岡野武志弁護士

第二東京弁護士会所属。刑事事件で逮捕されてしまっても前科をつけずに解決できる方法があります。

「刑事事件弁護士解決ナビ」では、逮捕や前科を回避する方法、逮捕後すぐに釈放されるためにできることを詳しく解説しています。

被害者との示談で刑事処分を軽くしたい、前科をつけずに事件を解決したいという相談は、アトム法律事務所にお電話ください。

アトムは夜間土日も受け付けの相談窓口で刑事事件のお悩みにスピーディーに対応いたします。

風俗トラブルは弁護士に依頼しよう!風俗店からの請求はどう対応すべき?

更新日:
風俗トラブルは弁護士に依頼しよう!風俗店からの請求の対応
  • 風俗店で本番行為・盗撮したらトラブル化した!どうしたらいい?
  • 風俗トラブルを弁護士に依頼したあとの流れは?
  • 風俗トラブルを弁護士に依頼するメリットは?

風俗店やデリヘル嬢、その他風俗店勤務の女性従業員とのトラブルを抱えお悩みの方は弁護士に相談してください。

風俗トラブルのなかには、依頼者側が犯罪に該当するケースから、犯罪にすら該当せず、単に風俗店に脅されているケースまで多岐にわたります。
当記事では、風俗トラブルやデリヘルトラブルでよくある疑問を解説します。

風俗トラブルやデリヘルトラブルは、弁護士が介入すれば丸くおさまるケースがほとんどです。
ご心配な方は、早めの弁護士相談を視野に入れ、早期解決を目指しましょう。

0120-215-911刑事事件でお困りの方へ

無料相談予約
ご希望される方はこちら

24時間365日いつでも全国対応

※新型コロナ感染予防の取組
(来所相談ご希望の方へ)

※無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。
警察未介入のご相談は有料となります。

風俗トラブルとは?弁護士介入から解決まで

風俗トラブルでよくあるケースとは?

風俗トラブルやデリヘルトラブルを弁護士に相談・依頼される方に多い内容は、以下のようなケースです。

よくある風俗トラブル
  • その場の流れで、女性従業員の同意なく本番行為に及んだら店に言いつけられた。
  • 本番行為を執拗にお願いしたことを店に言いつけられたため本番行為を断念したが、風俗店から損害賠償請求すると脅されている。
  • 風俗店に小型カメラを持参、もしくはデリヘルサービス中に自宅に設置し、女性従業員との行為を盗撮したらばれた。

いわゆる本番行為盗撮行為を行ってしまいお店とトラブルになってお困りになっているという方が多いです。

風俗トラブルをお抱えの方のなかには、風俗店にすでに金銭を支払ってしまったケースや、示談書や念書を取り交わしてしまったケースも存在します。

場合によっては免許証の写真等を取られてお店に掲示されたり、執拗に電話をかけられるなどの嫌がらせをされている場合もあります。

こまかな状況は千差万別であることが多いため、風俗トラブルを弁護士に相談した場合、弁護士はまず正確な事実の把握をおこないます。

アトム弁護士
アトム
弁護士

風俗トラブルは、依頼者の行為内容が犯罪に該当する場合や、女性従業員の精神的苦痛が大きい場合、実際に示談金が必要なケースも存在します。

逆に、単に風俗店側に弱みを握られているだけのケースもあり、そのような場合は、示談金の支払いそのものを回避できることがあります。

弁護士はまず依頼者から事件背景を聴取し、警察沙汰になっているケースとそうでないケースとで対応を区別し、事件解決へ臨みます。
すでに警察が関与しているケースの場合、風俗店や捜査機関と交渉のうえ、解決に導いていくことになります。

弁護士依頼の流れとは?風俗店との示談交渉の方法は?

風俗トラブルについて依頼を受けた弁護士は、まず依頼者から風俗店の情報を聴きだします。

その後、風俗店に対しまずは弁護士が介入した旨連絡を入れます。

風俗トラブルの多くは警察沙汰になっておらず、すぐに示談交渉が可能になるケースが多いです。

風俗店の対応や女性従業員の被害感情、その他事情・背景によりもちろん差はありますが、最短で即日解決という可能性もあるのです。

アトム弁護士
アトム
弁護士

風俗店と連絡を取ることができれば、実際に風俗店との話し合いの機会をもうけます。
この話し合いのことを、示談交渉といいます。

示談交渉は弁護士が実際に風俗店に赴くこともあれば、電話での話し合いで終わるケースもあります。

弁護士が代理人として交渉するので、依頼者の方は風俗店とやり取りをする必要はありません。

風俗トラブルの示談の内容はどんなもの?

多くは女性従業員に示談金を支払い、一方で風俗店側には今後請求や嫌がらせをしないこと、個人情報を破棄すること等を約束させて、双方合意の上で示談締結となります。

風俗店における本番行為や盗撮行為は、それがすぐさま警察沙汰になるというおそれは低いのですが、民事上の賠償責任は問われ得ます。

なので、しっかりと示談金を支払い賠償責任を果たす必要があるのです。

一方でお店側に対しては、賠償責任が果たされたことを確認させトラブルが終局的に解決されるよう必要な条項を結びます。

アトム弁護士
アトム
弁護士

盗撮の場合、カメラやスマホなどを風俗店に取り上げられていることもあるでしょう。また、示談金や慰謝料という名目ですでに一部金銭を支払っている場合もあります。

このような場合は、カメラやスマホなどの返還を求めるケースや、既払い金によって賠償が果たされたことを確認し追加の支払いをしないケースもあります。

法外な額の賠償金が支払われているケースなどでは、逆に金銭の返還の請求を行うこともあります。

風俗トラブルを弁護士に相談するメリットとは?

風俗店からの脅し・金銭要求をストップできる?

風俗トラブルを抱える依頼者には、以下のような脅しを受けるケースが多々見受けられます。

風俗トラブルでよくある脅迫
  • 金銭を支払わなければ家族や会社に連絡をする
  • 家族などに示談金など金銭を肩代わりしてもらう
  • 金銭を支払わなければ個人情報をばらまく
  • 金銭を支払わなければ警察に被害届を出す

弁護士に依頼して示談を締結すれば、これらの脅しはすぐに止まります。

また風俗店の脅しのなかには、脅迫や恐喝事件に該当するような、違法で悪質なケースもあります。

とはいえ依頼者のなかには、家族や会社の連絡先などを風俗店に渡していることもあり、誰にも相談できず連絡されてしまってはどうしようかと気が気ではない方もいます。

アトム弁護士
アトム
弁護士

このような場合、本当に連絡されてしまう前に、弁護士から風俗店に対し警告をし、示談の中で個人情報の破棄を求めます。

風俗店としても事を大きくしたくないという場合が大半であるため、謝罪とともに個人情報なども破棄してもらえる場合が多いです。

弁護士に依頼すれば風俗店とやり取りしなくていい?

風俗トラブルを弁護士に依頼した場合、風俗店や女性従業員と依頼者が直接やり取りすることはなくなります。

代理人として委任された段階で、風俗店にはその旨を連絡していますので、その後一切弁護士を介してもらうことになるのです。

また仮に依頼者ご本人に接触があった場合には風俗店に対し警告することができます。

弁護士に依頼した時点で風俗店とのやり取りをしなくてよくなるので、依頼者の方のメンタル面から言っても非常にメリットがあると言えるでしょう。

風俗店・女性従業員と示談して終局的に解決できる?

弁護士に依頼して示談すれば、風俗トラブルを終局的に解決できます。

風俗トラブルの示談書には、おもに以下のような内容を盛り込むことになります。

風俗トラブルに盛り込む主な条項
  • 示談締結の当事者や日付など
  • 風俗店に預けている金品等を依頼者に返却すること
  • (示談金が発生する場合)示談金の金額と支払先、支払期限など
  • 今後一切の債権債務が双方に発生しないこと

逆に、当事者だけの話し合いでは満足な内容の示談書が作成されず、その後も何かと難癖をつけられて繰り返し金銭を請求されるなどの事態が発生します。

弁護士に依頼すれば、今後に憂いを残さない形での終局的な解決が望めるのです。

アトム弁護士
アトム
弁護士

すでに風俗店と示談を結んでいる場合、内容によっては示談を破棄できます。

脅迫手段などを用いていたり、内容に不足のある示談は真正であるとはいえません。

すでに念書や示談書がある場合には持参したうえで、弁護士相談されることをお勧めします。

刑事事件化を防止できる?

弁護士に依頼し風俗トラブルについて示談を締結すれば、刑事事件化せずに済むというメリットもあります。

依頼者側に、本番行為や盗撮などの違法行為があった場合、被害者である女性従業員本人が被害届や告訴状を提出する場合があります。

風俗トラブルは民事トラブルとしての側面が強いため、通常は警察沙汰にはなりません。

しかし、詳しくは後述しますが厳密に言えば風俗トラブルにおける本番行為や盗撮は刑事事件として検挙可能なケースもあり、警察沙汰になる可能性を完全には否定できないのです。

弁護士に相談・依頼しておくことにより、事態の深刻化を予防できるというメリットがあります。

アトム弁護士
アトム
弁護士

警察沙汰になる前に示談成立した場合、示談書の内容に、被害届や告訴状を提出しないという条件を盛り込むことがあります。

警察沙汰になってしまった場合であっても、示談成立していることにより、不起訴獲得がしやすくなるというメリットがあります。

風俗トラブルで逮捕・捜査される可能性はある?

強制性行等罪(強姦)の可能性はある?

風俗店の客側である依頼者の行為が、犯罪に該当するのかどうかについてみていきましょう。

風俗店での本番行為に合意がなかった場合、強制性行等罪に該当する可能性があります。

(強制性交等)第百七十七条 
十三歳以上の者に対し、暴行又は脅迫を用いて性交、こう門性交又は口くう性交(以下「性交等」という。)をした者は、強制性交等の罪とし、五年以上の有期懲役に処する。十三歳未満の者に対し、性交等をした者も、同様とする。

刑法177条

合意がなかった場合であって、暴行や脅迫を用いて性行等をした場合、罪に該当するというのが強制性行等罪の条文です。

しかし、強制性行等罪の保護法益は「性的自由」(望まない相手と性的行為をしない自由)です。
風俗店の場合、そもそもお店のサービス提供であることが前提ですので、通常は暴行や脅迫が用いられたとは評価されづらいです。

ただその場合であっても、女性従業員に対しおよそ抵抗できない程度に暴力を振るったり、押さえつけたりした場合は、強制性行等罪に該当することもあります。

アトム弁護士
アトム
弁護士

また、風俗店で問題となる行為は本番に及んだ行為であることが多いですが、強制性行等罪自体は条文に記載のとおり、肛門性交や口腔性交も含まれます。

そのため、本番行為がなくても暴行などが一定の範囲を超えれば、本番行為以外でも同罪が成立するでしょう。

盗撮をしたケースは罪になる?

女性従業員とのサービス内容を、同意なくスマホや小型カメラなどで撮影した場合は、迷惑防止条例違反や軽犯罪法違反に該当することがあります。

両罪の刑罰には以下のように違いがあります。

迷惑防止条例違反(東京都の場合)6月以下の懲役または50万円以下の罰金
軽犯罪法違反拘留または科料
(1か月未満の身体拘束or1000円以上1万円未満の金銭の納付)

なお、条例は各都道府県により定められており、内容も異なります。
以前は、公共の場所に限定して違反の対象となっていましたが、現在ではそれに加え、不特定多数の人間が出入りできる場所も対象となっている場合が多いです。

いずれにせよ、ホテルや自宅での盗撮であっても犯罪に該当し得るのです。

風俗トラブルが警察沙汰になる可能性はどれくらい?

基本的には風俗トラブルが警察沙汰になる可能性はそれほど高くはありません。

風俗トラブルは民事事件としての側面が大きい事件であり、警察としても積極的に介入しようとするケースは稀です。

ただ本番行為や盗撮が犯罪に該当し得るというのは先述の通りです。犯行が悪質であったり、管轄の警察が積極的に介入する姿勢を見せているような場合では、検挙され罪に問われてしまうこともなくはないのです。

警察沙汰になる可能性を知ったり、警察沙汰になるのを防いだりするためにも、まずは弁護士に依頼するのが重要と言えます。

風俗トラブルを相談したい!弁護士の窓口は?

風俗トラブルの解決は、弁護士に相談するのがもっとも確実で安心です。
弁護士には守秘義務がありますので、風俗トラブルの相談内容をご家族などに打ち明けることもありません。

安全な示談交渉においては、実績・経験が豊富な弁護士事務所であればスムーズな対応が可能です。

アトム法律事務所では、24時間365日、無料の電話窓口にて相談予約の受付をおこなっています。

少しでもお悩みの方は、まずはお気軽にお電話ください。

0120-215-911刑事事件でお困りの方へ

無料相談予約
ご希望される方はこちら

24時間365日いつでも全国対応

※新型コロナ感染予防の取組
(来所相談ご希望の方へ)

※無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。
警察未介入のご相談は有料となります。