交通事故・刑事事件に加えて借金問題・労働問題の対応を本格化しています。

個人再生の申立てについて

個人再生の申立てをご検討の方へ。借金の毎月の返済が苦しい、でも破産は避けたい、自宅を手放したくない、などのご不安をお持ちの方も多いと思います。

個人再生手続のメリットやデメリット、その他使い方などについてアトム法律事務所の弁護士が解説します。

個人再生とは

個人再生とは、負債額(住宅ローン債務等を除く)が5000万円以下で、将来において一定の収入を得ることの見込みがある個人が、3年から5年間の間に返済をしていく再生計画を立て、裁判所に認可されれば負債額の圧縮を図ることができる手続です。

住宅資金特別条項という手続きを併せて使うことができ、この場合、住宅ローンが残っている自宅を処分せずに個人再生手続きを進めることができます。破産手続の場合、通常は住宅ローンが残っている自宅は手放すことになりますから、自宅を手放さずに負債を減額することができる点に大きなメリットがあります。

個人再生のメリットとデメリット

個人再生のメリットは、主に以下の4点です。

①破産とは異なり、住宅ローンが残っている自宅を手放さずに済みます。住宅ローン自体の支払いは継続しなければなりません。

負債を減額することができます。例えば、負債総額が(基準債権総額と言います)100万円以上〜500万円未満の場合、返済しなければならない金額を100万円(最低弁済基準額と言います)まで減額することができます(再生計画が裁判所に認可された場合)。

③ギャンブルや浪費などによって負債が生じた場合、破産手続きだと免責不許可事由があり免責を受けられないことがありますが、個人再生の場合は免責不許可事由が定められていないので、裁判所により再生計画が認可されれば、一部について減額を受けることができます。

④破産のような一定の資格制限(宅地建物取引業者、警備員、取締役等)は定められていません。

 

他方、個人再生のデメリットは、以下の3点です。

①破産とは異なり、負債が減額されてもゼロになるわけではないので、一定額の返済は3年から5年かけて返済を続けなければなりません(上記②の最低弁済基準額)。

②3年から5年をかけて一定の返済を継続できるだけの安定した収入が必要です。

③財産を処分して債権者に分配する破産手続よりも多く債権者に返済をすることができるという内容の再生計画にする必要があります(清算価値保障原則と言います)。0

個人再生手続の流れ

地方裁判所に個人破産の申立書、その他必要書類を提出します。裁判所が個人再生の開始決定をし、債権の調査や再生計画案の策定を行い、債権者の意見も聴取するなどして、再生計画が認可されれば手続きは終了します。事案にはよりますが、申立てから終了まで6ヶ月くらいかかることも多いです。

細かくいうと、個人再生の中でも小規模個人再生(債権者の消極的同意が必要等)と給与所得者等再生(返済総額が可処分所得の二倍以上であることが必要等)の2種類の手続きがあります。

数ヶ月かけて手続きを進めていく中で、必要書類の作成や提出、債権者や裁判所から選任された再生委員との調整等、複雑な事務処理が必要とされます。一個人では対処は難しいと言えますので、専門の弁護士にご相談し申立て等の代理をご依頼されることをお勧めします

弁護士に相談するメリット

弁護士に相談し、実際に個人再生手続で進めることができそうかアドバイスをもらいましょう。弁護士が依頼を受け、各債権者に受任通知を送れば、督促や取立ては止まります。適切に個人再生手続を進めてもらい、負債を減額してもらい、実現可能なプランで返済を続け、経済的な再スタートを切ることができます。

個人再生のお悩みを弁護士に無料相談

借金・個人再生のお悩みは、今すぐアトムの無料相談窓口にご連絡ください。

借金・個人再生のお悩みを弁護士に無料相談

電話・メールでのお問い合わせを24時間・全国対応で受付中です。

借金問題の無料相談窓口

借金ローンの状況を今すぐ連絡

借金ローンの状況を今すぐ連絡

Googleレビュー

4.6 159件のレビュー

S

S・Hさん★★★★★

24時間相談可能でLINEでも相談できるので良かったです。LINEでは回答に時間がかかる場合があるので、お急ぎの方は電話のほうが良いかもしれません。私はLINEで相談し、たいへん丁寧・親切にお答えいただきました。ありがとうございました。

N

N・Sさん★★★★★

加害者お断りが多い中、親身になって聞いて頂けるので大変助かりました。

Y

Y・Mさん★★★★★

24時間365日無料LINE相談は心強いです。

H

H・Rさん★★★★★

福岡の弁護士事務所の先生に対応していただけました。いろいろ私どもにとって、最良と思われる方向性を丁寧に教えて戴きました。一人で悩んでいたところを救われた想いです。大変感謝しております。ありがとうございました。

P

P・Sさん★★★★★

24時間相談可能なのは助かります。ラインでも相談できるので、気軽に出来ますね。自分の事故は車の損傷の割には人間は軽症だったので、相談すべきかどうか迷っていました。電話で問い合わせするのも迷うので、まずはこの様にラインで相談できるのは有り難いです。

M

M・Hさん★★★★★

時間に縛られず、LINEで気軽に相談できるのが非常にありがたい。

ほかのレビューをみる >>