交通事故・刑事事件に加えて借金問題・労働問題の対応を本格化しています。

横断歩道付近を横断する歩行者と横断歩道付近の車の事故

更新日:

無料法律相談ご希望される方はこちら

無料法律相談はこちら

事故の状況

歩行者が横断歩道付近を横断し、横断歩道付近の車が直進してきた事故

歩行者が横断歩道付近を横断し、横断歩道付近の車が直進してきた事故

基本の過失割合

歩行者(赤)

30%

自動車(青)

70%

歩行者は横断歩道がある場所の付近の場合、横断歩道によらない横断が禁じられています。したがって、横断歩道によらない横断をして車と衝突した歩行者30%、車70%の過失割合となります。もっとも、交通量が多く、通常車が高速で走行している幹線道路を横断するような場合は、歩行者の過失割合がさらに大きくなるでしょう。

注意点

本サイトで案内する過失割合は基本の過失割合です。実際は事故状況を個別に確認し、基本の過失割合に個別状況を反映したうえで過失割合が決められます。
個別状況を反映した具体的な過失割合を知りたい方は、当事務所の電話無料相談サービス(0120-434-911)をご利用ください。
※多数のご相談を受けているため「物損」の場合はお受けできません。