交通事故・刑事事件に加えて借金問題・労働問題の対応を本格化しています。

交通事故の法律相談|日弁連交通事故相談センターとは?法律事務所の弁護士との違いは?

更新日:

新たに改正民法が施行されました。交通事故の損害賠償請求権に関するルールに変更があります。

この記事では、被害者が無料で利用できる法律相談先として、ADRの利用(日弁連交通事故相談センター)と、法律事務所の弁護士相談をご紹介しています。

あなたに合った法律相談先を見つける一助になると幸いです。

法律相談

ご希望される方は

こちら

法律相談

ご希望される方は

こちら

交通事故のご相談はアトム法律事務所お任せください

24時間全国対応!
今すぐアトムに無料相談
お気軽にお電話ください

交通事故の法律相談|無料で相談する方法

(1)ADRで担当弁護士に相談する

ADRとは、裁判を起こさずに、紛争を解決する手続きのことをいいます。

代表的なADRとして、公益財団法人 日弁連交通事故相談センター、公益財団法人 交通事故紛争処理センター、そんぽADRなどがあげられます。

次の章では、ADRの中から、全国的に相談所数が多く、事故初期段階からの相談を受け付けている「日弁連交通事故相談センター」についてご説明します。

(2)法律事務所の弁護士に相談する

法律事務所での相談には費用がかかることもありますが、中には無料相談を行っている事務所もあります。
無料で相談できる範囲や内容、時間、回数は法律事務所ごとに異なりますので、ご相談前にどこまで無料相談できるのかを問い合わせておくと安心です。

アトム法律事務所では、交通事故の被害者からの法律相談予約を年中無休で受け付けています。

  • 慰謝料の相場を知りたい
  • 休業損害がきちんと認められない
  • 相手方との示談交渉が難航している

上記のような交通事故被害者からのご相談にもお応えしております。
ご相談予約の受付は24時間・365日対応のフリーダイヤルまたはLINE、メールをご利用ください。混み合うお時間帯によっては、対応できる弁護士の人数には限りがございますので、お早目のご相談をおすすめします。

法律相談

ご希望される方は

こちら

法律相談

ご希望される方は

こちら

交通事故のご相談はアトム法律事務所お任せください

24時間全国対応!
今すぐアトムに無料相談
お気軽にお電話ください

交通事故のお困りごとに関する弁護士への無料相談窓口を知りたい方は、『交通事故の無料電話相談を24時間受け付けている窓口を紹介』からもご覧いただけます。

日弁連交通事故相談センターってどんなところ?

日弁連交通事故相談センターの取り組み

ADRのひとつである日弁連交通事故相談センターは、交通事故の被害者救済を目的として設立されたものです。
利用すると、弁護士が公平・中立な第三者として、示談交渉の進行を支えてくれます。

具体的な取り組みは、以下の通りです。

  1. 無料の電話相談
  2. 無料の面接相談
  3. 示談あっ旋

相談場所

日弁連交通事故相談センターは、北海道から沖縄県まで全国157か所・47都道府県すべてに相談所があります。

お住まいの近くの日弁連交通事故相談センターは、日弁連交通事故相談センターのHPから詳細を調べてみてください。

実際に法律相談した人の感想

日弁連交通事故相談センターが行った相談者アンケートでは、91%の相談者の方(総回答数:566)から「大変役に立った」または「役に立った」という回答があったそうです。

また、相談担当弁護士から受ける説明の分かりやすさについては、98%の相談者の方(総回答数:565)が「とても分かりやすかった」または「まあ分かりやすかった」と評価しています。

法律の言葉は難しいもの・聞きなれないものも多いので、分かりやすい説明があると安心できそうです。

法律相談のメリット

日弁連交通事故相談センターの特徴・メリットは次の通りです。

  • 無料で弁護士に相談でき、示談のサポートを受けられること
  • 全国各地・計157ヵ所に相談所があり便利であること(令和2年5月現在)
  • 年間35,721件と解決実績が豊富であること(平成30年)
  • 示談成立率が82.83%と高いこと(平成30年)

利用者の満足度も高く、法律相談先として有効活用できそうです。

日弁連交通事故相談センターに相談できることは?

相談できるケース

日弁連交通事故相談センターの相談受付は、次の3点を前提としています。

  1. 日本国内で起こった交通事故
  2. 自動車または二輪車(バイク)の民事責任の問題
  3. 人身事故・物損事故は問わない

事故の当事者、または同居しているご家族(四親等内の親族及びこれらに準ずる者)であれば、相談が可能です。

相談を受け付けていないこと

刑事責任・行政責任の相談は対象外とされています。

つまり、次のような相談は対象外です。

  • 逮捕されてしまったけどどうすればいいか(刑事責任)
  • 免許停止の処分を受けてしまった(行政責任)

相談できることは民事責任の範囲なので、交通事故で発生した損害賠償のことに限ります。

日弁連交通事故相談センターへの相談方法は?

電話相談したい

電話相談の場合は、全国一律のナビダイヤルが設けられています。

日弁連交通事故相談センター

  • 日弁連交通事故相談センター:0570-078325
  • 無料電話相談の日時:(月)〜(金) 10:00〜16:30
  • 相談時間の目安:10分程度

通話料は有料となっている点に注意してください。
無料電話相談時間は10分程度なので、相談したい内容をメモしておくなど、時間を有効に使う準備をしておきましょう。

また、毎月10日は「拡大電話相談の日」として、相談時間を19時までに延長しています。2020年の拡大電話相談の日程は次の通りです。

2020年の拡大電話相談の日

1月10日(金)、 2月10日(月) 、3月10日(火) 、4月10日(金)、5月11日(月)、6月10日(水)、7月10日(金)、8月10日(月)、9月10日(木)、10月13日(火)、11月10日(火)、12月10日(木)

掲載情報は2020年5月18日(月)時点の情報です。今後変更される可能性もありますので、ご注意ください。

面接相談したい

面接相談を希望する場合は、各相談所への直接連絡になっています。

面接相談は30分×5回までという目安が設けられています。
面接相談にかかる費用は無料ですが、相談所までの交通費や、相談所との通話料は自己負担になります。

示談あっ旋してほしい

まずは面接相談を行って、相談担当弁護士が示談あっ旋に適しているかの判断を受けることになります。面接相談の予約から始めましょう。

示談あっ旋の流れ

示談あっ旋の流れは次の通りです。

  1. 無料の面接相談を行う
  2. 担当弁護士が示談あっ旋に適しているかを判断する
  3. 示談あっ旋に適している場合は示談あっ旋を申し出る
  4. 相手方が示談あっ旋に同意した場合は第1回目の示談あっ旋期日を設ける
  5. 示談成立まで2回、3回と示談あっ旋期日を設ける
  6. 示談が成立したら示談契約書または免責証書を作成する

相手方が示談あっ旋の申し出に不同意の場合は、法律相談を継続したり、民事訴訟などの別の解決方法を検討することになります。

示談あっ旋がまとまらない時には、打ち切り、民事訴訟、審査の3つから選ぶことになります。

審査とは

審査とは、弁護士によって構成される委員会が判断を行うことです。
審査結果に納得しなければ、被害者は同意しなくても良いとされています。

その一方で、相手方が次の9つのいずれかの共済に加入している場合、被害者が審査結果に同意すれば、相手の共済側は審査結果を尊重しなくてはなりません。

相手方の加入共済しだいで審査を利用できますので、加入保険・加入共済の把握はとても大切です。

日弁連交通事故相談センターの審査結果を尊重する共済

共済保険
教職員共済生協(教職員共済生活協同組合)自動車共済
交協連(全国トラック交通共済協同組合連合会)自動車共済
JA共済連(全国共済農業協同組合連合会)自動車共済
自治協会(全国自治協会)・町村生協(全国町村職員生活協同組合)自動車共済
都市生協(生活協同組合全国都市職員災害共済会)自動車共済
市有物件共済会(全国市有物件災害共済会)自動車共済
自治労共済生協(全日本自治体労働者共済生活協同組合)自動車共済
全労済(全国労働者共済生活協同組合連合会)マイカー共済
全自共(全国自動車共済協同組合連合会)自動車共済
全自共・日火連(全日本火災共済協同組合連合会)自動車総合共済MAP(共同元受)

※日弁連交通事故相談センターHPより抜粋

示談あっ旋に適さないと判断されるもの

日弁連交通事故相談センターが行う「示談あっ旋」とは、当事者同士での話し合いが進まない時、第三者の中立的な立場として弁護士が間に入って、話し合いが進むように助けることです。

しかし、交通事故のなかには日弁連交通事故相談センターの示談あっ旋の対象とはならないものもあります。

示談あっ旋に適さないもの

  • 自動車やバイクなどの自賠責保険・自賠責共済への加入が義務付けられている車両以外の事故(自転車は損害賠償義務者が全労災に加入している場合に対応できる可能性あり)
  • 調停中や民事訴訟中の交通事故
  • 日弁連交通事故相談センター以外の機関に示談あっ旋などを申し出ている交通事故
  • その他に担当弁護士が不適切と判断した交通事故

示談あっ旋を行う相談所には限りがあるようです。
詳細は面接相談先の弁護士に尋ねてみましょう。

物損のみの示談あっ旋も可能

物損のみの示談あっ旋も受け付けています。
ただし、損害賠償者が以下の保険会社または共済に加入している場合に限られます。

損害保険会社

  • あいおいニッセイ同和損害保険株式会社
  • アクサ損害保険株式会社
  • イーデザイン損害保険株式会社
  • AIG損害保険株式会社
  • SBI損害保険株式会社
  • 共栄火災海上保険株式会社
  • セコム損害保険株式会社
  • セゾン自動車火災保険株式会社
  • ソニー損害保険株式会社
  • 損害保険ジャパン日本興亜株式会社
  • そんぽ24損害保険会社
  • 大同火災海上保険株式会社
  • 東京海上日動火災保険株式会社
  • 日新火災海上保険株式会社
  • 三井住友海上火災保険株式会社
  • 三井ダイレクト損害保険株式会社
  • 楽天損害保険株式会社

共済

共済保険
教職員共済生協(教職員共済生活協同組合)自動車共済
交協連(全国トラック交通共済協同組合連合会)自動車共済
JA共済連(全国共済農業協同組合連合会)自動車共済
自治協会(全国自治協会)・町村生協(全国町村職員生活協同組合)自動車共済
都市生協(生活協同組合全国都市職員災害共済会)自動車共済
市有物件共済会(全国市有物件災害共済会)自動車共済
自治労共済生協(全日本自治体労働者共済生活協同組合)自動車共済
全労済(全国労働者共済生活協同組合連合会)マイカー共済
全自共(全国自動車共済協同組合連合会)自動車共済
全自共・日火連(全日本火災共済協同組合連合会)自動車総合共済MAP(共同元受)

弁護士に示談交渉を頼めば示談金増額が可能

保険会社の提示額は低い場合がある

示談交渉で相手方の保険会社から提示される金額は、あくまで保険会社側の基準に沿って算定したものです。相手方の保険会社の基準のことを、自賠責基準・任意保険基準といいます。

自賠責基準の補償内容は、法令で定められている最低限の水準と考えてください。
任意保険基準は相手方保険会社が独自に設定していますが、大方自賠責基準と同程度の金額であり、決して適正とはいえません。

それに対して弁護士は、過去の判例に沿った基準で慰謝料を計算します。
これを弁護士基準といい、自賠責基準や任意保険基準より大幅に高額です。
弁護士に慰謝料を計算してもらい、代わりに示談交渉を行ってもらえば、弁護士基準の金額獲得が見込めます。

慰謝料算定の3基準

  1. 自賠責基準
    法令にのっとった最低限の金額基準
  2. 任意保険の基準
    相手方任意保険会社が用いる金額基準
    弁護士基準と同等か少し高額な程度になる
  3. 弁護士基準(裁判基準)
    過去の判例に基づいた金額基準
    3基準の中でもっとも高額になる

「弁護士に依頼する=裁判を起こす」と考える人も多いですが、すぐに裁判をするわけではありません。

まずは弁護士に示談交渉をしてもらい、示談交渉がまとまらないときにADRや民事裁判での解決を目指すことも多いのです。

ではここで、弁護士基準は自賠責基準に比べてどれくらい高額なのか、後遺障害慰謝料の金額を例に比較してみましょう。

表:後遺障害慰謝料の比較

等級 自賠責*弁護士
1級・要介護1,650
(1,600)
2,800
2級・要介護1,203
(1,163)
2,370
1級1,150
(1,100)
2,800
2級998 (958)2,370
3級861 (829)1,990
4級737 (712)1,670
5級618 (599)1,400
6級512 (498)1,180
7級419 (409)1,000
8級331 (324)830
9級249 (245)690
10級190 (187)550
11級136 (135)420
12級94 (93)290
13級57 (57)180
14級32 (32)110

※慰謝料の単位:万円
※()内の金額は2020年3月31日までに発生した事故に適用

同じ後遺障害等級でも、弁護士基準で算定すると、2~3倍の金額となります。
弁護士基準への増額交渉をしないと、本来もらえる金額の半分または半分以下になってしまうのです。

以下の関連記事では、弁護士基準で慰謝料を算定した場合の金額・事例を詳しく解説しています。弁護士依頼の検討材料に、関連記事『交通事故の慰謝料は弁護士基準で計算!慰謝料相場と増額成功のカギ』も併せてお読みください。

弁護士が交渉しないと増額は実現できない

被害者の代理人として弁護士が示談交渉に出てくると、相手方任意保険会社は被害者側の主張を聞き入れる傾向にあります。

弁護士が交渉の場に立つことで、「この示談交渉が決裂したら、民事裁判になるかもしれない」と相手方に考えさせることができるからです。
相手方任意保険会社が民事裁判を警戒する理由は、以下の通りです。

  • 民事裁判になると、示談交渉よりも長い時間がかかるので、一度に多くの案件を抱えている保険会社にとっては不都合
  • 民事裁判になると、保険会社は被害者に対し、弁護士費用や遅延損害金も支払わなければならない
  • 民事裁判になれば、どのみち弁護士基準の金額が認められる可能性が高い

こうしたことから、慰謝料を増額させるには、示談交渉で弁護士を立てることが大切なのです。

法律事務所の弁護士への法律相談

弁護士は依頼人である被害者の味方となる

法律相談をするうえでのポイントは、日弁連交通事故相談センターのようなADRの弁護士と、個人で契約をする弁護士の立場には違いがあるということです。

ADRの担当弁護士は、話をじっくり聞いたうえで、第三者としての提案・相談を受けてくれます。しかし、中立的な立場ですので、必ずしも被害者の利益だけを考えて行動できるわけではありません。

一方で、法律事務所の弁護士は異なります。

法律相談を受け、正式な契約した際には、弁護士は被害者の味方として活動を行いうのです。

被害者の味方

相手方とのやり取りから解放されてストレスフリーに

法律事務所の弁護士に依頼をした場合、弁護士は被害者の代わりとなって交渉の最前線に立ちます。被害者自身は相手方とのやり取りをする必要はなく、日常生活を送りながら交通事故の損害賠償問題を進展させることができるのです。

アトム法律事務所では、依頼者のご希望に応じた相談スタイルをとっています。
事務所に来所して直接話をしたいという方はもちろん、これまでの解決事例では、一度も事務所にお越し頂かずに増額を実現した実績が多数ございます。

弁護士費用が高額になるとは限らない

弁護士費用は、ご相談者の方の気になるところです。
法律相談をおこなって、もし弁護士への依頼を検討するなら、必ず弁護士費用がどれくらいかかるのかは確認しておきましょう。

弁護士費用の内訳を例示します。

弁護士費用の内訳

費用説明
相談料法律相談時に発生する費用
着手金弁護活動を始める際にかかる費用
成功報酬弁護活動の成果に応じてかかる費用
日当弁護活動にかかる1日あたりの費用
実費通信費、収入印紙代などの費用

着手金、成功報酬、日当、実費などの弁護士費用の定義は各法律事務所によって異なり、独自の定義をもつ場合があります。もし色んな法律相談をして見積もりをするなら、法律事務所ごとの取り扱いを確認すべきです。また、費用体系を明瞭にしている法律事務所を探すようにしましょう。

なお、交通事故の被害者から寄せられる法律相談は無料としている法律事務所が多いです。無料で相談できる回数や時間が限られている場合もあるので、聞きたいことをまとめておくと、時間を有効に使えます。

もっと見る

交通事故の弁護士費用、計算方法を解説

弁護士費用が心配な方へ|費用ゼロになる可能性あり

弁護士費用特約を使えば、保険会社が弁護士費用・法律相談料を支払ってくれます。

弁護士費用特約
弁護士費用特約

弁護士費用特約は、相手方の保険ではなく、被害者自身の加入する保険に付帯されている場合に利用できます。弁護士費用特約を使っても保険等級には影響しませんので、保険料が上がるなどのデメリットはありません。

特約内容にもよりますが、弁護士費用300万円・法律相談料10万円までを補償している特約が多いとされています。

弁護士費用特約についてもっとくわしく知りたい方は、関連記事『交通事故の弁護士費用特約|加入なしでも大丈夫?利用方法とメリット&デメリット』をお役立てください。

アトム法律事務所に法律相談の予約をする|24時間受付中

満足度90%超えの実績|電話・LINE・メールOK

アトム法律事務所は、被害者の方からの法律相談がきっかけとなり、これまで多くの交通事故被害者の救済に注力してきました。

実際にアトム法律事務所の法律相談をご利用いただいた方のお声の一部をご紹介いたします。

弁護士は硬いイメージでしたが、LINE相談が親しみやすかったです。

無料相談窓口ご利用者さまの声

素人は相談をもっていきにくいという意識がありましたが、ラインを通じて相談・質問が出来ました!

骨折・後遺障害10級のお客さまより
お客様相談満足度90%超えの実績でサポート!
お客様相談満足度90%超えの実績でサポート!

最初は、「ちょっと気になることがある」というトーンで法律相談をいただくことも多いので、「こんなことを聞いてもいいのかな?」と遠慮なさらず、アトム法律事務所の法律相談をご利用ください。

法律相談

ご希望される方は

こちら

法律相談

ご希望される方は

こちら

交通事故のご相談はアトム法律事務所お任せください

24時間全国対応!
今すぐアトムに無料相談
お気軽にお電話ください

まとめ

  • 日弁連交通事故相談センターでは、無料の法律相談を受け付けている
  • 日弁連交通事故相談センターに無料法律相談には電話相談・面談相談があり、回数や時間に制限がある
  • 日弁連交通事故相談センターでは面談相談後、示談あっ旋が申し出ることができる(示談あっ旋が適しているケースの場合)
  • 日弁連交通事故相談センターで担当する弁護士は第三者の中立的な立場、被害者個人で契約する弁護士は被害者と一心同体の代弁者である
  • 弁護士費用特約を使えば弁護士費用が実質無料になる(上限あり)

日弁連交通事故相談センターや法律事務所の法律相談の利用をご検討の方は、できるだけ早めに相談を開始することをおすすめします。

代表弁護士岡野武志

監修者


アトム法律事務所

代表弁護士岡野武志

詳しくはこちら

高校卒業後、日米でのフリーター生活を経て、旧司法試験(旧61期)に合格し、アトム法律事務所を創業。弁護士法人を全国展開、法人グループとしてIT企業を創業・経営を行う。現在は「刑事事件」「交通事故」などの弁護活動を行う傍ら、社会派YouTuberとしてニュースやトピックを弁護士視点で配信している。

保有資格

士業:弁護士(第二東京弁護士会所属:登録番号37890)、税理士

学位:Master of Law(LL.M. Programs)修了

英語:TOEIC925点

あわせて読みたい記事

全ての記事を見る