【会社の口コミ】Googleマップのレビューは削除できる? | アトム法律事務所弁護士法人
アトム法律事務所
ネット削除依頼ナビ

【会社の口コミ】Googleマップのレビューは削除できる?

更新日:

岡野武志

監修者:アトム法律事務所 代表弁護士
岡野武志

会社の口コミ Googleマップのレビューは削除できる?

1.会社の口コミ|Googleに投稿された悪質な書き込み

Googleレビュー事例①「この会社は違法行為をしている」

会社口コミには、会社内の事情に詳しくないと書けないようなレビュー投稿が存在することがあります。たとえそのレビューの内容に嘘や誤りが含まれていたとしても、口コミを見た第三者は信じかねません。会社に対するポジティブな評価が多ければ、ネガティブな口コミは埋もれて目立ちません。しかし、口コミ数がそもそも少ない場合は1件の悪い口コミ投稿が注目を集めます。そのため、口コミを見た取引先や個人客、株主、求職者が会社の評判を危惧することもあるでしょう。投稿が目立つ、もしくは気になる場合は、なるべく早く対策を講じることをおすすめします。

Googleの口コミは、任意の削除請求で削除される場合と、削除されない場合があります。その具体的な判断基準は、Googleが公表していないため、「この書き込みは削除される」「これは削除されない」と判断することが極めて難しいといえます。Googleはヘルプページで許容する表現行為について方針を定めていますので、まずはヘルプページを確認することが大切です。
Google公式ページには報告フォームとして、Lagalヘルプがあります。このフォームでは、口コミ投稿にどのような法的問題があるかを説明することができます。国内法に基づく主張が100%認められるわけではありませんが、申請すること自体にリスクはありませんので、一度トライすることも一つの方法です。

Googleレビュー事例②「社員の●●が不倫をしている」

会社全体への評価だけでなく、時には社員の対応等についての口コミレビューも見受けられます。業務とは関係の無いプライベートに言及するようなものについては、削除できるかどうか専門家に相談してみましょう。

たとえば「社長のやり方がまずい」など、抽象的な内容や、会社の経営方針に関する批判投稿は、Googleがポリシー違反と認定して削除してくれる可能性がきわめて低いです。「社員の●●は●●と不倫をしている」など、社員のプライバシーに踏み込んだ、会社に対する評価と無関係の口コミ投稿は削除の主張に使えることがあります。

Google口コミの削除依頼は自分でも挑戦することが可能です。Googleビジネスプロフィール(旧称:Googleマイビジネス)の管理権限者(会社、店、病院など)として通報を行うか、名指しされている場合には、個人が自己の権利が侵害されたと主張する方法があります。
悪質な書き込みで誹謗中傷を受けた場合、対処判断に迷ったら、専門家に相談して口コミの投稿内容を確認してもらいましょう。

2.会社の口コミを削除すべき3つの理由

(1)会社の評判に大きな影響を及ぼす

口コミは会社が第三者にどのような評価をされているのかうかがい知れる、重要な指標のひとつです。そのため、会社役員や広報・人事部署は常に口コミの投稿に注意を払っているのではないでしょうか。会社の口コミは、「転職会議」「カイシャの評判」「Openwork」など専門サイトが多数存在しています。

とりわけ、Googleマップの口コミ(レビュー)は、サイト自体への登録が必要ではなく、気軽に誰でも匿名で投稿がしやすいため、会社に対する純粋な評価として見られやすいです。その一方で悪質な口コミに印象操作されてしまう危険もあるため、口コミによる誹謗中傷は見つけ次第、削除を検討してみましょう。

(2)採用活動で人材が集まらない懸念

採用募集を検討している求職者が、会社名を検索したところ、Google口コミ投稿を目にすることは大いに想定されます。
悪質な口コミ内容を信じてしまい、採用募集を取りやめてしまうケースも考慮しなければなりません。書き込まれた投稿によっては、丁寧かつ適切な返信を心がけましょう。

就職はライフステージの在り方を左右する重要なことがらです。そのため求職者は、会社がリリースする広報だけでなく、実際に仕事を続けられる職場環境かどうか知りたくて会社に対するナマの情報を集めるのです。Google口コミレビューが与える影響は、目的に応じるものといえるでしょう。

(3)取引先との関係にも影響する

会社の口コミは、取引先にも注視されている可能性を考慮して対応しなければいけません。
会社に対する信頼性を測るうえでGoogle口コミを参考にしていることがあります。
Google口コミは、会社名を検索すると専用サイトをクリックしなくても、検索画面上に会社情報と共に星評価や口コミ投稿が表示されます。

口コミ内容が悪質なものだった場合、インターネット上に拡散されて炎上につながるリスクが想定されます。取引先によっては炎上にまきこまれることを避けるために、取引打ち切りの判断をする場合があります。

弁護士が教えるGoogle口コミを削除する方法

投稿の報告ボタンで通報する

会社のレビューに存在する「悪い口コミ」を削除するには、口コミに設置してある「報告(通報)ボタン」から違反報告をします。削除したい口コミの右上にある「三点リーダー」から「レビューを報告」し、口コミの問題点を選んで送信します。
報告は、Googleビジネスプロフィール(旧称:Googleマイビジネス)のオーナー権限がなくても行えます。

報告ボタンによる通報では、Googleへ問題のある悪い口コミを知らせることにとどまります。投稿された内容のどこにどんな問題があるのか、説明したり、指摘をするには、不向きです。そのため、報告ボタンによる通報で削除されなかった場合には、規定フォームを使用して削除依頼を行うことを検討しましょう。

Legalヘルプのページから問題点を指摘・報告する

権利侵害の内容についてGoogleへ詳しく伝えるためには、Googleヘルプセンターの「Legalヘルプ」にアクセスをします。
専用フォームには具体的にどんな権利侵害が行われているのか、示すことが可能です。口コミ内容がどのような権利侵害にあたるのかは、法律の専門的知識を要します。

Google口コミの削除依頼をする場合には、専門家に相談することも手です。相談を受ける際には、該当口コミのURLや、投稿者の名前(ハンドルネーム)も伝え、投稿内容を確認してもらうようにしてください。

問題点を弁護士にチェックしてもらう

悪質な会社への口コミは、発見次第口コミの削除依頼に詳しい弁護士に対処方法を相談することをおすすめします。違反コンテンツとしてGoogleに口コミを報告したのに、削除に応じてもらえないケースは少なくありません。その場合、口コミが法的に問題であることを示して削除を求めることも検討します。

自分でGoogleへ通報を行ってみて、状況が変わらないケースも、弁護士に削除可能性について問い合わせてみることをおすすめします。弁護士への相談は無料のところもあるため、調べて問い合わせtみましょう。口コミ投稿に法的問題が認められるものなのか、今後の対処方法のアドバイスがもらえます。Google口コミの削除についてはこちらの記事も参考にしてください。

まとめ

会社が世間でどんな評価をされているのか確認する上でGoogle口コミは無視できません。誰でも気軽に書き込めるため、社内外問わずあらゆる立場の視点から口コミ評価が投稿されます。悪質な口コミ投稿をされた時に、会社としてどのような対処をするのかが、会社の評判を左右することにもなるでしょう。

Googleの口コミがどうしても削除できない場合でも、最善の対処方法で乗り切ることが必要です。Google口コミの仕組みに詳しい専門家に相談して、会社口コミに投稿された悪質レビューへの対処方法を検討してみましょう。

岡野武志

監修者


アトム法律事務所

代表弁護士岡野武志

詳しくはこちら

高校卒業後、日米でのフリーター生活を経て、旧司法試験(旧61期)に合格し、アトム法律事務所を創業。弁護士法人を全国展開、法人グループとしてIT企業を創業・経営を行う。
現在は「刑事事件」「交通事故」「事故慰謝料」「ネット削除依頼」などの弁護活動を行う傍ら、社会派YouTuberとしてニュースやトピックを弁護士視点で配信している。

保有資格

士業:弁護士(第二東京弁護士会所属:登録番号37890)、税理士

学位:Master of Law(LL.M. Programs)修了

英語:TOEIC925点