介護施設における誤薬事故の事例と施設側が負う責任の内容を解説 | 事故弁護士解決ナビ

介護施設における誤薬事故の事例と施設側が負う責任の内容を解説

更新日:

シェア
介護施設の誤薬事故、施設側の責任は?

介護施設では食事や排せつの世話と同様、利用者の服薬介助もサポート内容の一つです。しかし、介護施設では誤薬事故が起きる危険が高く、なかには死亡事故に発展してしまうケースもあります。

誤薬事故の被害者になってしまった場合、介護施設側の対応に落ち度があれば、訴訟を提起し損害賠償請求できる可能性もあるでしょう。

今回は、介護施設における誤薬事故の事例や、事故で施設側が負うべき責任など、損害賠償請求を行うために必要な知識を紹介します。

誤薬事故とは

介護施設の職員は利用者への服薬にミスがないよう、細心の注意を払いながら業務に邁進しています。
しかし、それでも誤薬事故が起きる可能性はあります。

まずは、介護施設における誤薬事故とはどのようなものか、具体的なケースを見ていきましょう。

誤薬事故の内容

誤薬とは薬の使用法を誤ってしまうことを指し、ひとくちに誤薬事故といっても、さまざまな種類が存在します。

たとえば、「他の人の薬を別の人に投与してしまった」「投薬の時間・量を間違えた」「そもそも投薬を忘れた」「薬を床に落としてしまった」などの誤薬事故が起こりえます。

特に介護施設で起きる危険が高いのは、他人の薬を飲ませてしまう事案です。あってはいけないことですが、多数の利用者の薬を同時に管理していると、どうしても起こる可能性はあります。

誤薬事故は死亡に至るケースも少なくありません。低血圧の利用者に対して、血圧を下げる薬を誤って投与したために、実際にお亡くなりになった事案が発生しています。

誤薬事故の具体例

同じ利用者に対して続けざまに二度も誤薬するというケースが起こっています。あり得ないことのようにも思えますが、事故が起きる危険はゼロではないので事例について解説します。

事故の原因はダブルチェック体制が機能しなかったことです。薬をボックスから取り出す際、他の職員とダブルチェックするルールはあったのですが、二度ともチェック体制をくぐりぬけてしまったのです。

ダブルチェックが機能しなかった要因は、まず二人の職員が「同じ場所で」チェックする体制だったことが挙げられます。他の職員がチェックOKを出したから問題無いだろうとの意識がはたらき、チェックの目が疎かになってしまったのです。

また、利用者名が似通っていたことも事故の要因です。取り違えた2名の名字は「高橋」と「高榛」であり、よく確認しなければ同じ名前に見えます。加えて、薬ボックスに記載する名称は手書きであったこと、現場が薄暗かったことなども事故の発生リスクを高めてしまいました。

このように状況をつぶさに観察すると、チェックミスが生じる要因は複数挙げられる環境だったのです。はたからみるとあり得ない事故のようにみえても、事故を誘発する要因は存在しているので、平常時から問題はないか確認しておくことが重要です。

誤薬事故における介護施設の責任

誤薬事故が起きた場合、施設側はどのような責任を負うのでしょうか。介護施設が自らの義務を全うしていなければ、利用者側は責任を追及できる余地が生じます。

このため、利用者側も介護施設側の責任について把握しておいた方がよいでしょう。誤薬事故における介護施設側の責任を解説します。

事故報告書の記載

介護施設では施設内で事故が起きた場合、事故報告書を記載し、自治体に提出する必要があります。介護事故報告書を書くことは介護保険法でも定められている法的義務です。

介護事故報告書を記載する一番の目的は、事故の原因分析を行い、再発を防止することにあります。そのためには当時の状況がわかりやすく、できるだけ具体的に書かれていなければなりません。

また、報告書は施設側にとって、事故に対して正しく対処したことの証明書類にもなります。報告書を書いていない場合、何かしらの不都合な事実を隠蔽しているとも捉えられかねません。
逆に考えると、介護事故報告書が記載されていない場合、利用者側は施設側の落ち度を問いやすいといえます。

事故の具体的な状況を知るために、利用者やその家族も介護事故報告書を閲覧できます。
介護施設に対する損害賠償請求を行う際の重要な証拠となりうるため、損害賠償請求を検討している場合は必ず確認すべきです。

利用者に対する注意義務

介護施設は、利用者が介護事故により損害を受けないようにするという注意義務を負っています。
介護施設の注意義務違反によって利用者に何らかの損害が生じた場合には、利用者側は介護施設に損害賠償請求が可能となるでしょう。

介護施設が負う注意義務の内容は「予見可能性」と「結果回避義務」の2つです。

予見可能性とは事故が起きることを予測できたのかという点です。
対して結果回避義務とは、事故が予測できる場合にその発生を避けるための努力を行うことをいいます。予見可能性と結果回避義務について施設側の落ち度が認められる場合、施設側の責任が問われます。

では、どの程度の行為があれば施設側の注意義務違反を問うことができるのでしょうか。

予見可能性とは

まず、予見可能性については具体的なレベルが求められます。

誤薬事故の場合は、介護施設側が利用者である方々の薬を一括で管理していることから、服薬管理の方法を誤ることで利用者に損害が生じる可能性は十分に予見できるといえるでしょう。

また、認知症の利用者がいた場合には、認知症の利用者が誤って薬を飲んでしまう可能性があることについても予見できたといえます。

結果回避義務とは

結果回避義務に関してはどうでしょうか。
誤薬事故では、服用する薬を取り違えたり、薬の量を間違えたりしないように適切な安全対策を行っていたのかどうかが問題となります。

具体的には、以下のような点に注目しましょう。

  • 薬を誰にいつ服用したのかを、職員がわかるように管理していたのか
  • 誰が、どのタイミングで、どの薬を、どの程度の量服用するのかがわかるよう管理していたのか
  • 薬袋が混ざらないように管理していたのか
  • 服用する際に複数の職員によるチェックを行っていたのか
  • 薬を服用する前に、本人確認を行っていたのか
  • 以前に誤薬事故が起きていたのであれば、再発防止策を実行していたのか

以上のような事実をもとに、誤薬事故による損害という結果を防ぐために、必要な行為を行っていたのかを検討します。

介護施設における誤薬事故に関する損害賠償請求の方法

誤薬事故により利用者に損害が生じたのであれば、介護施設に対して損害賠償請求を行うことになります。
損害賠償請求を行う際には、どのような方法によるべきなのかについて解説します。

誤薬事故において損害賠償を請求する方法

介護施設において生じた誤薬事故において、介護施設に損害賠償請求を行う方法としては、基本的に以下の3つが考えられます。

  • 介護施設との話し合いによる示談交渉
  • 調停
  • 裁判所への訴訟提起

多くの場合は、話し合いによる示談交渉で解決することが多いでしょう。
しかし、介護施設側が間違いを認めなかったり、事故対応が信用できないような場合には話し合いによる解決が困難であるため、訴訟による必要があります。

誤薬事故によって利用者に障害が残ったり、死亡してしまったりするケースでは、請求可能な金額が高額になりやすいので、合意が前提となる示談や調停での解決が難しくなりがちです。
そのため、利用者の家族が損害賠償請求の訴訟を起こすケースも珍しくありません。

損害賠償請求により請求できる内容や具体的な手続きを知りたい方は『介護事故の損害賠償とは?賠償項目や適正相場と請求に必要な手続き』の記事をご覧ください。

訴訟を行うなら弁護士には早めの相談を

訴訟を起こす際は弁護士に相談することになります。訴訟提起が決まった後に弁護士に依頼するのではなく、早めに相談を投げかけることをおすすめします。

なぜなら、介護施設側との交渉や適切な賠償額の査定などのサポートが受けられるためです。事故に遭った利用者側は気が動転してしまい、正常な思考を保ち交渉を進めることが難しい場合も多いです。

また、実際の相場より低い賠償額を介護施設側が提示してくる可能性もあります。介護施設側との交渉を有利に進めるためにも、弁護士の活用を検討しましょう。

こちらの関連記事『介護事故の際の相談先は?弁護士に相談をするメリットについて解説』では、介護事故を弁護士に相談することで得られるメリットについてさらに詳しく解説しています。弁護士相談を検討されている方にぜひお読みいただきたい記事になっています。

アトム法律事務所では、無料の法律相談を行っているので、今後、訴訟を起こす際にどうすればよいのかを無料で弁護士に相談することが可能です。
法律相談の予約受付は24時間体制で行っているので、一度気軽にご連絡ください。

岡野武志

監修者


アトム法律事務所

代表弁護士岡野武志

詳しくはこちら

高校卒業後、日米でのフリーター生活を経て、旧司法試験(旧61期)に合格し、アトム法律事務所を創業。弁護士法人を全国展開、法人グループとしてIT企業を創業・経営を行う。現在は「刑事事件」「交通事故」などの弁護活動を行う傍ら、社会派YouTuberとしてニュースやトピックを弁護士視点で配信している。

保有資格

士業:弁護士(第二東京弁護士会所属:登録番号37890)、税理士

学位:Master of Law(LL.M. Programs)修了

英語:TOEIC925点