アトム法律事務所弁護士法人グループ

contents

事業内容

ACCIDENT CASE

交通事故(主に被害者側)

元々は交通事故の保険会社側で活動していた弁護士や専門スタッフが加入し、2016年より交通事故の被害者案件の取り扱いをスタートしました。保険会社の側で活用していた専門技術を被害者の側に転用することで、経験に裏打ちされた質の高い弁護活動を提供しています。

示談交渉で適正額の示談金を獲得する

「損害保険の担当者が提示する示談金がおかしい」「示談金を増額できないか」という交通事故被害者からの依頼に対して、賠償金の算出、保険会社との示談交渉代理、各種手続きの申立て代理など、個々のニーズに応じたサービスを提供しています。賠償金の計算ソフトを開発し、ウェブを通じて広く社会に無償提供するなど、交通事故の被害者が適正な金額の示談金を得るためのサービスに力を入れています。

民事裁判で適正な内容の判決を獲得する

保険会社が示談交渉に応じない場合は、民事裁判の手続きを用いることになります。民事裁判は和解で終了することも多いですが、交通事故の被害者救済の観点から、適正な金額の賠償金の支払いを求めて判決まで争うこともあります。裁判所でも専門部が設けられることがあるほど高い専門性が求められる交通事故だからこそ、弊所では交通事故の被害者救済に特化・注力したサービスの提供を心がけています。

取り扱い比率は刑事事件50:交通事故50へ

交通事故の被害者案件の取り扱いは2016年よりスタートしましたが、交通事故の保険会社側で活動していた弁護士や専門スタッフが加入したこと、刑事事件を受任するためのウェブマーケティングの技術を応用したことで、2016年11月の時点で交通事故の被害者案件の取り扱いの割合は三割程度まで高まりました。今後は刑事事件50:交通事故50の比率にまで成長させていく計画です。

Results

活動実績

示談金の大幅増額実績が多数

アトム法律事務所は、交通事故の被害者の方をサポートする弁護活動に力を入れています。被害者の方がいち早く日常を取り戻すためには、適正な金額の補償を受けることが重要です。このページでは、アトムの弁護活動によって、示談金の大幅増額が実現したケースの一部を紹介します。

示談金5倍、短期間での大幅増額

依頼から3週間で示談金が1185万円に増額

ご依頼者は、バイク運転中の交通事故により骨折し、足首に後遺障害を負うことになりました。保険会社からは、治療中に支払われた一時金を除いて、合計414万円が示談金として提示されました。
ご依頼者は金額の妥当性に疑問を持ち、アトムに電話で相談しました。そして、弁護士のアドバイスにより、示談金の大幅な増額が見込まれることが分かったため、事務所に訪問した上で保険会社との示談交渉を依頼しました。
弁護士による2ヶ月の交渉の結果、示談金は、当初提示額の約5.2倍の2153万円まで増額しました。

示談金提示額2600万円増を早期に実現

依頼から3週間で示談金が1185万円に増額

ご依頼者は、自損事故で負傷し、後遺障害6級の認定がなされ、人身傷害保険金を請求中でした。当初、保険会社からは154万円の示談金が提示されましたが、後遺障害に関する損害については提示されていませんでした。
そのため、ご依頼者は適正な金額の示談金を受け取れるか不安を感じ、アトムにLINEで相談しました。そして、弁護士のアドバイスにより、示談金の大幅な増額が見込まれることが分かったため、事務所に訪問した上で保険会社との示談交渉を依頼しました。
弁護士による2ヶ月の交渉の結果、示談金は、当初提示額との比較で2600万円以上増額し、2758万円となりました。

3週間のスピード解決、満額で示談成立

依頼から3週間で示談金が1185万円に増額

ご依頼者は、自転車運転中の交通事故により骨折し、左足首に後遺障害を負うことになりました。保険会社からは、治療中に支払われた一時金を除いて、合計257万円が示談金として提示されました。
ご依頼者は金額の妥当性に疑問を持ち、アトムにメールで相談しました。そして、弁護士のアドバイスにより、示談金の大幅な増額が見込まれることが分かったため、事務所に訪問した上で保険会社との示談交渉を依頼しました。
弁護士による交渉の結果、示談金は、請求額の満額である1185万円まで増額し、依頼からわずか3週間で解決に至りました。

示談金増額のポイント

保険会社は、交通事故の被害者に対して、裁判になった場合に認められる金額よりも低い金額の示談金を提示するのが通常です。アトムの弁護士は、法律や裁判例の専門知識と過去の示談経験に基づいて、保険会社と交渉を行うことで、被害者の方に有利な条件を引き出し、示談金の大幅増額を実現しています。

VOICE

700人を超えるお客様からの感謝の声

昼間の電話が難しくLINE相談できて心にゆとりができました

…続きを読む

アトム法律事務所さんに決めた理由は、LINE相談ができるからでした。仕事をはじめてからは、昼間の電話などが難しくなり、LINEでお話しができることがとても嬉しかったです。保険会社とのやりとりが、とてもストレスになっていたので、お願いするようになってから、心にゆとりができました。担当していただいた弁護士さんは、とても優しく、何も知らないわからない私にわかりやすく説明してくださいました。たくさんご迷惑おかけしましたが、最後まで担当していただき、ありがとうございました。相手保険会社宛の請求書に、前の仕事をやめなくてはいけなくなったことを、きちんと書いていただいたのが、とても嬉しかったです…本当にありがとうございました。

narusejun

アトムでは、全ての弁護士・職員が「お客様が求めるタイミングと頻度と方法で適切にコミュニケーションを図る」する事を求める行動指針を定めています。LINEなど新しいツールも積極的に取り入れて、早期解決に繋がるように努めています。

弁護士は堅いイメージでしたが、LINE相談が親しみやすかったです。

…続きを読む

最初に、アトム法律事務所の先生方、どうもありがとうございました。保険会社の対応不安から、依頼したのですが、予想以上の結果に満足しています。毎日毎日頭の中の不安から開放され、やっと新しいスタートを切れます。弁護士というと、堅いイメージがあるのですが、LINEの無料想談は、相談しやすく、親しみやすかったです。ありがとうございました。****

okanotakeshi

アトムでは、元々交通事故の保険会社側で活動していた弁護士や専門スタッフが活動しています。保険会社側の専門技術を被害者側にも転用することで、経験に裏打ちされた弁護活動を提供し、ご依頼者様の利益に役立てるよう取り組んでいます。

素人ではできない交渉ややり取りを任せられて、保険金も増額になり助かりました。

素人ではできない交渉と、多大なエネルギーを必要とする相手の保険担当者とのやりとりを任かせられ、提示額より増額になったのでとても助かりました。ありがとうございました。

nakamurahirohito

アトムでは、「自分が担当する業務の正確な知識と技能を習得すること」を行動指針のひとつとして、各自が日々研鑽しています。専門知識を必要とする交通事故分野でも、ご依頼者様の安心と希望に繋がるよう、全力で弁護活動に取り組んでいます。