刑事事件の解決実績

駐輪場で他人の物に体液をかけたが、示談が成立し、不起訴処分となった事例

駅前路上の駐輪場において、自身の体液を自転車のかごの中にあった衣服等にかけたとされるケース。同種の犯罪2件が器物損壊として立件された。

プライバシー保護のため、一部情報を加工しています。

事件の概要

場所

路上

職業

※法改正前の事件も同種事件として改正後の罪名を記載

事件の状況

逮捕

なし

起訴

なし

被害者

あり

勾留

-

保釈

-

示談

あり

最終結果

不起訴

被害者に謝罪と賠償を尽くし、宥恕条項(加害者を許すという条項)付きの示談を締結。不起訴処分を獲得した。

弁護活動

依頼から

3.0か月

全国/24時間/無料相談窓口

今すぐ電話で問合せ