刑事事件の解決実績

同僚を殴った傷害事件で、示談が成立し不起訴になった事例

野尻大輔

アトム法律事務所新宿支部

野尻大輔弁護士

勤務先の会社において仕事上のトラブルから同僚と口論になり同僚を殴ってけがをさせたとされる傷害の事案。なお依頼者には傷害の前科があった。

プライバシー保護のため、一部情報を加工しています。

事件の概要

罪名

場所

会社/職場内

職業

会社員

※法改正前の事件も同種事件として改正後の罪名を記載

事件の状況

逮捕

なし

起訴

なし

被害者

あり

勾留

-

保釈

-

示談

あり

最終結果

不起訴

警察署に同行出頭し逮捕を阻止した。被害者と宥恕条項付きの示談を締結。不起訴処分を獲得した。

弁護活動

依頼から

5.0か月

野尻大輔

野尻大輔弁護士

新宿支部

今回の傷害事件は、前回の傷害事件の執行猶予中であったため、不起訴にならなければ、刑務所に入ることが確実でした。ですが、示談が成立すれば不起訴になる見込みがあったため、被害者への謝罪を尽くしました。結果、示談が成立し、不起訴となりました。

全国/24時間/無料相談窓口

今すぐ電話で問合せ