あおり運転をされたらすべき対応|法律や被害にあわないための対策も解説

更新日:

新たに改正民法が施行されました。交通事故の損害賠償請求権に関するルールに変更があります。

2020年6月の道路交通法改正により、あおり運転は厳罰化されました。しかし、未だにあおり運転の被害は絶えません。

あおり運転の被害にあったら、まずは落ち着いて身の安全を守ることが大切です。

また、あおり運転の被害にあわないためには、日ごろから周囲に配慮して安全運転を行うことが効果的です。

この記事では、あおり運転をされたときにすべき対応や、あおり運転に関する法律、あおり運転にあわないためにできることを紹介しています。万が一のときに冷静に対処するためにも、ぜひご一読ください。

あおり運転をされたときの対応

相手に道を譲る

あおり運転をされたら、焦らず冷静に対処することが大切です。まずは相手に道を譲り、距離を取るようにしましょう。

片側2車線以上の道路では、車線変更して相手に道を譲ります。片側1車線の道路の場合は、可能であれば路肩に停車し、相手に先に行ってもらうことをおすすめします。ただし、高速道路の場合は停車することは避けてください。

あおり運転をされたとき、無理にスピードを出して逃げようとしたり、クラクションを鳴らしたり、急ブレーキを踏んだりすることは避けましょう。相手をさらに逆上させる危険性があるだけではなく、ご自身が道路交通法違反となる可能性があります。

安全な場所に停車する

相手に道を譲ったにも関わらず、なおもあおり運転が続くようであれば、事故を避けるために安全かつ人目の多い場所に停車しましょう。

高速道路であれば、パーキングエリアやサービスエリアなどに移動してから停車しましょう。高速道路で路側帯などに停車することは、後続車に追突される可能性があり、大変危険です。

ドアや窓をすべてロックする

安全な場所に停車したあとは、車のドアや窓をすべて閉め、警察が来るまで開けないようにしてください。

ドアを開けて車外に出ることだけではなく、窓を開けることも危険です。運転席の窓を開けたところ、あおり運転をしてきた相手に顔を何度も殴られたといった事件も発生しています。

あおり運転をしてきた相手が近寄ってきたり、挑発や脅しを受けたりしても、反応しないようにしましょう。車の窓には強化ガラスが使われているので、もし叩かれたとしても簡単に割れることはありません。落ち着いて、警察の到着を待ちましょう。

警察に通報する

ドアや窓を閉めて安全を確保したら、すみやかに110番通報しましょう。通報する際、警察に伝える項目は以下のとおりです。

通報する際に伝える項目

  • 現在地
  • あおり運転を受けた状況
  • 相手の車のナンバー、車種、色

同乗者がいる場合は、車を停める前に警察に通報してもらってもよいでしょう。

また、一部の車には緊急通報機能が搭載されているので、あおり運転で身の危険を感じるときは利用しましょう。運転中であっても、ボタンを押すだけでオペレーターにつながり、代わりに警察への連絡をしてもらえます。

なお、後日に通報することも可能ですが、ドライブレコーダーなどの証拠があっても捜査が難航することが多いため、あおり運転を受けたら即時に通報することが望ましいです。

動画に残す

あおり運転の証拠を残すために、ドライブレコーダーやスマートフォンなどで動画を撮影することも効果的です。

ただし、運転中にスマートフォンを操作して録画することは非常に危険なので避けてください。運転中のあおり運転の様子については、ドライブレコーダーを活用するか、同乗者に撮影してもらうようにしましょう。

停車後に動画を撮る場合も、あからさまにカメラを向けると相手を逆上させてしまう恐れがあるので、注意が必要です。

あおり運転に関する法律

あおり運転の基準|妨害運転の10項目

2020年6月に道路交通法が改正され、新たに妨害運転(あおり運転)に対する罰則が創設されました。

これにより、以下の10項目については、厳しい取り締まりの対象となっています。

妨害運転となる行為

  • 通行区分違反
    (対向車線へのはみ出し)
  • 急ブレーキ禁止違反
    (危険防止以外の目的での急ブレーキ)
  • 車間距離不保持
    (車間距離を極端に狭める)
  • 進路変更禁止違反
    (急な進路変更)
  • 追い越し違反
    (強引な追い越し、前車が右折しようとしているのに右側から追い越しなど)
  • 減光等義務違反
    (妨害目的のハイビームやパッシング)
  • 警音器使用制限違反
    (危険防止以外の目的でのクラクション)
  • 安全運転義務違反
    (幅寄せや蛇行運転といった他人に危害が及ぶ運転)
  • 最低速度違反(高速自動車国道)
    (高速道路における最低速度以下での走行)
  • 高速自動車国道等駐停車違反
    (高速道路における一定状況下以外での駐停車)

あおり運転の罰則|2020年6月に厳罰化

先述のとおり、あおり運転は2020年6月に厳罰化されました。

妨害運転となる行為を行うと、以下の罰則が科されます。

妨害運転の罰則

刑事罰3年以下の懲役または50万円以下の罰金
行政罰違反点数25点
免許取り消し(欠格期間2年)※

※過去の取り消し歴や累積の違反点数がある場合、最大5年

また、妨害運転によって高速道路で他の車を停止させるなど、著しい交通の危険を生じさせた場合は、以下の罰則が科されます。

妨害運転によって著しい交通の危険を生じさせた場合の罰則

刑事罰5年以下の懲役または100万円以下の罰金
行政罰違反点数35点
免許取り消し(欠格期間3年)※

※過去の取り消し歴や累積の違反点数がある場合、最大10年

さらに、2020年7月には自動車運転死傷処罰法が改正され、あおり運転も危険運転致死傷罪の対象になりました。

妨害目的で走行中の車の前方で停止したり、高速道路を走行中の車の前方で停止して相手を停止・徐行させたりした結果、相手を死傷させた場合は、以下の罰則が科されます。

危険運転致死傷罪の罰則

刑事罰人を負傷させた場合:15年以下の懲役
人を死亡させた場合:1年以上の有期懲役

加えて、あおり運転の態様や、あおり運転前後の行為によっては、以下の罪が適用されることもあります。

適用される可能性のある罪

  • 暴行罪(暴行をした場合)
    • 2年以下の懲役もしくは30万円いかの罰金または拘留もしくは科料
  • 傷害罪(暴行をして怪我を負わせた場合)
    • 15年以下の懲役または50万円以下の罰金
  • 脅迫罪(「殺す」などと言って脅した場合)
    • 2年以下の懲役または30万円以下の罰金
  • 器物損壊罪(相手の車両を蹴るなどして故意に傷つけた場合)
    • 3年以下の懲役または30万円以下の罰金もしくは科料

あおり運転の被害にあわないための対策

無理な進路変更や割り込みをしない

あおり運転の被害にあわないためには、周囲の車に配慮した運転を心がけることが大切です。

強引に進路を変更したり、割り込みをしたりすると、後ろの車の運転手に「進路を妨害された」と不快感を抱かれ、あおり運転をされてしまう可能性があります。

進路変更は、3秒前に合図をする、車間距離を確認するなどの手順を守り、余裕をもって行うようにしましょう。

急発進や急ブレーキをしない

急発進や急ブレーキも、事故につながり得る危険な行為です。周囲の車に「危険な目にあった」と悪感情を抱かせた結果、報復行為を誘発してしまう可能性もあるでしょう。

とくに、急ブレーキは道路交通法第24条によって禁止されています。危険を防止するためやむを得ない場合以外は、絶対に避けるようにしましょう。

急発進や急ブレーキを避けるためには、周囲の状況を確認し、漫然とした運転をしないことが大切です。

追い越し車線を走り続けない

片側複数車線の道路における最も右側の車線は、追い越し車線であり、追い越しや右折などのときのみ通行することが可能です。

道路交通法第20条第1項においては、車両通行帯の設けられた道路において、車両は道路の最も左側の車両通行帯を走らなければならないこと、3つ以上の車両通行帯がある場合は最も右側の車両通行帯以外を走らなければならないことが定められています。

これに反して追い越し車線を走り続けていると、罰則が科されます。また、追い越し車線を利用したい車の運転手を苛立たせてしまい、あおり運転につながってしまうこともあるでしょう。

追い越し車線を使って追い越しを完了させたら、すぐに元の車線に戻るようにしましょう。誤って追い越し車線を走り続けてしまった場合は、後ろの車に追いつかれたらすぐに道を譲ることも必要です。

適切な車間距離を保つ

万が一の危険に備えて、適切な車間距離を保つことも大切です。余裕のある車間距離は、ご自身だけではなく、周りの車の安全を守ることにもつながります。

道路交通法第26条では、前の車が急停止しても追突を避けられる距離を保たなければならないと規定されています。

高速道路においては、ある地点を前の車が通過してから自身の車が通過するまで、ゆっくり数えて2秒経過していれば、適切な車間距離を保てているとされています。運転中は客観的に距離を測定するのが難しいので、時折上記の方法を試してみて、車間距離が適切か確かめましょう。

ドライブレコーダーやステッカーを設置する

ドライブレコーダーの映像は、あおり運転をされたときの証拠となります。そのためか、ドライブレコーダーをつけていることがあおり運転を受けないために有効となることもあります。

さらにあおり運転の抑止力を高めるためには、ドライブレコーダーを設置していることがわかるステッカーを車両後方にはってもよいでしょう。

もちろん、ドライブレコーダーやステッカーを設置しているからといって安心せず、ここまで紹介したポイントを守り、安全運転を心がけることが大切です。

あおり運転で事故が起きてしまったときの対応

(1)怪我人の救護と現場の安全確保

あおり運転で事故が起きたら、まずは怪我人の救護と現場の安全確保を行います。

怪我人を救護する際は、まずは意識の有無を確認し、その後救急車を呼びます。怪我人に意識がなかったり、頭や首を負傷していたりする場合は、無理に動かさずその場を安全に保ちます。

また、現場の安全確保も必ず行いましょう。とくに、高速道路では二次被害が起こる可能性が高く、現場の安全確保が重要になります。車を安全な場所に移動させるほか、発炎筒、三角表示板、ハザードランプなども状況に応じて活用しましょう。

交通事故が起きた直後の被害者の対応については、『交通事故の被害者がすべき事故対応』の記事でより詳しく紹介しています。事故の被害にあってしまった方はお役立てください。

(2)警察への通報

怪我人の救護と現場の安全確保が終われば、警察に必ず通報しましょう。

警察が現場に到着したあとは、実況見分が行われます。ただし、怪我などにより事故の当事者が立ち会えない場合は、後日に実況見分が行われることもあります。

実況見分では、事故発生時の状況などについて警察から確認されるので、あおり運転を受けたことを伝えるようにしましょう。

事故の被害にあった直後は、事故の相手方への怒りがとくに強くなっていると思われます。しかし、相手方への処罰感情は後日の捜査において確認されます。実況見分では、事故の状況について正確に話すことに努めましょう。

実況見分の流れや対策については、『実況見分の流れや注意点は?過失割合への影響も踏まえて解説』の記事において詳しく解説しているので、ご参照ください。

(3)ケガの治療

事故直後の対応が終われば、すみやかに病院で診察を受けるようにしましょう。

事故直後は興奮状態になっており、痛みを感じていないことも多いです。また、むちうちなどあとから症状が出てくるケースもあります。早めに症状を発見して適切な治療を受けるためにも、のちの損害賠償請求で損をしないためにも、すぐに医師の診察を受けることが大切です。

治療は、医師から「完治」または「症状固定」と診断を受けるまで継続しましょう。

「症状固定」とは、これ以上治療しても症状が改善しない状態のことです。症状固定と診断されれば、残った後遺症について、「後遺障害認定」の申請をすることになります。詳しくは、『症状固定とは?診断の目安時期と後遺障害等級の認定を解説』の記事をご確認ください。

(4)相手方に損害賠償を請求

ケガが完治するか、後遺障害認定の結果が出たら、相手方に損害賠償請求を行います。

基本的には、相手方の任意保険会社との示談交渉で、損害賠償金の金額や過失割合を決めていくことになるでしょう。『交通事故の示談とは?示談の内容と交渉の流れ』の記事では、示談交渉のポイントをお伝えしているので、ぜひお役立てください。

示談交渉では話がまとまらない場合は、ADRや調停、民事裁判などを利用して解決を図ることになるでしょう。交通事故で民事裁判を起こすことを検討している場合は、『交通事故の裁判の起こし方や流れ|費用と期間はどのくらい必要?』の記事が参考になります。

相手方と事故の損害賠償問題でもめている場合は、弁護士に相談することも解決方法のひとつになります。

相手方が提示してきた損害賠償金が低額ではないか、過失割合は適切なのかといった悩みをお持ちの方は、弁護士からアドバイスを受けてみましょう。アトム法律事務所では、電話・LINEで無料相談を実施しています。

事故の被害者が関われるのは民事責任のみ

なお、交通事故の被害者が相手方に直接問えるのは民事責任のみです。

懲役や罰金などを科す「刑事責任」や、運転免許の停止や取消しといった処分をされる「行政責任」については、被害者は直接関わることはできません。

ただし、相手方が一定の罪状で起訴された場合は、被害者が「被害者参加制度」を使って刑事裁判に参加し、意見を述べたり質問をしたりすることが可能です。ただし、この場合も相手方の有罪・無罪を決めるのはあくまで裁判所になります。

まとめ

あおり運転を受けたときは、落ち着いて対処することが重要です。相手に道を譲る、人目が多い安全な場所に停車するなどして、まずは身の危険から逃れましょう。

また、あおり運転の被害にあわないためには、普段から周囲の車に配慮した運転を心がけることが大切です。周囲に危ない思いをさせないことが、めぐりめぐってご自身の安全にもつながります。

あわせて読みたい記事
運転中にイヤホンを使うと違反?片耳イヤホンや自転車の運転中は?
運転中にイヤホンを使うと違反?片耳イヤホンや自転車の運転中は?
当て逃げされたときの対処法や示談金相場は?捜査や使える保険もわかる
当て逃げされたときの対処法や示談金相場は?捜査や使える保険もわかる
仮免で事故!路上教習中に起きた交通事故の責任は誰が負う?補償は?
仮免で事故!路上教習中に起きた交通事故の責任は誰が負う?補償は?
優先道路での事故|優先なのに過失割合がつく?優先道路の定義と見分け方
優先道路での事故|優先なのに過失割合がつく?優先道路の定義と見分け方
車検証不携帯の罰則は?コピーの可否や携帯すべきその他の物も解説
車検証不携帯の罰則は?コピーの可否や携帯すべきその他の物も解説
バイクのすり抜け事故|過失割合や違反になるケースは?逃げた場合の対処法も
バイクのすり抜け事故|過失割合や違反になるケースは?逃げた場合の対処法も
レンタカーで事故にあったら保険や賠償はどうなる? 自己負担などの注意点も解説
レンタカーで事故にあったら保険や賠償はどうなる? 自己負担などの注意点も解説
飲酒運転の法律知識|飲酒運転の範囲、違反時の罰則は?防止策も紹介
飲酒運転の法律知識|飲酒運転の範囲、違反時の罰則は?防止策も紹介
全ての記事を見る

突然生じる事故や事件に、
地元の弁護士が即座に対応することで
ご相談者と社会に安心と希望を提供したい。