優先道路での事故|優先なのに過失割合がつく?優先道路の定義と見分け方

更新日:

優先道路による事故|優先道路の定義と見分け方

新たに改正民法が施行されました。交通事故の損害賠償請求権に関するルールに変更があります。

「優先道路を走行していたのに過失割合がつくといわれた!」
「相手が優先道路とはいえスピードも出過ぎていたし、ましてこちらは自転車だったのに…」

優先道路を走行する車両に対して進行を妨害してはいけませんし、非優先道路を走行する車両が徐行しなければなりません。

基本的に優先道路を走行する車両の方が過失割合は小さくなりますが、場合によって過失割合は変化する可能性も十分にあります。

本記事では、優先道路で発生した事故の過失割合から、優先道路の定義まで解説していきます。

優先道路で起きた事故の過失割合

過失割合は、事故類型ごとに決められた「基本の過失割合」に対して、事故個別の状況を反映するための「修正要素」を加えて決められます。
優先道路で起きた事故の基本の過失割合と修正要素をみていきましょう。

本記事で紹介する過失割合や修正要素は、「別冊判例タイムズ38」(東京地裁民事交通訴訟研究会編)に記載されている情報をベースにしています。

交通事故の過失割合に関する基本的な情報を先に知りたい方は、関連記事『交通事故の過失割合とは?決め方と示談のコツ!事故パターン別の過失割合』をご確認ください。

過失割合(1)四輪車同士の事故

一方が優先道路である交差点で、「優先道路を走行する優先車(A)」と「非優先道路を走行する劣後車(B)」が衝突した四輪車同士の事故における基本の過失割合はA:B=10:90です。

AB
基本の過失割合1090
Bの明らかな先入+10-10
Aの著しい過失+15-15
Aの重過失+25-25
Bの著しい過失-10+10
Bの重過失-15+15

非優先道路を走行する劣後車の過失割合の方が基本的に大きくなります。

もっとも、優先道路を走行する優先車に徐行義務はないものの、安全に走行する義務は求められます。優先車にも前方不注視や若干の速度違反など何らかの過失があったために事故が生じた考えられることから、優先車であろうと基本の過失割合として10%つくことになるのです。

過失割合(2)四輪車とバイクの事故

四輪車とバイクの事故では、バイクが優先道路の場合と四輪車が優先道路の場合に分けて過失割合を確認していきます。

バイクが優先道路の場合

一方が優先道路である交差点で、「優先道路を走行するバイク」と「非優先道路を走行する四輪車」が衝突した四輪車とバイクの事故における基本の過失割合はバイク:四輪車=10:90です。

バイク四輪車
基本の過失割合1090
バイクの著しい過失+10-10
バイクの重過失+20-20
四輪車の明らかな先入+10-10
四輪車の著しい過失ー5+5
四輪車の重過失-10+10

非優先道路を走行する四輪車の過失割合の方が基本的に大きくなります。

もっとも、優先道路を走行するバイクに徐行義務はないものの、安全に走行する義務は求められます。バイクにも前方不注視や若干の速度違反など何らかの過失があったために事故が生じた考えられることから、バイクであろうと基本の過失割合として10%つくことになるのです。

四輪車が優先道路の場合

一方が優先道路である交差点で、「優先道路を走行する四輪車」と「非優先道路を走行するバイク」が衝突した四輪車とバイクの事故における基本の過失割合はバイク:四輪車=70:30です。

バイク四輪車
基本の過失割合7030
バイクの著しい過失+10-10
バイクの重過失+20-20
バイクの明らかな先入-20+20
四輪車の著しい過失-10-20
四輪車の重過失-20+20

非優先道路を走行するバイクの過失割合の方が基本的に大きくなります。

もっとも、四輪車同士の事故とは違って、四輪車に30%の過失割合がつきます。

道路上では四輪車よりバイクの方が保護されるべき立場とされているので、非優先道路を走行するバイクでも過失割合は70%に止まるのです。

過失割合(3)四輪車と自転車の事故

四輪車と自転車の事故では、自転車が優先道路の場合と四輪車が優先道路の場合に分けて過失割合を確認していきます。

自転車が優先道路の場合

一方が優先道路である交差点で、「優先道路を走行する自転車」と「非優先道路を走行する四輪車」が衝突した四輪車と自転車の事故における基本の過失割合は自転車:四輪車=10:90です。

自転車四輪車
基本の過失割合1090
自転車が右側通行・左方から進入+5-5
自転車の著しい過失+10-10
自転車の重過失+15-15
自転車が児童等・高齢者-10+10
自転車の自転車横断帯通行-5+5
四輪車の著しい過失-5+5
四輪車の重過失-10+10

非優先道路を走行する四輪車の過失割合の方が基本的に大きくなります。

もっとも、優先道路を走行する自転車に徐行義務はないものの、安全に走行する義務は求められます。自転車にも前方不注視や若干の速度違反など何らかの過失があったために事故が生じた考えられることから、自転車であろうと基本の過失割合として10%つくことになるのです。

四輪車が優先道路の場合

一方が優先道路である交差点で、「優先道路を走行する四輪車」と「非優先道路を走行する自転車」が衝突した四輪車と自転車の事故における基本の過失割合は四輪車:自転車=50:50です。

四輪車自転車
基本の過失割合5050
夜間-5+5
自転車が右側通行・左方から進入-5+5
自転車の著しい過失-10+10
自転車の重過失-15+15
自転車が児童等・高齢者+10-10
自転車の自転車横断帯通行+10-10
自転車の横断歩道通行+5-5
四輪車の著しい過失+10-10
四輪車の重過失+20-20

四輪車が優先道路の場合、非優先道路を走行する自転車の過失割合は50%になります。

道路上では四輪車より自転車の方が保護されるべき立場とされているので、非優先道路を走行する自転車でも過失割合は50%に止まります。

そもそも優先道路とは?どうやって優先か判断する?

優先道路は法律で定義が決められています。優先道路の基本をおさえておきましょう。

法律で定められた優先道路の定義と判断基準

道路交通法上、優先道路は以下の通り定義されています。

道路標識等により優先道路として指定されているもの及び当該交差点において当該道路における車両の通行を規制する道路標識等による中央線又は車両通行帯が設けられている道路

道路交通法 第36条2項より抜粋

信号機のない交差点や見通しが悪い交差点でも、優先道路を直進する車両は徐行する必要がありません

道路標識やセンターラインで判断しよう

先述した条文をもう少しかみ砕いて説明します。
以下のいずれかのような場合の道路のことを優先道路といいます。

  • 「優先道路」、「前方優先道路」といった道路標識が設置されている道路
  • センターライン(破線・白色・黄色いずれも)が交差点を突き抜けている道路

道路標識やセンターラインから優先道路か判断することが可能です。

センターラインが消えていたらどうなる?

状況によっては、センターラインが消耗して消えていたり、積雪などで見えなかったりする場合もあります。

このような場合、センターラインを認識するのはむずかしいと考えられるので、優先道路として扱われないと判断されることになるでしょう。

左方が必ず優先になるのでは?

「どのような場合でも左方優先になる」と勘違いされている方も多いですが、道路標識やセンターラインがある場合、左方優先にはなりません。

道路標識やセンターラインがない交差点では、以下のような場合に優先道路となります。

  • 道路標識などがなく道幅が同じときは左方が優先
  • 道幅が異なるときは明らかに広い道幅の道路が優先

もっとも、信号機のある交差点の場合は信号機に従って走行してください。

優先道路での事故は弁護士に相談すべき?

優先道路での事故に限らず、事故による被害を受けたら弁護士に相談しましょう。

特に、過失割合に納得できない時や慰謝料に納得できない時に弁護士に相談すれば、解決の糸口がつかめるはずです。

過失割合に納得できない時

ほとんどの場合、相手方の保険会社から過失割合を提示されることになるでしょう。

保険会社が提示する過失割合を鵜呑みにしてはいけません。支払う示談金の金額を減らそうと、保険会社は被害者側の過失割合を多めに見積もっていることがあります。

過失割合に納得できない時はもちろん、過失割合に疑問を持たなかった場合も弁護士に一度、確認を取ってください。弁護士なら正しい過失割合がどのくらいなのか検討できます。

過失割合に納得できない時、具体的にどのように対処すれば正しい過失割合にできるのか解説した記事『交通事故の過失割合に納得いかない!変更させるにはコツ・対策が必要』もおすすめです。

慰謝料に納得できない時

過失割合と同様に、慰謝料を含む示談金も相手方の保険会社から提示されることになるでしょう。

保険会社が慰謝料や示談金を提示してきても、安易に合意しないでください。被害者が本来もらえるはずの適正な金額よりも、低い金額しか保険会社は提示してきません

精神的苦痛に対して支払われる慰謝料は金銭に換算しにくいため、妥当な金額がわからないと思います。

慰謝料や示談金の金額に納得できない時はもちろん、妥当な金額がいくらかわからない時も、弁護士に相談してみましょう。弁護士なら正しい慰謝料や示談金を算定できます。

保険会社が提示する慰謝料や示談金が低額になる理由はさまざまです。理由に応じた対処法を知りたい方は、関連記事『交通事故の慰謝料に納得いかない時の原因と対処法|なぜ低額になる?』もご確認ください。

無料相談を使って弁護士に優先道路の事故を相談しよう

弁護士に相談したくても、弁護士に馴染みがないとなかなか一歩が踏み出せません。

そんな時は、無料相談を通して弁護士にお困りごとを話してみましょう。無料なら気軽にはじめられます。

アトム法律事務所では、無料相談の予約を24時間年中無休で受け付け中です。電話、LINE、メールのいずれかから相談できます。

まずは専属のスタッフが事故の状況やお怪我に関することなどをヒアリングいたします。気軽にお問い合わせください。

岡野武志弁護士

監修者


アトム法律事務所

代表弁護士岡野武志

詳しくはこちら

高校卒業後、日米でのフリーター生活を経て、旧司法試験(旧61期)に合格し、アトム法律事務所を創業。弁護士法人を全国展開、法人グループとしてIT企業を創業・経営を行う。
現在は「刑事事件」「交通事故」「事故慰謝料」「ネット削除依頼」などの弁護活動を行う傍ら、社会派YouTuberとしてニュースやトピックを弁護士視点で配信している。

保有資格

士業:弁護士(第二東京弁護士会所属:登録番号37890)、税理士

学位:Master of Law(LL.M. Programs)修了

あわせて読みたい記事
玉突き事故の過失割合や損害賠償責任を負う人は?パターン別に詳しく解説
玉突き事故の過失割合や損害賠償責任を負う人は?パターン別に詳しく解説
対向車が突っ込んできた場合の過失割合・慰謝料請求|正面衝突の対処法も
対向車が突っ込んできた場合の過失割合・慰謝料請求|正面衝突の対処法も
車線変更事故の過失割合は?よくあるケースごとに解説します
車線変更事故の過失割合は?よくあるケースごとに解説します
雪道のスリップ事故の過失割合は?ノーマルタイヤや積雪状況は影響する?
雪道のスリップ事故の過失割合は?ノーマルタイヤや積雪状況は影響する?
子供の飛び出し事故|状況別の過失割合や慰謝料、今後の流れが全部わかる
子供の飛び出し事故|状況別の過失割合や慰謝料、今後の流れが全部わかる
駐車場内の事故|コンビニ・スーパーでよく起こる?過失割合や予防策は?
駐車場内の事故|コンビニ・スーパーでよく起こる?過失割合や予防策は?
バイクのすり抜け事故|過失割合や違反になるケースは?逃げた場合の対処法も
バイクのすり抜け事故|過失割合や違反になるケースは?逃げた場合の対処法も
車と自転車の事故|過失割合と慰謝料相場は?被害者が知るべき計算方法
車と自転車の事故|過失割合と慰謝料相場は?被害者が知るべき計算方法
全ての記事を見る

突然生じる事故や事件に、
地元の弁護士が即座に対応することで
ご相談者と社会に安心と希望を提供したい。