刑事事件の解決実績

現金窃盗で逮捕されたが、示談が成立し不起訴となった事例

野尻大輔

アトム法律事務所新宿支部

野尻大輔弁護士

大学の寮において、金庫や寮生の財布から金員を盗んだとされる窃盗の事案。余罪あり。

プライバシー保護のため、一部情報を加工しています。

事件の概要

罪名

場所

学校

職業

学生

※法改正前の事件も同種事件として改正後の罪名を記載

事件の状況

逮捕

あり

起訴

なし

被害者

あり

勾留

あり

保釈

-

示談

あり

最終結果

不起訴

被害者全員と宥恕条項(加害者を許すという条項)付きの示談を締結。不起訴処分となった。

弁護活動

依頼から

2.5か月

野尻大輔

野尻大輔弁護士

新宿支部

当初、実際に逮捕された窃盗は2件だけでしたが、余罪が複数あり、余罪の再逮捕や起訴が見込まれました。一方、余罪も含めて全ての被害者との示談が成立すれば、不起訴の可能性もあると思われましたので、被害者全員に謝罪と賠償をつくしました。結果、すべて示談が成立し、不起訴になりました。

全国/24時間/無料相談窓口

今すぐ電話で問合せ