刑事事件の解決実績

路上に倒れていた被害者を車両に巻き込んで死亡させた件で、不起訴になった事例

路上で倒れていた被害者をトラックで轢過し、また物か何かを踏んだものと誤認して現場を立ち去ったとされるケース。過失運転致死と道交法違反の事案。

プライバシー保護のため、一部情報を加工しています。

事件の概要

※法改正前の事件も同種事件として改正後の罪名を記載

事件の状況

逮捕

あり

起訴

なし

被害者

あり

勾留

あり

保釈

-

示談

-

最終結果

不起訴

事故を回避する余地がなかった点を主張。意見書を提出する等した結果、嫌疑不十分で不起訴となった。

弁護活動

依頼から

5.5か月

全国/24時間/無料相談窓口

今すぐ電話で問合せ