刑事事件の解決実績

勤務先の売上金の窃盗で、示談が成立し刑事事件化しなかった事例

野尻大輔

アトム法律事務所新宿支部

野尻大輔弁護士

勤め先の飲食店において、店舗の売上金の一部を数年にわたり同僚と共謀して盗んでいたところ、税務調査をきっかけに判明したケース。刑事事件化前に受任。

プライバシー保護のため、一部情報を加工しています。

事件の概要

罪名

場所

会社/職場内

職業

会社員

※法改正前の事件も同種事件として改正後の罪名を記載

事件の状況

逮捕

なし

起訴

なし

被害者

あり

勾留

-

保釈

-

示談

あり

最終結果

不送致

被害店舗と示談を締結し、刑事事件化するのを防いだ。

弁護活動

依頼から

4.0か月

野尻大輔

野尻大輔弁護士

新宿支部

依頼者は店の従業員2名で、店の売上金から定期的にお金を盗んでいました。刑事事件化を回避したいとの要望があったので、まずは店のオーナーに真摯に謝罪をしました。盗んだお金を返金すれば、宥恕してもらえることになり、示談が成立。被害届の提出を回避でき、刑事事件化を避けることができました。

お客さまからの声

ありがとうございました。

ありがとうございました。

※担当弁護士と現支部長弁護士は異なる場合があります。
※当時在籍していた弁護士の声を含みます。

全国/24時間/無料相談窓口

今すぐ電話で問合せ