交通事故に強い弁護士とは?弁護士なら誰でも交通事故に強い訳ではない

更新日:

交通事故に弁護士

弁護士無料相談のご案内

  • 慰謝料・示談金の適正額がわかる
  • ベストな解決に向けた弁護士からのアドバイスがもらえる

電話・LINEで全国からご利用可能。
無料相談の予約は24時間いつでも受付中。

簡単に見積もりだけ聞いてみたい方、事務所まで行く時間が取れない方、ケガで外出困難な方。アトム法律事務所は気軽に交通事故の無料相談が可能です。

無料法律相談はこちら
交通事故の無料法律相談
相談料 0
毎日50件以上のお問合せ!

交通事故の被害者になったら弁護士に依頼した方がいいと聞いたことはあっても、実際どうやって弁護士を決めたらいいのかわからないという方は多いです。

  • 弁護士なら誰を選んでも同じ?
  • せっかく依頼するなら交通事故に強い弁護士を選びたい

本記事では、どういった弁護士なら「交通事故に強い弁護士」というのかについて解説してきます。弁護士の探し方や無料相談の窓口も紹介しているので、さいごまでご確認ください。

無料法律相談はこちら
交通事故の無料法律相談
相談料 0
毎日50件以上のお問合せ!

交通事故に強い弁護士の定義とは?

弁護士の資格を持っていれば、どの弁護士を選んでもいい訳ではありません。

交通事故のトラブルに関して、納得感のある解決に導けるのは「交通事故に強い弁護士」です。それでは、交通事故に強い弁護士とはいったいどのような弁護士のことをいうのでしょうか。

一概に定義づけできるものではありませんが、ここでは交通事故に強いといわれる弁護士であれば兼ね備えているであろう主なポイントを紹介します。

交通事故に強い弁護士

  • 交通事故の実務経験が豊富か
  • 被害者に親身に対応しつつ、わかりやすく説明してくれる
  • 弁護士介入によるリスクも含めた説明がある
  • 弁護士費用が明瞭でわかりやすい

弁護士の人柄にも関わってくる点も多いので、実際に相談する際に意識してみるようにしましょう。

それでは、それぞれ具体的にどういったところが交通事故に強い弁護士につながるのか解説します。

交通事故の実務経験が豊富か

法的な問題は多岐にわたるので、弁護士といえども経験がない分野ではノウハウがないため、柔軟に対応できない可能性が高くなってしまいます。

特に、交通事故の分野に関しては、法律の知識はもちろん、医学に関する知識や自動車保険の知識も必要です。

交通事故の実務経験が豊富かどうかは、以下のポイントを意識して確認してください。

  • 示談金の増額交渉の実績がある
  • 過失割合について詳しい
  • 後遺障害等級に関する知識が多い

無料相談をつかって弁護士に直接聞いてみたり、弁護士が公開しているホームページの内容を確認してみたりするのもいいでしょう。

被害者に親身に対応しつつ、わかりやすく説明してくれる

弁護士なら、被害者に寄り添ってよく話を聞いてくれるのは当然だと思われるかもしれません。
しかし、弁護士も人間なので、親身になって話を聞いてくれるかどうかは人柄によって変わってきます。

特に、はじめての事故だと不安であり、困っていることをうまく伝えられない被害者も多いです。

被害者の悩みや不満を丁寧に引き出したうえで、専門用語を使わずにわかりやすく説明してくれる弁護士であれば安心して相談や依頼ができるでしょう。

交通事故の実務経験が豊富な弁護士なら、過去の経験から被害者がどういった点に悩んでいるのか具体的に理解してくれやすく、親身になって話を聞いてくれます。

また、説明の際には専門用語を使わずに、被害者にとってわかりやすい言葉で説明してくれる弁護士であれば、被害者の立場に立って考えることができているので、信頼しやすいといえるでしょう。

弁護士を探したり選んだりする際、これまでに弁護士依頼で後悔した人のケースを知っておくことは非常に参考になります。
関連記事『交通事故で弁護士依頼は後悔する?失敗談と対策|弁護士選び・変更方法』では、さまざまな後悔した事例から、弁護士を選ぶヒントがわかります。あわせてご確認ください。

弁護士介入によるリスクも含めた説明がある

弁護士が交通事故の賠償問題に介入すると、被害者の賠償金が増額するなど一定のメリットが得られます。
しかし、言い換えると弁護士が介入したからといってどの案件も被害者が100%満足できる結果になるとは言い切れません。

たとえば、弁護士介入による代表的なデメリットとしては「費用倒れ」があげられます。被害者が得られる賠償金そのものが低額であったにもかかわらず、弁護士依頼に必要な弁護士費用を差し引くとマイナスになってしまう状態のことです。

いいことばかりを並べ立てるのではなく、こういったリスクや考えられるあらゆる可能性を丁寧に説明してくれる弁護士を選ぶようにしましょう。

費用倒れについて詳しくは関連記事『交通事故で弁護士に頼むと費用倒れになる金額はいくら?』をご確認ください。

弁護士費用が明瞭でわかりやすい

弁護士費用が明瞭でわかりやすいかも重要なポイントになります。
弁護士費用は弁護士ごとに異なるので、どのような仕組みになっているのかはっきり説明してもらうようにしてください。

弁護士費用の内訳と、一般的な金額は以下の通りです。

  • 相談料
    弁護士に相談する際に必要。1時間5000円~1万円程度になる。
  • 着手金
    弁護士に依頼する際に必要。少なくとも20万円前後になる。
  • 成功報酬
    弁護士が依頼を達成した際に生じる費用。
    依頼者が獲得した経済的利益の数%となることが多い。
  • 実費、日当
    裁判所への出廷費用や、依頼達成のためにかかった切手代、交通費など
    依頼終了時に清算することが多い。

基本的に請求する金額が高額になるほど、弁護士費用も高額になります。

特に注意したいのが成功報酬の部分です。経済的利益の何%としているのかで、弁護士費用が大きく変わってきます。

交通事故の場合、賠償額が数千万~数億円になることもあるので、たった数%の違いに見えても金額でみると大きな差がでるのです。

弁護士費用については弁護士が公開しているホームページを確認すれば判断できることも多いですが、事前に見積もりを取った方がより良いでしょう。

もっとも、被害者側が加入する任意保険に「弁護士費用特約」が付いている場合は、費用負担なしで弁護士に依頼できるケースがあります。弁護士費用特約については後ほど詳しく解説しますので、引き続きご覧ください。

交通事故で弁護士をおすすめする理由

交通事故に強い弁護士の定義がわかったところで、そもそもなぜ弁護士がおすすめなのでしょうか。

交通事故の賠償問題に関して、弁護士がおすすめな理由を見ておきます。

示談交渉で慰謝料などの示談金を増額できるから

交通事故では多くのケースで加害者が加入する任意保険会社と示談交渉を行います。

基本的に保険会社は独自の低い金額基準でしか慰謝料・示談金を提示してきません。弁護士なら裁判所が認める適正な金額で算定しなおし、保険会社を相手に増額交渉を行います。

もし、被害者お一人で保険会社と交渉を進めると、交渉経験の乏しさから保険会社の言いなりになってしまいかねません。弁護士が代わりに示談交渉を行うことで、保険会社と対等に交渉を進めることができるようになります。

弁護士なら保険会社と対等に交渉が進められ示談金が増額する可能性が高い

適切な後遺障害等級の認定がなされるから

治療をつづけても残念ながらケガが完治せずに後遺症が残ってしまう可能性もあります。

後遺症が残ったら後遺障害等級の認定を受けることで後遺症に対する補償を請求できるようになりますが、認定を受けるのは容易くありません。
弁護士がいれば、戦略的に後遺障害等級の認定に向けた備えができるので、納得のいく等級認定が実現できる可能性が高まるでしょう。

資料収集を任せて治療に専念できるから

示談交渉や後遺障害申請を行う場合、さまざまな書類・資料を取り揃えねばなりません。弁護士がいれば、各種資料の収集も一任することができます。

事故でケガをされると治療をつづける必要がありますが、被害者お一人で保険会社とやり取りしていると、治療が疎かになりがちです。弁護士がいれば保険会社とのやり取りをすべて任せられるので、治療に専念できるでしょう。

通院や治療の方法に関して適切なアドバイスを受けられるから

弁護士がいることで治療に専念できるだけでなく、通院や治療における適切な対応方法についてもアドバイスを受けることができます。

治療のために通院する際に、通院頻度が少なかったり、医師の許可なく整骨院や接骨院で治療を受けると、慰謝料の金額が減額されてしまう恐れがあるのです。

また、治療期間が長引くと、加害者側の任意保険が今後の治療費用の立て替えを打ち切る旨の連絡をしてくることがあります。

弁護士がいれば、慰謝料を減額されないために必要な通院・治療の方法を確認することが可能となり、治療費用の立て替えの打ち切りに対しても正確に対応してくれるでしょう。

交通事故に強い弁護士の探し方

交通事故に強い弁護士の一般的な探し方は、以下の通りです。

  • インターネットで弁護士を探す
  • 知人から弁護士を紹介してもらう
  • 法テラス・弁護士会などで相談した弁護士にそのまま依頼する

それぞれの探し方の特徴をみていきましょう。

インターネットで弁護士を探す

スマホやパソコンを使えば手軽に検索でき、情報量も多いです。

ホームページを公開する弁護士も多いので、弁護士の特徴や強み・交通事故の解決実績などを知ることができるでしょう。

知人から弁護士を紹介してもらう

知人がすでに依頼したことのある弁護士なら人柄も聞けるので安心感があります。

ただし、紹介してもらった弁護士が交通事故に強いかは不明なので、その点はご自分でもよく確認するようにしましょう。

法テラス・弁護士会などで相談した弁護士にそのまま依頼する

法テラスや弁護士会といった法律を軸にした機関からの紹介であれば信頼度も高いです。

しかし、交通事故に強い弁護士を必ず紹介してくれるとも限りません。どの機関で弁護士を探すにしても、先述した「交通事故に強い弁護士の定義」を参考に選びましょう。

各相談先の特徴を比較

交通事故紛争処理センター、日弁連交通事故相談センター、法テラスそれぞれの特徴をまとめてみました。

ご相談前に各窓口の公式サイトを確認し、現在取り扱っている業務を確認することを推奨いたします。

交通事故紛争処理センター

相談費用無料
依頼費用無料
相談方法対面相談
対応内容・法律相談
・示談あっ旋
・審査会による審査

日弁連交通事故相談センター

相談費用無料
依頼費用無料
相談方法電話相談、対面相談
対応内容・法律相談
・示談あっ旋
・審査会による審査

法テラス

相談費用無料
依頼費用有料
相談方法電話相談、対面相談
対応内容・適切な相談先の案内
・弁護士費用の貸与(収入要件あり)

交通事故紛争処理センターは中立的な立場での示談あっ旋を前提とした相談のみを受け付けているので、常に相談できるとは限りません。

また、日弁連交通事故相談センターについては、相談回数や一回の相談時間に制限がある点に注意してください。

弁護士に相談する場合であれば、事前に事務所の公式サイトなどを見て過去の活動歴、解決事例、所属弁護士の情報などを確認することができます。
きちんと下調べをしておけば、交通事故案件の経験豊富な弁護士に当たる可能性が高まるでしょう。

交通事故と弁護士に関するQ&A

弁護士に相談するタイミングは?

基本的に、交通事故後どのタイミングであっても弁護士に相談することは可能です。

ただし、一般的には治療終了前後のタイミングが弁護士相談に適しているとされています。
ケガの治療中だと損害額も確定しておらず、弁護士としてもできることは限られてしまうためです。

もっとも、治療終了前後のタイミングであれば、弁護士も以下のような事柄についてアドバイスしやすくなります。

  • 後遺障害等級認定の手続きをどうすればいいか
  • 被害者のケガの態様・治療期間に合った示談金額がいくらになるか

弁護士に依頼すれば、後遺障害等級を認定されやすくするために活動したり、適正な慰謝料が支払われるよう増額交渉してくれたりします。

交通事故のトラブルは、示談交渉で解決するケースがほとんどです。
しかし、ケースによっては調停や訴訟に発展するケースも珍しくないので、そのような場合でも弁護士なら対応することが可能です。

関連記事『交通事故で弁護士に相談・依頼するタイミングはいつ?』では、弁護士に相談・依頼するタイミングは早ければ早いほどいい理由や、タイミングごとで得られるメリットについて詳しく解説しています。あわせてご確認ください。

弁護士に無料相談する流れは?

昨今、多くの法律事務所において交通事故被害者の無料相談を行っています。
まずは無料相談を利用してみて、弁護士に依頼するべきかどうか検討してみはいかがでしょうか。

弁護士の無料相談利用時の流れ

  1. 無料相談に対応している弁護士に連絡を取る(治療終了前後が望ましい)
  2. 弁護士と相談する
  3. 弁護士に依頼する or 依頼しない
  4. 弁護士に依頼したら示談交渉がはじまる(後遺障害等級認定の申請がまだなら、申請の結果が出た後に示談交渉を行う)
  5. 示談成立 or 示談不成立(成立ならここで終了)
  6. 示談不成立なら訴訟等へ進む

法律事務所によっては、初回のみ無料となっている場合もあるので注意しましょう。

交通事故の被害に遭ってお困りの方は、無料相談に対応しているアトム法律事務所をぜひご活用ください。

無料法律相談はこちら
交通事故の無料法律相談
相談料 0
毎日50件以上のお問合せ!

依頼するなら近場の弁護士がいい?

交通事故の賠償問題が、示談交渉で解決できる場合であれば弁護士のいる場所について考える必要はないでしょう。

交通事故の示談交渉を弁護士に依頼しても、基本的に電話やメールなどでのやりとりで済むことがほとんどです。いまは、LINEやオンライン通話を取り入れている弁護士も多くなっています。

被害者と弁護士のやり取りもですが、弁護士と保険会社のやり取りも基本的には電話で事足ります。したがって、基本的に弁護士の場所を気にし過ぎる必要はありません。

もっとも、訴訟が見込まれる案件の場合は、お住いの地域の弁護士や、事故発生場所に近い弁護士を選んだ方がいいケースもあるでしょう。

交通事故の裁判は、被害者または加害者の住所地、もしくは事故発生場所を管轄する簡易裁判所・地方裁判所でおこなわれます。

裁判のために弁護士が裁判所に行くと日当がかかるケースが多いので、手間や費用を考えるとわざわざ遠方の弁護士に依頼しない方がいい場合もあるでしょう。

交通事故に強い弁護士が多すぎて選べない?

交通事故に強い弁護士をある程度しぼれても、弁護士の数自体が多いので迷ってしまうかもしれません。

弁護士の質が同じ程度だったり、自分との相性も悪くなさそうだったりして決め手に欠ける場合は、事務所の営業時間も参考にしてみるのはいかがでしょうか。

営業時間を平日9時~18時で厳守する弁護士もいれば、被害者の予定にあわせて夕方や土日祝日でも融通を利かせてくれる弁護士もいます。

仕事終わりや時間を確保できる休みの日に相談したい、会社を休んでまで相談に当てたくないような場合は、営業時間もチェックしてみましょう。

アトム法律事務所は、無料相談の予約受付を24時間いつでも受付中です。空いた時間を有効に活用いただけます。

アトムの無料相談窓口|交通事故の解決実績が多数

24時間いつでも無料相談の予約受付中

アトム法律事務所では電話・LINE・メールでの無料相談を受け付けています。
無料相談をご希望の場合は、まず予約をお取りいただくところからお願いしています。予約の受付は24時間いつでも対応中なので気軽にお問い合わせください。

外出せずに相談が可能な上に、事務所への訪問無しで交渉の依頼から示談金振込まで完了する事故事案もあります。
相談だけなら費用もかからないので、交通事故後の対応についてお悩みの方ぜひアトム法律事務所へお気軽にご相談ください。

無料法律相談はこちら
交通事故の無料法律相談
相談料 0
毎日50件以上のお問合せ!

また、任意保険に弁護士費用特約が付いていれば、ご自身で弁護士費用を負担することは原則ありません。

弁護士費用特約を使えば無料で弁護士に依頼できる

被害者側が加入する任意保険に「弁護士費用特約」が付いている場合は、費用負担なしで弁護士に依頼できるケースがあります。

弁護士費用特約とは

交通事故で加害者側に損害賠償請求するために負担した法律相談費用および弁護士費用に対して支払われる保険金のこと。
通常、1事故につき1名あたり法律相談費用10万円、弁護士費用300万円を限度に保険金を受け取ることができ、特約を使用してもノンフリート等級は下がらない。

弁護士費用特約は被保険者本人だけではなく、被保険者の配偶者や親族でも使える場合があるので、特約が使える範囲をしっかり確認しておきましょう。

弁護士費用特約を使える範囲

  1. 記名被保険者本人
  2. 記名被保険者の配偶者
  3. 記名被保険者または配偶者の同居の親族
  4. 記名被保険者または配偶者の別居の未婚の子
  5. 1~4以外の者で、契約自動車に搭乗中の者
  6. 1~5以外の者で、契約自動車の所有者(ただし、契約自動車の被害事故に関する損害賠償請求または法律相談を行う場合に限る)

通常の弁護士費用特約であれば、上記のいずれかに該当していれば弁護士費用特約を使うことができます。

そのため、もし自分の任意保険に弁護士費用特約が付いていなかったとしても、親族や配偶者が加入している任意保険に特約が付いているかどうか確認するようにしてください。

具体的な弁護士費用の額や弁護士費用特約の使い方が気になる方は、関連記事『交通事故の弁護士費用相場はいくら?弁護士費用特約を使って負担軽減』もあわせてごらんください。

弁護士費用特約がなくても安心のアトムの費用体系

仮に、特約が付いていなかったとしても、アトム法律事務所では基本的に示談後の回収額からお支払いいただける成功報酬型の料金体系なので、依頼時に費用を支払わずに依頼可能です。

アトムの弁護士費用に関して詳しくは、「交通事故の弁護士費用」のページをご確認ください。

アトムの弁護士が選ばれ続ける理由

アトム法律事務所は、交通事故事案に関する実績を多数重ねてきております。
無料相談では、弁護士が介入することでどのくらい増額の可能性があるのか、保険会社とのやり取りに疲れてしまったのでどうしたらいいのかなど、お困りごとをざっくばらんにお話しください。

交通事故被害者の方に選ばれ続けた実績
アトムを選んだお客様の声
交通事故被害者の方に選ばれ続けた実績
アトムを選んだお客様の声

弁護士が示談交渉に介入するかどうかで、最終的に得られる慰謝料や示談金の金額が大きく変わってきます。交通事故に巻き込まれたら、交通事故のトラブルに強い弁護士にすみやかに相談しましょう。

岡野武志弁護士

監修者


アトム法律事務所

代表弁護士岡野武志

詳しくはこちら

高校卒業後、日米でのフリーター生活を経て、旧司法試験(旧61期)に合格し、アトム法律事務所を創業。弁護士法人を全国展開、法人グループとしてIT企業を創業・経営を行う。
現在は「刑事事件」「交通事故」「事故慰謝料」などの弁護活動を行う傍ら、社会派YouTuberとしてニュースやトピックを弁護士視点で配信している。

保有資格

士業:弁護士(第二東京弁護士会所属:登録番号37890)、税理士

学位:Master of Law(LL.M. Programs)修了

突然生じる事故や事件に、
地元の弁護士が即座に対応することで
ご相談者と社会に安心と希望を提供したい。