交通事故・刑事事件に加えて借金問題・労働問題の対応を本格化しています。

相談・お問い合わせ

債務整理をご検討の方へ

債務整理をご検討の方へ。借金の返済に苦労している、今後どうやって生活を維持しながら返済を続ければいいのか、できれば破産はしたくはないなどとお悩みではありませんか。

債務整理や借金問題でお困りの方は、アトム法律事務所の無料相談のご利用をお勧めします。

債務整理とは

債務整理とは、抱えた借金を整理し直して減額し、決めたスケジュールに則って返済を続けたり清算をしたりする手続のことを言います。

主な方法としては、①任意整理、②民事再生、③破産があります。

債務整理の方法について(①任意整理、③民事再生、③破産)

①任意整理とは、民事再生や破産のような裁判所を用いる手続ではなく、私的に債権者と交渉し、過払金を取り戻したり、分割払いの期間を延長したり、毎月の返済額を減らしたりなどし、借金の返済の方法を見直すことを言います。

 

②民事再生とは、裁判所に申立てをして再生計画が認可されれば、債務が圧縮され、3年から5年の期間内で返済を続けていくことができる手続です。住宅資金特別条項という仕組みを用いて、住宅ローンの支払いを継続して自宅を処分せずに済む手続きを利用できることが大きなメリットです。

 

③破産とは、裁判所に申立をし、主だった財産(自宅や車等)を処分されて各債権者に配当し、裁判所の許可を得られれば免責され、借金を清算することができる手続きです。

①任意整理や②民事再生では、基本的には数年に渡り借金の返済自体は続けていかなければならないことになりますが、借金を清算し返済義務から免れることができる(税金等一定の債務は除く)ことが破産の大きなメリットです。

①任意整理の手続の流れ

a まず、弁護士が消費者金融や銀行、ローン会社等各債権者へ受任通知を送ります。その時点で、債権者からの取立てや督促は止まります(貸金業法21条1項9号)。

b 受任通知の送付と併せて債権届出票や取引履歴などの資料を取り寄せ、利息制限法の利率に則った適正な債務額に引き直して計算をします。過去に利息制限法が定める利率以上に利息の支払いを債権者が受けていた場合、その部分は不当利得となり、返還を求めることができます(民法703、704条)。

c 利息制限法に則った適正な債務額の計算をした上で、ご依頼者の方にとって可能な毎月の返済額を算出し、その範囲内での分割払いにできるよう、各債権者と交渉します。交渉が成立すれば合意書を取り交わし、返済を続けていくことになります。

②民事再生や③破産の手続の流れについては、別の記事でご説明します。

弁護士に相談するメリット

借金の取立てや督促を止めること、利息制限法に則った適正な債務額を確定させること、各債権者と交渉することなどは、やはり借金問題の処理に慣れた弁護士にご依頼することが有効だと思います。

借金や債務整理のことでお悩みの方は、アトム法律事務所の無料相談のご利用をご検討ください。

債務整理のお悩みを弁護士に無料相談

借金・債務整理のお悩みは、今すぐアトムの無料相談窓口にご連絡ください。

借金・債務整理のお悩みを弁護士に無料相談

電話・メールでのお問い合わせを24時間・全国対応で受付中です。

借金問題の無料相談窓口

借金ローンの状況を今すぐ連絡

借金ローンの状況を今すぐ連絡

Googleレビュー

4.6 159件のレビュー

S

S・Hさん★★★★★

24時間相談可能でLINEでも相談できるので良かったです。LINEでは回答に時間がかかる場合があるので、お急ぎの方は電話のほうが良いかもしれません。私はLINEで相談し、たいへん丁寧・親切にお答えいただきました。ありがとうございました。

N

N・Sさん★★★★★

加害者お断りが多い中、親身になって聞いて頂けるので大変助かりました。

Y

Y・Mさん★★★★★

24時間365日無料LINE相談は心強いです。

H

H・Rさん★★★★★

福岡の弁護士事務所の先生に対応していただけました。いろいろ私どもにとって、最良と思われる方向性を丁寧に教えて戴きました。一人で悩んでいたところを救われた想いです。大変感謝しております。ありがとうございました。

P

P・Sさん★★★★★

24時間相談可能なのは助かります。ラインでも相談できるので、気軽に出来ますね。自分の事故は車の損傷の割には人間は軽症だったので、相談すべきかどうか迷っていました。電話で問い合わせするのも迷うので、まずはこの様にラインで相談できるのは有り難いです。

M

M・Hさん★★★★★

時間に縛られず、LINEで気軽に相談できるのが非常にありがたい。

ほかのレビューをみる >>
相談・お問い合わせ