全国・24時間365日対応
相談窓口はこちら

inheritance5

借金を相続せずに放棄したい方

亡くなった親族の借金を相続したくない方は、相続放棄という手続きを家庭裁判所で行うことで、債務を負う必要がなくなります。

ですが、相続放棄には注意すべきデメリットもあります。この記事では相続放棄の概要を紹介し、手続き上の注意点についても説明していきます。

相続放棄でお悩みの方は、ぜひご参考にしてください。

借金を相続せずに済む方法は?

借金や債務を相続したくない場合には、相続放棄という選択をとることが可能です。

相続開始から3か月以内に、家庭裁判所に対して「相続放棄申述書」を提出することにより被相続人の借金を承継することなく放棄できます。

また、相続できるプラスの財産を限度としてマイナスの財産を引き継ぐことのできる限定承認という手段もあります。限定承認を使うことで、相続する債務の額を受け取る資産の額の範囲内に収めることができます。

いずれの手続きも非常に複雑で、書類に不備があると家庭裁判所は受け入れてくれません。期日までに手続きを完了しなければ放棄ができなくなりますので、相続放棄をお考えの方はまず弁護士までご相談ください。

相続放棄のメリットとデメリットは?

相続放棄のメリットは被相続人の借金を引き受ける必要がなくなることです。相続財産と借金を比較して借金の方が明らかに多い場合には、相続放棄を選択した方がよいでしょう。

デメリットとしては、プラス財産も含めて全てを放棄しなければならない点が挙げられます。安易に相続放棄をしてしまうと、本来は遺しておきたかった不動産やその他の財産についても権利を失うことになります。

このデメリットを避けるため、相続放棄を行う際には慎重に検討を行う必要があります。

借金だけを相続放棄できる?

現金や不動産などの遺産だけを相続して、借金だけを放棄することはできません。

相続放棄の手続きを行うと、法定相続人から除外され、そもそも相続権を持っていなかったものとみなされます(民法939条)。

一度相続放棄してしまうと、プラス財産に対しての権利も喪失しますのでご注意ください。

相続放棄はいつまでに手続きが必要?

相続放棄は原則として、相続の開始があったことを知った日から3か月以内に手続きが必要です(民法915条)。この期間を熟慮期間といいます。

3か月の熟慮期間経過後に自分が相続人であることが判明した場合や、後になって借金が判明したような場合には、それらを認識した時点から3か月以内に手続きを行う必要があります。

ですが相続放棄をしなかった点について、借金の存在を知らなかったといえる相当な理由がなければ、再度相続放棄の手続きを行うことはできません。

すぐに調べればわかるのに調べていなかったような場合は、家庭裁判所に申請が却下される可能性もあります。逆に、相談していた弁護士からは借金について何も言われなかったような場合には、認められやすいでしょう。

いずれにせよ、熟慮期間後の相続放棄は、最終的には家庭裁判所の判断で可否がきまります。手続きを行う際には、弁護士に相談するようにしましょう。

相続放棄のお悩みを弁護士に無料相談

親の借金を相続したくない・相続放棄したいといったお悩みを抱えた方は、今すぐアトムの無料相談窓口にご連絡ください。

相続・遺言を弁護士に無料相談
電話無料相談のご予約を24時間・全国対応で受付中です。

遺産分割案内

遺留分遺言相続の相談

0120-245-91124時間全国

※電話番号をタップすると発信されます。

注意事項
  • 事案によって対応が難しい場合もございます。
  • 詳細は担当者が案内します。お電話ください。

Googleレビュー

4.6 229件のレビュー

googleレビュー

S

S・Hさん★★★★★

24時間相談可能でLINEでも相談できるので良かったです。LINEでは回答に時間がかかる場合があるので、お急ぎの方は電話のほうが良いかもしれません。私はLINEで相談し、たいへん丁寧・親切にお答えいただきました。ありがとうございました。

N

N・Sさん★★★★★

加害者お断りが多い中、親身になって聞いて頂けるので大変助かりました。

Y

Y・Mさん★★★★★

24時間365日無料LINE相談は心強いです。

H

H・Rさん★★★★★

福岡の弁護士事務所の先生に対応していただけました。いろいろ私どもにとって、最良と思われる方向性を丁寧に教えて戴きました。一人で悩んでいたところを救われた想いです。大変感謝しております。ありがとうございました。

P

P・Sさん★★★★★

24時間相談可能なのは助かります。ラインでも相談できるので、気軽に出来ますね。自分の事故は車の損傷の割には人間は軽症だったので、相談すべきかどうか迷っていました。電話で問い合わせするのも迷うので、まずはこの様にラインで相談できるのは有り難いです。

M

M・Hさん★★★★★

時間に縛られず、LINEで気軽に相談できるのが非常にありがたい。

ほかのレビューをみる >>