岡野武志弁護士

第二東京弁護士会所属。刑事事件で逮捕されてしまっても前科をつけずに解決できる方法があります。

「刑事事件弁護士アトム」では、逮捕や前科を回避する方法、逮捕後すぐに釈放されるためにできることを詳しく解説しています。

被害者との示談で刑事処分を軽くしたい、前科をつけずに事件を解決したいという相談は、アトム法律事務所にお電話ください。

アトムは夜間土日も受け付けの相談窓口で刑事事件のお悩みにスピーディーに対応いたします。

痴漢は現行犯以外では捕まらない?後日逮捕の証拠になるものは?

更新日:
痴漢で捕まらない?
  • 痴漢は現行犯以外では捕まらない?
  • 痴漢の逮捕の証拠になるものは?
  • 痴漢は何罪になる?

痴漢をした場合、現行犯で捕まらなければ大丈夫と考えている方はいるかもしれません。

しかし、痴漢は場合によって現行犯以外でも逮捕される可能性があります。逮捕されて長期間身柄を拘束されてしまうと、職場にバレてしまい、会社をクビになるおそれがあるでしょう。

そこで今回は、痴漢で逮捕されてしまうケースを詳しく解説します。痴漢をしてしまった方やそのご家族は痴漢事件に対しての今後の対応が分かると思います。ぜひ最後までご覧ください。

0120-215-911刑事事件でお困りの方へ

無料相談予約
ご希望される方はこちら

24時間365日いつでも全国対応

※無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。
警察未介入のご相談は有料となります。

痴漢は現行犯以外では捕まらない?痴漢の逮捕の種類とは?

痴漢は現行犯以外では捕まらない?

痴漢は、現行犯以外であっても逮捕される可能性はあります。

一般的に逮捕は、被疑者として認められる十分な証拠があり「証拠隠滅のおそれ」「逃亡のおそれ」のどちらかが認められる場合に行われるものです。

逮捕の要件

痴漢は現行犯でなければ見つからないと考えてしまいますが、被害者から被害届が出されたり、防犯カメラなどから痴漢が発覚したりする可能性は十分に考えられます。

痴漢が発覚した場合は、警察によって痴漢の証拠が収集されます。

つまり痴漢が発覚し、被疑者として認められる証拠が集まり、証拠隠滅や逃亡のおそれがあると判断された場合には、現行犯でなくても逮捕される可能性があるのです。

岡野タケシ弁護士
岡野タケシ
弁護士

なお、痴漢の犯人として検挙された場合であっても、「逃亡のおそれ」や「証拠隠滅のおそれ」がないと認められる場合には在宅事件になります。

在宅事件では日常生活を送りながら適宜、警察署に呼び出しを受けて取り調べをうけることになります。

身体拘束の有無に関わる部分以外について言えば、逮捕された事件も在宅事件も同じ流れとなります。

そもそも痴漢における逮捕の種類は?

痴漢における逮捕は、現行犯逮捕と後日逮捕の2種類があります。

現行犯逮捕と後日逮捕の違い

現行犯逮捕

現行犯逮捕とは、犯行を行っている最中の人や、犯罪を行った直後の人を逮捕することをいいます。

現行犯逮捕は、私人逮捕できることが特徴です。警察などの捜査機関だけでなく、痴漢行為を認識した被害者や周囲の人であっても例外的に逮捕状無しで犯人を捕まえることができます。

私人逮捕が行われた後は、速やかに警察官に身柄を引き渡すことになっています。

現行犯逮捕は犯人を間違える可能性が低く、犯罪の嫌疑が明白です。逮捕状の発行をしていたら犯人を取り逃してしまう可能性もあることから、例外的に逮捕状無しでの逮捕が認められているのです。

後日逮捕

後日逮捕とは、警察官が裁判官が発付する逮捕状を基に逮捕することをいいます。

警察官が加害者の身柄を特定し、逮捕の必要性があると判断した場合に裁判官に逮捕状の発付を請求します。

裁判官は本当に逮捕の必要性があるのかを審理し、必要性が認められた場合には逮捕状を発付します。

その後、逮捕状を持った警察官が加害者の身柄を拘束するという流れです。

後日逮捕は正式には通常逮捕と呼ばれます。刑事訴訟法が定める原則的な逮捕の方法です。

岡野タケシ弁護士
岡野タケシ
弁護士

ただ最近では痴漢が冤罪だった場合の社会的な影響について問題視され、逮捕が行われないケースが増えています。

特にそのような傾向は都市部の警察において強まっています。

逮捕が行われなかった事件ではすぐに釈放され、在宅事件となります。

多くは警察署に連行され取調べを受けた後、家族などが身元引受人として呼ばれて、そのまま帰されるという流れになるでしょう。

関連記事

刑事事件で逮捕される場合とは?逮捕の種類、逮捕後の手続きを解説

痴漢は現行犯逮捕が多い?

痴漢事件は現行犯逮捕が多い犯罪です。

先述したように現行犯逮捕は被害者や周囲の人であっても逮捕が可能であることから、誰かに犯行を目撃されれば、逮捕される可能性は高いといえます。

電車内で被害者が痴漢されたことを主張し、被害者もしくは他の乗客が犯人を捕まえて駅員に犯人の身元を引き渡すケースは現行犯逮捕の典型例です。

また、現行犯逮捕には逮捕状が必要ありません。よって、常習的に犯行に及んでいる場合は、警察が被疑者をマークし、犯行を確認次第、現行犯逮捕することもあります。

岡野タケシ弁護士
岡野タケシ
弁護士

実務上、痴漢は現行犯逮捕が多いのですが、だからといって後日逮捕が行われるケースがゼロであるというわけではありません。

駅構内での痴漢行為は、目撃情報や乗車記録などから利用者を絞り込まれ、特定に至る場合もあります。

痴漢事件の証拠になるものは?後日逮捕されるタイミングは?

痴漢の証拠になるものは?

痴漢の証拠になるものは、主に以下のものがあります。

痴漢の証拠になるもの
  • 被害者や目撃者の証言
  • 防犯カメラの映像
  • 被害者の服の繊維片

服の繊維片に関しては、洗濯をすればなくなってしまう場合もあります。また、満員電車であれば被害者の服の繊維片がついていたとしても、周りの複数人から検出される可能性もあるため、必ずしも痴漢をした証拠にはなりません。

岡野タケシ弁護士
岡野タケシ
弁護士

警察が自宅に来た際に、事件当日に着用していた服を押収され、繊維鑑定が行われることがあります。

ほかにもDNA鑑定で犯人が特定されたケースもあります。

後日逮捕されるタイミングは?

後日逮捕の期限は決まっていないため、逮捕されるタイミングは捜査の進行状況によってさまざまです。

事件から数か月、場合によっては1年以上経ったあとに警察が自宅に逮捕状を持って来ることもあります。

岡野タケシ弁護士
岡野タケシ
弁護士

後日逮捕は被疑者が確実に在宅しているであろう早朝に行われるケースが多いです。

朝の早い時間帯に警察官が自宅を訪れて、逮捕状が示されたあとそのままパトカーに乗せられて警察署に連れていかれることになります。

また併せて家宅捜索が行われるケースもあります。

任意同行に応じるように言われたら従うべき?逮捕される?

先述の通り、痴漢事件において後日逮捕が行われるケースはあまり多くありません。

実務上、痴漢事件の捜査によって被疑者の特定にまで至ったとしても逮捕までは行わず、任意同行を求めるケースの方が多いでしょう。

「任意同行」とは、警察官が疑わしい人物を警察署にまで同行させて、取り調べをすることを指します。その後は在宅事件として手続きが進んでいくことでしょう。

任意同行を求められたら素直に従った方が良いといえます。

たしかに任意同行はあくまで任意であるため、一応は拒否することが可能です。

しかし実際に痴漢をしているのに拒否していると「逃亡のおそれ」「証拠隠滅のおそれ」があると判断され、逮捕される可能性が高まります。

岡野タケシ弁護士
岡野タケシ
弁護士

逮捕・勾留される事件よりも在宅事件の方が社会的な影響を低く抑えることができます。

素直に任意同行に従った方が利益になるケースが多いです。

ただ任意同行をしたあとに逮捕が行われるケースが絶対にないとまでは言いきれないので、不安な方は警察署に向かう前に一度弁護士に相談したほうが良いでしょう。

痴漢事件は冤罪で逮捕される可能性がある?どう対処すればいい?

痴漢は冤罪で逮捕される可能性がある?

痴漢事件の場合は、冤罪で現行犯逮捕される可能性があります。

特に満員電車では、誰しもが痴漢冤罪の当事者になる可能性があるので注意が必要です。

冤罪を疑われた場合には、以下のことをしないように注意しましょう。

冤罪を疑われたときにやってはいけないこと
  • 痴漢をしていないのにその場から走って逃走する
  • 痴漢をしていないのに被害者に謝罪をする
  • 取り調べでなされるがままに供述調書にサインする

特に取り調べで言われるがまま供述調書にサインをしてしまうと、その後の証拠として扱われ、不利に働くことも考えられます。

痴漢の冤罪に巻き込まれた場合は痴漢をしていないことをしっかりと主張し、可能であれば身分を明かしたうえでその場から立ち去ってください。

それが不可能であった場合は、警察の取り調べに対して痴漢をしていないということを主張し、供述調書の内容をしっかりと確認して内容に不備があれば訂正を申入れ、それも無理であったらサインを拒否してください。

いずれにせよ最近は痴漢で即逮捕されるケースも少なくなってきているので、自暴自棄にならず冷静に対処することが重要です。

岡野タケシ弁護士
岡野タケシ
弁護士

事件に巻き込まれて警察沙汰になるケースは人生でそう何度もあることではなく、警察からの取り調べについて不安をお持ちの方も多いことでしょう。

まずは弁護士に相談し、取り調べにおいてすべきでない行動や言動を知ることが重要です。

関連項目

取り調べの対応はどうする?逮捕される可能性は?携帯で録音は違法?

家族が痴漢で逮捕された場合の対応は?

痴漢冤罪の不安を抱えているご家族は、弁護士への接見依頼が解決の近道です。

痴漢で逮捕されてしまうと、勾留が決定されるまでの数日間、ご家族と面会することはできません。

その間に、痴漢冤罪の容疑で逮捕されている被疑者は、警察から入念な取り調べを受けることになります。

またご家族に対して冤罪であるかどうか、本当に痴漢してしまったのかなどは、警察から知らされることはありません。

弁護士であれば、逮捕直後であっても時間の制限なく被疑者との面会が可能です。事件の詳しい内容を聞いたうえで、警察からの取り調べの対応などをアドバイスできます。

岡野タケシ弁護士
岡野タケシ
弁護士

冤罪であれば痴漢の否認を続けることになり、取り調べの対応の面で難しい判断を迫られることになります。

事件に関してご家族が被疑者の現状を知るためにもすぐに接見を依頼しましょう。

アトム法律事務所では、ご家族が逮捕されてしまっている方に向けに初回接見サービスを提供していますので、まずは電話窓口にお電話ください。

痴漢事件の逮捕後の流れは?痴漢は何罪?

痴漢の逮捕後の流れは?

逮捕の流れ

痴漢事件で逮捕されてしまうと、警察署に連行され、そのまま留置場に収監されます。

その後、起訴・不起訴の判断が下されるまで最長で23日間、警察署内の留置場に身柄を拘束されるおそれがあります。

岡野タケシ弁護士
岡野タケシ
弁護士

逮捕・勾留の必要がないと判断された場合は、ただちに釈放されます。

逮捕されてしまった場合でも早期釈放されれば、会社などに知られずに済む可能性があります。

逮捕後は速やかに弁護士に相談して早期釈放に向けた活動を始めるのが重要です。

関連記事

刑事事件で逮捕される場合とは?逮捕の種類、逮捕後の手続きを解説

痴漢は何罪?どんな刑罰になる?

痴漢は行為の態様によって、各都道府県で定められている迷惑防止条例違反もしくは不同意わいせつ罪になる可能性があります。

衣服の上から身体を触るといった痴漢行為は、迷惑防止条例違反になるケースが多いです。

東京都の迷惑防止条例違反では「6か月以下の懲役または50万円以下の罰金」と定められています。

また、無理やりに衣服の中に手を入れて身体を触るなどの悪質な痴漢行為については、不同意わいせつ罪が成立する可能性があります。

不同意わいせつ罪は「6か月以上10年以下の拘禁刑」が定められており、罰金刑はありません。迷惑防止条例違反よりも重い刑罰が科せられます。

岡野タケシ弁護士
岡野タケシ
弁護士

これまでのアトム法律事務所で扱った痴漢事件の罰金の相場は、おおよそ30万円でした。

あくまでも相場であるため、事件の態様によって金額は変動します。

関連記事

痴漢は何罪?刑罰や逮捕の可能性などを解説!

痴漢事件については弁護士に相談すべき?

痴漢事件を弁護士に相談するメリットは?

弁護士に相談・依頼するメリットは大きく4つあります。

弁護士に相談するメリット
  • 取り調べの対応がわかる
  • 早期釈放が実現できる可能性がある
  • 被害者心情を考慮し、適切な金額で示談交渉ができる
  • 不起訴を獲得できる可能性が高まる

痴漢事件は被害者がいる事件です。

不起訴の獲得や早期釈放のためには被害者との示談が重要です。

示談というのは被害者との民事上の賠償責任を話し合いによって解決する手続きです。

示談とは

被害者は加害者と連絡を取りたがらないケースも多いため、示談交渉を行うためには事実上弁護士への依頼が必須になります。

痴漢事件の経験が豊富な弁護士であれば、適切なタイミングと金額で被害者と示談交渉を行うことができます。

岡野タケシ弁護士
岡野タケシ
弁護士

特に初犯で比較的犯行が悪質でないケースの痴漢であれば、示談の成立によって不起訴になる可能性が非常に高いと言えます。

警察沙汰になる=有罪確定だとお考えの方は非常に多いですが、実際には違います。

まずは弁護士に相談し、前科回避に向けて動きましょう。

痴漢をしたら自首するべき?

後日逮捕が心配で自首すべきか悩んでいる方は、一度弁護士に相談しましょう。

自首を行うことで、証拠隠滅や逃亡のおそれが低いと判断され、逮捕されずに在宅事件として事件が処理される可能性もあります。

岡野タケシ弁護士
岡野タケシ
弁護士

逮捕されずに在宅事件として処理されれば、通常通り会社にも通勤できるため、会社をクビになるリスクも低くなるでしょう。

しかし自首をすれば警察が事件を認知することになるため、非常にまれなケースではありますが、かえって逮捕されてしまうおそれもあります。

この点、弁護士同伴での自首であれば逮捕される可能性を大きく下げることができるので、まずは弁護士に相談して今後の方針についてしっかり検討しましょう。

痴漢事件について相談できる弁護士窓口は?

痴漢事件については、刑事事件を専門的に扱っている法律事務所に相談するといいでしょう。

刑事事件に強い弁護士事務所であれば、痴漢事件の取り扱い実績も豊富にある事務所が多いです。

岡野タケシ弁護士
岡野タケシ
弁護士

アトム法律事務所は痴漢事件の解決実績が豊富にあります。

警察が介入した事件については初回30分無料の対面相談を実施しています。

24時間365日繋がる無料相談予約電話窓口にいますぐお電話ください。

0120-215-911刑事事件でお困りの方へ

無料相談予約
ご希望される方はこちら

24時間365日いつでも全国対応

※無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。
警察未介入のご相談は有料となります。

弁護士アイコン

監修者


アトム法律事務所

所属弁護士