刑事事件の解決実績

覚醒剤の所持や使用を疑われたが、不起訴処分で終了した事例

友人の車に乗車中、警察職員から職務質問を受けたところ、車内から覚せい剤が発見されたというケース。覚醒剤取締法違反の事案。

プライバシー保護のため、一部情報を加工しています。

事件の概要

場所

バス/車上

職業

※法改正前の事件も同種事件として改正後の罪名を記載

事件の状況

逮捕

あり

起訴

なし

被害者

なし

勾留

なし

保釈

-

示談

-

最終結果

不起訴

情状弁護を尽くし、不起訴処分を獲得した。

弁護活動

依頼から

2.0か月

全国/24時間/無料相談窓口

今すぐ電話で問合せ