刑事事件の解決実績

ひき逃げで逮捕されたが、罰金10万円になった事例

山下真

アトム法律事務所大阪支部

山下真弁護士

路上において、自身の車を運転中に車線変更したところ、後方のバイクが行き場を失い転倒したとされたケース。依頼者は事故の発生に気づかずその場を去った。道路交通法違反および過失運転致傷の事案。

プライバシー保護のため、一部情報を加工しています。

事件の概要

※法改正前の事件も同種事件として改正後の罪名を記載

事件の状況

逮捕

なし

起訴

あり

被害者

あり

勾留

-

保釈

-

示談

-

最終結果

罰金20万円

道路交通法違反については故意ではなかったことについて主張し不起訴処分を獲得。過失運転致傷部分につき被害者から嘆願書を取得し罰金刑となった。

弁護活動

依頼から

6.0か月

山下真

山下真弁護士

大阪支部

ひき逃げは不起訴になれば、免許取り消しを回避できます。ただし、不起訴の決定と、免許取り消しの意見聴取の所轄は異なるので、弁護士のサポートを受けながらの対応が必須でしょう。今回は、意見聴取の実施前にご相談を受けたため、早期に対策をたて、免許取り消しも回避できました。

全国/24時間/無料相談窓口

今すぐ電話で問合せ