岡野武志弁護士

第二東京弁護士会所属。刑事事件で逮捕されてしまっても前科をつけずに解決できる方法があります。

「刑事事件弁護士解決ナビ」では、逮捕や前科を回避する方法、逮捕後すぐに釈放されるためにできることを詳しく解説しています。

被害者との示談で刑事処分を軽くしたい、前科をつけずに事件を解決したいという相談は、アトム法律事務所にお電話ください。

アトムは夜間土日も受け付けの相談窓口で刑事事件のお悩みにスピーディーに対応いたします。

盗撮の示談書・謝罪文の書き方テンプレート

更新日:
「盗撮」示談書・謝罪文の書き方テンプレート

盗撮の示談書・謝罪文の書き方についてお悩みの方へ、弁護士監修の示談書・謝罪文の見本やテンプレートを公開します。

盗撮の示談書の見本・テンプレート

赤字の部分はご自身の状況に合わせて適宜、書き換えてください。テンプレートは下記からダウンロードできます。

また見本のダウンロードをしたい方は下記からご利用ください。

盗撮の謝罪文の見本

謝罪文は自分の言葉で書き、テンプレートそのままの流用は避けてください。

実際の事情に合わせて自分の言葉で書きましょう。

盗撮についてのお悩みはアトム法律事務所へ

盗撮をはじめ、刑事事件での示談は弁護士に相談しましょう。

実務上、捜査機関は刑事事件の加害者に対して被害者の方の連絡先を教えることはありません。

弁護士が第三者的な立場で介入してはじめて示談交渉ができるようになるケースが多いのです。

また弁護士は被害者の方の感情に配慮した交渉を行うことができます。

さらに刑事事件における早期釈放、不起訴処分の獲得、刑の減軽を目指す場合には、法的に不備の無い示談を結ぶことが重要です。

まずは一度、弁護士にご自身の刑事事件の状況についてご相談ください。

0120-215-911刑事事件でお困りの方へ

無料相談予約
ご希望される方はこちら

24時間365日いつでも全国対応

※新型コロナ感染予防の取組
(来所相談ご希望の方へ)

※無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。
警察未介入のご相談は有料となります。