刑事事件の解決実績

未成年と淫行を行い、その場面を撮影するなどしたが、略式罰金となった事例

浦田忠興

アトム法律事務所大阪支部

浦田忠興弁護士

当時18歳未満の被害者と性交等をし、その様子を撮影。またその撮影データを第三者に販売したとされるケース。児童買春・児童ポルノ禁止法および青少年健全育成条例違反の事案。

プライバシー保護のため、一部情報を加工しています。

事件の概要

場所

トイレ

職業

学生

※法改正前の事件も同種事件として改正後の罪名を記載

事件の状況

逮捕

なし

起訴

略式

被害者

あり

勾留

-

保釈

-

示談

-

最終結果

罰金30万円

取調べへのアドバイスを行った他情状弁護を尽くし略式罰金となった。

弁護活動

依頼から

7.0か月

全国/24時間/無料相談窓口

今すぐ電話で問合せ