amebaブログ(アメブロ)の記事を削除依頼する方法|誹謗中傷対策 | アトム法律事務所弁護士法人

amebaブログ(アメブロ)の記事を削除依頼する方法|誹謗中傷対策

更新日:

岡野武志弁護士

監修者:アトム法律事務所 代表弁護士
岡野武志

Amebaブログ記事削除依頼|誹謗中傷対策!

amebaブログ、通称「アメブロ」は、株式会社サイバーエージェントが運営するブログサービスです。人気・知名度が高いブログゆえに、誹謗中傷というトラブルも多くなっています。

もっとも、アメブロは利用規約で禁止事項がしっかりと定められているので、もしもアメブロで誹謗中傷といった権利侵害が行われた場合には、削除依頼をすることが可能です。

削除依頼の方法は3パターンあるので、それぞれ詳しくみていきましょう。削除依頼してからどのくらいで消えるのかや、自分のブログに誹謗中傷コメントを書き込まれた場合の対処法などについても解説しています。

削除方法(1)利用規約違反として通報

利用規約の違反報告専用フォームから報告する

利用規約の違反報告」専用フォームに必要事項を記載のうえ、送信しましょう。

記載する必須内容

  • サービス名
    (「ブログ」を選択します)
  • 違反ブログ記事のURL
  • 違反アメーバID
  • 規約違反の内容
    (プルダウンで理由選択)
  • 具体的な理由
    (経緯や被害状況など詳しく書きましょう)

専用フォームは、アメブロに会員登録・ログインしていなくても利用できます。報告は誹謗中傷されている当事者でなくても行うことが可能です。

報告を受けたアメブロ運営会社が利用規約に照らして、違反しているかどうか判断します。
報告者にその後の対応について連絡は来ないため、記事のURLへアクセスして削除されたかどうか確認する必要があります。

もっとも、以下のような緊急性の高い内容の場合、運営会社に報告するのではなく最寄りの警察署などに相談・通報してください。

警察署に通報・相談すべき内容

犯罪予告(例「●●駅に爆弾を仕掛けた」、「お前の家を燃やす」など)

amebaブログの利用規約を事前に確認する

アメブロの利用規約には第13条(禁止事項)で行ってはならないことを示しています。

たとえば、勝手に個人情報が晒されているならば、「本人の承諾のない個人情報(ただし、一般に公開されている著名人などの情報は除く)の送信等」や、「プライバシー等個人の権利を侵害する、またはそのおそれのある行為、表現・内容の送信等」に該当する可能性があります。

書き込まれるに至った経緯を整理し、アメブロ記事を削除してほしいと思う部分が、禁止事項に当てはまるかどうか確認したうえで違反報告をしましょう。

削除方法(2)法的侵害による削除依頼申請

権利者向け窓口を利用する

誹謗中傷や個人情報の流出、その他権利侵害に遭ったと思われる当事者ならば、「権利者向け窓口」を利用することが出来ます。必要事項を記載のうえ、送信しましょう。

記載する必須内容

  • メールアドレス
  • あなたの権利が侵害されているページURL
  • 上記URLに記載されている侵害内容
  • 侵害されている権利
  • 希望の対応(確認ではなく削除を選択しましょう)
  • あなたの立場(権利侵害されている「本人」です)
  • 権利者であることを証明できるWEBページのURL

利用規約の違反報告と同じく、アメブロの会員登録・ログインをする必要はありません。

権利侵害を証明できるページのURLがある場合は、そのURLを[権利者であることを証明できるWEBページのURL]に記載します。権利侵害を証明できるページのURLとは、具体的にいうとご自身が著作物をアップしたサイトのURLなどです。

権利侵害を証明できるページのURLがない場合は、[あなたの権利が侵害されているページURL]に記載したURLを[権利者であることを証明できるWEBページのURL]にも記載してください。

権利者向け窓口で削除可否を判断される場合は依頼した当日から1週間以内ほどの、比較的早期に結果が出ることがあります。

ブログ記事管理者に連絡したことがバレる?

権利者向け窓口は、権利侵害主張と実際のブログ記事内容を確認し、状況に応じてブログ記事管理者に対して運営会社が意見照会をします。

ブログ記事管理者に意見照会をする前に、権利者向けフォームで記載したメールアドレス宛にあなたへ意見照会をしても良いか連絡が入ります。メールを見逃さないようにしましょう。

著作権侵害による削除を求める場合などは、相手方であるブログ記事管理者に権利者から削除依頼がきていることが知られることがあります。

権利者向け窓口からの手続きだけでは判断が難しいケースならば、次に「送信防止措置依頼」という手続きを案内されます。アメブロの場合、郵送で申し立てる必要があります。

削除方法(3)郵送による削除依頼

ガイドラインに則った削除依頼をする

ガイドラインに則った削除依頼とは、一般社団法人テレコムサービス協会が定める方式による削除依頼の方法です。「プロバイダ責任制限法」に基づいた手続きを行います。この手続きを送信防止措置依頼といいます

送信防止措置依頼は、依頼書を記入し、本人確認書類を添えてアメブロ運営会社に送ります。

  • ブログ記事が存在することによって誰のどんな権利が侵害されているといえるのか
  • 権利が侵害されているといえる理由 

以上の2点を具体的に示す必要があります。

また、アメブロ運営会社は送信防止措置をするべきかどうかの判断に必要であれば、主張を裏付ける資料の添付も求められます。

権利侵害の主張をする根拠は、法律に基づいていなければなりません。

自分で送信防止措置依頼を行うことが難しいと感じるならば、弁護士への相談をおすすめします。

主張される権利例(一部)

送信防止措置依頼の具体的な手続きの流れ

  1. 依頼書を作成する
    依頼書は定められた書式を使う必要があります。侵害情報の通知書兼送信防止措置依頼書をダウンロードして内容をよく読み、記入しましょう。
  2. 必要書類も揃える
    依頼書は申立てをする人の署名(記名)と押印、3か月以内に発行した印鑑登録証明書を添えて提出する必要があります。あわせて、本人確認書類も必要です。免許証やパスポートの写しを用意しましょう。
    法人が申立人の場合には、記名は代表者名となります。確認書類は登記事項証明書を提出します。
  3. 依頼書一式を提出する
    依頼書一式はアメブロを運営・管理している「株式会社サイバーエージェント Amebaカスタマーサービス」宛に郵送します。依頼書一式を運営会社側で確認後、ブログ記事管理者に意見照会を行います。
  4. 回答書面が届く
    送信防止措置(削除)を行う場合も行わない場合も申立人へ通知が来ますので待ちましょう。削除可否の正式な回答は書面でも届きますが、実質の削除は書面が届く前に行われます。

amebaブログ削除依頼でよくある質問

ブログ記事をすぐに消してもらうことは可能?

権利者向け窓口の場合、権利侵害が認められやすい内容ならば、最短で削除依頼をした日~1週間以内で削除されることがあります。

状況に応じてブログ記事管理者に意見照会をしますが、その場合は数日要します。送信防止措置依頼によって削除される場合は、正式な回答書が届くまでに約3~4週間かかる見込みとなります。

緊急性が無いケースの場合、アメブロ運営会社に削除の催促をしても削除可否の判断がされる期間が短縮されることはありません。

何度も同じ内容で削除依頼をすることはスパム等だと認識されることがあるため留意しましょう。

送信防止措置依頼で消えなかった場合はどうしたら良い?

送信防止措置依頼も用いても任意での削除依頼に応じない場合は、裁判手続きを利用することになります。裁判所に「仮処分」の申し立てを行い、裁判官に主張が認められると削除の命令がだされます。

裁判所への申し立て(仮処分)では、次の2つの要件が満たされる必要があります。

  1. 被保全権利
  2. 権利保全の必要性

また、削除以外の方法として、発信者情報開示請求により書き込んだ人を特定するケースもあります。発信者が特定できると、刑事責任の追及や民事上の責任に問うためのアクションを起こすことが可能です。

ただし、刑事事件として立件したり、民事事件として相手と争う手続きには一定の条件があります。費用や時間を要しますので、慎重に検討する必要があります。

自分のブログに誹謗中傷を書き込まれた時の対処法は?

コメントが投稿された記事ページ、もしくはブログ管理メニュー(スマートフォンの場合は[ブログ設定]メニュー)の[コメント一覧]から削除が可能です。

同じ人物から繰り返し誹謗中傷が来る場合には、投稿コメントの公開を承認制にしたり、ブログ記事の公開範囲を制限したり、相手をブロックをするなどの対処を検討しましょう。

相手と直接やり取りをする、相手のことを自分のブログ記事で取り上げて言及する行為は、新たなトラブルに発展する可能性があるため、気をつけましょう。

amebaブログの内容が転載されてしまったらどうする?

アトム法律事務所なら、他のブログサイトや掲示板サイト、SNSなどに転載された場合でも削除依頼が可能なことがあります。サイトごとに削除依頼の方法や手続きルールが異なるため、自分で削除依頼をするならば削除方法をよく調べて行いましょう。

自分で削除依頼をする場合、法的観点から削除を求める文章を書く必要があるため、時間を要してしまう場合があります。また、時間をかけて削除依頼をしても手続きの仕方が異なったり、適切でない主張だった場合削除がされません。

ブログ内容の転載先が多数あるならば、サイトごとにやり方を調べるため時間を要します。弁護士に任せることも検討してみましょう。

コンテンツごとに特集記事がありますのでご覧ください。

特集記事に載っていないサイトでも弁護士が対応できることもあります。お困りの方は一度アトム法律事務所へLINEやメール、電話にてお問い合わせください。

amebaブログの削除依頼は弁護士に任せよう

amebaブログ削除依頼の成功事例

アメブロに転載された逮捕記事の削除に成功した事例を紹介します。

過去に逮捕された際の報道記事がアメブロに転載されてお困りの方からご依頼いただきました。

元々のニュースサイト自体から報道記事自体は削除されたものの、名前でGoogle検索をすると転載しているアメブロ記事が出てくるため就職に困るとのことでした。

弁護士が内容を確認したところ、依頼者の権利侵害が認められる内容です。ただちに弁護士はアメブロの運営会社に対して、法的な根拠に基づき削除依頼を行いました。結果、依頼した日に削除されたため、依頼者の方にご満足いただけました。
弁護士に任せることで、自分で行うよりもスムーズに結果が得られることでしょう。

他のサイトで転載・拡散が繰り返されると、削除依頼が追い付かなくなる場合があります。

アメブロの削除依頼は早い段階で弁護士に相談をしておきましょう。既に転載・拡散されている場合にも効果的な対策方法をアドバイスできることがあります。

削除に成功した事例について『削除実績一覧』で幅広く紹介しているので、参考になさってください。

まずは専門家へ無料相談

アトム法律事務所では、弁護士のほか、WEB解析士も在籍しています。専門家の意見を参考に削除依頼などの対策を考えましょう。また、風評被害対策を専門とするネット相談員も常駐しています。

amebaブログ(アメブロ)のトラブルについては、LINE、メール、電話にて24時間相談予約を受け付けていますのでお気軽にお問い合わせください。相談受付後にネット相談員がお困りごとの確認調査に当たらせていただき、必要に応じ弁護士と連携してアドバイスや提案をさせていただきます。

ネット削除の無料相談窓口

24時間全国対応
岡野武志弁護士

監修者


アトム法律事務所

代表弁護士岡野武志

詳しくはこちら

高校卒業後、日米でのフリーター生活を経て、旧司法試験(旧61期)に合格し、アトム法律事務所を創業。弁護士法人を全国展開、法人グループとしてIT企業を創業・経営を行う。
現在は「刑事事件」「交通事故」「事故慰謝料」「ネット削除依頼」などの弁護活動を行う傍ら、社会派YouTuberとしてニュースやトピックを弁護士視点で配信している。

保有資格

士業:弁護士(第二東京弁護士会所属:登録番号37890)、税理士

学位:Master of Law(LL.M. Programs)修了