刑事事件の解決実績

交通死亡事故で起訴されたが、執行猶予が付いた事例

浦田忠興

アトム法律事務所大阪支部

浦田忠興弁護士

路上において、自動車を運転中に交差点で安全確認義務を怠り、横断歩道を横断中の自転車と衝突したとされるケース。被害者は頭部打撲の傷害を負い、搬送先の病院でクモ膜下出血により死亡。過失運転致死の事案。

プライバシー保護のため、一部情報を加工しています。

事件の概要

※法改正前の事件も同種事件として改正後の罪名を記載

事件の状況

逮捕

あり

起訴

あり

被害者

あり

勾留

なし

保釈

-

示談

あり

最終結果

禁錮1年4か月,執行猶予3年

情状弁護を尽くし執行猶予付き判決を獲得した。

弁護活動

依頼から

12.0か月

全国/24時間/無料相談窓口

今すぐ電話で問合せ