刑事事件の解決実績

淫行や児童ポルノで逮捕され、略式起訴で罰金刑となった事例

成瀬潤

アトム法律事務所福岡支部

成瀬潤弁護士

SNSアプリで知り合った当時18歳未満の被害者女性と複数回にわたり性交等をしたとされるケース。また性的画像のやり取りがあった。青少年健全育成条例違反および児童買春・児童ポルノ禁止法違反の事案。

プライバシー保護のため、一部情報を加工しています。

事件の概要

場所

ホテル

職業

会社員

※法改正前の事件も同種事件として改正後の罪名を記載

事件の状況

逮捕

あり

起訴

略式

被害者

あり

勾留

なし

保釈

-

示談

なし

最終結果

罰金40万円

裁判官に意見書を提出したところ勾留請求が却下され早期釈放が叶った。また依頼者の希望に沿い会社等に知られることなく事件終了となった。

弁護活動

依頼から

2.5か月

成瀬潤

成瀬潤弁護士

福岡支部

逮捕前から受任していた事案でしたので、逮捕後はすぐに身柄解放の弁護活動に注力することができました。被害児童の保護者の処罰感情が強く、示談は成立しませんでしたが、職場に事件が発覚することなく罰金刑で終了となりました。

全国/24時間/無料相談窓口

今すぐ電話で問合せ