刑事事件の解決実績

盗撮ハンターからの請求を回避し、刑事事件化せずに終了した事例

野尻大輔

アトム法律事務所新宿支部

野尻大輔弁護士

駅構内で女性のスカートを盗撮したところ、盗撮Gメンを名乗るいわゆる盗撮ハンターの男性2人組に示談金を支払えと恐喝された事案。刑事事件化前に受任。

プライバシー保護のため、一部情報を加工しています。

事件の概要

罪名

場所

職業

※法改正前の事件も同種事件として改正後の罪名を記載

事件の状況

逮捕

なし

起訴

なし

被害者

あり

勾留

-

保釈

-

示談

あり

最終結果

不送致

自称盗撮Gメンと交渉を行ったところ、刑事事件化することなく事件終了となった。

弁護活動

依頼から

0.5か月

野尻大輔

野尻大輔弁護士

新宿支部

依頼者は、当初、被害者ではなく、男性2名より示談金を請求されていました。盗撮ハンターの疑いがあり、慎重に話し合いを進めることにしました。最後まで被害者本人の身元は分からず、直接謝罪等はできませんでしたが、「盗撮を反省して更生する」ことを誓約して、示談金なしで終了しました。

お客さまからの声

急な依頼にも迅速丁寧な対応で、終始安心できました。

この度は急な依頼でありましたが迅速、丁寧に対応して下さりありがとうございました。最初の相談から事が終わるまで安心してお任せできました。心より感謝しております。此度の案件は当方にも責任があるものでしたが、今後一人でも同じ被害に遭う方がいなくなるように事前防止、または被害縮小に繋がることを願います。不謹慎かもしれませんが私もなかなかない経験だった為学ばせて頂く事が多かったです。 本当にありがとうございました。

※担当弁護士と現支部長弁護士は異なる場合があります。
※当時在籍していた弁護士の声を含みます。

全国/24時間/無料相談窓口

今すぐ電話で問合せ