足の欠損障害、変形障害(癒合不全・偽関節)、短縮障害の後遺障害を解説|等級ごとの認定基準とは?

更新日:

交通事故による足の後遺障害|欠損障害・変形障害

新たに改正民法が施行されました。交通事故の損害賠償請求権に関するルールに変更があります。

交通事故の被害に遭った際、足の欠損や変形、短縮といったケガを負ってしまうことがあります。

足の欠損、変形、短縮はその後の生活に影響を与える非常に重大な後遺症となります。

これら後遺症は症状の程度によって後遺障害等級に認定され、後遺障害慰謝料や逸失利益といった特別な賠償金を受けとることができるようになります。

ここでは足の欠損障害、変形障害、短縮障害についてお悩みの方に向け、後遺障害等級の具体的な認定の基準を解説していきます。

足の欠損障害の後遺障害認定基準

等級認定の基準
1級5号両下肢をひざ関節以上で失ったもの
2級4号両下肢を足関節以上で失ったもの
4級5号1下肢をひざ関節以上で失ったもの
5級5号1下肢を足関節以上で失ったもの
足の欠損の後遺障害認定基準

「ひざ関節以上で失ったもの」とは、次のいずれかに該当するものを指します。

  • 股関節において寛骨と大腿骨を離断したもの
  • 股関節と膝関節との間において離断したもの
  • 膝関節において、大腿骨と脛骨および腓骨とを離断したもの

つまり、ひざ関節での離断も含めてそれ以上の箇所で足を切断した場合には「ひざ関節以上で失ったもの」に該当することになります。

「足関節以上で失ったもの」とは、次のいずれかに該当するものを指します。

  • 膝関節と足関節との間において切断したもの
  • 足関節において、脛骨および腓骨と距骨とを離断したもの

つまり足首での離断も含めてそれ以上の箇所で足を切断した場合には「足関節以上で失ったもの」に該当することになります。

なお、足首は複数の骨で構成されています。「足関節以上で失ったもの」に該当するのは脛骨および腓骨と距骨とを離断したものです。
つまり脛の骨と足首のうち一番脛側にある骨との間を離断した場合に「足関節以上で失ったもの」として認定されるわけです。

足首の途中の骨で切断した場合には、リスフラン関節での切断というあつかいになります。
詳しく知りたい方は『交通事故による足指の障害について解説|欠損障害、機能障害の後遺障害認定基準とは?』の記事をご覧ください。

足の変形障害の後遺障害認定基準

等級認定の基準
7級10号1下肢に偽関節を残し、著しい運動障害を残すもの
8級9号1下肢に偽関節を残すもの
12級8号長管骨に変形を残すもの
下肢の偽関節の後遺障害認定基準

偽関節の後遺障害認定基準

偽関節というのは骨折した箇所がうまくくっ付かず(癒合不全)、本来関節でない場所なのにグラグラと可動してしまう状態のことを言います。

「偽関節を残し、著しい運動障害を残すもの」に該当するためには、まず原則として常に硬性補装具を必要とする状態であることが求められます。その上で、下記3つのいずれかに該当する場合には 「偽関節を残し、著しい運動障害を残すもの」 として認定されます。

  • 大腿骨の骨幹部または骨幹端部に癒合不全を残すもの
  • 脛骨および腓骨の両方の骨幹部または骨幹端部に癒合不全を残すもの
  • 脛骨の骨幹部または骨幹端部に癒合不全を残すもの

「偽関節を残すもの」というのは、上記3つの条件について、それぞれ常に硬性補装具を必要とするわけではないものを指します。

長管骨の変形の後遺障害認定基準

偽関節の後遺障害に該当しない変形障害については、「長管骨に変形を残すもの」に該当するかどうかを検討することになります。

「長管骨に変形を残すもの」の条件については下記のリストの通りです。

認定の基準
大腿骨について15度以上屈曲して不正癒合したもの
脛骨について15度以上屈曲して不正癒合したもの
大腿骨もしくは脛骨の骨端部に癒合不全を残すもの
腓骨の骨幹部または骨幹端部に癒合不全を残すもの
大腿骨または脛骨の骨端部のほとんどを欠損したもの
大腿骨または脛骨(骨端部を除く)の直径が2/3以下に減少したもの
大腿骨が外旋45度以上または内旋30度以上回旋変形癒合しているもの*
下肢の長管骨に変形を残すものの認定基準

※「外旋45度以上または内旋30度以上回旋変形癒合しているもの」というのは以下の2つのいずれかに該当するものを指します
1)股関節の内戦が0度を超えて可動できない、または股関節の外旋が15度を超えて可動できない
2)エックス線写真等により、明らかに大腿骨の回旋変形癒合が認められる

なおこのリストの複数に該当する場合であってもより上位の等級に認定されるということはなく、すべて「長管骨に変形を残すもの」として12級8号に認定されます。

足の短縮障害の後遺障害認定基準

等級認定の基準
8級5号1下肢を5センチメートル以上短縮したもの
10級8号1下肢を3センチメートル以上短縮したもの
13級8号1下肢を1センチメートル以上短縮したもの
下肢の短縮障害の後遺障害認定基準

下肢の短縮障害については、ケガを負った方の足の長さと健康な方の足の長さとを比較することで等級認定を行います。

足の長さの測り方についても細かくルールが決められており、上は上前腸骨棘(いわゆる腰骨の出っ張り。腰に手を当てたとき指が触れる部分)から下は下腿内果下端(内くるぶしの出っ張り)までを、巻尺が屈曲しないように計ることになっています。

等級表に載っていない症状は何級になる?

これら等級表には載っていない症状をお持ちの方もいるかもしれません。

例えば、右足にも左足にも長管骨の変形を残した場合、上記表には該当する等級が定められていません。

このようなとき、交通事故の実務では併合や準用、あるいはそれらを行わずに下位の等級のままとするなど、症状に応じて色々な対応が取られることになります。

上記の右足にも左足にも長管骨の変形を残した場合で言えば、これは併合の処理が行われ11級相当として認定されます。

個別具体的な話になってしまうので、ご自身の症状について後遺障害何級になるか疑問の方は弁護士に相談してください。

足首以下の部分についての欠損についてお悩みの方は、『交通事故による足指の障害について解説|欠損障害、機能障害の後遺障害認定基準とは?』の記事もご覧ください。リスフラン関節での離断や足指の欠損の等級認定基準などを解説しています。

また足の欠損や変形ではなく、関節の可動域の制限などについてお悩みの方もいらっしゃるかもしれません。
そのような方は『下肢(股関節、膝、足首)の可動域制限、人工骨頭の後遺障害を解説』の記事をご覧ください。

後遺障害等級ごとの慰謝料相場とは?

腕の欠損、変形、短縮について後遺障害の等級に認定された場合、後遺障害慰謝料と逸失利益を受けとることができます。

後遺障害慰謝料の等級ごとの相場は下記の通りです。

等級 相場(万円)
1級・要介護2,800
2級・要介護2,370
1級2,800
2級2,370
3級1,990
4級1,670
5級1,400
6級1,180
7級1,000
8級830
9級690
10級550
11級420
12級290
13級180
14級110
後遺障害慰謝料の相場(弁護士基準)

また足の欠損や変形は仕事に対して大きな影響が生じます。
後遺障害の等級に認定されると、将来にわたって減額されてしまった給料等への賠償金として、等級ごとに算定される労働能力喪失率を元に逸失利益が支払われます。

さらに足の欠損・変形障害では将来にわたっての交換やメンテナンス代も含めた義肢装具の費用も受け取る必要があります。

このように足の欠損や変形といった後遺症のなかった事故に比べて賠償金として請求するべき費目が増え、その分金額について相手方の保険会社と争いになりやすくなります。収集すべき資料や受けておくべき検査・治療も多岐にわたるため、適正な賠償金の受け取りを目指す場合には一度交通事故賠償の実務のプロである弁護士に相談したほうが良いでしょう。

あわせて読みたい記事
腕の欠損障害、変形障害(偽関節・癒合不全)について解説|後遺障害の認定基準、慰謝料相場とは?
腕の欠損障害、変形障害(偽関節・癒合不全)について解説|後遺障害の認定基準、慰謝料相場とは?
交通事故による足指の障害について解説|欠損障害、機能障害の後遺障害認定基準とは?
交通事故による足指の障害について解説|欠損障害、機能障害の後遺障害認定基準とは?
交通事故による手指の障害について解説|欠損障害、機能障害の後遺障害認定基準とは?
交通事故による手指の障害について解説|欠損障害、機能障害の後遺障害認定基準とは?
後遺障害14級の主な症状と等級認定のポイント|慰謝料の相場を解説
後遺障害14級の主な症状と等級認定のポイント|慰謝料の相場を解説
交通事故における顔の傷(外貌醜状)を解説|後遺障害等級の基準とは?
交通事故における顔の傷(外貌醜状)を解説|後遺障害等級の基準とは?
上肢(肩・肘・手首)の後遺障害を解説|可動域制限、機能障害の認定基準とは?
上肢(肩・肘・手首)の後遺障害を解説|可動域制限、機能障害の認定基準とは?
交通事故における目の後遺障害について解説|等級の認定基準、慰謝料相場とは?
交通事故における目の後遺障害について解説|等級の認定基準、慰謝料相場とは?
後遺障害等級の一覧表|症状別の等級と認定基準をわかりやすく解説
後遺障害等級の一覧表|症状別の等級と認定基準をわかりやすく解説
全ての記事を見る

突然生じる事故や事件に、
地元の弁護士が即座に対応することで
ご相談者と社会に安心と希望を提供したい。