刑事事件の解決実績

ひき逃げで逮捕され、略式起訴で罰金刑となった事例

交通事故事案。依頼者は交差点を右折した際、対向車線を走るバイクと接触し相手方を転倒させたとされる。なお依頼者はその後現場から逃走し、後に逮捕された。過失運転致傷および道交法違反の事案。

プライバシー保護のため、一部情報を加工しています。

事件の概要

※法改正前の事件も同種事件として改正後の罪名を記載

事件の状況

逮捕

あり

起訴

略式

被害者

あり

勾留

なし

保釈

-

示談

-

最終結果

罰金50万円

被害者と交渉し宥恕(被害者を許すという意思)の記された嘆願書を取得。略式罰金となった。

弁護活動

依頼から

2.5か月

お客さまからの声

突然の事故による家族の危機を救って頂きました。

射場先生、浦田先生、事務所の皆様、この度は大変お世話になりました。ありがとうございました。突然起きた交通事故により、それも加害者になってしまった家族を様々な助言や心のケアなども含め、とても親切・丁寧に弁護をして頂き本当に感謝しかございません。家族の危機を救っていただいた『アトム法律事務所』様に感謝の意を申し上げます。細部にわたり、ご指導いただいたり、お電話やメールによる質問にも迅速かつわかり易くご説明いただき、私共のような者にでも理解・納得が出来、最後までおつきあい頂けたことを幸せに感じております。『アトム法律事務所』の射場先生・浦田先生に出逢えた事に感謝し、日々精進して参る所存です。

※担当弁護士と現支部長弁護士は異なる場合があります。
※当時在籍していた弁護士の声を含みます。

全国/24時間/無料相談窓口

今すぐ電話で問合せ