未然に防ごう

運転中に体調不良を感じたら、すぐに運転を中止して事故防止に努めてください。

すぐに運転を中止すべき体調不良は以下の通りです。

運転を中止すべき体調不良

  • 左胸や左肩~背中にかけた痛み、締め付けられるような圧迫感がある
  • 息切れしている、呼吸がしにくい
  • 動悸やめまい
  • 片手や片足・顔半分が麻痺したり、しびれている
  • ろれつが回らない、言葉が出てこない
  • 片目が見えない、物が二重に見える、視野が欠けている
  • 激しい頭痛

運転中に体調不良を感じたら、車を安全な場所に停車して運転を中止しましょう。無理は絶対にしないで、救急車を呼んだり周りに助けを求める等してください。

運転前は自分の体調を確認しておこう

運転前にも以下のような体調不良を感じる時は、運転を見合わせましょう。

運転前のチェックリスト

  • 熱がある
  • 激しい疲れを感じている
  • 気分が悪い
  • 腹痛・吐き気・下痢がある
  • 身体に痛みを感じている
  • 眠気がある
  • 運転に影響を与えるような薬を服用した

これらは、すぐに運転を中止すべき体調不良の前兆である可能性もあります。いつもと違うな、体調が優れないなと感じたら、無理して運転せず休むようにしましょう。

医師の診察や健康診断を受けよう

運転中に体調不良を感じたら、無理をせずに休み、医師の診断を受けるようにしてください。

一定の病気等がみられる場合は、運転免許が取消・停止されることもあるので、体調不良の原因を探りましょう。

また、病気を起因とした交通事故を予防する方法としては、定期的な健康診断も有効です。年に一回の健康診断を通して、自分自身の身体を見つめなおしましょう。

事故を防ぎきれない突発的な病気もある

病院の受診や健康診断を適切に行っていても、事故を防ぎきれない突発的な病気も中にはあります。

国土交通省がまとめた令和3年度事業用自動車健康起因事故対策協議会「健康起因事故発生状況と健康起因事故防止のための取組」によれば、平成25年~令和2年の間に健康起因事故を起こした運転者2177人のうち、心臓疾患・脳疾患・大動脈瘤及び解離が31%を占めるとされています。

いつ何時、発症するかわからない病気なので、日ごろから健康に気を付けた生活を送りましょう。

交通事故にあった時の対応

(1)怪我人の救護と周囲の安全確保

交通事故にあったら怪我人の有無を確認してください。後ろから追突してきた事故相手が意識を失っていることもあるでしょう。自身の安全にも十分に注意しながら怪我人を救護し、救急車を呼びます。

自身が体調不良を起こしてぶつかってしまった場合は、無理に動かず救護を待ちましょう。

また、事故の二次被害を防ぐために、周囲の安全を確保してください。事故車両を路肩の安全な場所に移動したり、後続車両に発煙筒を使って事故発生を知らせたりして、新たな事故の発生を予防してください。

事故直後の対応の流れは、関連記事『交通事故の被害者がすべき事故対応』も参考になります。

(2)警察や保険会社に連絡

怪我人の救護と周囲の安全確保ができたら、まずは警察に連絡しましょう。仮に、怪我人のいない物損事故であっても、事故が発生したら警察への報告は義務づけられています。速やかに警察に連絡しましょう。

つづいて、加入する任意保険会社にも連絡します。事故が発生したらすみやかに保険会社に報告するよう保険の契約約款に定められていることがほとんどです。

あわせて、事故相手が加入する任意保険会社もわかれば連絡してもらうようにしましょう。

(3)怪我の治療

交通事故で怪我したら、病院を受診して適切な治療を受けるようにしてください。軽傷の場合だと整骨院や接骨院で済ましてしまおうとする方も多いのですが、一番はじめは医師のいる病院に行くようにしましょう。

また、怪我がないように思っても、念のため病院を受診しておくようにしてください。事故直後は興奮のあまり痛みを感じないことも多くなっています。怪我がないことを確認することも大切です。

交通事故で怪我をしていたら、必ず完治または症状固定まで治療を継続するようにしましょう。途中で治療を止めてしまうと、その後に手にできる損害賠償金の金額に大きく影響します。

症状固定になった場合、損害賠償金の金額をさらに大きく左右する後遺障害等級が非常に重要です。
症状固定と後遺障害等級については、『症状固定後は後遺障害認定で慰謝料アップ』の記事で詳しく解説していますので、あわせてご確認ください。

(4)損害額の算定

怪我が完治するか、症状固定して後遺障害等級の認定を受けたら、損害賠償金の算定が可能になります。

交通事故では主に、治療費・休業損害・入通院慰謝料・後遺障害慰謝料・逸失利益・修理費等を合計した損害賠償金を事故の相手方に請求することが可能です。

損害賠償金の内訳

怪我のみの場合は、治療費・休業損害・入通院慰謝料等を請求できます。
怪我をして後遺症が残った場合、後遺障害等級が認定されると、治療費・休業損害・入通院慰謝料等に加えて逸失利益と後遺障害慰謝料の請求が可能です。

損害賠償金の内訳や各費目の計算方法については、『交通事故の損害賠償請求とは?賠償金の費目・相場・計算方法を解説』の記事をご参考ください。

(5)示談交渉の開始

通常、事故の相手方が加入する任意保険会社から損害賠償金を提示されて示談交渉が開始することになるでしょう。

任意保険会社が提示する損害賠償金は、被害者が本来であればもらえるはずの妥当な金額よりも相当低い金額になっているのがほとんどです。
提示された金額を鵜呑みにしないでください。

もっとも、被害者のみで損害賠償金の増額交渉に臨んだとしても、任意保険会社は簡単に認めてくれません。

弁護士なしでの交渉は増額の可能性が低い

「保険会社としてもできるかぎりの金額を提示しています」
「他の皆さんも、このくらいの金額でご納得されています」

任意保険会社はさまざまな言い訳を並べて、増額を受け入れる可能性は低いでしょう。

弁護士による交渉で増額の可能性が高まる

一方、弁護士が増額交渉を行えば、任意保険会社は増額を認めてくれる可能性が高まります。
弁護士が示談交渉に介入してくると、民事訴訟に発展する可能性を保険会社は危惧して、増額を認めてくれるのです。

民事訴訟に発展すれば、任意保険会社としては手間も費用も余計にかかってしまうので、示談交渉の段階で早めに手を打っておこうと考えます。

被害者のみで増額交渉をつづけても、保険会社は強気で反論してくるでしょう。損害賠償金の増額を実現したいなら、まずは弁護士相談からはじめてみることをおすすめします。

交通事故の示談交渉に困ったら弁護士に相談しよう

任意保険会社との示談交渉を一人で行うと、肉体的にも精神的にも辛い状況が続きます。

「提示された金額が妥当なのかわからない…
「交渉に疲れたから早く終わらせたい!
「相手の病気を起因とした事故なら慰謝料増額の事由になる?

早く示談を終わらせられるなら少しくらい低額でも進めてしまおうかという気持ちもあるかもしれません。しかし、弁護士が示談交渉に介入することで、やり取りの辛さから解放されるだけでなく、増額の可能性が高まります。

交通事故の示談交渉で困ったら、今後どのような対応をとっていくべきか弁護士に相談してみましょう。

アトム法律事務所では、弁護士による無料の法律相談を実施中です。無料の法律相談は、予約を24時間365日いつでも受け付けています。気軽にお問い合わせください。

岡野武志弁護士

監修者


アトム法律事務所

代表弁護士岡野武志

詳しくはこちら

高校卒業後、日米でのフリーター生活を経て、旧司法試験(旧61期)に合格し、アトム法律事務所を創業。弁護士法人を全国展開、法人グループとしてIT企業を創業・経営を行う。
現在は「刑事事件」「交通事故」「事故慰謝料」「ネット削除依頼」などの弁護活動を行う傍ら、社会派YouTuberとしてニュースやトピックを弁護士視点で配信している。

保有資格

士業:弁護士(第二東京弁護士会所属:登録番号37890)、税理士

学位:Master of Law(LL.M. Programs)修了

あわせて読みたい記事
モペットで交通事故が起こったら?交通ルールや罰則も網羅的に解説
モペットで交通事故が起こったら?交通ルールや罰則も網羅的に解説
自転車事故の加害者になったらどうすればいいの?自転車保険についても解説
自転車事故の加害者になったらどうすればいいの?自転車保険についても解説
レンタカーで事故にあったら保険や賠償はどうなる? 自己負担などの注意点も解説
レンタカーで事故にあったら保険や賠償はどうなる? 自己負担などの注意点も解説
自損事故で適用される自動車保険の種類と自損事故後の対処法
自損事故で適用される自動車保険の種類と自損事故後の対処法
交通事故によるむちうちの症状と慰謝料相場|治療・通院の注意点も解説
交通事故によるむちうちの症状と慰謝料相場|治療・通院の注意点も解説
自転車事故で使える保険の種類|補償内容や未加入のリスクは?
自転車事故で使える保険の種類|補償内容や未加入のリスクは?
運行供用者責任とは?わかりやすく具体例つきで解説
運行供用者責任とは?わかりやすく具体例つきで解説
交通事故の休業損害は職業別に計算方法がある|いつもらえる?相場はいくら?
交通事故の休業損害は職業別に計算方法がある|いつもらえる?相場はいくら?
全ての記事を見る

突然生じる事故や事件に、
地元の弁護士が即座に対応することで
ご相談者と社会に安心と希望を提供したい。