岡野武志弁護士

第二東京弁護士会所属。刑事事件で逮捕されてしまっても前科をつけずに解決できる方法があります。

「刑事事件弁護士アトム」では、逮捕や前科を回避する方法、逮捕後すぐに釈放されるためにできることを詳しく解説しています。

被害者との示談で刑事処分を軽くしたい、前科をつけずに事件を解決したいという相談は、アトム法律事務所にお電話ください。

アトムは夜間土日も受け付けの相談窓口で刑事事件のお悩みにスピーディーに対応いたします。

風俗(デリヘル)で盗撮がばれたら逮捕される?適切な対処法は?

更新日:
デリヘルで盗撮

2023年7月13日、盗撮を処罰する「撮影罪」が新たに導入されました。

  • デリヘルで盗撮がばれたら逮捕される?
  • デリヘルでの盗撮は何罪に問われる?
  • 風俗トラブルは弁護士に相談すべき?

デリヘルで盗撮がばれた場合、逮捕の可能性や今後の刑事処分が不安になる方は多いでしょう。

盗撮行為は、犯罪になる可能性があります。

しかし、盗撮などの風俗トラブルは、示談で刑事事件化を回避できるケースも多いです。

今回の記事では、デリヘルで盗撮がばれた場合の逮捕の可能性や適切な対処法について解説します。

この記事を読んで必要な知識を身に着け、弁護士に相談しましょう。

0120-215-911刑事事件でお困りの方へ

無料相談予約
ご希望される方はこちら

24時間365日いつでも全国対応

※無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。
警察未介入のご相談は有料となります。

デリヘルで盗撮がばれたらどうなる?

盗撮がばれると不当な金銭を請求される?

デリヘルで女性キャストを盗撮し、その行為がばれてしまうと、風俗店から不当な金銭を請求されることがあります。

店側から「この場ですぐに〇十万円の罰金を払えば警察に言わない」「店の規約に盗撮したら百万円払えと書いてある」などと、金銭を要求されるケースが多いようです。

岡野タケシ弁護士
岡野タケシ
弁護士

女性キャストに盗撮が見つかると必ず風俗店側に連絡されるとは限りません。

風俗店に連絡することを脅し文句に、女性キャストから直接な金銭を要求されるケースもあります。

デリヘルで盗撮がばれると逮捕される?

デリヘルで盗撮がばれると、警察に連絡されたあと刑事事件化し、逮捕される可能性もゼロではありません。

しかし、実際に逮捕されるケースは多くなく、警察からの取り調べに素直に応じていれば逮捕されないケースがほとんどでしょう。

風俗での盗撮は、民事的なトラブルの側面が強いです。

よって、その場で風俗店に警察を呼ばれても、警察官が当事者の話を聞いて事件化しない可能性もあります。

ただし事件化しない・逮捕されないからと言って問題が解決したわけではありません。

その後は当事者間で問題を解決するために、示談の流れになるでしょう。

岡野タケシ弁護士
岡野タケシ
弁護士

逮捕は、証拠隠滅や逃亡のおそれが認められるときに行われる手続きです。

たとえばデリヘルで盗撮を行い、警察が来たあと、その場を離れて逃げようとしたり、盗撮したデータを削除して証拠隠滅を図ったりした場合などは逮捕される可能性もあるでしょう。

関連項目

刑事事件で逮捕される場合とは?逮捕の種類、逮捕後の手続きを解説

デリヘルでの盗撮は何罪になる?

デリヘルでの盗撮は、原則撮影罪に問われます。

撮影罪は、人の性的姿態等を同意なく撮影することで成立するものです。

性的姿態等とは、次の3つを指します。

性的姿態等

  • 性器や臀部、胸部などの性的な体の部位
  • 性的な部位を隠すために着用している下着
  • わいせつな行為や性交等がされている間の姿態

デリヘルでの盗撮は、上記のいずれにも該当する可能性があります。

サービス中の映像を隠しカメラなどで盗撮した場合は、「わいせつな行為や性交等間の姿態」に該当することになるでしょう。

撮影罪の法定刑は、「3年以下の拘禁刑または300万円以下の罰金」です。

刑罰の量刑は、事件の態様や前科・前歴の有無などが考慮されます。

これまでに同様の前科・前歴がある場合は、更生の可能性が低いと判断される事由になり、量刑が重くなる傾向にあります。

岡野タケシ弁護士
岡野タケシ
弁護士

撮影罪は未遂であっても処罰されます。

たとえば、撮影のために小型カメラを設置した場合などは、実際に撮影できていない状態でも罪に問われる可能性があるでしょう。

関連項目

盗撮は何罪?刑罰、再犯の場合の量刑や時効について解説!

デリヘルでの盗撮がばれてしまったら示談が重要?

デリヘルでの盗撮がばれてしまった場合、示談が重要です。

示談とは、事件の民事上の賠償責任を話し合いによって解決する手続きのことを言います。

支払うべき慰謝料や賠償金などを合わせ、「示談金」として金銭を支払うことが一般的です。

風俗トラブルにおける示談は、当事者である利用者とお店との話し合いになることが多いです。

示談が成立すれば、お店側から警察に連絡されたり、キャストから被害届を出されたりする可能性は低くなるでしょう。

つまり、刑事事件に発展せずに解決できる可能性が高まります。

岡野タケシ弁護士
岡野タケシ
弁護士

示談は当事者間の合意によって行われることになるため、一度示談してしまうと原則取り消しができないので注意が必要です。

また風俗店側に言われるがまま示談してしまうと、示談書の控えを受け取ることができない、身分証のコピーを取られたままになるおそれがあります。

デリヘルで盗撮がばれた場合の対処法は?

その場で風俗店や被害者と示談をしてもいい?

基本的には、その場で風俗店や被害者と示談をすることは避けるべきです。

示談が成立してしまっている場合には、支払った示談金が高額すぎると分かっても、金銭の返還を請求することができなくなるからです。

風俗店側は、しばしば不当に高額な金銭を要求してきます。

盗撮をしたことに対して素直に謝罪することは必要不可欠ですが、その後の示談については慎重な判断が求められます。

示談後の泣き寝入りを防ぐためにも、その場では示談せず「自分で示談の書面を用意する」「弁護士と話す」などと伝えることが有効になるでしょう。

岡野タケシ弁護士
岡野タケシ
弁護士

風俗店の利用者からすれば、大きなトラブルになることを回避するために、とにかく手持ちのお金を支払ってその場を去りたくなるでしょう。

とくに盗撮の証拠を握られている場合は、風俗店側の不当な請求がエスカレートする傾向にあります。

身分証明書のコピーやスマホを取られたら?

デリヘルで盗撮した場合、名刺や免許証といった身分証明書を取られてしまうこともあります。

その際、個人情報の流出や、会社に連絡されることを不安に感じるのは当然です。

弁護士に依頼して示談をすることによって、身分証明書のデータの返却や、不使用を約束できる場合もあります。

岡野タケシ弁護士
岡野タケシ
弁護士

もっとも、最終的にそれらのデータをどう扱うかは店側の判断となります。

ただし、会社に無断で連絡するなどの行為は名誉毀損にあたるため、実際に行われることは少ないようです。

脅迫・恐喝・暴行をされたときは?

盗撮行為が発覚後、「お金を払うまで家に帰さない」と脅迫されたり、お金を払うように恐喝されて実際に支払ってしまったりすることがあります。

また、殴る蹴るといった暴行を加えられる可能性もあるでしょう。

いずれにせよ脅迫・恐喝・暴行をされた場合は、できるだけ証拠を残すことが重要です。

しかしながら実際の現場では、冷静な判断が難しいことも事実です。

もし脅迫・恐喝・暴行をされた場合は、記憶が鮮明なうちに被害状況をできるだけ詳しく弁護士に話すようにしてください。

岡野タケシ弁護士
岡野タケシ
弁護士

証拠がない場合は、刑事事件として立件することが難しいケースもあります。しかし、話し合いを軸とした示談交渉であれば、脅迫などの事実が解決の糸口になることもあり得ます。

事件から時間が経ってしまうと、記憶が曖昧になってしまうことも多いため、できるだけ早く弁護士に相談しましょう。

盗撮で風俗トラブルになっている方は弁護士に相談?

弁護士であれば適切な内容と金額で示談できる?

弁護士がいれば、実際の相場に基づく示談金で穏便な解決が可能です。

デリヘル風俗店側から不当な示談金を請求されても弁護士を通して示談交渉を行えば、店側の不当な請求に応じることなく、適切な内容と金額で示談できるでしょう。

特に法的な効力のある示談書を作成できる点は、弁護士に依頼する大きなメリットです。

示談書に「清算条項」と呼ばれる内容を示談書に含めることで、示談成立後に新たに金銭を請求されることはなくなります。

清算条項

当事者双方が合意した部分以外、債権債務が存在しないことを確認する条項。風俗店との示談の場合、示談締結以後、風俗店から利用者には一切の金銭請求などができなくなる。

また、個人で示談すると示談書の控えを貰えないケースも多々ありますが、弁護士であれば、示談書の控えを残しておき、後々のトラブルが発生することを防ぐことができます。

岡野タケシ弁護士
岡野タケシ
弁護士

風俗店側も、警察沙汰や裁判となると店の運営に支障が出る場合があるので、できるだけ示談で解決しようとします。

アトムが取り扱った風俗トラブルの示談金の相場はおおよそ30万円でした。

弁護士に依頼すれば職場や家族にばれずに解決できる?

弁護士に示談交渉を依頼することにより、職場や家族にばれずに解決できる可能性が高まります。

風俗トラブルは早急に弁護活動を行う弁護士に依頼すれば、早期に解決できるケースも多いです。

相談から1週間以内に示談を成立できるケースもあります。

早期に解決することで、職場や家族にばれるリスクを減らすことができるでしょう。

職場や家族にばれずに事件を解決したい方は、できる限り早めに弁護士に相談するべきでしょう。

岡野タケシ弁護士
岡野タケシ
弁護士

早期解決を図らず、お店からの連絡を放置していると風俗店側から警察に連絡され、刑事事件化する場合があります。

警察が刑事事件として捜査を行うと、電話で呼び出しを受けたり、自宅に警察が来たりして、職場や家族にばれる可能性が高まります。

デリヘルで盗撮をしてしまった方の弁護士相談窓口は?

デリヘルで盗撮がばれてしまった方は、すぐに弁護士に相談してください。

風俗店側と示談をする前に弁護士に相談することが重要です。

アトム法律事務所では、刑事事件専門の弁護士事務所として開業した沿革があり、デリヘルでの盗撮などの風俗トラブルに関しても豊富な解決実績があります。

岡野タケシ弁護士
岡野タケシ
弁護士

アトム法律事務所では、24時間365日、土日夜間も電話窓口でご予約を受け付けております。

お悩みを抱えている方は、いますぐにお電話ください。

0120-215-911刑事事件でお困りの方へ

無料相談予約
ご希望される方はこちら

24時間365日いつでも全国対応

※無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。
警察未介入のご相談は有料となります。

弁護士アイコン

監修者


アトム法律事務所

所属弁護士