YouTube動画の削除|誹謗中傷・名誉毀損への対応を解説 | アトム法律事務所弁護士法人
アトム法律事務所
ネット削除依頼ナビ

YouTube動画の削除|誹謗中傷・名誉毀損への対応を解説

更新日:

岡野武志

監修者:アトム法律事務所 代表弁護士
岡野武志

削除依頼まとめ|Youtube編

この記事でわかること

  • YouTube上の誹謗中傷動画の削除依頼の方法
  • YouTube上の名誉毀損コメントの削除依頼の方法
  • YouTubeチャンネルの削除依頼の方法
  • YouTubeアカウントの削除依頼の方法

※自身で投稿したコメントや動画については対象外です。

YouTubeの削除依頼①誹謗中傷・著作権侵害の動画

「プライバシー権侵害」で運営に通報する

不適切なYouTube動画に対しては、削除依頼をすることが可能です。投稿者が個人情報を保護せず、プライバシーを侵害している場合、報告ボタンからYouTube運営側に削除依頼をすることができます。投稿者が連絡先を公開している場合は、投稿者に直接コンタクトをとり削除を求めることも可能です。

投稿者への直接連絡

  • 炎上のリスクを想定する
  • 「脅し」にならないよう言葉選びは慎重に
  • 少しでも不安があればまずは専門家に相談を

「著作権侵害」で運営に通報する

他人の著作物を無断で使用した動画の場合、著作権侵害を主張して動画の削除依頼をすることができます。動画に設置された報告ボタンから「権利侵害」を選択し、「著作権侵害の問題」を選択します。YouTubeは著作権侵害の問題に対して特に厳しい姿勢をとっており、他の権利侵害に比べ迅速な対応が行われる傾向にあります。

最近では、他人がアップロードしたTikTokの動画をダウンロードし、それを無断転載しているケースが多発しています。無断転載は著作権法違反の疑いがあります。著作権侵害の動画は、基本的には削除対象となりますが、運営への通報の方法がうまくいかず悩まれている方も多いです。通報してすぐに削除されることもありますが、審査に時間がかかり、1ヶ月ほどしてようやく削除に至ることもあります。

また、著作権侵害は、イラストの無断転載という事例もあります。他人が作成したオリジナルイラストが勝手にYouTubeに無断転載されている場合は、著作権侵害として通報することが可能です。

著作権侵害に該当するケースと無断転載の削除依頼については以下の記事でご紹介していますのでご参考になさってください。

自分の顔画像・音声も削除依頼の対象となる?

承諾したわけではないのに、自分の顔がはっきり映った動画が他人に投稿されているケースがあります。その場合、動画は削除対象になり得ます。プライバシー違反として直ちに運営側に通報するべきケースといえます。保護対象のプライバシーについては、「YouTube プライバシー ガイドライン」で詳細が説明されています。顔画像だけでなく、音声も無断で使用されている場合は、ガイドラインに違反する可能性があります

よくあるプライバシー侵害(例)

  1. 無断で顔が映った動画がアップロードされている
  2. 自分の顔画像(顔写真)がスライドショーとして動画にされている

YouTubeは「個人を一意に特定できる」動画を、プライバシー違反による削除対象として定めています。一意に特定できるとは、「他人が個人を特定するのに十分な情報が動画に含まれている」ことを意味します。

YouTube動画、コメント等の削除については、以下のページでも紹介していますのでご参考になさってください。

YouTubeプライバシーガイドラインが削除の鍵

動画コンテンツの削除依頼を行う前に、YouTube公式の案内ページで「YouTube プライバシー ガイドライン」を必ずチェックしましょう。具体的にどのようなコンテンツがプライバシー違反となりうるのか、運営側が想定している削除対象コンテンツが示されています。

YouTubeにおけるプライバシー違反の対象は、顔写真、音声、名前、連絡先などについて個人を一意に特定できるコンテンツをいいます。当人が見れば自分だと判断できても、他の人から見ると判別不能という場合には、削除に応じてもらえない可能性が高いです。客観的な判断が必要になるため、まず専門家にご相談されることをおすすめします。

YouTubeの削除依頼②名誉毀損コメントを削除したい

名誉毀損のコメントは「報告」ボタンを使う

YouTubeはすべての利用者に対して、他者への誹謗中傷、名誉毀損などを目的とした嫌がらせコメントを投稿することを禁止しています。嫌がらせコメントの禁止は、「コミュニティ ガイドライン」でルール化されています。違反コメントは各コメントに設置された「報告」ボタンからYouTube運営側に報告することができます。

「コミュニティ ガイドライン」は、動画投稿を行うチャンネル運営者、ユーチューバーだけに向けられたものではありません。動画投稿を行わずに、コメント投稿のみを行っているYouTubeアカウントも対象となります。コメント内容が違反していた場合、投稿者はYouTubeから警告を受けます

名誉毀損とは?

名誉毀損とは、刑法230条に定められた犯罪のひとつです。人の社会的評価を低下させるようなコメントを公然と書き込むことは、この犯罪が疑われることになります。また、民事的には名誉権侵害という問題も生じます。名誉権侵害は不法行為として損害賠償請求の対象となりえます。

【名誉毀損罪】

第二百三十条 公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者は、その事実の有無にかかわらず、三年以下の懲役若しくは禁錮又は五十万円以下の罰金に処する。

e-Gov 法令検索 刑法 第二百三十条

名誉毀損については、以下の記事で解説していますのでご参考になさってください。

誹謗中傷・悪質なコメントを削除する方法(操作)

YouTubeの「通報」は次の手順で行うことができます。

  1. YouTube(Googleアカウント)にログインする
  2. 問題のコメントに設置された「︙」ボタンをタップする
  3. 「コメントの報告」から該当するものを選択する

報告されたコメントの内容が「コミュニティ ガイドライン」に違反している場合、YouTube運営によって違反コメントが削除され、違反コメント投稿者には警告が発せられます。警告は運営側から行われるもので、誰の通報に基づくものかは、そのコメント投稿者にはわからないようになっています。

誹謗中傷コメントは「通報」ボタンで削除依頼を

悪口コメントはYouTube運営への削除依頼で消すことができます。ただし、悪口といっても、程度によっては削除対象に含まれないものもあります。他人の権利を侵害するレベルのコメントであれば、ガイドライン違反として削除される可能性があります。

悪口や誹謗中傷の内容は様々で、権利侵害といえるものかどうかは判断が難しいケースも多いです。事前に専門家の意見を聞いておくと、削除依頼の他にも適切な対応方法について情報を得られることがあります。無料相談であれば気軽に利用できますので、お困りの方はまず無料相談の窓口をご利用ください。

悪口が侮辱罪に該当するケースもあります。詳しくは、以下の記事をご参考になさってください。

YouTubeの削除依頼③チャンネルを削除依頼する

誹謗中傷するチャンネルは削除できる?違法チャンネルへの対応

動画投稿を行うYouTubeチャンネル運営者が、YouTubeのルールに違反する行為を繰り返し行った場合や違反内容が悪質だった場合、YouTube運営の判断によってチャンネルの削除や停止が行われる場合があります。

YouTubeチャンネルの削除は、あくまでもYouTube運営が裁量で判断を行います。チャンネルやコンテンツをYouTube運営に通報したからといって、必ず「違法」と認定されるわけではなく、チャンネルが削除されないことも十分ありえます。

自分で誹謗中傷チャンネルを丸ごと削除依頼する方法は?

いかなる理由があっても、他人のYouTubeチャンネルを個人が強制的に削除することはできません。YouTubeチャンネルの削除は、YouTube運営判断によるペナルティとして行われる削除か、チャンネル運営者が自分の管理画面内の操作によって行うことになります。

チャンネルの削除依頼(例)

  • なりすましアカウント
  • 個人を攻撃することを目的にしたチャンネルアカウント
  • 違法動画ばかりをアップロードしているチャンネルアカウント

2021年6月現在、チャンネル運営者およびYouTube運営以外の第三者が、報告ボタンを使って、チャンネルの削除依頼を行うことはできないとされています。YouTubeのルールは随時更新されます。最新の公式情報をチェックすることがお勧めです。

弁護士は法的手段でアプローチすることもできる

弁護士は、裁判手続きを用いて、チャンネル運営者もしくはYouTube運営に削除依頼を行うこともできます。YouTube運営を相手に法的手段をとる場合、Googleアメリカ法人を相手方とします。手続きに数か月の時間を要する点も把握しておくとよいでしょう。

YouTubeチャンネルに違法性があり、YouTubeチャンネル運営者が特定できていて相手と連絡が取れる場合、弁護士はYouTubeチャンネル運営者に対して任意の削除依頼を行うこともできます。裁判外でチャンネル運営者に対し削除を要請する方法もあります。

弁護士に依頼する場合と自分で対応する場合の比較

弁護士に依頼自分で対応する
メリット法律に詳しい(専門家)費用の最小化
デメリット特になし手間がかかる

ネット削除を弁護士に依頼するメリットについては、以下の記事でも紹介していますので、参考にしてください。

YouTubeの削除依頼④アカウントを削除依頼する

誹謗中傷アカウントは削除できる?悪質アカウントへの対応

YouTubeアカウント(動画投稿を行っていないコメント投稿者、ユーザーなど)が、YouTubeのルールに違反する行為を繰り返し行った場合や違反内容が悪質だった場合、YouTube運営の判断によってアカウントの削除や停止が行われる場合があります

YouTubeはすべての利用者に対して、他者への誹謗中傷や嫌がらせといった悪意ある投稿を禁止しています。YouTubeのコミュニティ ガイドラインに詳細が規定されており、コメント投稿のみを行うアカウントもルールを守ることが求められます。

YouTubeアカウントは第三者でも削除できる?

2020年11月現在、YouTubeアカウント所有者やYouTube運営以外の第三者が、YouTube内の連絡フォームや報告ボタンを使って、他人のアカウントの削除依頼を行う方法はありません。YouTubeのルールは随時更新されているので、最新の公式情報をチェックする必要があります。

しかし、YouTubeアカウント所有者が、誹謗中傷や攻撃的なコメント投稿を繰り返し行った場合、または違反内容が悪質だった場合、YouTube運営の判断によって、結果的に違反アカウントの削除や停止が行われる場合があります。アカウントが削除されたり停止されると、そのアカウントの動画もすべて閲覧できなくなり、動画につけられたコメントも全て見られなくなります。

弁護士によるYouTubeアカウントの削除方法

YouTubeアカウントの投稿内容や行為に違法性があり、YouTubeアカウント所有者が特定できている場合、弁護士はYouTubeアカウント所有者に対して任意の削除依頼を行うことができます。YouTube外で、直接コンタクトをとり削除を要請したり、違法行為に対して責任追及することも可能です。

まとめ

動画コンテンツは、そのインパクトの強さから誹謗中傷の影響力も大きいものです。YouTubeは情報発信・情報収集の手段として手軽に利用できるプラットフォームです。それゆえ、ルールに反する動画投稿や悪質なコメント投稿も後を絶ちません。機能的に拡散性がすぐれていることから、違法コンテンツは早く対応しておく必要があります。お困りの際は、まず無料相談で解決策を見つけることから始めてください。

岡野武志

監修者


アトム法律事務所

代表弁護士岡野武志

詳しくはこちら

高校卒業後、日米でのフリーター生活を経て、旧司法試験(旧61期)に合格し、アトム法律事務所を創業。弁護士法人を全国展開、法人グループとしてIT企業を創業・経営を行う。
現在は「刑事事件」「交通事故」「事故慰謝料」「ネット削除依頼」などの弁護活動を行う傍ら、社会派YouTuberとしてニュースやトピックを弁護士視点で配信している。

保有資格

士業:弁護士(第二東京弁護士会所属:登録番号37890)、税理士

学位:Master of Law(LL.M. Programs)修了

英語:TOEIC925点